「虫が付いてる野菜は美味しい」は嘘
エンジニア思考で考える新しい農業

To face problems as an engineer | Takashi Furusho | TEDxYouth@Kobe

古荘貴司氏は、無農薬・無化学肥料栽培による栽培方法について研究し、実証実験を行ってきました。古荘氏は、無農薬栽培が難しいと言われていたキャベツの無農薬栽培に成功。無農薬だと虫がつくと言われていますが、実際に無農薬で綺麗に野菜を作ると虫がつかないということにも気づきました。古荘氏は数多くの人に美味しい野菜を届けるために、無農薬・無科学肥料の畑を広げるための活動をし続けます。(TEDxYouth@Kobe2014 より)

農業者はエンジニア

古荘貴司氏:皆さん、美味しいご飯好きですか? 好きじゃない人っています? いたらちょっと悲しいんですけど、好きですよね? 美味しいご飯って、材料、何でできていると思われます? 

種とかいろいろありますけど、肥料も大事な材料です。肥料って何からできていると思われますか? 

肥料っていってもいろいろありますけど、例えば、この中のいちばん主だった化学肥料の中では、窒素肥料というものがあります。これはかなり割合が天然ガスから作られています。

例えば、自動車。自動車がどういうふうに作られているか。最初は鉄鉱石だったものから、工場で鉄の板を作って、その鉄の板を加工して、自動車ができる。

これを農業に置き換えてみると、畑っていう生産設備に種とか肥料とか、そういった原材料を投入して、目的のものを栽培する。いっしょなんですね、構造。だから農業者っていうのはエンジニアです。

生産設備を使って、材料から目的のものを作るエンジニア。そうですよね。皆さん、農業ってどんな産業だと思われますか? 

日本国内に限った言い方になりますけど、担い手の高齢化だとか、国際競争の激化、あとはこういうふうに使われていない畑がどんどん増えてきてしまっている。いろいろ問題が多い産業。そういうイメージをお持ちの方がたくさんいらっしゃると思います。

10年ほど前になりますが、農作物の流通の仕事に携わったことがありまして、そこでそういった問題に身近に接することができました。さきほど「農業者はエンジニア」という話をしましたが、エンジニアだったら、問題に接したときに、問題の解決は技術でしたい。

エンジニアだったら、そう考えるものです。今日は、今までどういうふうに技術開発に向かい合ってきたのかについて、お話します。でも、皆さんは農業についてあんまり興味を持たなくていいですよ。競合が増えても嫌なんで。他の業界だったら、どういうふうになるのかなぁと考えて見てください。

野菜の無農薬栽培はひじょうに難しい

さて、こちらのグラフ。これが、農薬と化学肥料の、ここしばらくの値段の推移なんですけど。どんどん値段が上がってます。特に肥料の値段ってすごい上がり方をしているんですね。

農薬・化学肥料を使わないで、美味しい野菜を十分な量作れたら、これはどういう農業を営むかということにあたって、すごく魅力的な選択肢になります。

でも、野菜の無農薬栽培ってひじょうに難しいって言われています。品目にも依りますけど、ひじょうに難しいって言われている。無農薬栽培の野菜ってどういうイメージですか? 農薬を使わないと、絶対に虫が付いてしまう。

無農薬で育てようと思ったら、虫を手で取らないといけないから、すごく手間が掛かる。だから、高く売れても割に合わない。そういうふうに思われていることも多いかと思います。流通の仕事をしていたときも「無農薬栽培なんて無理だ」って、皆さんおっしゃられていたんですね。日本国内での野菜の流通量・生産量のなかで、無農薬栽培の割合って、0.2%。

若干、古いデータなんですけども、0.2%って言われています。これは、政府から認証を受けているものだけなので、実際には認証を取らずにやっている部分もありますし、ちょっと古いデータなので、今はもうちょっとあるかもしれないですけど、それでもごく僅かです。だから、実際に難しいんですね。作っている人がすごく少ないんですよ。

じゃあゼロかというと、ゼロじゃなくて、京丹後市。流通のときに出会った、京丹後市の青木さんという方が、無農薬・無肥料で、ものすごく素晴らしい野菜を作っていらっしゃったんですね。

もし、青木さんがしていらっしゃることが誰でも・どこでもできるようになったら、いろんな問題の解決につながるんじゃないか。それがスタートでした。そう思って、生命科学の知識のあるメンバーを会社に迎え入れて、2年間、青木さんにも頼み込んで、調査させて下さいとお願いして、何が畑で起きているのかを調査させてもらいました。

そうしたら、いろんなことがわかったんです。場所は変えて、奈良県の桜井市。

ここで、ちょうどその調査が2年間、終了したときに、その調査にあたるメンバーの大学院の同級生が、農家出身でもないし、農業の経験もほとんどないという状態で、いきなり農業を始めたいって言い出したんですね。

「セレクトファーム」っていう名前で農場を始めたんですけども、協力関係を築いて、そこでいっしょに研究開発をやっているんですけども、そちらに2年間の調査のデータを全て渡したんです。

じゃあ何が起きたか。1年目からできたんですね。キャベツって数ある野菜のなかで、特に無農薬栽培がひじょうに難しいって言われている品目のキャベツも含めて、初年度から無農薬でいいものができたんですよ。

これは今年の夏のバジル。

これは去年の大根ですかね。今までも過去に、このセレクトファームでは60〜70品目くらいの野菜を栽培してきています。

「野菜は虫が付いているほうが美味しい」は嘘

写真は数年前のブロッコリーなんですけど、これは今ちょうど採れているブロッコリーですね。

さきほど、無農薬だったら絶対虫が付くみたいなお話をしましたけど、虫が付かないんですよ。ほとんど付かないんですね。綺麗に作ったら。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

TED(テッド)

TED(テッド)に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、TED(テッド)に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?