マッチングアプリのHinge創設者が語る、人々の孤独

アン・ショケット氏(以下、アン):みなさん、お元気そうですね。昨晩はコーヒーでも飲んで素敵な夜を過ごされましたか? 文化的に孤独と向き合うお話をする準備はお済みでしょうか。とてもシリアスなトピックではありますが、楽しい1時間になることをお約束します。みなさんにお会いできて本当にうれしいです。

スケジュールの合間を縫って、このお話を優先してくださったことに感謝します。ジャスティン・マクロード氏とステージに立てることにとても感激しています。

私たちがこの瞬間を迎えたきっかけについて、少しお話ししたいと思います。ジャスティンと私が初めて会ったのは、7年前のまったく縁起でもないパネルでのことでした。その日はブランチでした。私は執筆に取り組んでいて、彼はHingeの立ち上げをしていて、私たちはある種の陰気な会社の中にいました。あなたは覚えていないと思いますが、私はなぜこのエピソードが重要なのかを覚えているので、お話ししましょう。

その朝、ジャスティンはHingeの創設について話し、彼の妻についてすばらしいことを言いました。パートナーについて素敵なことを言うのは、人間として良いことだといつも思います。

7年後、ジャスティンが孤独の危機に対処するために、今日話す新しい取り組みを立ち上げていると聞いた時、私はその瞬間を思い出しました。それはきっかけの1つであり、思い出になりました。人生は長く、その過程で人とのつながりが生まれるものです。ですから、みなさんとこのような話ができることに、どれほど感激しているかを申し上げたいのです。

ジャスティン・マクロード氏(以下、ジャスティン): ありがとうございます。

アメリカの軍医総監が孤独の問題を発表

アン:私たちがここで何をしているのか、そしてなぜこれが重要なのか、みなさんに説明させてください。昨年、アメリカで直面している孤独の流行について、アメリカ合衆国の軍医総監が報告書を発表しました。彼は、孤独はオピオイド(鎮痛剤)依存に匹敵する危機だと言いました。孤独は、オピオイド中毒と同じくらい私たちの精神的健康、経済的健康にダメージを与えるということです。

この瞬間、私は生活の中のあらゆる孤独について、そしてコミュニティを作ることがいかに重要であるかについて、考えが浮かび上がりました。

私のキャリアのすべては、女性が自分の力を発揮し、コミュニティを作り、サポートを支援することでした。この瞬間に自分の力と特権を使うことに、本当に責任を感じたので、みなさんがここに来てくれてとても感謝しています。

ジャスティン・マクロード氏が孤独と向き合う理由

アン:ジャスティン、あなたがこの瞬間を迎えたきっかけについて話してください。

ジャスティン:ありがとうございます。Hingeでは、孤独が核心に達したここ2〜3年、組織として社会的インパクトのある戦略を考え、どのように還元していくかを考えていました。そして、そもそもなぜHingeを始めたのかを考えることが、私にとって本当に重要でした。なぜこの会社を立ち上げたのか、その根底にある本当の理由は何だったのか。それは、孤独という個人的な問題を解決するためでした。

私の子ども時代はすばらしいものでしたし、いろいろな意味で成長したと思います。一方で、私は子どもの頃、とても孤独だったと思います。私たちの文化には個人主義や達成感が染み付いていて、人とのつながりや帰属意識が重要なバロメーターとして認識されていないのだと思います。

だから私はとても不安で落ち着きのない、達成志向の人間として育ちました。それを麻痺させるあらゆる方法を探し、ドラッグやアルコールも試しました。人気者になってみたり、完璧なパートナーを見つけようとしました。ヨガや瞑想をして、悟りを開こうとしました。プロとして成功し、会社を興そうとしました。でもどれも、私が抱いていた深い落ち着きのないかゆみのような欲求を解決するものではありませんでした。

Hingeは何度か作り直しましたが、その過程で、人とのつながりや孤独感、帰属意識といった、より深い問題を理解できました。そしてそれは今、Hingeのミッションが何であるかを考える上で、非常に核となるものです。この世界における私自身の使命は、孤独に対処する手助けをすることです。

人とのつながりを求めるのは、人間の基本的な欲求

アン:自分自身の弱さをさらけ出せるというのは、とても新鮮ですよね。つながりやコミュニティは、人間の基本的な欲求です。私は米国外科医長のヴィヴェック・マーシー博士の一番のファンです。彼が話していることの1つは次のようなことです。空腹は「食事が必要だ」というシグナルであるのと同様に、孤独は「人とのつながりが必要だ」というシグナルだということです。

ジャスティン:そうです。孤独を感じている時、実際に肉体的な苦痛を感じている時と同じように、脳の同じ部分を点灯させると言います。それは私たちが何者であるかという核のようなものです。乳幼児は、たとえ食事を与えられていても、触れられなかったり、遊んでもらえなかったりすると、文字どおり死んでしまいます。

これは衰弱病と呼ばれています。特に19世紀に施設に入れられた孤児院などで発見されたのですが、私たちはそれを受け継いでいるのです。水や食べ物や住まいと同じように、人間の基本的な欲求なのです。

サポートの欠如と孤独がメンタルに与える影響

アン:孤独が不安でもなく、うつ病でもなく、つながりを求める人間の欲求だと気づいた瞬間は?

ジャスティン:パートナーや職場のコミュニティともっと深くつながることがどういうことなのか、この4〜5年で本当にわかってきたんです。どうやって自分を深くさらけ出し、他人を見抜くのか。率直に言って、これは私たちが子どもの頃に教わることのなかったスキルセットであり、優先されてこなかったものです。

アン:私は、この孤独の瞬間に至るまでの自分の旅について考えていました。あなたが若い頃にこのことに気づいてくれたことにとても感謝していますが、私は2年前にマーシー博士の孤独の蔓延についての話を聞くまで、自分の人生の中で孤独に気づいていませんでした。

私は孤独ではないと思っていましたし(笑)、素晴らしい人々のコミュニティを運営している、と思っていました。私たちは会話をし、本当に傷つきやすいことまで話しています。

あなたは成功への意欲について話していましたね。「私はどうなんだろう?」と振り返ってみると、「汗をかいているところを決して見せるな」という時代にキャリアを積んできました。私はそれを(外見上はいつも自信に満ち、問題なく事を進めているように見せる姿勢という意味で)「end show」「catch show」と呼んでいました。

ミーティングでは、「すべて順調です。問題や弱みもありませんから、助けは要りません。大丈夫です」と私は言いました。 あなたは無骨な個人主義について話しましたが、それが私の会社での出世(の方法)でした。

私は独身時代、当時最年少で『Seventeen』の編集長になりましたが、出世させてくれたチームから突然引き離されました。まったく新しいチームになって、どうやってお互いを支え合うかを考えなければなりませんでした。週が明けると、ただソファに座って涙を流していました。

孤独というレンズを通して振り返ってみると、周りにサポートシステムがなかったことが原因だったと気づきました。ストレスが原因だと思っていましたが、サポートの欠如と孤独が原因だったのです。私はチームを作り、必要なサポートシステムを構築しましたが、それはすぐにはできませんでした。

大勢の中で孤独になることもある

アン:そして、私が起業家になった時にも同じことが起こりました。私が「TheLi.st」を買収し、ソロプレナーとしての役割に足を踏み入れた時、サポートがなく、孤立し、孤独でした。でも実は、TheLi.stのメンバーであるすばらしいコーチがいたんです。

私は、自分のボートに誰が乗っているのかわからない、という感じだったのですが、そのコーチは「あなたの夫はボートに乗ってるの?」と、本当にすばらしい質問をしてくれました。私は、「はい、夫は私のボートにいます」と言いました。つまり、「何艘かのボートが並んで漕いでいるけど、少なくとも私たちは正しい方向に漕いでいるわ。だから、ボートにもっと人を乗せなさい」ということです。

自分の周りにどうやってコネクションを築くか。私は、孤独がいかに自分の人生に大きな影響を及ぼしていたかを思い知りました。そして、ここにいる多くの人が「私は孤独ではない」と言うと思います。この部屋に来ていない人たちでさえ、文化的に孤独と向き合っていることに目を向けていたでしょう。そして彼らは「いや、孤独な人なんていないよ。孤独なら何か問題があるの?」というふうに言うでしょう。

ジャスティン:私たちは社会的な動物で、脳は社会的な器官なのです。1人で感情を調整するのは本当に難しく、 ストレスや悲しみを分かち合い、拡散し、他の人とつながりを持つことは、ずっと簡単です。 私はいつも人に囲まれています。人気があって、みんなの中心にいることは、私にとってとても重要でした。でも、大勢の中で孤独になることもあります。

本当にストレスを感じたり、心が折れそうになったり、何かがおかしいと思った時、最終的には誰に相談するのでしょうか? 

そして、誰が自分のことを好きになってくれるのか、ありのままをさらけ出してくれるのか。 10〜20年連れ添ったパートナーとの恋愛関係でさえ、まだお互いに自分をさらけ出せないカップルを、私はたくさん知っています。どうすればもっと多くの人が、本当にそうできるようになるのでしょうか?

1時間の朝食から始まる、Hingeのミーティング

アン: 私があなたのオフィスに来て、この対談の準備をしていた時、あなたのチーム作りの話にとても感銘を受けました。チーム内のつながりをどのようにつくるのか、そのためにあなたがしていること、責任を感じていることについて、少し話していただけますか?

ジャスティン: そうですね。Hingeでは、組織の運営方法についていくつかの重要な原則があります。その1つが「信頼する傾向」です。信頼し合うためには、信頼を培うことです。つまり、一緒に仕事を始めようとする前に、まず関係を築き、信頼を確立することを優先します。

なぜなら、そうしなければ、政治的なことやその他諸々に多くの時間と頭を費やすことになり、とても難しいからです。そこで私は、Hingeのエグゼクティブ・チームとこれを設定しました。Hingeでは2週間に一度、2時間のエグゼクティブ・チームのミーティングを開いているのですが、まず1時間の朝食をとってから始まります。

この時、あまり仕事の話はしません。そして、2時間のエグゼクティブ・チーム・ミーティングの最初の30分、つまりミーティングの時間の25パーセントは、「温度チェック」と呼ばれる、感謝や不安、希望の共有をします。それは仕事上のことであったり、個人的なことであったりします。確かに、私たちはそのグループで信頼を築くにつれて、より親密に、明瞭に、傷つきやすくなってきました。

他者に人間らしさを感じ、つながれる瞬間がある

ジャスティン:その結果、優先順位をつけて仕事をよりうまくこなせるような、非常に結束力の強い、信頼度の高い環境が生まれました。というのも、ミーティングに参加している中で、何か大きな問題が気になってしまうこともよくありますよね? 親戚の具合が悪いとか、明日家族で大事なことがあるとか、子どものことが心配とか。

もしそれを表現できず、その部屋にいる全員のことを理解できないまま、ただベースラインを設定するのでは、仕事を前進させるのはかなり難しいです。他の人と一緒にいる時はいつでも、つながりの瞬間を見つけられるのです。

昨日空港から乗ったUberの運転手と、愛着理論と人間関係について深い話になりました。彼女の夫や子どもとの関係について話したのですが、 多くの場合、私たちは同僚や食料品店で会計をしてくれる人などとの関係を、単なる取引だと考えています。しかし、これは瞬間的なものです。群衆の中で孤独になることはあっても、他の人間と一緒にいる時はいつでも、人間らしさを感じ、つながった瞬間を見つけられるのです。

アン: この瞬間への感謝や不安、希望について話しましょうか?

ジャスティン: そうしましょう。それは私たちを人間らしくするものであり、それだけの価値があるんです。私は今、自分が健康なことに本当に感謝しています。ちょうど今日、祖父が2人とも40代で亡くなったという話をしたんです。

私は来月40歳になろうとしています。40代の友人もいますが、多くの人が健康上の問題を抱え始めています。私は毎朝起きて、感謝のリストを作ってシェアしています。自分の臓器を一つひとつリストアップして、「腎臓さん、ありがとう」「ありがとう肺」って感じです。

生きていくために、体の中で働かなければならないものは、驚異的なほど多くあります。私たちはあまりにもそれを当たり前だと思ってしまうから、感謝をするんです。

実は今、不安を感じています。なぜなら、私には異母兄弟が3人いて、その母親が2日前に亡くなったばかりだということを昨日の午後に知ったからです。そして、私はまだ彼らに連絡することができていないんです。

アン:ごめんなさい。だから心配で心配で。

ジャスティン: 大丈夫です。ありがとうございます。

AIの力で人々の出会いやつながりをつくるHingeの挑戦

ジャスティン:Hingeでは、AIの力でどのように出会いとつながりを前進させられるか。私たちの文化をリセットするような、本当にすばらしいプロトタイプや実験を始めています。数年前には想像もつかなかったような、本当におもしろいクールなことを目の当たりにしています。

アン:すごいですね。感謝、不安、希望を言ったほうがいい?

ジャスティン:ええ。そう願っています。

アン:最前列にいる、TheLi.stのコミュニティのメンバーで、私をサポートし、この会話の一部になるためにここに来てくれた人たちにとても感謝しています。本当にありがとうございます。また、私はこの部屋にいない夫にものすごく感謝しています。

幼い子どもが2人いるのですが、私は金曜日から不在でした。彼はスポーツやハンバーガー・スパゲッティなど、私が留守の間にこなさなければならないすべてのことをしてくれました。彼のサポートには本当に感謝しています。私の不安や希望について、まず何を話せばいいのでしょうか?

ジャスティン: 前向きに終わりたいので、不安にいきましょう。

アン:私たちは今日、新しいことを始めます。私は今、本当に重要で大きなことの崖っぷちに立っているような気がしています。ですから、不安と期待が同居しているのです。私たちが立ち上げようとしているこの取り組みが世界に出てその成果を上げ、人々がよりつながりを感じられるよう支援するためのツールを提供することに大きな期待を抱いています。

それなのに、こんなにも未知数なんですよね? その根底にある不安は何ですか? 「私たちは十分なことができたでしょうか?」「適切なパートナーがいますか?」「適切な人々に手を差し伸べていますか?」。私の不安と期待は希望と一緒にやってきます。私はそれらが一緒にあるような気がします。

ジャスティン: ええ、時々ね。