『MITテクノロジーレビュー』が注目する企業

エリザベス・ブラムソン・ボードロー氏:(「2024年の世界を変える10大技術」のリストアップから外れた項目について)次が、地熱システムの強化です。地熱とは、地中にある熱エネルギーのことで、再生可能なエネルギーの安定した供給源として非常に優れているのですが、これまでは特定の地質学的特徴を持つ場所からしか取り出すことができませんでした。

蒸気がタービンを駆動し、地熱を発生させます。その蒸気がタービンを動かして電気を作り、多くの場所で利用することができるのです。Fervo Energyという会社がありますが、私たち(『MITテクノロジーレビュー』)が今年秋に立ち上げた「2023年注目の気候テック企業」に掲載しました。これは毎年発表する予定です。

Fervo Energyという会社は、2023年にネバダ州で商業パイロットプラントを立ち上げ、かなり多くの資金を調達していました。1週間ほど前に見たところ、さらに2億5000万ドルの資金を調達し、この追加資金でユタ州にもう1つ施設を建設するとのことでした。

ただ、この特殊なフラッキング技術(水圧破砕法)は地震を引き起こす可能性があります。韓国では地熱を利用した採掘施設があり、ソウル近郊のペジャンという都市で起きた大きな地震の背景に、この技術があったのではないかと懸念されています。

「ムーアの法則」は限界に近づいている?

次がチップレット(機能を分割した小さな半導体チップを組み合わせて、1枚のチップのように扱う技術)です。「ムーアの法則」をご存知でしょうか。ムーアの法則によると、基本的に2年ごとにチップ上のトランジスタの数が2倍になるというもので、この法則は何十年も続いています。

そのおかげで、数十年前なら笑い話になったようなコンピュータを、今日ではポケットに入れることができるのです。しかし、(昨今は)それを実現するのはかなり難しくなっており、人々はムーアの法則の終わりについて話しています。

チップレットは、従来のコンピュータのチップをより小さく、より特殊化したものです。このチップをさまざまな方法で連結することで、同じような性能を持つシステムを構築することができます。つまり一種のモジュールなのです。

しかし、これらのモジュールをまとめて接続するためにはパッケージング標準が必要なのです。「ユニバーサル・チップレット・インターコネクト・エクスプレス(UCIe)」と呼ばれる規格を使えば、さまざまなメーカーのチップレットを組み合わせることができます。

これらにより、特にAI、自動車製造、航空宇宙などの分野での採用が大幅に促進され、全体的な開発・革新のスピードが上がると期待されています。これは、技術開発にとってプラスになるということです。

莫大な治療費がかかる難病、解決策は見つかるのか

次は、またCRISPRについて。私はとても楽しみです。CRISPR技術に基づいた、史上初の遺伝子編集治療法です。これは今日実際に利用可能な薬で、FDA(アメリカ食品医薬品局)によって12月に承認されました。また、イギリスではその1ヶ月前に承認されています。

これは鎌状赤血球症の治療薬です。鎌状赤血球症は、血液中のヘモグロビンを作る遺伝子の悪いコピーを2つ受け継ぐことによって起こる病気で、症状には激しい痛みの発作があります。鎌状赤血球症の人の平均余命は53歳で、アメリカでは4,000人に1人が罹患し、ほぼ全員がアフリカ系アメリカ人です。

Vertexという会社が開発した新薬は、患者のDNAを編集して、健康なヘモグロビンの生成を活性化するものです。これは複雑で、とてもクールなのですが、私たちは生まれた後にヘモグロビンを生成しなくなる遺伝子があるのです。

その遺伝子は休眠状態にありますが、この薬を飲むとその遺伝子が再びオンになります。つまり、健康なヘモグロビンを再び作り出すことができるようになるのです。治験を受けた患者は、治療後に痛みがなくなりました。

この臨床試験に参加したジミーという患者の論文を掲載していますが、彼は治験と治療の体験談を書いてくれました。鎌状赤血球は厄介な病気で、治療を行うには信じられないほどの費用がかかります。私たちは、このコストが下がることを願っています。

コンピューターの速度向上と環境維持のバランス

Vertexが、鎌状赤血球症に苦しむ多くの若い子どもたちがいるアフリカの人々に、これらの治療法や薬剤の一部を配備できることを期待しているのは言うまでもありません。コストやスケールアウトの可能性という点ではあまりポジティブな要素ではありませんが、非常にエキサイティングな開発です。

というのも、CRISPRが開発されてからたった11年しか経っていないのに、今や研究室だけでなく、実際に治療が行われているのです。これらは、CRISPRを使用したさまざまな健康状態に対する最初の治療法になるでしょう。

「エクサスケール・コンピューター」とは、オンライン化されつつある非常に強力なコンピューターのことで、エクサフロップス(1の後にゼロが18個続く)以上の計算を行います。これは100,000台のノートパソコンを合わせたものと同じくらいの性能で、スタジアムが満員になるよりも大きいんです。

スタジアムを想像してみてください。フットボールスタジアムが約7万人でいっぱいなので、それ以上です。これらのラップトップはすべて同じことをしています。最初のものは「Frontier 」と呼ばれ、ここアメリカで作られました。あと2台登場する予定で、1つは「El Capitan」、もう1つは「Aurora」と呼ばれています。

中国にもいくつかあると思いますが、信頼できる情報を得るのは難しいです。テネシー州にあるオークリッジ国立研究所のチームはフロンティア・コンピューターを開発していて、フロンティアの3倍から5倍の性能を持つものを開発中だと言っています。つまり、どんどん性能が上がっているのです。

これらのコンピューターは、気候や宇宙の優れたシミュレーションを行うことができますが、大きな課題があります。何が課題なのかをご存知の方はいらっしゃいますか? そう、エネルギーを大量に消費します。アイドリングしている時でも、何千もの家庭の電力を賄うのと同じ量の電力です。

アイドリングしている時は計算もしていません。ですから、単にコンピューターの速度を向上させるだけでなく、環境の持続可能性についても考える必要があるのです。

真の「Twitterキラー」はイーロン・マスク?

(次が)「ヒートポンプ」。ワクワクしますね。何十年も前からある古い技術なので、ヒートポンプはそれほどエキサイティングではありませんが、よくわからなかったと思います。

ヒートポンプは暖炉の代わりとなるもので、暖房と冷房の両方に電気を使う機器です。ヒートポンプはガス炉よりもずっと効率的です。私はボストンに住んでいますが、ボストン郊外では使えません。ただ、温暖な気候(の地域)では使えます。

しかし2022年、アメリカでは初めてヒートポンプの販売台数がガス炉を上回り、ヨーロッパではヒートポンプの販売台数が前年比40パーセント増となりました。多くの人がエネルギーコストを心配してヒートポンプを購入したのです。

ヒートポンプの生産量を増やし、より多くの人々が暖房に切り替えたり、新しい暖房器具を購入したりすることで、電力網がエネルギー需要や移行に対応できるようにすることが非常に重要です。

私のリストの最後の項目は「Twitterキラー」です。これは……そうでしょう? 私たちはみな、それを望んでいます。Twitterキラーとは、TwitterやXがユーザーや広告主を失うにつれて登場した、新しいソーシャルメディアのオプションの呼び名です。

イーロン・マスクがTwitterを買収し「X」と名前を変え、従業員のほとんどを解雇し、認証やモデレーションシステムを廃止しました。

特に、一個人が所有しない新しいプラットフォームに関心が集まっています。MastodonやBlue Skyのような分散型プロトコルを使用するオプションは、所有されていないという利点や、革命的な要素から人気を集めています。しかしおもしろいことに、これまでのところ分散型の選択肢はどれも爆発的な人気にはなっていません。

Threadsの月間ユーザー数はあっという間に約1億人に達しましたが、編集長は「結局のところ、真のTwitterキラーはイーロン・マスクだ」と言っています。

「世界を変える10大技術」リストから外れた項目とその理由

これが10個のリストでした。まだまだありますが、11番目のテクノロジーを選ぶために読者のみなさんから意見を募集していますので、QRコードをスキャンして投票してください。選択肢は以下のとおりです。最初は「ロボタクシー」、呼ぶと来てくれる自律走行車です。2番目は「サーマルバッテリー」、クリーンなエネルギーを熱として蓄えるシステムです。

3つ目は“実験室で育てた肉”です。ビル・ゲイツともミートレスバーガーの話をしましたが、これは培養細胞から作られた鶏肉で、レストランで食べることができます。次の大きなブレークスルーとなるのでしょうか。

そして最後は「スペースXのスターシップ」。再利用可能なロケットは打ち上げコストを下げ、ますます広く使われるようになります。このQRコードをスキャンして投票してください。投票受付は4月14日(現地時間)で終了します。

どれが勝ったとしても、私たちは素敵な記事を作成し、なぜそれがとても重要なのかをみなさんのEメールボックスに毎日配信するニュースレターでお伝えする予定です。

よく、「何がリストに入らなかったのですか?」「何がボーダーラインでしたか?」と聞かれることがありますが、これはとても興味深いことです。これから何が出てくるかだけではなく、何がリストに載っているのかの説明にもなるため、共有しようと思います。いくつかありますので、これから4つか5つを説明します。

まずはアルツハイマー病の新薬です。見たことがある人がどれだけいるかわかりませんが、一般紙でも報道されています。FDAは、プラークの蓄積による認知機能の低下を遅らせる1つの薬について認可を下しました。リストに入れなかった理由は、脳出血や腫れなどの重篤な副作用があるからです。

また、これらの薬を投与するのは非常に難しいようです。ですから、進展していることには興奮していますが、リストに入れるにはまだ早いでしょう。

もう1つは持続可能な航空燃料です。これは食用油、動物性油脂、その他の農業廃棄物を使って飛行機の動力源にするもので、テスト飛行は成功しました。とても素晴らしいものですが、まだ生産には至っていません。しかし今後も進化を続けるでしょうから、注目してください。

2匹の雄マウスから子どもを生み出すことに成功

もう1つは太陽地球工学です。太陽地球工学とは、成層圏に粒子を放出して太陽のエネルギーを反射させ、地球を冷やすというものです。太陽の光が植物に降り注ぐのではなく、大きな鏡のようなもので反射して戻ってくると考えてください。

非常に議論のあるところですが、これを研究し、パイロットテストを行っている研究者や企業がいくつかあり、メキシコでは大規模・小規模のテストが行われました。私たちはこれらのテストを大々的に報道しましたが、その後メキシコはテストを禁止しました。

もう1つはオスとオスの生殖で、健康なマウスの子どもを作ることに成功しています。マウスの赤ちゃんも「pup(一般的には子犬を意味する)」と呼ばれることを誰が知っていましたか? 2匹の雄マウスから細胞を採取して、健康なマウスが作られました。その細胞の一部は卵子に変化し、パフになりました。

この進歩により、おそらく人間も含む他の動物にも同性生殖が可能になるかもしれません。しかし、これが画期的な進歩と呼べるようになるには、まだまだ長い道のりがあります。

そして最後に、ニアミスの1つであったナルカンの市販薬についてです。みなさんご存知のように、ナルカンはオピオイドの過剰摂取を元に戻す薬です。ウォルグリーン、CVS、ウォルマートなどの小売店で全国的に販売されています。2回分でたったの40ドルで、処方箋も不要で値段も高くなく、間違いなく命を救うことができます。

しかし、私たちはこの薬もリストに入れませんでした。それは、科学的・技術的なブレークスルーではなく、流通方法における進歩だったからです。

というわけで、このようなリストを作成したわけですが、おもしろいと思っていただけたなら幸いです。私たちのチームはこの仕事が大好きです。おそらく1年間、毎週この講演をすることができるでしょう。

私たちは未来を創造する人々にイノベーションを届けたいですし、すべてに影響を与える画期的な新しいアイデアを育てたいのです。みなさんがどんなアイデアを思いつくか楽しみです。『MITテクノロジーレビュー』誌で紹介されることを期待しています。ご清聴ありがとうございました。