SXSW2024での調査では、80%の人が、仕事が原因で孤独を感じている

アン・ショケット氏(以下、アン):私たちがやっている新しいことについて話を戻します。私たちは女性の仕事における地位向上の支援に重点を置いています。そこで昨年サウスバイに来た時、孤独という問題を特定するための調査を行いました。その結果、女性たちがより大きな権力や影響力を持つ地位に就くことが、孤独によって妨げられているとわかりました。

孤独は周囲の人間関係をこじらせ、昇進や役割を放棄してしまうからです。つまり、孤独が嫌なものだということはすでに話しました。今年はその解決策に焦点を当て、調査を行いました。その結果、今年の数字はさらに悪化しているとわかりました。80パーセントの人が、仕事のせいで孤独を感じています。

43パーセントの人が、仕事中が1日で一番孤独な時間だと答えています。感謝や不安や希望について話すHingeの幹部会議とは大きく異なります。今日ここにいる私のすばらしいパートナーのおかげで、私たちは解決策を特定できました。

一方で、あなたのオフィスにも孤独を感じにくく、つながりを感じやすい人たちがいるのです。私たちはその人たちを「栽培者」と呼んでいます。いい響きでしょう? あなたは栽培者ですか? それとも栽培者を見つける必要がありますか? 栽培者、つまりつながりを深めていると思う人はいますか? 手を挙げてください。

(会場挙手)

あなた方はネットワーキングのイベントに行く必要はありません。周りの人たちと連絡を取り合いながら、協力的な仕事をしています。あなたの会社は、何が行われているかを透明化することで、あなたをサポートしています。というのも、会社で孤立し、サイロ化し、人目につかないと感じることほどつらいことはありません。それはただオフィス内を歩き回っているようなものです。

1日10分、人とつながる時間をつくる

アン:こう言うと、とてもクレイジーに聞こえるでしょう? でも、「調子はどう?」「どうしてる?」「この間のイベントはどうだった」「試合はどうだった?」とか。人間的なつながりを持つためなら何でもいいので、みんなに声をかけましょう。

解決策が見つかって本当に良かったです。私たちは、栽培者と栽培者をサポートする企業の微細な習慣を特定し、「10 Minutes to Togetherness」という新しいプログラムにまとめました。さて、10分というと少し乱暴に聞こえますが、手短に説明させてください。

過去20年間、私たちが一緒に過ごす時間が大幅に減少していることを、私のヒーローであるマーシー博士が突き止めました。しかし、もし私たち一人ひとりが、1日10分でも意図的にコミュニティを作り、つながりを育むことに費やせば、孤独を感じる時間は半分に減るでしょう。

だから、「10 Minutes to Togetherness」は私の不安であり、あなたの周りのつながりを深める方法をみんなに教えたいという願いです。本当に、とても簡単なことです。この立ち上げに対する私の不安を和らげてください。よろしくお願いします。

ジャスティン・マクロード氏(以下、ジャスティン):いいアイデアですね。

人々は個人主義的な達成志向の社会にいる

アン:ありがとうございます。 そして、この孤独の蔓延について、本当に重要な点を提起してくれていると思います。なぜ私がこの問題の解消に多くの希望を抱いているかと言うと、ご存知のように、私たちは環境破壊や核拡散など、とても巨大な難題に対処しているからです。それを変えるために、私に何ができるのでしょうか? 

ジャスティン:私たちはみんな一緒です。私たちが本当の変化を起こすためには、誰もがこの巨大な集団行動を起こさなければなりません。悲劇があり、コモンズがあり、それは解決するのがとても難しい問題のようなものです。この孤独の問題は、今日、あるいは今週、あなたやあなたの周りの人々に影響を与えるものです。

私たちはみんな、淡水の湖でいかだの上に浮かんでいて、のどが渇いて死にそうになっているようなものです。1日10分でいいから、手を伸ばして水を飲む習慣を身につければいいんです。でも、そういう習慣は私たちの文化の一部にはありません。関係社会ではなく、とても個人主義的な達成志向の社会にいるからです。

つまり、私たちは他者とつながるために時間を割いていません。ただ池の中を速く漕いでいるだけで、水を飲む時間も取っていないのです。

職場の人とつながり、効率を高める会議の方法

アン:あなたがつながりを保つためにしていることは? 経営陣のつながりを深めることは聞きましたが、プライベートではどのようにつながりを保っているのですか?

ジャスティン:そうですね。エグゼクティブ・チームはその一面にすぎません。オフィスでも、つながりを保つためにしていることはたくさんあります。

例えば、私が行くほとんどの会議では、デバイスを置き去りにして、気が散らないようにクリップボードとペンを持って行きます。すると、会議をもっと速く進めることができます。一人ひとりがその時に話している人に意識を集中させる。つまり注意を払うという名誉と人間性をその人に与えれば、もっと効率的になるのです。

職場は、私たちが起きている時間と注意力の大部分を費やす場所ですから、重要です。個人的なことですが、私はいろいろなことを試しています。これは本当に努力が必要ですが、私にとって良いトレーニングツールのようなものでした。

私は5〜6人の友人のグループで毎日ハイとローをテキストで送り合う約束をしていました。それはまさに反ソーシャルメディアのような瞬間でしたね。これは私の最高の写真ではありません。実際、写真は禁止されていて、フィルターもなし。 1日の最高値と最低値をメールするだけで、本当におもしろいことです。

今、私には毎日やっている小さなチェックの習慣が5つあります。そのうちの1つは、1日に1回、仕事仲間以外の人と声の大きさをチェックすることです。毎日、ちょっと手を伸ばして、水を飲むんです。つながりを保つためにやっていることは以上です。

相手を気にかけ、連絡を取り合うことの大事さ

アン: 連絡をとって相手の様子を伺うことは、私の人生においても本当に重要です。私はテキストを送りますが、会場にいるTheLi.stのメンバーが、8分間電話で話してくれました。

それはすごいことだと思います。もしあなたが誰かにこう言うとしましょう。「私は8分間あなたに電話します。今日、あなたをサポートするために何ができますか?」。 そして半分の人は「ああ、聞いてくれてありがとう」と言うのです。

多くはただ聞くだけですが、たまに誰かが「どうしたらお役に立てるでしょうか?」と相手の様子を伺うんです。それは本当に大切なことだとTheLi.stでも話しています。私はこれについてよく考えます。

私たちは常に勝ち続けるという文化を強制しているのでしょうか? その勝利は、金曜日にお尻を引きずって行ったようなものでしょう? そしてあなたを受け入れてくれる人たちと分かち合うことが、勝利になることもあると思います。

でも、私たちが勝利について話したがる理由の1つは、自分自身を褒めたくないと思うからです。「これは全体像の中の一歩に過ぎないんだ」と言って、勝利とは呼びたくないのです。でも、勝利にはハードルや長い旅路がつきものです。

そしてそれは、Instagramのフィルターを通してはいませんよね? 正直に言えば、私は12年間このことに取り組んできました。そしてようやく、この作品を完成させるためのピースが揃いました。私はあなたを応援しています。そして、それを前進させるために私たちに何ができるでしょうか? それは私にとって、次のレベルに到達したお祝いのようなものです。

人生の浮き沈みを共有することで、人間関係を深められる

ジャスティン:ええ、そうですね。もともと私がこの仕事を始めて、より人間関係を深めようとした時のことです。私は、自分の深い闇の秘密やつらい時期や傷ついたことを、みんなと分かち合わなければならないと思っていたんですね。それが役に立つこともありますが、勝利やお祝いを分かち合ったりできる人がいるのも良いことです。

そしてそれは、コミュニティや帰属意識と同じように重要な部分です。人生の浮き沈みを一緒に経験することで、人間関係を深めるのです。重要なのは、山あり谷ありを経験する中で形成される他の人々とのつながりや絆であって、山あり谷ありそのものではありません。ハイとローだけでは、それほど楽しいものではありません。

アン:私があなたにとても感謝していることの1つは、あなたがメールをしていると話していることです。私たちの調査で明らかになったことの1つは、コネクター、つまり美しい栽培者たちは、多様なコミュニティを持っています。報告したり、報告されたりする人は生涯を通じてつながりを長く保てるということです。あなたのネットワークもそうですか?

ジャスティン:ええ、私は変わったと思います。私は意図的に人を連れてくるようなネットワーカーではないと思います。どちらかというと、Uberで一緒にドライブしている人であろうと何であろうと、今一緒にいて楽しい人と深く付き合いたいほうです。でも、そういう関係を維持するような、コネクター的な人もいますよね。

彼らはスプレッドシートを見せながら、「これが大学時代の友人で、これが高校時代の友人で、これが職場の友人です」と言います。妻より先に、結婚記念日のお祝いを送ってくれる友だちもいます。

アン:あら、いいわね。

ジャスティン:彼女はとても几帳面なんです。彼女はすべての情報について細心の注意を払っていて、私の誕生日もメモしています。彼女のような人が世界にはいます。それはつながり方の別の方法であり、私は単に周りにいる人々と一緒にいることが好きです。以前は、常にInstagramや他の何かをスクロールしていることが、私たちを分断していると話しましたね。

実生活でのつながりは、20年前の30%にまで減少

アン:私は個人的に、この半年間、フィルターにかけたり見たりする必要性をなくすために本当に努力してきました。(SNSは)本当に気が散ります。私たちを遠ざけているいくつかのこと(があると思います)。つながっているつもりでも実はそうではない、私たちのつながりを助けないものについて、もう少し話してくれますか? 

ジャスティン:これについては、言いたいことがたくさんあります。人々が時間を費やすアプリを作った人にしては、皮肉なことですよね。でも、"design to be deleted "(削除されるために設計された)という私たちのキャッチフレーズは、アプリが私たちのために何をすべきかという核心を突いていると思います。孤独はここ20年来の新しい問題ではありません。

つまり文化的には、私たちは太古の昔から、非常に達成志向の強い個人主義社会だったと思います。しかし、ここ20年ほどの間に起こったことは、劇的なことです。

ああ、それについてもう1つ。ロバート・パットナムという人が2001年に出した、『Bowling Alone: The Collapse and Revival of American Community (『孤独なボウリング:米国コミュニティの崩壊と再生』)』という本があるのですが、当時のことはとても古めかしく思えました。

今から20年前、彼は1950年から2000年までを見ていました。今では私たちはテレビを見たり、インターネットをしたりして過ごしています。2000年から2024年にかけて、私たちは実生活に費やす時間を、画面を見つめる時間にほぼ完全に置き換えてしまったのです。

若者の間では、実生活で一緒に過ごす時間が1,000時間も減っているのです。実生活でのつながりは、ほんの20年前の30パーセントにまで減少しています。「テーブルの上にスマホを置くと、会話をしている時に何が起こるか」というバージニア工科大学の研究があるのですが、会話の複雑さを劇的に減少させるというのです。

アン:逃げ口みたいなものですね。

ジャスティン:ええ。本当の意味で自分を分かち合ったり、本当のつながりを持ったりするには、危険な環境なんです。

かつてのSNSは、人とのつながりや帰属意識を持たせるものだった

ジャスティン:私たちは実生活で一緒に過ごす時間を70パーセント減らし、残された30パーセントは、質が低下しています。ただデバイスのせいだけだとは言いたくないんです。デバイスはすばらしい技術だと思いますし、FaceTimeもUberも大好きです。いろんなサービスがあることはすばらしいし、奇跡的だと思います。

しかし本来、ある種の一連のサービスは、私たちをつなぐためのものでした。昔はソーシャルネットワークサービスと呼ばれていて、私たちをつなぎ、より大きな帰属意識を感じさせてくれるはずでした。実際、最初の数年間はそうだったでしょう。そして、いつしかソーシャルネットワークサービスではなく、ソーシャルメディアのことを言うようになりました。

なぜなら、これらの企業のビジネスモデルは広告ベースだったからです。そして、突拍子もないニュースや有名人のゴシップ、インフルエンサーは、あなたの友だちよりもちょっとおもしろいとわかりました。

あなたの友だちはすばらしいけど、彼らはどうすればもっとおもしろくなれるかを知っているんです。つまり、アルゴリズムをうまく機能させる方法を知っていて、それは仕事になりました。

アン:いろいろなものを見たい人のために、インフルエンサーの仕事があるのではないかと思います。でも、あなたは何も見たくないんでしょう。ごめんなさい、中断してしまいましたが、私はあなたのために怒っています。それは、私自身がソーシャルメディアをほとんど使ったことがないからです。2012年〜2013年ごろから再び使ってみたことがありましたが、私はドラッグやアルコール依存症の経験があります。

中毒は「破壊的な習慣」であり、引き金と反応と報酬が伴う

ジャスティン:中毒がどんな感じか、常に自分の注意をそらされる感覚を知っています。これらのサービスを使い始めた時、私は「これをするために酒をやめたわけではない」と感じました。これは中毒とまったく同じです。

脳の半分はいつも別のところにあって、いつもそれをしなければならないような気がするんです。中毒とは破壊的な習慣です。その習慣には引き金と反応と報酬があります。私たちにはたくさんの習慣があって、プラスになることもありますが、マイナスになる習慣は、人生をより良くしません。

Instagramに費やす時間と、自分の人生でできる他のことを比較した場合、どちらが良いのか? そのために私は良くなったのか、それとも悪くなったのか? スマホを置いてから20分後、私はもっと(人々と)つながっていて、帰属意識を持っていて、やる気があるか? 人生にワクワクしていると感じるか、それとも消耗していると感じるか? 少なくとも私にとっては、消耗しているように感じました。

アン:そのとおりです。健康状態をチェックしたり、睡眠を記録したり。本当にデバイスを使うことで有益なことはたくさんあります。でも、娘に「いつもInstagramを見ているわね」と言われた時、私はそれに気づきました。

私は「そんなことないよ、仕事なんだよ」と言いました。でも、本当にそうなの? と考えてみたんです。私はInstagramのために働いているのでしょうか? しかし、テクノロジーは解決策の一部になる可能性があると思います。