すでに2001年には注目されていた「自然言語処理」

エリザベス・ブラムソン・ボードロー氏:これは、2024年のリストに関する私たちのサイトの美学です。私は、私よりもはるかに技術に精通している多くの人々の声としてここにいることを、明確にしておきたいと思います。

MITテクノロジー・レビューの同僚たちは、テクノロジーに関する素晴らしい、時には奇妙、時には不穏、あるいは挑戦的なストーリーを発見することに日々費やしています。ですから私は、非常に深い詳細な知識を代表する者として、ここにいるのです。これらのテクノロジーについて、もう少しわかりやすく説明します。

私たちが発表しているレポートやコンテンツを掘り下げていくと、もっとたくさんのことがあります。項目1は、あらゆるものにAIを適応することです。なので、AIがリストに入っているのは驚きではありません。

私たちが2001年に発表した最初のリストには「自然言語処理」、つまりChatGPTのような生成的AIツールを駆動する、大規模な言語モデルを支える技術が含まれていました。そして昨年も私はこの話をしましたが、もちろん生成AIもリストに入っていました。

2023年はAIにとって激動の年で、多くのことが起こりました。最初の項目は、そのすべてを要約する試みです。私たちは今、一般の人々がAIと直接対話し、意識的にAIと戯れる時代にいます。みなさんもチャットを使ったことがあるでしょうし、コードを書いたこともあるでしょう。

人々は生成AIを使って画像を作っています。検索、チャットボット、電子メールサービスなどに組み込まれている多くの生成AIツールが登場しています。ですから、AIについて語ることはたくさんあります。

今週はずっと生成AIに焦点を当てたセッションがあり、私もいくつか招待されました。「ここで何を話せば違うものになるのか?」と考えたのですが、いくつかの質問を投げかけ、予測や私たちの考えを共有することにしました。

OpenAIに対する著作権侵害の訴訟

まずはバイアスについてです。これらのツールには、バイアスの問題があることを知っています。その理由は、モデルがWebからのデータ、つまり、例えばジェンダーのステレオタイプや人種差別を含む画像やテキストで訓練されているからです。

では、バイアスの問題はどのように解決されるのでしょうか? それが問題です。私たちは「偏見という問題に対する意識が高まるにつれて、回避策が開発され続けるだろう」と予測しています。

しかし、すぐに解決するものでも簡単に解決するものでもありません。ですから、偏りの問題もまた、回避策が生まれ、改善されることを期待しています。この問題を解決するためには、まだまだ努力が必要です。

トピックその2は著作権法です。モデルがデータ、コンテンツ、クリエイティブな作品に対してトレーニングされるにつれて、より多くの訴訟が起こることが予想されます。

ジャーナリズム業界では『ニューヨーク・タイムズ』紙が、モデルを訓練するためにニューヨーク・タイムズ紙が発表したコンテンツを使用したとして、OpenAIを提訴しました。また、サラ・シルバーマンや作家ジョージ・R・R・マーティンのような有名人(もOpenAIを提訴しました)。

アルゴリズムを混乱させるような方法で画像を変更する、Nightshadeという技術ソリューションがあります。つまり、公開前に画像を改変して、その画像がモデルに取り込まれる時にアルゴリズムを混乱させることで、コンテンツや著作権で保護されたコンテンツが使用されるのを少し防ぐ方法があります。

しかし、モグラたたきのゲームは続くでしょう。個人的には、OpenAIに対する『ニューヨーク・タイムズ』の訴訟がどうなるかを注視しています。私たちの分野では、さまざまな業界団体が政策的な保護や法的な裁判に取り組んでいます。しかし繰り返しになりますが、モグラたたきのゲームは続くでしょう。

ディープフェイクを禁止することが困難な理由

3つ目の大きな疑問は雇用についてです。どれくらいの雇用が失われるのでしょうか? 一般的に言って、今日私たちが耳にしたところでは、研究者たちは「仕事の範囲は変わるだろうが、その数は必ずしも変わらない」と考えているようです。そのため、職を失うというよりは、再教育を受ける必要があるでしょう。

その結果、例えば特定のテーマの研究者をより効率的にすることはできますが、人間の研究者の必要性がなくなるわけではありません。多くの懸念があり、必要であれば人々を再教育する必要があるためです。

トピック4は誤報についてです。誤報は今後も非常に大きな問題で、おそらく良くなる前にもっと悪くなるでしょう。

これから行われる選挙について考えてみましょう。アメリカの大統領選挙はもちろんですが、2024年には世界中で非常に多くの選挙が行われます。

「Dope Pope」を覚えている人がどれだけいるかわかりませんが、あれは私のお気に入りでした。それから、逮捕されたドナルド・トランプ、ペンタゴンの爆発。これらはすべてフェイク画像です。何百万人もの人々に共有され、閲覧されました。

数週間前にネット上で広まったテイラー・スウィフトのフェイクビデオのように、この種のフェイク画像を取り締まるのは信じられないほど困難です。そこで、2023年10月に人工知能に関する大統領令が署名され、AIが作成したコンテンツにラベルを付けることの重要性に焦点が当てられましたが、法的には義務付けられませんでした。

ディープフェイクを禁止するのは非常に困難です。というのも、ディープフェイクの多くはオープンソースのシステムや、国家権力者によって構築されたシステムから生み出されるため、コントロールの手が届かず、追跡が不可能な場合があるからです。

そのため2024年は、特に選挙をめぐる誤報という点で、非常に厄介な年になりそうです。メディアの消費者として、私たちが何を得ているのか、そして私たちが目にするものの非常に多くが真実ではない可能性があるという事実を考慮することが本当に重要です。

AI発展の裏側には低賃金労働者の存在が

もう1つのトピックは、生成AIに関して言えば非常にコストがかかるということです。つまり、環境コストがどれほどかかるかについては広く理解されていません。データセンターには大量のエネルギーが必要ですし、人的コストもかかります。

多くの場合、貧しい経済圏で働く低賃金労働者がデータのラベル付けを行っています。これはAI経済の目に見えない部分ですが、彼らは何千、何万という性的コンテンツや暴力コンテンツ、児童虐待の画像にラベルを貼っている可能性があります。

つまり、毎日何百、何千もの写真に目を通している人たちがいるのです。私たちはラベリングしてほしいのですが、そのような画像に何時間も何時間も向き合うことが、人間の精神にどのようなダメージを与えるかを理解していないのです。

テクノロジー企業はすでに圧力にさらされており、例えばOpenAIが低賃金労働者を使っていることを暴露したジャーナリズムがあります。しかし、よく理解されていないことがたくさんあります。

意識が高まるにつれて、人的コストと環境コストの両方に対処するようテック企業にプレッシャーをかけ続けることになるでしょうが、最終的に大きく改善されることは期待できないでしょう。

この話題になると人々は「AIの社会的リスクはどうなのか? 人類の存続はどうなるのか?」と聞きたがります。このような実存的な問題は差し迫ったものではありませんし、近いものでもありません。しかし、今お話ししたような人的コスト、環境コスト、偏見、誤った情報などは、実際に今日起こっていることです。

生成AIのユースケースを持つテック企業の幹部は、わずか9パーセント

最後に、「このAIはいったい何のためにあるのか?」と考えることが非常に重要です。最終的にキラーアプリはあるのでしょうか? 例えば、生成AIは何に役立つのでしょうか? キラーアプリは、まだ存在しないと思います。

「猿がタックハットをかぶって電車に乗っている漫画」を作ったり、遊んでみると楽しいですよ。しかし、このようなツールにどのようなニーズがあるのかははっきりしません。

私たちは数ヶ月前、テック企業の幹部を対象に1000人に調査を行い、ビジネスにおいてどのように生成AIを活用しているかを尋ねました。私たちは知りたかったのですが、実際に導入する自信はあまりありません。

私たちが調査した1000人の幹部のうち、生成AIに関わる実用的なユースケースを持っていたのはわずか9パーセントです。しかし、彼らはおそらく平均的な企業幹部よりもテクノロジーに興味を持っていることも認識する必要があります。

部門別に見ると、当然のことですが政府部門が最も低く、ユースケースを持っているのは2パーセント。財務部門は17パーセント、IT部門は28パーセントでした。

そして彼らはみな、リスクに関して多くの懸念を抱いており、59パーセントがこれらのリスクについて非常に懸念していると答えました。

そして、彼らは自社で(生成AIを)本格的に導入する前に、こうしたリスクをもっとよく理解する必要があると感じています。ですから、解決しなければならないことは非常に多いのですが、AIをあらゆるものに活用することで、最終的にはこれらの問題はすべての人の問題になるのです。

現在は高価な「Apple Vision Pro」、いずれ普及するのか?

2つ目(のテーマ)は、超高効率の太陽電池。これはペロブスカイトの層を追加した太陽電池パネルのことです。この小さな結晶は、従来のシリコン電池とは異なる波長の光を吸収します。ですから、ペロブスカイトで作られた太陽電池は、太陽からのエネルギーを電気に変換する効率がかなり高くなります。

これがその小さな結晶セルの画像です。この分野のリーディング・カンパニーのひとつがオックスフォード・PVで、今年の後半にパネルを出荷する予定で、その他にも多くの動きがあります。

多くの大手太陽光発電メーカーがこの技術に投資し、買収を行っています。これは太陽エネルギーの発展において非常に重要になると考えています。みなさんもご存知でしょう。

これはAppleの新しい複合現実ヘッドセット「Apple Vision Pro」です。Apple Vision Proは、デジタルコンテンツを現実世界の風景に重ね合わせます。それはあなたのリビングルームかもしれませんし、オフィスかもしれません。

フェイスコンピューターについては長い間話してきました。Google Glass、Microsoft HoloLens、Meta's Questなど、これらはすべてさまざまな理由で失敗したフェイスコンピューターです。では、今と何が違うのでしょうか? それはAppleです。

Appleは、消費者向けテクノロジーについてある程度の知識を持っています。この部屋には、人の数だけiPhoneがあるでしょう。しかし、より重要なのはその背後にある技術です。このヘッドセットには2枚のマイクロOLEDディスプレイが採用されており、その解像度は市販されているどのヘッドセットよりも高いのです。

ティム・クックの写真を載せなければなりませんでした。ティム・クックの写真は、本当におとぼけな感じの顔をしています。嘲笑はさておき、長い間技術に携わってきた編集長は「これまで見た中で最も没入感のある体験だ」と言っていました。

みなさんは(Apple Vision Proを)試したことがありますか? 現在では高価すぎて、3,500ドルもします。ほとんどの人には手が届きません。しかし値段は下がるでしょうし、そうなればこの体験が次に大きな変化をもたらすと期待しています。

米国人口の約2パーセントに処方されている肥満治療薬

この広告はとても奇妙な前提で、最近になって世間に知られるようになりました。ノボ・ノルディスク社のオゼンピックとウゴービの2種類が代表的な薬で、セマグルチドという有効成分を持ち、食後に腸から分泌されるホルモンを模倣することで食欲を抑制します。そのため患者は満腹感を得ることができます。

もともとは糖尿病の治療薬として開発されたもので、服用すると15パーセント、20パーセント以上と、非常に多くの体重を減らすことができることが示されています。現在では米国人口の2パーセント近く、つまり600万人がこれらの薬を処方されている計算になります。

現在、70の新しい治療法が開発中で、さらに6つの治療法が規制当局の承認を待っています。また、注射から錠剤に移行する動きもあります。

体重を減らすだけでなく、心不全や脳卒中、心筋梗塞を予防する可能性があることを示すエビデンスが出てきたことを考えると、公衆衛生における大きな変化は、体重や体重に関連する病気に苦しむ私たちのような人々にとって、非常にエキサイティングな展開です。