部屋の中を森にして自宅で森林浴をしてみた

セブ山氏(以下、セブ山):こんにちは。今週も始まりました。バーグハンバーグバーグTV、この番組は株式会社バーグハンバーグバーグのことを、もっとよく知ってもらうための番組になります。司会は私、セブ山です。よろしくお願いいたします。そしてお相手は、社長のシモダさんです。

シモダテツヤ氏(以下、シモダ):(ぺこり)。

セブ山:よろしくお願いします!

シモダ:(ぺこり)

セブ山:よろしくお願いしまーす。そして社員ゲストはまきのさんと、ARuFaさんです。

まきのゆうき氏(以下、まきの):(ぺこり)

ARuFa氏(以下、ARuFa):(ぺこり)

セブ山:静かに、はい。どうもありがとうございます。よろしくお願いします。はい、というわけでそのお二人をお招きしてお送りする今回の案件は……。

セブ山:「検証! 部屋の中を森にして自宅で森林浴をしてみました」です。

ナレーション:今回ご紹介する案件は、映画『イントゥー・ザ・ウッズ』のPR記事制作。

ナレーション:その名の通り、上映時間の8割が森の中で進行する本作になぞらえて、バーグ社員、ARuFaの自宅を森にしました。

セブ山:はい!というわけで、早速お話しを聞いていきたいんですけれど……。

茶髪にしたいまきの氏

シモダ:その前にいいですか。なんか、さっき2人でタクシー乗ってたんですけど。「おれ茶髪にしよう思うねん」って(笑)。

まきの:(爆笑)。言わなくてよくないですか? なんで今言う?

シモダ:これだけはお伝えしときたいと。果たしてこれは、茶髪似合うか? 問題。

セブ山:あ、今回のテーマはそれですか? まきのさんが茶髪似合うかどうか。

シモダ:いや、ハーフ・ハーフなんで。

まきの:アニーみたいになるかなっていう。

セブ山:あ、アニーみたいになりたいな、と。

まきの:ちょっとその時はあって。

セブ山:はいはいはい。髪質がね。まあ、くりくりで。

シモダ:でもあなた、今週末でいくつになるんでしたっけ。

まきの:33ですね。

シモダ:33でねー。俺もね、33になった時にね、いっぺんやりましたよ。

シモダ:恥ずかしー茶髪みたいなの……。やめとけ! と。ほんまもう。

セブ山:33はなんかあるんすね! そういう、迷いみたいなのが。

シモダ:迷いあるやろね。変わりたい自分とごっつんこする時期なんでしょうね。はい、行きましょう、森へ。

まきの:今言うことじゃないよね。

セブ山:というわけでね、アニーとARuFaさんをお招きしてお送りするわけなんですけれども、今回の見どころ、お聞きしたいんですけれど。

まきの:見どころ。えー、やっぱり家の中を森にするっていう。

シモダ:え? ミュージカル風に……?

(一同笑)

まきの:その映画、ミュージカルじゃないんで。

シモダ:言わへんわ。

セブ山:ま、そうですよね、家の中を森にするというのは、まあインパクトね。

セブ山:ARuFaさんのご自宅ですよね。

ARuFa:いや、そうなんすよ。最悪!

セブ山:最悪。やっぱり、そうですか。感想としては最悪。そもそも今回、なんでやることになったっていうか、どんなところからアイデア出たんですか?

ARuFa:企画会議の時に、最初の段階で僕が「もうなんか、部屋を森にしちゃったらいいんじゃないすかね」みたいな感じで、かる~く言ったら、「いいね、それ」ってなって。トントン拍子に話が進んで。

まきの:たまたま映画も、8割が森の中なんですよ。

セブ山:もうタイトルがそうですもんね。

まきの:『白雪姫』とか『ラプンツェル』とかの、ハッピーエンドのあとの話みたいなところで。ちょっと皮肉っぽい映画ではあるんですけれども。ほぼ森なんです。

シモダ:残り2割聞いていいですか?   まきの:残り2割は、あの、街。

シモダ:街! 聞きましたか? 街!

セブ山:大丈夫ですか、ネタバレになってないですか!?(笑)。まあじゃあ、森ばっかり出てくるから、「じゃあ家、森にしたらいんじゃない?」っていう、簡単なところから。それいいねと、どんどん転がって。

ARuFa:プレゼンも通って。

セブ山:通っちゃって。

ARuFa:一番大変だったのは、部屋の中に川を引いたんですけれども……。

セブ山:部屋の中に川を(笑)。

ARuFa:部屋って川を引けるようになってない。実は。

セブ山:(爆笑)。

ARuFa:なので、それを無理矢理やると、やっぱり苦労が絶えなくて。「これは壁、イッちゃうしかないね」とか。すごいぶっそうな会話を、ずーっとしてて。

セブ山:すごい哲学的なことを言っているようですけど、当たり前のことしか言ってないですよ。

シモダ:昔の人も同じことを思ってたと思うねん。川は、水を引いてきて……みたいな話。それをね、水を引く必要のないこの時代にね。

ARuFa:賃貸で(笑)。

セブ山:結構、いろんな苦労あったんですね。

ARuFa:そうですね。

撮影中にズボンが切れた

セブ山:ほかもなんかありました? そういうの。

ARuFa:あとは、あんま関係ないんですけど。撮影を始めて15分後くらいに、僕のズボンが切れちゃって、お尻の部分が。ちょうどその時ノーパンだったので、ずっと撮影中、金玉が見えていたという。

セブ山:(笑)。ちょっと言っている意味がわからないんですけど、はい。

まきの:その時の写真ありますよ、それがこれ。

セブ山:(爆笑)。

シモダ:これはまだ、キンタマこぼれてな……ああ、もう、あかんやん! これあかんヤツやん! YouTubeでは。

まきの:これは、モザイクかけていただいて(笑)。

セブ山:モザイクを。今、皆さんが見ているのは、モザイクがかかっていますけど……。

まきの:完璧出てますよ!

セブ山:でも、きれいな写真ですね(笑)。

シモダ:確かにね、すごいな(笑)。

セブ山:そんな大変な企画なんですけども、実際公開して、どんな声というか反響がありましたか?

まきの:まあ、やっぱり「よくやるな」とか「すげえ」とか。単純にもう「すげえ」っていう、声は結構ありましたね。

セブ山:ああ、インパクトがすごいですもんね。

まきの:はい。

ARuFa:僕の身の回りの友だちとかも、みんな見てくれたらしいんですけども。

セブ山:実際のリアルの友だちとかも。

ARuFa:はい。口々に、「大丈夫?」って。

セブ山:大丈夫。それは何が大丈夫?

ARuFa:わかんないです。それは部屋か頭か、わかんないですけども。「大丈夫」って聞かれて。僕も「大丈夫」って答えて。

シモダ:大丈夫じゃない奴が言うよね。

セブ山:何にも大丈夫じゃない奴がね。

(一同笑)

森は1日ごとに匂いが変わる

セブ山:あの部屋あんだけ、めちゃくちゃやったけども、元通りになったの?っていうのは、みんな気になってると思うんですけれども。

セブ山:実際どうなんでしょう?

ARuFa:そうですね、元通りにはなってまして。でも、その元通りになったのが、撮影から3日後だったので。

セブ山:3日後!

ARuFa:2日間は僕の家が森だったんですよ。2回寝たんです、土で。でもう、1日ごとに匂いが変わるんすよ。森って。

ARuFa:ご存知でしたか?

まきの:さすがに僕は知らなかったです。

ARuFa:どんどん臭くなっていくんです。で、床がたぶんもう終わり始めていたんですよ。

セブ山:床が!?

ARuFa:土と木ですから、一緒になり始めてたんですよ。たぶん。

セブ山:土に還ろうとしてた。部屋が。

ARuFa:もう、フローリングが。

セブ山:でも、元通りにはなったんですね、それを経て。

まきの:そうっすね。でも、まだ土が。

まきの:ベランダに残ってるらしい。

セブ山:例の土が。まだ、ベランダに今もある!?

ARuFa:100キロ残ってる。

セブ山:それ何とかなんないんすか? なんでそんなベランダに置いてるんすか?

ARuFa:1回捨てようと思って、ゴミ捨て場に置いたんですけど、全部、残ってて。

シモダ:あ、土って捨てたらあかんのや。

ARuFa:違うんですよ。土ってゴミじゃないんです。

シモダ:はあー、こういうことも学べる!

ARuFa:いやー、そうです。

シモダ:街路樹とかあの、脇にちょっとずつさ、ショー・シャンクみたいにさ。

シモダ:ズボンの裾からぱらぱら、ぱらぱらってやりながら歩くとか。やったらええやん。

ARuFa:100キロ分ですよ!

(一同笑)

セブ山:どうなんでしょう、引き取ってもらうのか、アルファンに視聴者プレゼントするのか。

ARuFa:土配るやついないでしょう!

シモダ:でもなんかしね、そのあたりの調査はやっていただくか。まあ、我々は関係ない……。

ARuFa:お願いしますよ。お願いします。

シモダ:ま、ARuFaの日記でしたっけ? あの日記のやつで、やればいいんじゃないですか?

セブ山:なるほどね。じゃあ、土はゴミになるのか、ゴミじゃないのか。どうしたらいいのかという、この続きはARuFaのブログで見ていただくというわけで。

(一同笑)

セブ山:はい、今回は「検証! 部屋の中を森にして自宅で森林浴をしてみた」について、お話しを伺ってきました。どうも、ありがとうございました!

シモダ:ありがとうございまーす!

ARuFaブログ見ろよ!