心より身体を優先しがち

ガイ・ウィンチ氏:私は双子の兄弟と育ちました。双子って、えこひいきにすごい敏感なんですね。彼のクッキーが自分のより少し大きいだけで気になってしまいます。飢えていたわけでもないのですが。

私が心理学者になった時、これとは違ったタイプのえこひいきに気づき始めました。心よりも身体的なことに気を遣っているということです。私は心理学の博士号取得のため9年間を大学で過ごしました。私の名刺を見て、何人もの人に「心理学者かー。お医者さんじゃないの?」と言われたりしました。

それはもう、名刺にそう書いてないといけないほどでした。

(会場笑)

心より身体を重んじる。いたるところでこの光景を見かけます。

このあいだ友人宅にお邪魔した時に、彼らの5歳の子どもが寝る準備をしていました。シンクのそばでイスの上に立って歯磨きしていました。すると彼は足を滑らせ、足に擦り傷ができてしまいました。ちょっとの間泣いたものの、またイスの上に立ち上がり、バンドエイドの箱に手を伸ばして、自ら傷の応急処置をしたのです。

その子はまだ靴ひもを結べないのにもかかわらず、感染症を防ぐべく応急処置をすべきことや、1日2回の歯磨きをすべきということをわかっていたのです。身体健康と口内衛生をケアしないといけないということに関しては、私達は5歳の頃からわかっているのですね。

では精神の健康についてはどうでしょうか? そうです、何もないのです。感情の衛生について私達は、子どもに何か教えているでしょうか? 何もしていないのです。どうして心より歯をケアしてしまっているのでしょう?

心のケガは放置しても大丈夫?

なぜ身体の健康が、心の健康より遥かに重要と考えられてしまっているのか?

肉体のケガに比べ、私達は心の傷を放っておきがちです。拒絶や孤独といった精神状態をです。放っておくと悪化し、生活に相当な影響を及ぼします。そういった心のケガを治療するために、科学的に証明された方法があるにもかかわらず、私達はそれを実行しないのです。「やらないと」という状況にすらなっていません。

「落ち込んでるの? 頭で考えちゃってるだけだから、吹き飛ばせばいいよ!」

こんなセリフをよく聞きますが、相手が足を骨折した人だったらどうでしょう?

「折れてるのは足だけだから、歩いているうちに治るよ!」

こんなこと言えますか?

(会場笑)

誕生日にかかってこなかった電話

身体衛生と精神衛生におけるギャップを埋めるタイミングは、今ではないでしょうか? 同じように扱うべきです、双子のように。

双子と言えば、私の兄弟も同じく心理学者です。なので同じく彼も医者ではありません。でも一緒に勉強はしていません。人生で一番つらかったことは、心理学の博士号取得のため、はるばる大西洋を渡りニューヨークまで引っ越した時のことでした。私達は人生で初めて離ればなれになり、それは本当につらいことでした。

彼が家族や友達と過ごしている間、私は見知らぬ土地で孤独でした。私達はお互いにひどく寂しい思いをしました。国際電話も当時は高く、週に5分しか話せませんでした。

離ればなれで過ごす初めての誕生日のことです。その週は奮発して10分話すことにしました。朝から落ち着かず部屋をウロウロし、彼の電話を待ちました。しかし、電話はかかってきませんでした。それでも私はひたすら待ちました……。

結局、電話は鳴りませんでした。きっと時差のせいだと思うことにし「彼は今友達といるから後でかけてくるのだろう」と思っていました。それでも電話はかかってきませんでした。

離ればなれになって10カ月が経ち、自分が思うほどに彼は寂しく思っていないのだと思うようになりました。彼が電話をかけてくると信じていた私にとって、その夜は人生で最も寂しい夜となりました。

無自覚な孤独から、電話をかけることができなかった

翌日の朝何気なく電話を見ると、なんと受話器が電話機本体から外れてしまっていました。昨日部屋中を歩き回っていた時に蹴ってしまったのだと気づきました。そしてよろよろベッドから出て受話器を元に戻すやいなや、電話が鳴りました。彼でした……。それはもう怒ってました。

(会場笑)

その夜は、彼の人生にとっても最も寂しい夜だったのです。私は色々説明しようとしたのですが、彼は「電話がかかってこなかったら自分からかけてこいよ。かけない意味がわからない」と言いました。確かに彼は正しかった。なぜ自分から電話をかけなかったのか? 当時は自分でもわかりませんでした。しかし今ならその答えがあります。

単純な答えです。それは「孤独」。

孤独は精神に深い傷を負わせます。物の見方を歪め、思考を混乱させます。「周りの人は自分のことを考えてくれていない」とか「すでにいっぱいいっぱいで、どうせ傷つくのに、何でわざわざ人と関わらないといけないのか」とか思わせてしまうのです。

その時の私は孤独に取り憑かれていました。でも1日中人と関わっていたことから、その実感ができていませんでした。孤独は純粋な主観によって定義されます。感情的に、または社会から隔離されているということを自分で実感しない限り、孤独を確認できないのです。

孤独は警告なしでやってくる

世の中には孤独に関する多くの研究が存在し、それはどれも恐ろしい内容です。孤独は惨めな感情にさせるだけではなく、人の命を奪います。冗談抜きにです。慢性的な孤独は、早期死亡の確率を14 パーセントまで引き上げます。

孤独は高血圧や高コレステロールも引き起こします。免疫機能でさえ影響を受け、様々な病気に脆弱になります。これらのことから慢性的孤独は喫煙と同様、長期健康においてかなりのリスクをもたらします。

タバコの箱には「命を脅かす」と警告があります。でも孤独は警告なしでやってきます。それこそが感情の衛生状況をよく知り、精神衛生を優先するべき理由です。負傷したと理解できなければ、治療すらできませんから。

1回の失敗で自分を無能だと思い込んでしまう

知覚を歪め、人をおかしくする精神的負傷の原因は、孤独だけではありません。

「失敗」にも同じ脅威があります。

私がある託児所を訪れた時のことです。そこでは3人の児童がそれぞれ、全く同じおもちゃで遊んでいました。赤いボタンをスライドすると子犬が飛び出すというしかけです。ある女の子は紫のボタンを押したり引いたりして、やがて唇を震わせて座り込んでしまいました。

その隣にいた男の子はそれを見て、おもちゃを触るまでもなく泣き出しました。そしてまた別の女の子はあらゆる方法を試し、赤のボタンをスライドさせて飛び出した子犬を見て、喜んでキャーキャー騒ぎました。

3人の幼児が全く同じおもちゃで遊んでいても、失敗に対するリアクションは皆、違いました。最初の2人も赤のボタンをスライドする能力はありました。しかしできないと信じ込んでしまったことによって、それができなかったのです。

大人もこのトリックに騙されます。それはいつでも起こるのです。私達には、フラストレーションやつまづいた時に発生する、デフォルトの感情や考え方があります。

失敗に脳がどんな反応をするかは、知っておく必要があります。あなたの脳が、自分を無能と信じ込ませようとしていると、先程の2人の幼児のように、できないと勘違いして挑戦をすぐにやめてしまったり、あるいは試みることすらやめるようになってしまうからです。

そしてよりいっそう成功できないと信じ込んでしまうのです。多くの人が潜在能力以下の行動しか取れない理由はそこにあります。時にはたった1つの失敗でさえも、自分は無能と信じ込ませる原因になってしまうことがあります。

思い込みをなくすのは至難の業

一度信じ込んでしまうと、考えを変えるのは非常に難しくなってしまいます。私はそれを双子の兄弟と一緒に、少々荒い経験でしたが学びました。夜道を車でドライブしていた時、私達は警察に止められました。近所で強盗があり、犯人を探しているということでした。

警官が車に近づき、運転席にいた兄弟の顔をライトで照らしました。次に私にライトを当てた時にこう言ったのです。

「お前見たことあるぞ!」

私は言いました。

「運転席で?」

(会場笑)

しかし警官は聞く耳を持たず、私がドラッグをしていると思っていたようです。

(会場笑)

そして警官は私をパトカーまで連れて行きました。私に犯罪歴がないことを確認して初めて、運転席に座る兄弟の存在に気づいてもらえました。それでも私達が最終的に車でその場を立ち去る瞬間でさえも、その警官は私が逃走犯であることを信じてやまない表情でした。

一度決まった考え方を変えるのは至難の業です。失敗によって意気消沈したり、打ち負かされた気分になってしまうのは、仕方のないことです。しかしながら、自分は何も成功できないという考えを許してはなりません。状況の体勢を整え、負のサイクルが始まる前にそれを打ち破らなければなりません。

失敗や拒絶からダメージを受けやすくなる原因は、プライドの低さ

私達の心や感情は、信頼できる友人ではなく、あてにならない友人のようなものです。ある時は非常に親切でも、次に瞬間には不機嫌だったりします。

ある女性と働く機会がありました。彼女は20年の結婚生活を経て悲惨な離婚を経験し、それから初めてのデートの準備をしていました。相手の彼とはオンラインで知り合いました。彼は成功者でいい人でしたし、そして何より、彼女を気に入っているように見えました。   ですから彼女はとても楽しみになり、ドレスを買いオシャレなニューヨークのバーで彼と初対面しました。しかし10分後、彼は立ち上がり、「ごめんなさい」と言いその場を立ち去りました。

「拒絶」は極端な痛みを与えます。彼女は傷つき、その場から動けませんでした。そして友人に電話をかけたとき、こう言われました。

「何を期待していたの? あなたはお尻もデカいし、別に面白いこと言えるわけでもないし、あんな出来て男前な人があなたみたいな負け犬にいくと思うの?」

ショッキングな内容です。どこの友人がこんなヒドいことを言えるのでしょう? 実はこれは、彼女が自分自身に言った言葉でした。

しかしこれは、私達みんなが自分自身にやってしまうことなのです。特に拒絶を経験した後では。失敗や欠点について、考え出してしまうのです。「こうだったら」「こうじゃなかったら」酷い言い方ではないにしても、やってしまっています。

プライドはすでに傷ついているのにもかかわらず、さらに深く傷つけるような行為をしてしまっています。身体の負傷だったらそんなことはしないはずです。手を切ってしまった時に、ナイフでそこからさらに深く切り刻むなんてことはしませんよね?

にもかかわらず、そのような精神的自傷行為をしてしまう。なぜなのでしょうか? それは貧しい精神衛生だったり、心の健康を優先していなかったりするから起こるのです。

多くの研究によって明らかなことですが、自尊心が低いとストレスや不安に脆弱になり、失敗や拒絶からはよりダメージを受けやすく、回復にも時間がかかります。

ですから拒絶を経験した際にしなければならないのは、自尊心を取り戻すことです。「ファイトクラブ」みたいに誰かを殴りつけるのではなく。感情的痛みがあるときは、本物の友達がしてくれるように、自分に同情するのです。

「負のリプレイ」への衝動は強力

心理的に良くない習慣を理解し、変える必要があります。心の健康に1番よくないのは、黙って考え込み、思考を反芻してふさぎこんでしまうことです。

反芻してしまうのは良くありません。上司に怒られたり、先生に何か言われてクラスで恥をかいたり、友達と大喧嘩してしまったりといったシーンを頭の中でリプレイし続けるといったことです。何日も何週間も続いてしまうことがあります。

そうして悪い思い出の反芻は、いとも容易く悪い癖になってしまします。にもかかわらず健康にとっては非常にリスクが高いのです。ネガティブな思考に集中し続けてしまい、うつ病やアルコール依存症、摂食障害、さらには心血管疾患にまでなる危険があります。

しかし問題は、ネガティブな反芻への衝動というのは非常に強力で、なかなか止めることができないという点にもあります。私は実体験でそれを理解しています。

ネガティブ思考から抜け出す方法

1年ほど前に、私の兄弟は悪性リンパ腫のステージ3と診断されました。

彼が罹ったガンは非常に強力でした。腫瘍は彼の身体を覆い、つらい化学療法を受けなければなりませんでした。そして私は、彼自身が待ち受けるつらい経験を考えずにいられませんでした。彼自身は文句を一切言ったことがないにもかかわらず、私は彼の苦しみについて考えずにいられませんでした。

彼は非常に良好な精神状態を保っていました。私は肉体的には健康でしたが、精神的にはボロボロでした。けれども、しなければいけないことはわかっていました。

負の反芻の衝動を打ち破るのには2分で充分だといわれています。なのでネガティブな感情が押し寄せてきた時は、その衝動が去るまで何か他のことに集中するようにしました。

1週間で私の外見はずいぶんマシになりました。彼の化学療法が始まってから9週間後、CATスキャンをしたところ、腫瘍は全てなくなっていました。結果は私も隣で聞いていました。まだあと3つの化学療法を経なければなりませんでしたが、私達は彼が回復すると信じています。これは2週間前の写真です。  

慣習を変えることで、心が健康な社会をつくる

孤独や失敗に対して行動を起こし、反応を変え、自尊心を守りネガティブな感情と戦うことで、心理的な傷を癒せるだけでなく、感情面の抵抗力もつきます。強くなれるのです。

100年前人々は、個人の衛生につて考えるようになり、たった10年で寿命は50パーセントまで増加しました。精神衛生についても真面目に考えられるようになった時、私達の生活の質は劇的に向上すると私は考えています。

心理的に健康な社会を想像してみて下さい。孤独やうつが少なく、失敗の乗り越え方をみんなが知っている社会です。自分に自信を持ち、パワーに満ちあふれた社会です。より幸せで充実した社会です。私は可能だと思います。

そんな社会で生きていきたい。そして私の兄弟もそう思うでしょう。少しでも知識を得て今までの慣習を変えられるのなら、私達みんなでそんな社会にしていけるのだと思います。ありがとうございました。