はあちゅう「同窓会は傷口に塩を塗るようなもの」 大人の人間関係の苦労を語る

年末の過ごし方(2015年) #1/2

「新しい人間関係に入っていくことの苦労を感じている」と語るブロガー・作家のはあちゅう氏。過去の人間関係にも苦手意識を感じており、「同窓会は傷口に塩を塗るようなもの」と話します。それに対し、幼稚園の同窓会の幹事を務めた霜田氏は「幼少期に受けた教育が一緒だと、みんな考えが一緒なので話が合う」と、幼稚園の同窓会に参加することの意外なメリットを語りました。30歳を過ぎると、知らない人と出会う機会や、新しい人間関係を構築する機会が少なくなりますが、いつもと違う場所に行ってみるなど、行動の範囲を広げてみると、意外と良い出会いに巡りあえたりするようです。

掃除をすると運気が上がる

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):今年の年末年始はどうしますか? 

霜田明寛氏(以下、霜田):年末年始、何も決めてなくて。

はあちゅう:何も決めてないの? 仕事納め、いつ? 

霜田:(12月)25日で終わりなんですよ! 

はあちゅう:えっ! クリスマスじゃん! 

霜田:26日から1月3日くらいまで休みで。

はあちゅう:超休んでんじゃん。

霜田:超休んでますね。

はあちゅう:会社員ってそんな休めるんだ。と言いつつ、私も25日が仕事納めかも(笑)。やっぱ、外に行く仕事、オンラインサロンの更新とかやるんだけど、取材とかは25日で納まりそうな感じ。

霜田:やっと自分と向き合う仕事ができるっていうのが26日からですよね。

はあちゅう:何するの? 何と向き合うの!? 

霜田:自分の捨てがたい青春と(笑)。

はあちゅう:やりたいことは? 私、大掃除とか地味に超がんばるつもりだよ。掃除すると、運気が超上がる。最近、私、勝間和代さんの無料メルマガを取っているんだけど、勝間さんがめっちゃ断舎離してたの。こんだけ、よく荷物出てくるなぁっていうぐらい、ガンガン出して捨ててたの。

それを毎日、メルマガでリアルタイムで送られてくるんだけど、それを読んでいるうちに、私もなんかいろいろ捨てたいっていう気持ちがモクモク湧いちゃって。今年の最後のほうは、お洋服とかも売ったりして。

霜田:マジですか? 

はあちゅう:うん。だけど、まだまだしたい。もうちょっとさっぱりさせて、お気に入りのものを年明けに買い直したいなぁとか、いろいろ思ってて。でも、たしかに私も大きいスペシャルな予定はなくて。大掃除して、あとは、原稿で絶対やらないといけないのが結構あるから、それを根を詰めてやって。友達に会ったりとか。なんだろう、平常運転? 

同窓会は傷口に塩を塗るようなイベント

霜田:僕ら、帰る場所がないから、特別感がないんですよ。

はあちゅう:ないねぇ。そうだよ。みんな、田舎に帰ったら、おせち食べたりするもんね。

霜田:あと、同窓会? 同級生と地元の仲間と会ったりみたいな。

はあちゅう:そっか。私、同窓会嫌いだからな(笑)。同窓会アレルギーだから絶対行かない(笑)。

霜田:なんで嫌いなんですか? (笑)。

はあちゅう:同窓会? だって、昔の人間関係の中にわざわざ入って、傷口に塩を塗るようなことしかないから、私。

霜田:あぁそっか……。僕、塗りに行ってますね。

はあちゅう:臥薪嘗胆(がしんしょうたん)? 

霜田:青春の痛みをもう1回、再確認するために(笑)。

はあちゅう:私、痛すぎて、たぶん再起不能になって帰ってくる、無理(笑)。私いまだに、昔、自分が憧れの気持ちで見ていた人に会うと、ドキッとしちゃうもん。

幼稚園の同窓会での会話とは

霜田:僕、このあいだ、幹事とかやらないタイプなんですけど、珍しく幼稚園の同窓会の幹事をしてみたんですよ(笑)。

はあちゅう:ほぼ全員、他人じゃん! 

霜田:いやいや(笑)。

はあちゅう:記憶全然ない! 

霜田:不思議に、話が合うんですよ。たしかに、幼稚園だから「あの時、あぁだったよね」っていう話では盛り上がらないです。みんな、「え? 知らない」みたいな。

はあちゅう:いや、なんにも知らないでしょ(笑)。

霜田:いやいや(笑)。なんか幼少期に受けた教育が一緒だと、みんな考えが一緒だから、今の話が合うっていう。

はあちゅう:1人も連絡先、わからない! あれでしょ? 幼稚園と小学校が同じ……。

霜田:全然、付属園でもなんでもないです。幼稚園が私立の幼稚園だったんで、むしろいろんなところから集まって来てて、バラけているんですけど。

はあちゅう:そっか。私、さぎぬま幼稚園だけど、繋がっている人いないや。多分、どこかで開催されているかもしれない、幼稚園の同窓会。私が皆さんに同窓生だと思われていないだけで。おもしろい人いた? 

霜田:結構、みんな、「原宿でアートスペース」やってますとか、「映画俳優になってます」とかで。

はあちゅう:俳優さん? すごいね。私も知っている、あの人? 

霜田:じゃない人で。「47RONINに出てます」って言われて、『47RONIN』と『ラスト・ナイツ』を僕は混同して、ずっとラスト・ナイツの話をしちゃって、やばいと思って(笑)。途中、気づいて「紀里谷じゃねぇな?」と思って。おっとっとってなりましたけど。

新しい人間関係を構築する苦労

はあちゅう:そういう新鮮な人間関係の中に入っていくことって、大人になると、むしろ避けるから、新年に自分を取り戻すという意味ではいいかもね。

霜田:今の仕事とかの関係性でしか、最近会わないじゃないですか。

はあちゅう:あぁ。でも私、最近、結婚式の二次会とかで、めちゃめちゃそういう新しい人間関係に入っていくことの苦労を感じているから。

霜田:あれいらなくないですか? 結婚式の二次会。

はあちゅう:あぁ……。

霜田:とか言っちゃった(笑)。本当に大事な人の二次会だったら行きたいけど。

はあちゅう:今、すでに呼ばれている二次会がすごくあるから、すごくそれに対してコメントしづらいけど、やっぱり「行って良かった」って思う二次会と、「私は今、どこにいるんだろう?」っていう気持ちになることはあるかもね。自分が友達に会うのはいいんだよ。旦那さんの側の人間関係が、まったく私と人種が違ったりとかすると、すごく会話に頭を使う、みたいな(笑)。

霜田:「商社のやつって、こういうパフォーマンスするんだぁ」みたいな(笑)。

はあちゅう:商社の人だったら、まだ喋れる。本当に接点がないこととかがあると、「はぁ」みたいになっちゃうかもなぁ。難しいですねぇ。

霜田:難しいですね。

はあちゅう:人間関係ねぇ。

霜田:30歳になると、良くも悪くもね、細分化されていくというかね。違う世界の人と、なかなかね。結婚式の二次会でもなければ、強制的に混ぜられることがなくなりますからね。

はあちゅう:うん、そうだね。じゃあ、2016年に関しては、あらためて年明けに報告しよう。どんな年末年始だったかみたいな。

霜田:わかりました。

はあちゅう:そんなわけで、久しぶりのゲスアワーでした。皆さん、また思い出して、たまに過去やつも見てください。

霜田:全然、今回ゲスじゃなかったんで(笑)。

はあちゅう:ゲスじゃないね。もう完全に、ホームビデオだよね。

霜田:大人になっちゃったんですかねぇ。ゲスな僕らを求めている人たちには、過去のもぜひ(笑)。こんなまともなこと喋っちゃいましたけど、過去には、ね? セックスの話、いっぱいしているんで。

はあちゅう:あれも、またちょっとバージョンアップして、いつかやろうと想います。では皆さん、良いお年を。

<続きは近日公開>

Published at

はあちゅうのゲスアワー

はあちゅうのゲスアワーに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、はあちゅうのゲスアワーに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

このログの連載記事

1 はあちゅう「同窓会は傷口に塩を塗るようなもの」 大人の人間関係の苦労を語る
2 近日公開予定

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?