私たちを生かしてくれる魔法の豆

今日は暑い日です。あなたは次から次へと何杯も水を飲んだところです。そのあとすぐ動き出すのは精巧なセンサーとして働くふたつの豆の形の臓器です。それらは体の水分の量を調節し、血中の老廃物を発見し、生きるために必要なビタミンやミネラルやホルモンをいつ放出するかを知っています。それが腎臓です!

腎臓の主な仕事は、不必要なものを尿として排出することです。体内に流れている8リットルの血液が、日に20から25回ほど腎臓を巡回します。つまり、腎臓が24時間で180リットルの血液を濾すという意味です。

私たちが食べたり飲んだりするたびに血液の成分が変わり、そのため腎臓は絶えず働いているのです。血液は動脈を通して腎臓に入り、その血管は何度も分岐し、最終的にその枝分かれした小さな血管は特別な内部構造に巻きつきネフロンを形成します。

ひとつの腎臓には百万個のネフロンが強力なフィルターやセンサーとして配列され、血液を注意深くふるいにかけています。体のセンサーの仕組みがどれだけ精密に出来上がっているかが見て取れます。血液をフィルターにかけるために、それぞれのネフロンは2つの強力な道具を用います。球状の糸球体と、長く細い筒状の尿細管です。

糸球体はこし器の様に一定の成分のビタミンやミネラルだけを尿細管に送ります。そしてこの血管の仕事は、それらの成分が体内で必要かどうかを選別することです。必要であればその分だけが体内で再吸収され、再び血管の中を巡回します。

血管は必要な成分ばかりを運ぶわけではありません。不要物も含まれます。ネフロンはその不要物をどう処理するかを決めます。

尿細管はタンパク質を分解してできた、尿素などの不要物を感知し、腎臓から2本の長い尿管を通して尿として排出します。尿管は中身を膀胱へと流し、最終的に体外へと排泄するのです。

尿には水分も含まれます。もし腎臓が体の中の水分が多すぎると判断すると、たとえば先ほど一度にたくさん飲んだ水は、余分な排出すべき水分として膀胱へと送られます。逆に血液中の水分が少ないと判断すると、腎臓は水分を血液中に戻し尿の量を減らします。これが、水分が不足しているとき尿の色が濃くなる理由です。水分を調整することで体の水分を一定に保つのです。

腎臓の働きはそれだけではありません。腎臓はビタミンDを活性化し、血圧を上昇させるホルモン、レニンを分泌し、また別のホルモン、赤血球産生を促進するエリスロポエチンを分泌します。

腎臓なしでは、体は水分量を調整できず、食べるたびに血中にはふるいにかけられていない成分が流れ込み、体はすぐに老廃物でいっぱいになり、死んでしまうでしょう。

腎臓のそれぞれは体をスムーズに機能させるばかりではなく、私たちを生かしてくれているのです。こんな魔法の豆がふたつもあるのはラッキーです。