松本氏、「下乳」の魅力を体を張って熱弁

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):お土産だって。私のじゃないけどね(笑)。

松本氏(以下、松本):やったー。こんなかわいいおっぱいみたいなのもらっていいんですか?(笑)

はあちゅう:なんか今日ずっとおっぱいの話してるよね。

松本:おっぱい!

霜田明寛氏(以下、霜田):1日中ね。

はあちゅう:胸が胸がって。

霜田:松本君がね、ヤバいんですよ。

はあちゅう:下乳がどうたらって言ってたっけ。

霜田:さっきダンクみたいな感じで……ちょっとやってみてくださいよ。

松本:下乳のボリューム感がすごい好きで。

ここにあったとしたら、ぽよんぽよんぽよーんぶるぶるぶるって。

はあちゅう:これ何?(笑)

霜田:埋もれてる感じ?(笑)

はあちゅう:でもそれってDカップ以上だよね。

霜田:確かにそうですよね。

松本:Cでもある人はあるんですよ。

霜田:ここだけ見てるとスラダンみたいでおもしろいんですけど、やってることは変態ですからね。

Hカップは「ぽよん」っていうより「ほわーん」

はあちゅう:私が見た人生で1番大きい胸はHカップなんだけど、Hカップはすごかった。ここまである。重そうだった。

松本:もはやテーブルだよね。

はあちゅう:テーブルとかによいしょって乗るんじゃない? あれだけあったら。

松本:のせ乳ね!

はあちゅう:でもそれだけあったら、女子の中でも「触っていいですか?」ってなった。ふわってしてた!

松本:埋まるんですか? ずぶずぶって。

はあちゅう:超やわらかい。本当お餅みたいなの。さっきのぽよんぽよんぽよーんは固そう。そうじゃなくてほわーんって。

松本:もにょーん系ですよね。

作詞、霜田氏『揉み足りないとらんど』

はあちゅう:さっき霜様がおもしろい歌を歌ってた。

松本:おっぱいの歌を歌ってたんですよ。

霜田:歌っちゃいます?

(霜田、きゃりーぱみゅぱみゅ『もったいないとらんど』のリズムで歌いだす)

揉み足りないから揉み足りないから僕は乳を描き揉む~♪ ああ揉み足りないから揉み足りないからいやらしいこともしちゃう~! 

はあちゅう:2番まで出来てる……!(笑)

松本:これ怒られるやつじゃないですか?

はあちゅう:霜田の就職コンサルタントのキャリアに傷がつくだけだから(笑)。

一同:(笑)

はあちゅう:どうしたの? その『揉み足りないとらんど』の歌。

霜田:30近くなって、絶対的に揉んできたおっぱいの数が少なくて、きゃりーちゃんの新しいアルバムを聴いてたら、揉み足りないとらんどに聞こえてきた。

はあちゅう:すごいですね。

松本:ずっと鼻歌でふんふんふん『揉み足りないとらんど』を歌ってるから何かなと(笑)。

はあちゅう:30のおっさんが(笑)。