独身のセブ山氏、ワケあってお遊戯会を観に行く

セブ山:こんにちは! 今週もはじまりましたバーグハンバーグバーグTV。この番組ではバーグハンバーグバーグが携わったお仕事、制作案件の裏側を根堀り葉堀り聞いていく番組になります。司会進行は私、セブ山です。よろしくお願いいたします。そしてお相手は社長のシモダさんです。

シモダ:はい、よろしくお願いします。

セブ山:あ~……。フリートーク……。

シモダ:用意されてるんでしょ? やっぱ司会なんで。

セブ山:「フリートーク」って毎回、台本に書いてありますんで。ただこれ、(収録)4本目なんでね。なんかありましたか? シモダさん。

シモダ:いやいや。ちゃんと仕事してほしいな。

セブ山:フリートークね。あのぉ~そうなんですよね……。

シモダ:最近あったこと話すとか、そこから広がっていくじゃないですか?

セブ山:最近はアレぐらいしかないですね。お遊戯会を観に行ったぐらいですね、千葉に。

シモダ:あ~。

セブ山:お遊戯会に行って、ムフフフ……。

シモダ:いいんですか? それ1本で今回終わりそうですけども。 

セブ山:終わらないで! 終わらないで!

シモダ:よくわからない視聴者のみなさまのために説明しますと、血もつながってない子供のお遊戯会観に行ったんですって。

セブ山:そうなんです。観に行ったんですよ。

シモダ:え? どの親が金持ってるかな? みたいな?

セブ山:いやいや、違うんです。自分のお世話になってるとこのお子さんが、お遊戯会だっていうんで……。

シモダ:ふむふむ。それはアレですよね。

セブ山:こ、今回の案件を伺う……。

シモダ:片親で肉体関係があるから、その後ろめたさからお遊戯会に行く、みたいな。

セブ山:とんかつ教室です!!

シモダ:肉体関係あっての……。

読者の質問に答えるロースおじさん

(ナレーション)今回の案件は、格安ホームページ制作サービス、グーペにて連載されている『とんかつ教室』

(ナレーション)可愛らしい子豚のミンチーと、

(ナレーション)異常なまでに小学4年生に性的興奮を抱く豚、ロースおじさんがメインキャラクターを務めています。

セブ山:さて、そんな企画に携わっている社員ゲストとして、今回は原宿さんに来ていただています。よろしくお願いします。

原宿:よろしくお願いします。最近僕ばっかり。

セブ山:原宿さんのゲスト回多いですね。これ、ロースおじさん。とんかつ教室といえばこのキャラクターがいると。聞いていきたいんですが、そもそも今回社員ゲストをして原宿さんが来てくださってるということは、ロースおじさんの正体、原宿さんなんですか? 

シモダ:そういうわけではない。

原宿:そんな訳ないでしょ。

シモダ:ロースおじさんを説明しますと、豚のキャラクターで、Q&Aでいろんな方のお悩みに答える。

シモダ:彼(原宿氏)は、ロースおじさんの思念体。

原宿:そうですね。

セブ山:思念体……?

シモダ:我々はそれを受信するわけですよ。

原宿:すごくわかりやすい説明です。そうとしか言えない。これは。

原宿:いるんです、ここに。

シモダ:ファ~~~ンっているのを、

シモダ:ここにこう持ってきて、ピューとやって、

シモダ:1万円札丸めて、

シモダ:シュ! っと吸い込む。

セブ山:今日はヤバい回になりそうですね……。

「ロースおじさん」の正体は?

セブ山:ロースおじさんはいる、そういうのがいると。改めて見所なんかを聞いていきたんですが。これ、どういうところでしょうか?

原宿:ロースおじさんが読者から送られてきた相談に、誠実かつ、ちょっと性癖を織り交ぜながら答える。

セブ山:そうですよね。(台本を見ながら)小学4年生に抱く"邪"な気持ち。

原宿:大好きですね。

セブ山:せっかくなんで過去のエピソードを幾つかまとめてみました。

(エピソード1) 給食室から盗んだぶどうパンを液体窒素で冷凍し、小学4年生の「今」を永遠に止めようとする。

シモダ・原宿:はあ。

(エピソード2) 小学校の備品に生まれ変わるなら試験管 理由:水素爆発する時、気持ちよさそうだから。

原宿:なるほど。

シモダ:ロースおじさんってのは、常に快楽を求める求道者みたいな方なんで。

シモダ:解脱しまくった結果、思念体になられて、それを我々に降ろすことで世の中に存在をアピールしていく。

原宿:だからそろそろ相談に答えないといけないなって時に、ふわ~っとこの辺に……

原宿:こう来て、こう来て……。(腕をペシペシ叩き出す)

セブ山:やめてやめて!!

シモダ:鼻から吸い込んだり、歯茎にこう……。

セブ山:やめて! やめてって!! 

セブ山:ただ、これ気になってくるのがグーペ(by paperboy&co.)という企業サイトに載っている。これ、大丈夫なんですか? 一応、サービス認知向上のためって名目はあると思うんですが、企業的にOK出てるんですか?   原宿:ダメって言われたことはないですね。

シモダ:ロースおじさんが書いているものに「NO」なんてないですね。

セブ山:おこがましい、人間が。

シモダ:人間ごときが。

セブ山:それも強く言えない部分なんですよね。いいことは言ってるんで。そんなロースおじさん、降ろすのとかもいろいろ苦労話があると思うんですけど。

シモダ:最初にドーンと、とんかつ教室がいろんなところで紹介されて有名になった時に、めちゃめちゃ質問メールがきたですよ。

セブ山:ほうほう。

シモダ:あれをセレクトして、ロースおじさんに答えていただくんですけど、(質問メールの)選定がけっこうたいへんでしたね。異常にブワーっと来て、3日くらいで1,000通とかいってしまって、そんなの見れない。でも全部目を通さないと、これは答えやすいだろう、いい答えくれそうだなとか、埋もれているかもしれないじゃないですか。あれを全部見てるところもなんか、ちょっとしたトランス状態。キマってるな。

原宿:まさにね。

セブ山:まさにじゃない、まさにじゃ。

シモダ:ここにね。ここら辺やったら見えないだろう。

セブ山:いやいや。ダメですって。悪い顔して……。

セブ山氏も「ロースおじさん状態」を体験!

セブ山:バーグTVやってどんどん損してる。やめましょうって。

原宿:見ますから。この辺に、今もこの瞬間も居ますから。

セブ山:今もいるんですか?

原宿:見えません?

セブ山:僕は……見えないですね。

原宿:ちょっと降ろしてみたらいい。

シモダ:やってみたら。

原宿:やってみたら、1回。

セブ山:僕がですか? 僕なんかに来るんですか?

原宿:来る来る。

セブ山:はい。

原宿:危険だったら、俺たちが助けるから。

セブ山:え? どうやって降ろすんですか? 待ってればいいんですかね?

シモダ:吸う。基本的にはガスなんで、ロースおじさんって。目を瞑って、目を瞑ってずーっと……。あれ? これ原宿さんヤバいんじゃないですか?

 

原宿:入っちゃう、入っちゃう……。

(シモダ氏、セブ山氏のみぞおちに一発食らわす)

セブ山:うっ!

(シモダ氏、殴り続ける)

原宿:入ってる、入ってる。出して出して!!

セブ山:グフ! ぐふ~ぅ。げほげほ。なんすか? なんすか、今の?

原宿:感じちゃった。乗っ取られそうになった。

セブ山:なんすか。ぜんぜん、痛みも感じなかったです。何の痛みも感じなかったです。これが、ロースおじさん状態!?

シモダ:そう。

セブ山:あ~怖いなあ~。ロースおじさん状態って怖いですね。

原宿:そうですね。

セブ山:ロースおじさん回。これは問題回になりそうですね!