"威嚇案"のつもりが本採用!

セブ山:アイディア誕生の瞬間!! というわけで、「VIOスゴ子」のいろいろお話を聞いてきましたけれども。そもそも、この企画案が、どういうところから着想されていったのか? アイディアの種という部分を聞いていきたい。

永田:最初は、女性が感情移入できるページにしようと思ってて。なんかこう、サクセスストーリーみたいな。言ってみたら、進研ゼミってマンガが届くじゃないですか? 進研ゼミをやったおかげで、どんどん成績も良くなって、部活も上手くいくみたいなのを、脱毛に当てはめて、感情移入できるようなページにしてみようかなと思ってたんです。

そこで、さっきもシモダさんがちょっと言ってた「VIOスゴ子」っていう名前をポロッと言ったら、なんかどんどん「VIOスゴ子」のイメージが浮かんできて。「スゴ子ってきっと、こんな奴だろうなぁー」って。

そこからどんどん膨らましていったら、最終的にもう、「スゴ子はたぶん、マン毛で浮いているよね」みたいな話にどんどんなっちゃって……。そっから止まんなくなっちゃった。名前が出たばっかりに。良すぎたんです、名前が。

シモダ:ほんとに、そこで生まれたよね? おれらの中に生命が……。

永田:そう。

シモダ:スゴ子と名づけた瞬間に、「きっとこんな奴だろう。カワイイんじゃない?」とか、「意外と傷つきやすかったり」とか……。

永田:「黒髪だろうな」とか……。

セブ山:(笑)。

シモダ:「髪はおさげかな?」みたいなのが……。

セブ山:みんなの"スゴ子像"があったわけですね?

シモダ:わーっと出てきた。

セブ山:けっこう、企画会議におけるバーグの風習としてあると聞いたんですが、捨て案というか、威嚇するような案を出して、「さすがバーグさんだ」みたいなものを見せるってのを聞いたんです。今回の件に関しては、それがそのまま通っちゃった。

シモダ:威嚇案がそのままいっちゃったんで、ぜんぜん、威嚇にもならずに……。

永田:向こうのほうが、度胸があった。

セブ山:(笑)。

シモダ:コイツやばいな。

永田:あいつらやばいなと。

セブ山:あれは、チキンレースの末のサイトなんだ。

永田:ビビらそうと思って、「おい、やっちゃおうか?」ってやったら、「おお、いいぜ」と。

シモダ:「ボーボーだぜ?」みたいな。陰毛見えちゃっていいんじゃないの、っていう、それを受け入れてくれる企業の大きさがありましたね。

永田:そうね。すばらしい。

セブ山:じゃあ、ボツになったネタとかは、別にないんですね?

シモダ:本来、ボツになるべきだったものが、世に出てるだけ。関所がなかったんです。スッカスカやったんです。

歴史的陰毛系サイトの誕生

セブ山:さて、いろいろお話を伺って来ましたが、今回の案件というのは、最終目標としてたところはどこだったんですかね?

シモダ:最終目標は、スゴ子のページを見て、「私も脱毛しなきゃ」みたいな想いになって、そこに載っているお店とか、エステとかに駆け込んでくれるってのが、目的ではありますよね。

セブ山:ページタイトルとかもこだわった?

シモダ:そうですね。「どうせあなたもボーボーでしょ?」って言われて「いや、そんなことないしぃ」って感じで答えてくれて、それが拡散に繋がっていけばいいかな? とか、いろんなことを考えていた。

セブ山:ツッコミ待ちというか?

シモダ:そうですね。

セブ山:そういうの狙ってた?

シモダ:狙ってやってたんですけど、あとから思ったのが、基本的にああいう陰毛を女性はシェアしない。陰毛系サイトをシェアしている友達、なかなかfacebookにいないでしょ? いる? 陰毛系サイトを紹介してくる友達とか?

セブ山:いやあ、僕は陰毛系サイトを、そもそもそんなに見たことない。

シモダ:いやいや、陰毛系サイトっていうのができたんですよ。VIOスゴ子以降ね。

セブ山:VIOスゴ子以前、以降に、歴史が分かれるわけですね。

シモダ:でも、陰毛系サイトを人に教えたくなったとしたらどう思うと思います? 「私もそう思われたらどうしよう?」とか。

セブ山:うーん。なるほど。

シモダ:やっぱり、女の子の気持ちって、繊細だと思うんですよ。

セブ山:「わたしもスゴ子なんだって思われたらどうしよう?」って。

シモダ:その辺、女性の気持ちを掴めなかった。

セブ山:なるほどねぇ。

永田:そうした「男がマン毛ボーボーの加工を受けているサイトを、誰が拡散するんだ!」ってとこ、抜けてましたね。頭からすっかり。

セブ山:それだけ聞くと、この案件、成功なの? どうなの? って感じがするんですけど、実際、反響とかどうなんですか?

永田:実際の反響は、まあ、そこそこ、リツイートとかバズとかはあったんですけど……。

バナーが空欄に! 難航した広告集め

永田:その前の段階で、ちょっと裏話にはなるんですけど……。

セブ山:裏話、聞かせてください。

永田:そのページがそもそも1枚あって、そこにクライアントさんが広告ページを作って、そこの広告枠に、他の脱毛サロンさんとかエステさんの広告を、どんどん入れていくっていう……。

シモダ:広告代理店さんだったんですよ。依頼主が。

セブ山:あ、なるほど。

シモダ:クライアントさんからは、「私がエステとかから広告を取ってきます」と。それを入れる受け皿のページとして、VIOスゴ子を作ってくれ、って言われてたんです。「バナー広告ここに入れられますよ。買いませんか? この枠」みたいな。

永田:で、そのつもりだったんですけど、公開で入った広告が1件……。

セブ山:1件!?

永田:エステさんが1件だけ入って、本当はもっと、3つ4つぐらい、バーっと入る予定だったんですけども。その1件も公開後、しばらくしたらゼロ。

セブ山:え?

シモダ:ずっとなくて、バナーに募集中って出てたんですよ。

永田:広告募集中って。

セブ山:え! そうなんですか? 今、もう1回改めて見ると、変わってるんですね?

永田:このサイトを見て脱毛しようと思ったら、1回タブを閉じて、別のところで「脱毛」って検索して、サロンを出さないとダメなんです。

セブ山:え!

シモダ:今のサイトも、ただの陰毛、マン毛がボーボーのやつが、やんちゃしているだけのページになっている。(現在は広告1件あり)

永田:見せびらかし。ただのマン毛見せびらかしサイト。

セブ山:え! じゃあ……。

永田:というわけで、まあ、成功。

シモダ:成功ですよ。

永田:マン毛見せびらかしサイトが作れたんで。

シモダ:陰毛系サイトとしては成功。

セブ山:それで言うと成功と。

シモダ「狙うはメディアミックス」

セブ山:一応、まだ広告募集はしてるんですよね? 入れたかったら、入れられる。じゃあ、これを見ているサロンの方とか、脱毛系のお仕事をされている方は……。

シモダ:ガンガン、入れて欲しい。

永田:安くしますよ。……いや、わかんないけど。

シモダ:代理店さん次第ですよ。

セブ山:なるほど、そういう仕組みになってたんですね。この娘カワイイなと思った、ちょっと頭のおかしいVIOスゴ子ファンは、ぜひ、広告入れるぞ! って……。

永田:入れてくれたら、パート2とか、「VIOスゴ子 都会に行く」とか。

セブ山:ニューヨークに行くとか。

永田:作れますから。

セブ山:それは今後、VIOスゴ子がどうにかなっていったりするんですか? 

シモダ:これからですよ、夏は。今からです。

セブ山:そうですよね。

永田:海とか、プールは。

シモダ:こっちだって、第2弾、第3弾と。

セブ山:アイデアがあるわけですからね。

シモダ:DVD化から何から、書籍化から、メディアミックスまで考えてやってるんですから。

永田:そうね。

セブ山:それはちょっと考えて、また募集します! ということで。

永田:これをご覧の脱毛関係の皆様。お願いします。

セブ山:お願いします。

永田:なにとぞ。

セブ山:本日はおふたりとも、ありがとうございました。

シモダ・永田:ありがとうございました。