メディアが戦争を悪化させる場合もある

小谷真生子氏(以下、小谷):(司会者に向かって)素晴らしいご紹介をありがとうございました。私はこの業界に身を置いて25年目になります。最初の8年間は、ビジネスではなく一般ニュースと取り組んできました。

ビジネスもありましたが、一般ニュースが主体でしたので、政治、国際情勢、国内事件、ありとあらゆることを扱っていました。8年経った頃、「この仕事は私には向いていないのかもしれない」と思うようになりました。理由は、安藤さんも戦争など厳しい経験をされたと思いますが、私も同じ気持ちでした。

一般ニュースだと、涙がこぼれるような、大勢の人々の苦しみや死に触れるようなあらゆる出来事を経験します。例えば、4年目に私はボスニアに1か月滞在しました。当時ボスニアは戦争の真っ最中でした。ベオグレードに直接行くことはできませんでしたので、まずハンガリーに行き、そこからベオグレードに行き、アポイントを取りました。

そして、パレに行き、当時のセルビア大統領、ラドヴァン・カラジッチ氏に会いました。サラエボにはまだ狙撃兵がいて銃撃戦を行っており、まさに戦場の境界線でした。サラエボから離れたパレにカラジッチ氏がいたので、会いに行きました。どうしてもインタビューしたかったので、私は待ち続け、セキュリティチェックを受けました。

とてもショックを受けたのは、彼が観ていたのは……。まずちょっと、ご説明させてください。セルビア側はロシアが支援していました。相手側のクロアチアとムスリム人側にはアメリカとドイツが支援していました。彼の部屋に行くと、カラジッチ氏は敵側のアメリカのCNNニュースを見ていて、戦場に命令を下していました。私は非常にショックを受けました。

メディアが戦争を悪化させる可能性があることがわかったのです。「メディアがこの世界でものすごく大きな役割を果たしているんだ」と実感しました。当時インターネットはありませんでしたので、日本に戻ってから『文藝春秋』という月刊政治雑誌の記事を書くために、あらゆる情報を集めるのは大変でした。

セルビア側から相手側に行くために、わざわざウィーンに行って、そこで身を清めなければなりませんでした。そうしないと暗殺されると言われたからです。国連に行って、そうしました。

クロアチアで見た民族浄化の実態

小谷:それからクロアチアに行き、ある女性にインタビューしました。彼女は敵であるセルビア側に捕らわれていました。彼女は腕に小さな赤ちゃんを抱えていました。私はその姿を見て、女性が結婚していることに感動して嬉しく思いました。

彼女が戦場を避けて、結婚して今は幸福に暮らしているように見えたのですが、実は違ったのです。実際は、他の5人の女性と共にセルビア側に捕らえられて、妊娠した途端に、解放されたのです。それが「民族浄化」の実態でした。

「今はもう結婚されて赤ちゃんも産まれて、嬉しいでしょう?」と聞くと、彼女は「いいえ、これはあの時の子どもです」と答えたのです。「非常に大変な経験をされたのでしょうね」と言う私に、彼女は「ええ」と答えました。彼女は子どもを産もうか産むまいか、非常に悩んだそうです。でも産まれた赤ちゃんはかわいいと。

彼女はこれからどれほど苦労しようとも、気にしないと、赤ちゃんと共に乗り越えると言うのです。私は胸が張り裂けるような思いでしたが、同時に本当に感動しました。同時に私はメディアの役割が非常に大切であると思いました。でも、私にとって非常にストレスでした。

それはたった1つの出来事にすぎません。ジャーナリストであるということは、ありとあらゆることで自分と葛藤しなければならないのです。

カメラの前で涙を見せるわけにはいかない

小谷:戦争だけではありません。鹿児島県の土石流の取材で、ある男性に出会いました。家族5人を失い、自宅は土砂に埋もれてしまい、中に入ることができないという状態でした。番組のスタッフは村長に、「その男性にインタビューできるまで1週間は滞在するから」とお伝えしました。

それからずっと待ち続け、最終日、いよいよ帰るという時になって、その男性がインタビューに応じてくださるというのです。私は、政府に対して、ダムを改善して崩壊しないようにして欲しい、などという彼の発言を半ば期待していました。

でも、実際に彼の口から出てきた言葉は違いました。私たちは彼の家を訪れました。白布で覆われたテーブルの上に女の子の赤いランドセルが置いてあり、中に1枚の紙が入っていました。タイトルには「お母さん」とあり、彼の娘さんが書いたものでした。

彼のインタビューを撮影する前にその文章を読まなければなりませんでしたが、読みながら涙が止まらず、続けられなくなってしまいました。カメラの前で涙を見せるわけにはいきませんから、カメラを私の真後ろに立たせて、声を絞り出すようにして、男性に質問をしました。スタッフには質問の部分は後で必ずカットするように指示しました。

手紙のコピーを取らせてもらって、私たちは東京に戻りました。私はナレーションを吹き込みましたが、感情を込めないように務めました。この出来事に感情的になり過ぎてしまうと、視聴者は番組を見るのをためらうだろうということがわかっていたからです。非常にストレスのたまることでした。また、阪神淡路大震災もありました。

95年でしたか、もっと前ですね。タンスの下敷きになって、何とか呼吸しようともがいている人がいるとわかっていても、何もしてあげられない。つらい経験でした。また、地下鉄サリン事件があり、とても多くの人が犠牲になりました。

独立した存在として受け入れてくれたWBS

小谷:これが95年ですね。こういった事件に疲れ切ってしまって、キャスターになって8年経ち、もう辞めようと思っていたちょうどその頃、ワールドビジネスサテライト(WBS)からオファーがありました。オファーをもらって嬉しかったのですが、何とメインキャスターになることを提案されたのです。メインキャスターの経験はありませんでした。

でも番組では、私が女性としてではなく扱ってくれ、そのことに非常に励まされました。この16年間を通じて、何かをやり遂げたという満足感を感じています。ビジネスニュースは注目を浴び、一般ニュースでなく独立した存在として受け入れられるようになりました。それは私が望んでいたことでもありました。

しかも悲しい出来事やニュースを伝える必要がなく、私にとってはとてもありがたいことでした。人を幸せにするような情報を、例えば投資方法や、キャッシュフローを円滑にするにはどうすれば良いかとか、こういったむしろ喜ばしい情報を伝えることができて、このオファーを受け入れて本当に嬉しかったです。

さて、テレビ業界の現在の傾向ですが、最近残念に思っていることがあるのですが……。これってオンレコですよね? 相当気を付けなければいけませんね。

(会場笑)

娯楽化するニュース番組

小谷:視聴者からの評価にもっと焦点を合わせる必要があるのですが、そのためには視聴者を喜ばせる必要がありますよね。でもニュース番組は必ずしも視聴者を喜ばせる必要がありません。事実を伝えるものですから。でも、どのテレビ局でも、ニュース番組が娯楽番組化するというトレンドが見受けられます。私にはそれが気に入りませんでした。

おわかりでしょうか。私にとって、娯楽とは人々を笑わせ、楽しませるものです。でも、ニュース番組は人々の死や悲しみといった事実と向き合い、真剣に取り組む必要があります。日本だけでなく、外国でもそのような傾向があるとは聞きましたが、娯楽とニュースとのちょうど中間のような番組が生まれました。

その結果、娯楽畑の人がニュース番組に行ったり戻ったり、ニュース畑の人もその中間の番組と行き来しても良い、と考えるようになったわけです。16年間ビジネスニュース番組に関わった後、その中間番組か娯楽番組を担当するよう言われましたが、私はどちらも気が進みませんでした。一旦どちらかに行ってしまったら、ニュースに戻ることができないと思ったのです。

テレビ業界では「もちろん、いいんじゃない」と許されるかもしれません。でも、視聴者の側は「娯楽畑にいた人が、ニュースに戻ることができるわけがないじゃないか」と思うでしょう。私はそのことを長い間疑問に思っておりました。テレビ局側もいつかそのことに気が付いて、正しい方向に向かって欲しいと思います。

ジェンダーについては、ラッキーなことに、私はとてもニュートラルだからでしょうか、男性らしく振る舞わなければ、とか男性の行動様式や男性像に合わせる必要もありませんでした。私にとっては、ニュートラルであることが自然なことだったのです。

そうすれば、同僚も周りの人も自然でニュートラルでいられると思います。安藤さんはパイオニアだと思います。安藤さんが道を切り開いて下さったおかげで、私たち後輩は非常に楽でした。心から尊敬しています。

安藤さん、国谷(裕子)さん、櫻井(よしこ)さんのお三方はパイオニアであられ、尊敬する存在です。しかも、安藤さんはニュース業界にこんなに長くいらっしゃるのですから。

私も偉大な先輩方と肩を並べることができるかどうかはわかりませんが、私も自分なりに名を残したいと努力しています。そんなところでしょうか。ありがとうございました。笑いを取ることが出来ませんでした。ごめんなさい。

ルーシー・バーミンガム(以下、バーミンガム):どうもありがとうございました。

(会場拍手)