チョコレートのかっこいい受け取り方

はあちゅう氏(以下、はあちゅう):というかですね、明日バレンタインなんですよ。

霜田明寛氏(以下、霜田)・松本氏(以下、松本):お。

はあちゅう:ちょっとした企画を用意してて。

霜田:はいはい。

はあちゅう:実はここにお二人のためのチョコレートがあります。

松本:おお。

はあちゅう:しかし、1つしかありません。

松本:出ましたよ。

霜田:じゃあ、僕先輩だから。

松本:いやいやいや。全然関係ないっす。

はあちゅう:これを渡した時に女の子が惚れ直すような、かっこいい受け取り方をしたほうに渡したいと思います。

霜田:あー、苦手パターンだ。

松本:はい。

はあちゅう:かっこいいやつね。

霜田:思いついた人がいる。

松本:はーい。

(松本、演技をはじめる)

はあちゅう:はい。ゲスもとくん、今日バレンタインだからチョコ。

松本:マジ? なんか恥ずかしいし、やっぱ。

はあちゅう:せっかく買ってきたから。

松本:いや、いいってマジで。

はあちゅう:でも……。

松本:あーもう恥ずかしいから行くね。

はあちゅう:(笑)。

(チョコを渡す)

松本:もらっとく。

はあちゅう:今のドヤ顔ここでやって。

松本:(ドヤ顔で)もらっとく。

霜田的かっこいいバレンタインチョコの貰い方

(霜田、演技をはじめる)

はあちゅう:霜田先輩。

霜田:あー伊藤さん!

はあちゅう:これ、バレンタインなんで、よかったら。

霜田:ありがとう! これはどういうチョコ?

はあちゅう:うう~ん……。

霜田:一緒に食べながら帰ろっか。

はあちゅう:先輩、優しい! 先輩、優しいーー!

 

うわーどっちだと思う、これ。いやー、もう1個いきたい。

ホワイトデーのお返しバージョン

はあちゅう:これ。ホワイトデーのお返しだと思ってさ、私に渡して。

松本:わかりました。わかりました。

はあちゅう:かっこいいお返し。

松本:音声だけでやっていいすか? 俺出ないっす。

はあちゅう:わかった、はい。

松本:ここ教室だと思ってください。また、後輩設定になってしまいました。

教室に今、ひとりで伊藤さんがいらっしゃると、そこにゲスもとが入ってくるってくる感じです。

松本:春香、今ひま?

はあちゅう:うん。なんもしてない。

松本:この間バレンタインありがとね。

はあちゅう:うん。

松本:これ! 

じゃあ、またあとで話すから。

はあちゅう:ありがとうございます。

(ドアが閉まる)

はあちゅう:行ってしまった……。

霜田:行ってしまいましたけども。

はあちゅう:あーどうなんだろう。

学生だね、学生。しもやん、もうちょっとねっとりしたやつで。バレンタインのお返しね。

霜田:僕、ちょっとラッパー目指す少年っていう設定でいいっすか? 

はあちゅう:もう不安だけど大丈夫!?

霜田:(湘南乃風『純恋歌』)目を閉じれば~億千の星~、一番光るお前が欲しい~、

おいしいチョコ作った俺!

(一同笑)

はあちゅう:やばいコメント、コメントを失った。

松本:俺たち趣旨間違ったね(笑)。

はあちゅう:ま、いいや。とりあえずチョコを渡そうと思って、ちゃんと2つあるので。

霜田・松本:おお! ありがとうございます。