田舎町のボンボン、15歳で家を追い出される

宇田川奈津紀氏(以下、宇田川):ネオキャリアの沿革を聞いたんですけど、そもそも西澤社長が22歳くらいでこの会社を作られているじゃないですか。世の中でそれを知っている人がけっこう少ないなと思ったんですよね。私もお会いする前は、30歳くらいで起業されたのかと思っていました。

西澤亮一氏(以下、西澤):僕はもともと、親が起業家で……こんなに昔の話からいっちゃっていいですか(笑)。うちは北海道の中標津という、すごく田舎の町だったんです。人口が2万人で、牛が3万5,000頭なので、牛が押し寄せてきたら僕らは負けちゃう。

宇田川:(笑)。

西澤:町の神社には祖父の名前が彫ってあったりしましたし、父は農家の娘だった母と結婚して、飲食店を5店舗くらい経営していました。私は田舎町のボンボンだったんです。

父親は雄一、兄は修一、僕は亮一と、全員名前に一が付いていて、とにかく一番にこだわれという教育を受けていました。兄貴がすごくイケメンで、背もスラッとしていて、ずっと生徒会長をやっているようなタイプでした。僕は背も小さかったので、どちらかというと雰囲気で勝つタイプ(笑)。

兄と一緒に空手もサッカーもやったんですが、兄は空手で北海道で優勝して、僕は2位なんですよ。サッカーもお互い全道大会にいっているんですけれど、兄のほうが1つ上にいっていたりして、常に負けていました。

父の友人が家に来ると「いや~、修一君は本当に優秀だよね!」という話を耳にしながら、めちゃくちゃコンプレックスがあって、すごく苦しかったんですよね。それでグレて。

宇田川:グレたんですか!

西澤:ちょっと割愛しますけど(笑)。中学3年間のうち、半分くらいは家に帰らなくなって、田舎の高校受験をボイコットしたんですよ。そうしたら、初めて父に呼ばれて、怒られて追い出されたんですね。

宇田川:家をですか?

西澤:家を、です。高校の入学金だけ出してもらって、「生活費は自分で稼げ」と言われて、私立の高校に飛ばされて。結局、仕事をしながらじゃないと高校に通えなかったので、運送業やコンビニのアルバイト、夜のすすきのでティッシュ配りをしながら学校に行きました。

宇田川:えー!

高校では学年トップの成績、大学時代は経営の才を発揮

西澤:高校に行っても中身は変わっていなかったんですけど(笑)。でも「ちゃんと勉強しないと、本当に留年するぞ」と学校の先生に言われて、勉強したら360人中で一番になったんですよ。あれ、(自分は)頭がいいんだという(笑)。

結局、大学も推薦で行けてしまいました。大学在学中の4年間は、レンタルビデオ店でがっつり店長代理のような仕事をしていました。

これがめちゃくちゃおもしろくて。自分でポップを書いたり、自分で陳列したり、ビラを撒いたり。レンタルを中古で売ったり、何(の作品)を何本入れるかも自分で決められるんです。自分で勝手に、アカデミー賞とか新人賞とか作品賞とか(笑)、いろいろなコンテンツを作っていったんです。

それで、お店の売上がすごく上がったんですね。(自分も)評価されて、歩合もたっぷり入って。また、延滞も増えたので、家に徴収しに行ったりもしていましたね。

宇田川:債権回収ですよね。

西澤:そう、債権回収みたいなものです。フルで仕事して、経理もやって、採用もして、全部自分でやっていたので、すごくおもしろかったですし、お金もけっこう稼げていたんです。

そんなこんなで就活をしたら、当時は金融ビッグバンで、大手の銀行数十行が3~4行に統合されたり、山一證券が潰れたり。僕はゼミで金融を勉強していたので、銀行や証券会社から内定をもらったんですけど、この人たちと一緒に働くと、う~ん、たぶんきついな……と。

僕は、その環境に入ると、それなりに楽しんでしまうほうなんです。お花見の場所取りや飲み会の準備も、たぶん、ゴマすりながらやれてしまうだろうなというイメージがすごく湧いたので、これは危ないなと思って、ベンチャーキャピタルを受けに行きました。

その中で「新卒から会社を作らせてやるよ」というところがあって、「起業させてもらえるなら入ります」と言って入社したのが、創業のきっかけでした。起業を前提に入社した人間が集まって、そこから9人が抜擢されて、いまのネオキャリアが作られたんですよね。3社から出資を受けて、9人で3,000万円を集めて作りました。

22歳で仲間と起業、24歳で赤字会社の代表に就任

西澤:ただ、スタート当初はまったくうまく行かずでして……(笑)。1年2ヶ月経った2月、給与が振り込まれていないことがありました。けっこう営業をがんばっていたので、「社長、給与が入ってないんですけど?」と聞いたら、「ごめん、もう金ないんだよね」といわれて。「え、けっこう売上は上げてましたよね!?」という(ことがあったんです)。

実はいろいろ使っていたらしくて、4,000万の赤字が出ていて、債務超過になっていることがわかりました。そのとき、(ネオキャリア副社長の)加藤(賢)と(株式会社ギークリー代表の)奥山(貴広)は出向していて、コアメンバーは僕と現執行役員の谷しかいなかったんですよ。

社長が「もう無理だから辞めるわ」と言って白旗をあげたときに、加藤、奥山、谷やみんなが「西澤が代表をやるんだったら、もう1回集まって、ちゃんと責任持ってやるよ」「やらないんだったら解散しようぜ」と(言ってくれました)。

宇田川:(笑)。

西澤:もう株主は僕を捕まえて「お前、ちゃんと責任取って返せよ」という感じになっていたので、結局、僕が泣く泣くやることになりました。「もし会社が潰れたら、僕が全部責任を取ります」と株主に言って、社会人3年目の4月、24歳で代表になったんです。加藤やみんなに戻ってきてもらったときに、新体制で加藤が役員になりました。

その翌日に加藤と金勘定をしたら、月末に入ったお金が5日でなくなることがわかりました(笑)。普通は10日や20日、25日、月末に支払いがあるんですが、もう水道もガスも電気も払えないという状況だったので、全員に「ごめん、給与止めるわ」と伝えました。

一人暮らしの人には10万を出して、実家組は自分でがんばれと。それでもついてくる人間たちでやろうといったら、6人だけ残りました。ここでもう1回、会社を復活させるために、こういうプランでこうやって、1年半で絶対に4,000万円を返そうと決めてリスタートしたら、見事に4,000万円の黒字がスパンッと出ました。

宇田川:お~!

西澤:おっしゃ! という感じで復活しました。ただ、このときは雇われ(社長)だったので、経営陣みんなで、「目標を達成したらストックオプションをちょっとずつください」と株主たちにお願いして進めていったんです。

途中から僕も、自分の会社だなと思うようになっていきました。実は、株主さんにオッケーをもらって、自分で個人保証に入って銀行からお金を借りて、会社を大きくしていきました。

30歳で2億円の借金を背負って、ネオキャリアをリスタート

西澤:2007年~2008年には、株主さんに対して「ネオキャリアを自分の会社にしてもいいですか?」と聞き、「お金を集められるんだったらいいんじゃないの?」という話をもらい、銀行からも「自分の会社にしたほうがいい」という話をもらいました。

なにも保証するものもないですけど、僕の個人保証で大手3行から数億円を貸してもらって(笑)。そのお金で全部グワーッと買い取って、自分たちの会社にしたのが2008年~2009年ごろです。

そのときに、新しい株主さんにもいろいろ協力してもらって、いまの体制になりました。一連の流れの中で精神的にはすごくタフになって、いろいろ鍛えられた部分もあったので、そこはすごくよかったかなと思いますね。

22歳で起業したんですが、僕はもともと「30歳で自立したい」と思って社会に出たんです。自立というのは、例えばお金を死ぬほど持っていて、好きなことができて、人脈もあって、社会的な地位もあって、なんでもできる状態になることです。

ところが、30歳になったら2億円の借金があったという(笑)。そこからまたリスタートしたような感じですね。

宇田川:普通の精神状態だったら、30歳で2億円の借金だと「あぁ~!」って、恐怖で夜中に目を覚まして頭を抱えて震えたりするじゃないですか。私自身も経営者として会社を持っていたときがあったので、翌月の従業員の給料をどうするかで震えることもあったんですよ。

いまは、私の明日、明後日の環境は守ってもらっていて、今月の給料は入ってくる。ただ、私は、経営者の経験と東証1部上場でも一夜にして大暴落した会社にいた経験から、自分が怠けたら足元が崩れることの恐怖があるんです。経営者は、その頂点に立っている長ですよね。一国一城の主は、その重圧と責任と恐怖もあるんじゃないかなと思うんですけど、社長はいまのお気持ちはどうですか?

夢遊病にかかるほどの不安と孤独を克服できた理由

西澤:いまは(不安は)あまりないですね。でも、2007年~2009年のリーマンショックの前後と、株を買った前後は、(2億円あった)資金が残り2,000万円までいったので、そのときは寝られなかったです(笑)。

1時間おきに目が覚める状況が1年半続きました。当時は現在の妻と付き合っていたのですが、僕はずっと夢遊病にかかっていて、いきなりシーチキンの缶を開けて食べはじめたり、お湯なしでカップラーメンをガスコンロにかけて燃やしたり、ぼーっと外を眺めていたらしいんですよ(笑)。

会社にいるときは一生懸命がんばって、元気な顔をして振る舞っていましたが、ずっと不安と戦っていました。

いまは、本当にすごく恵まれているなと思います。孤独じゃないんですよね。当時はすごく孤独だったから、僕は「自分の作りたい会社とは何ぞや」ということを、半年間くらいかけてカチッと作りました。

自分の作りたい会社は何かを落とし込んで、役員に相談して「よし、これでいこう」ということで、自分の一番大切な考え方をきちんと落としたんです。それで、2009年~2010年ごろにリスタートしました。以前は会社に関わることは全部自分でやっていたんですが、いまは自分以外の人がやっています。

オーケストラに例えれば、僕はただの指揮者になって、演奏者がどんどん増えている状況です。それこそ、宇田川さんのように強烈な音を奏でる人間もいれば、加藤みたいに「そんな音出るの!?」といった人もいます(笑)。いろいろな人たちがいるので、やっぱり孤独じゃないですよね。

それはなぜかというと、たぶん僕という経営者のキャラクターではなく、経営理念や文化に引き寄せられてきたメンバーが、それぞれの曲を弾いているということだと思います。それは見ていて楽しいですし、やりがいを感じています。

当然、責任はすごく感じていますけれども、経営者が戦わなきゃいけない孤独というものは、加藤をはじめ、たくさんのメンバーのおかげで軽減されていると思います。それは、僕がすごく恵まれているところじゃないかなと思います。