マイナスイメージから始まったリファラル採用

宇田川奈津紀氏(以下、宇田川):最初にネオキャリアの方にお会いしたのは、3年半くらい前です。渋谷のガード下の大衆居酒屋に、ある共通の友人を通してお会いしました。そこにネオキャリアの副社長が、すごいオーラを放って座ってらっしゃったわけですね(笑)。

大衆居酒屋ゆえに申し訳ないと恐縮していたところ、「いや、いつも接待なので、こういうところが落ち着くんですよ」とお話しされていて(笑)。一瞬で、怖い方という印象から逆にすごく気さくな方だなと思いました。

そのときに「もしよければ、ネオキャリアに来ていただけないですか?」というお話もいただきました。私自身は、ネオキャリアって……「ブラック??」という悪いイメージがあったんです。目標達成するまでは徹夜しても帰れないような。

それで、その場はとりあえず穏便にお名刺交換だけして笑顔で帰ろうと思って、帰らせていただきました。すみません(笑)。だから、西澤社長に面接ではじめてお会いしたときに「会社のイメージが悪いですよね。なぜですか?」と切り込みましたよね? 

西澤亮一氏(以下、西澤):そう言っていましたね(笑)。

宇田川:そのあとも、ちょこちょこネオキャリアの噂は、耳に入ってきていましたが、私の前に現れる現ネオキャリアと元ネオキャリアの人間が、みんな同じことを言うんです。

「ネオキャリア、めっちゃいいよ。宇田川さん、もうネオプロパーみたいだもん」「西澤さんに会いに行ったほうがいいよ」「会いに行って、西澤さんの言っていることが正しいと思うなら、宇田川さんはネオに合うと思うけどな~」と言うんですよね。

私と会った元ネオキャリアの人たちは、口を揃えて、「いつかネオキャリアに帰りたい」って言うんですよ。「今の自分では力になれない。だから、今は外で学んで力をつけて、その上で戻りたい。それくらい良い会社だと思ってるし、メスライオンにも合っていると思う!」と、20人くらいにリファラルされたんですよ。

私と関わってくれた元ネオキャリアと、現ネオキャリアの人たちがみんないい人で、嘘をつかないし、めちゃくちゃ仕事もできる。それこそ、こんなにワンストップで自分一人で仕事を回せる人たちはIT業界にもいないんじゃないの? って。そんな人たちが、みんな口を揃えて言うものだから、そこからネオキャリアに少し興味を持ち始めたんですね。

いったん起業をやめて、サラリーマンとしての道へ

宇田川:でも、私はその時、人工知能やIoTを加速させていく業界にいたので、これから生き残っていくのは、やっぱりそういうテクノロジー分野に力を入れている会社じゃないかなという思いがあって。それに、ネオキャリアは人材系というイメージがあったので、「人材系はもうやり切ったから、帰りたくないな」という気持ちはありました。

ただ、自分が前職でjinjer(人事管理システム)を知ったときに、びっくりしたんですよ。そもそも自社で開発したら、数億~数十億円もかかる世界ですよね。それを、こんな低価格で提供しているネオキャリアって、なんでこんなことを始めたんだろう。この人たち、どこに向かっていくんだろうと思っていました。

すると、HR NOTEの編集長が来てくれて、「ネオキャリアのエンジニアは300人を超えているけど、エンジニアがもっと必要になってくるんです! 宇田川さんだったら採れるでしょ!」と言われたんです。

そのときの私は、前職で上場もして、自分の目標は達成していました。もう土台は作ったので、自分がこの給料でこの仕事をするのは給料泥棒なんじゃないかなと思い始めていました。

私の給料を2分割して2人を採用したほうが会社のパワーになるんじゃないかと考えていて、世の中が「メスライオン」と呼んでくれて必要としているのなら、起業しようと思っていたんです。

それで、ネオキャリアにはコンサルティングに入る予定だったんですけれど、いろいろな事情が重なり断念せざるを得なくなってしまって。私に仕事をお願いしたいと言っていただいた会社全部に頭を下げに行ったら、全社が「宇田川さん、これからどうしますか? うちに来てくれませんか?」とい言ってくれて、ああ、40歳になろうとしている自分でも値打ちがあるんだなと思ったんです。

西澤:(笑)。

宇田川:ネオキャリアも、西澤社長が何回も出てきてくれて「うちで宇田川さんのやりたいことをなんでもやったらいいよ! 宇田川さんって、たぶんあと2、3年くらいしたら独立しちゃいますよね?」と言っていたんです。覚えてますか?

西澤:覚えてます、覚えてます。

宇田川:私は西澤社長に「お前みたいな若造が!」と怒られるつもりで会いに行ったんですけど、すごく笑顔で「何年いてくださいますか? その間に、うちのキャリア採用の組織を作っていただきたい」というお話をいただいて、こんなふうに言ってくれるんだ……と思いました。私がやりたいのは、攻めの採用やダイレクト・リクルーティングの加速、大規模のリファラル、会社が人の採用において強くなることでした。

生命力の高そうな経営者がいれば会社は存続する

宇田川:私は前職時代に、会社が一夜にして大暴落して潰れる恐怖を味わって会社は本当に人で崩れていくということが、すごくよくわかりました。それで、潰れない会社を作るために、一番生命力が高い経営者のところで働こうと思ったんですよ。自分より生命力が高ければ……(笑)。

西澤:会社の持続性は高そうですよね(笑)。

宇田川:どんなことがあっても、仁王立ちで立ち続ける経営者がいれば、「社長があそこまでやってるんだから、私もやろう!」という気持ちになれると思ったんです。

社長は「宇田川さんはどうなりたいんですか? うちはシェアを取り切ってナンバー1になりたい」とおっしゃっていました。私ももともと営業マンなので、ナンバー1を取りたいという言葉に感化されて「本能」に火がついてしまいました(笑)。

「入社します」とお電話で済ますこともできたのですが、それは嫌だったので、西澤社長や副社長にお集まりいただいて、頭を下げて「女性としての魅力はゼロですが、今までの経営者に唯一認めていただいたのが仕事です。私にネオキャリアの看板を担がせていただきたいです!」というお話をしました。

西澤:最後に、ヤクザの嫁のような状態で言っていましたね(笑)。

宇田川:そうなんです(笑)。私は、「仕事を糧に前向きに生きていきます」という宣言をしたら、西澤社長が手を叩いて喜んでくれて(笑)。今だからお話できるのですが99.999パーセントまで他社に決まっていた気持ちをグッと(ネオキャリアに)向かせたんです。

西澤:カルチャーフィットという意味ではよかったですね(笑)。宇田川さんみたいな方が10人くらいいると大変ですけど、5人くらいまでならすごくいいです。

宇田川:そうですよ。ものすごく草の根分けて供給すると思います(笑)。

西澤:宇田川さんは、中途のマーケットでは圧倒的な力と採用力を持っているんですよ。外から見ていても、宇田川さんがブランディングをしているからいい人材が採れているのがわかるので、「是が非でも、ああいう人が欲しいよね」と、よく会議で言っている代表的な1人だったわけです。

3年半前はうちの副社長がお声がけして、そのときはダメだったんです。そして3年後にたまたまご縁があって、メスライオンが動くらしい! 山が動くらしい!と(笑)。

宇田川:やめて、やめて(笑)。

採用のカギは、ラブコールの回数と接触頻度

西澤:メスライオンが動くらしいという話を聞いて、僕も直接はお会いしたことがなかったので、ツテを辿って会わせてくださいと。

最初にお会いした印象は、本当にイメージどおりのパワーと負けん気と、あとは決めたことはやる人だなと思いました。外から見ていると個人主義の人なのかなと思ったんですけど、ぜんぜんそうではないんだということもわかりました。

宇田川:あ、うれしい。

西澤:組織にアジャストしながらオーナーシップを持っていく。最初の面談で、まさに一番欲しい人物像だと思いました。それまでは、実際に会って話してみないと、どうなんだろうなというところはあったんですよ。

宇田川:ちょっと尖りすぎてるんじゃないかなと(笑)。

西澤:尖りすぎていると、いまのうちのような会社だとうまくアジャストできないところがある。どうなんだろうなと思っていましたが、最初に話したときに「これは絶対に採りにいくべきだよね」と。

本当に、採用はラブコールの回数と接触頻度なので、できるだけ短い期間でどれだけ想いを伝えるかということで、とりあえず口説き続けようという感じでした。

宇田川:本当にそうです。断りに……。

西澤:断れないようにしよう、という。

宇田川:戦略に負けました(笑)。

西澤:やっぱり人は、何回も会って、嫌いじゃない人に「好き」といわれると……。

宇田川:はい、気持ちが動きますよね。

西澤:嫌いだったらちょっとあれなんですけど、宇田川さんはもともとネオキャリアを好きな人だったと思うので、戦略勝ちですかね。

宇田川:そうですね。でも、ネオキャリアに入ろうと思えて、社長に負けて良かったんです。社長に負けてうれしいですよ。

西澤:僕自身もいろいろなお話をしていくなかで、お互いにとってベストな選択だという自信もありました。それは面談でもお伝えしていたと思います。

宇田川:外から見ていて「西澤さんはもっと怖い人だ」と勝手に思っていたんです。いい意味ですごくギャップがあって、なんでこんなに穏やかなんだろうと思いました。

西澤:昔は「詰め澤」といわれていたので。

宇田川:(笑)。

経営者が前に出るべき時と、見守るべき時

西澤:最近、すごく(穏やかになったと)いわれますね。もともと「鬼澤、詰め澤」キャラだったので。副社長の加藤(賢)がよく言っているんですけど、僕は、経営者としていまの自分がどういう人格を持つべきかを意志から落とし込んで、自分自身を演じているそうなんです。だから、昔から誰かに対してキレたことはないんです。淡々と理詰めで話す感じですね。

宇田川:私は戦国武将がすごく好きなんですけど、会ってお話をしていく中で冷静の中に激しさと情熱があって西澤社長は家康だと思いました。相手が出て来るのを待つ感じの方なのかなと思いました。

西澤:そうですね。「待つ」というところに関連して、僕がすごく好きな例え話があるんですが、本当に優秀なリーダーとはどうあるべきかというものです。砂漠の中でオアシスを探しに行くときは、とにかくリーダーが「こっちに行こうぜ」と言って、みんなを引っ張っていきます。

ただ、オアシスにたどり着いて、そこに壮大な街を作るとき、リーダーは後ろでみんなを見ていなければいけないんです。つまり、「これは間違いない」と思ったところでは、リーダーが出てくると人が動かなくなるから、グッとこらえてニコニコしながら見ていなければいけないという例え話なんです。それは本当にそうだなと思っています。

自分が口出ししたり、現場に出るのはよくない。(部下と)一緒にお客様のところへ行っても、部下が僕のほうをちらっと見るので、そこは口を出さないように心がけています。

また、2007年4月くらいに新卒が大量に入ってきて、そのあたりで離職率が高い時期があったんです。そのとき、僕はいわゆるスーパーマイクロマネジメントをしていて、150人いても、全員の顔と名前とパートナーの名前、KPI、今日は何件アポを取っていて、どれくらい進捗が遅れているのかなどを、全部わかっているような状態でした。

宇田川:すごい。