NEET株式会社でどんな経験を積んできたか

なかさん氏(以下、なかさん):いやなんだか……。それだけ持ち上げられると、プレッシャーもあるんですけど。でも、一応3万円と言えど、今までまったく(収入が)ゼロだったわけですから、それが自分の考えたことで稼げている。あとは、NEET株式会社って、なんだかんだで話題だけはあるんですよ。メディアやいろんなところから取材を受けたりもしていて、自分の考えをしゃべる機会はすごく多いんですよ。

若新雄純氏(以下、若新):いいね。

川畑翔太郎氏(以下、川畑):うん、うん。

なかさん:たぶん普通のサラリーマンより、自分自身の意見を言う回数や、まったく予備知識のない人に自分から会社のプレゼンをする回数は、めちゃくちゃ多いんです。だから、特殊な経験(が積める)。「それでなんにもならなかったらどうするんだ」とか、よく言われるんですけど、すでに十分経験を積んでいると思うんですよね。そういうことは自分の中で自信になっていると思います。

若新:いいねぇ。

川畑:なるほど。

森川剛氏(以下、森川):たぶんこれ、わりとしっかりやられて……。

川畑:そう、しっかりやってる。

森川:僕、ケンカをふっかけられるのかなと思ってて……。「お前らのおかげで食えてるわ、ありがとな」ぐらいの人が来るのかなと思ってたいんですよ。

(一同笑)

でも、やりたいことがちゃんとあって。

川畑:芯がすごくしっかりしていて。

若新:だけど、仕事の納期は本当に適当ですよ。頼んでおいたことをやってないとか、全員適当(笑)。それは、納期を守るために働いていない、ということによって問題にならないだけ。だから、なかさんがUZUZに就職したら、たぶん3日くらいで速攻でクビになる。

(一同笑)

川畑:「いないなぁ?」みたいな(笑)。

若新:うん。「もう来てないぞ」という感じになると思うので(笑)。考え方がしっかりしていることと、「会社で働く」というプログラムに馴染めるかどうかは、また別のことだとは思うんだけどね。なかさんはしっかりしてる、ってめっちゃ褒められてるから、UZUZに就職できそう? どう?(笑)。

川畑:いけそうですよね。

若新:出社時間は9時ですか、10時ですか。

森川:9時です。

川畑:9時からきっちり朝礼が始まります。

若新:じゃあ無理です、すいませんでした。

(一同笑)

森川:なんだかそんなにすごいバチッと(言っちゃって)、放送的に大丈夫ですか(笑)。

会社に所属して輝くタイプと、そうじゃないタイプの人間がいる

川畑:いや、大丈夫でしょう! 逆になんだかすごく……さっきの会社のくだりを聞いてて、ちょっと思い出したことがありました。「自分は、なんで会社に入って働いてたんだっけ?」と思い出したことがあったんですけど。

やっぱり、みなさんの話を聞いてると、なんだかんだで自分の芯がはっきりしていたり、やりたいことができるじゃないですか。会社に所属しなくてもやりたいことがある、というのはすごいなと思います。

僕は、小さい頃から「一生懸命にやるのは恥ずかしい」という感覚があって、(なにかを)一生懸命やったことがないんですよ。一生懸命やってる姿を見られたらやだな、というか。僕は、会社に所属していてなにが1番良かったかというと、強制的に「一生懸命やれ」というミッションが決まっているから、「一生懸命できる」という。

社畜感が出ていると思うんですけど、あれは、僕が会社に馴染んだ最初の理由だったなと思うので、そういう人もいるのかな、と思いました。会社みたいな枠組み(に入ること)のほうが、一生懸命取り組めたんですね。

若新:でも、それは素晴らしいんですよ。僕は中学校、高校と、部活を1年で辞めてるんですけど、部活を楽しそうにやれている人がマジでうらやましかったです。

(一同笑)

いや、本当に皮肉で言っているんじゃなくて。部活で、ちゃんと出番も回ってきて、すっごく楽しそうな人がいるじゃないですか。

川畑:はい。レギュラーとかですよね。

若新:レギュラーもあるし、先輩や顧問にも認められていて。僕はずーっと弾かれていたから、「自分はこんな軍隊的な人間じゃない」と思う余裕もなかったんです。「なんで僕は、みんながやれていることがやれないんだろう」と不安だったから。

やっぱりそれは、人間にはタイプがあるんです。上手に集団に入れて、そこで自分の役割や価値を発揮できる人もいると思うんですよ。そうすると役割も立場も保証されるし、給料まで保証されるじゃないですか。

川畑:うん、うん。

若新:それはやっぱり、税金を払うべきですよね(笑)。

川畑:そうですね、税金を払っちゃいますね。

社会に居場所がなくても、やりたいことを貫けるなら幸せ

若新:それは本当に素晴らしいものだと思います。本当はみんな、社会の中で自分の居場所や出番を作れるなら、やっぱりそれに越したことはないと思うんです。だけど、リレーや選抜では、足が速くないと選ばれないんです。

だいたい小学生とか、リレーに選ばれなかった子は、応援席で「僕は走りたくないし、応援席のほうがちょうどいいや」と言っていますけど、本当は誰だって心の中ではアンカーを走りたいに決まっているじゃないですか。

この世の中に、アンカーを任されたくない人なんていないですよ。だけどやっぱり、みんながみんなアンカーを走れるわけじゃない。だから、応援席は応援席なりの役割を探しているわけです。会社に入れて給料がもらえている人は、言ってみれば選抜リレーに出られているようなものなんですよ。

(一同笑)

川畑:けっこう走ってますよ(笑)。

若新:(普通のリレーじゃなくて)選抜リレー。選抜リレーに出る以上は練習も必要だし、「よーいドン」には間に合わないと。それは、朝9時に行かないとダメだよね。リレーで出発の合図に遅れて走っていたら、みんなが怒るじゃない。

「せっかく選抜したのに、なんでお前はスタートで遅れてるんだ」ということになるから。やっぱり、選抜リレーメンバーは9時には行かないといけないし、放課後の練習もしなきゃいけない。

脇本桃子氏(以下、脇本):アウターキーさんが会社に入りたくないのは、「週休2日がいやだ」ということもあるんですかね。

アウターキー氏(以下、アウターキー):結局、自分が自分でいられなくなっちゃうのがイヤなんですよね。なんと言いますか……。会社に自分自身がすべて奪われてしまって、気付いた頃にはなにもなくなっちゃうんじゃないか、という実感があるんです。

森川:まだ働いたことがないじゃないですか。そうなったら、辞めちゃえばいいんです。決めつけが先行していることが多いのかな。それでいいんですか。

アウターキー:まぁ、それは仕方がないと。

脇本:それで幸せなら、私はすごく良いと思う。いろいろやりたいことを貫いて幸せなら。

森川:僕も正直、そんなにおこがましく「救いたい」とは思っていないので(笑)。好きに生きればいいと思います。

炎上男氏(以下、炎上男):どうなんだろう。

今村邦之氏(以下、今村):「どうなんだろう」って(笑)。

(一同笑)

仕事は「will」「can」「must」のバランスでできている

炎上男:ペットみたいな人生でも、野生化して暴れる能力を持ったままペットになれる人と、ペットになったまま家畜化されちゃう人というような。そのへんでもタイプが違うんじゃないかなと思うんです。

若新:それは、さっきのリレーで言うなら、例えば選抜チームに選ばれるじゃない。そこで、「バトンの渡し方はこうしましょう」「走る順番はこうしましょう」ということを提案できる人(がいるとします)。そういうふうに、仕事の中で個性やその人らしさを発揮できるのは、圧倒的に実力のある一部(の人)だけなんですよ。

1年生で新規に選抜された下っ端のメンバーは、まず言われたとおりに走るしかないわけじゃないですか。会社を経営する立場からしても、めちゃくちゃ優秀で、本当にその人が自分で仕事を取ってきたり、作ったり、工夫したりできるくらいの価値を発揮できる人だったら、「お前らしくいていい」ということになると思うんですよね。

給料を払う側からしたら、「そこまでじゃないけど、まぁ仕事ができそうだから入れた」という人に対して、「野生のままでいていい」ということにはならないんです。会社の都合としても、野生の牙は抜きたいというか、社員全員が、「バトンの渡し方はこうしましょう!」とか言い出したらまとまらないので。

やっぱり、自分の判断や価値観で働ける人は、ごく一部しか認められていないんです。だから、それが難しいけどね。ギリギリ就職できても「入った以上はこうしてね」と言われるんです。やっぱり、経営者からしたらそうですよね。

今村:そうですね。逆にアドバイスというか、ご意見をうかがいたいことがあります。カウンセリングで、ほかの社員にもけっこう教えてるところなんですけど……。(仕事というのは、)will、can、mustみたいに「したい仕事、できる仕事、しなくちゃいけない仕事」の3つのバランスでできているよという話をしているんです。

入社した当時は「したい仕事」と「できる仕事」が少ないから、最初はいったん「しなければならない仕事」の割合が増えてしまうけれど、だんだん「できる仕事」が増えてきたら、一応、「やりたい仕事」もできるという順番にはなっている。

仕事をする以上、どうしてもお金をもらうためにやらなくちゃいけない「mustの仕事」が発生しますが、それ(バランス)はどんどん変わっていくよね、という話をよくしています。

mustをがんばり続ければ、やりたいことができるようになるのか?

若新:はい先生、質問です。そうだったらいいんですけど、もし世の中が、mustの仕事をしたあとに、その人が個性的な仕事をできるように作られていたら、みんながんばってmust(の仕事)を耐えると思うんですよ。

今村:はいはい。

若新:彼らが絶望している(ことの)1つとしては、「40年must(の仕事)をする人もいる」という。たぶん、多くの人は40年mustの仕事をしているんですよね。

川畑:確かにね(笑)。

若新:だから、例えばリクルートみたいに「7年must(の仕事を)やったら、8年目から事業部を任せられますよ」という会社だったら、「7年くらいがんばるか」となると思うんです。「入って2年目で事業部」(を任される)という人もごく一部いるけど、それって1万分の1人くらいの話です。

個性的な仕事ができると思われているリクルートでも、平均するとmust期間は7年くらいと言われてるんですね。会社の中で「mustをしばらくやったらその人らしく働ける」ということが機能していない気がする。

それが保証されていたら、3年くらいは耐えられると思うんだけど。みなさんが実際に(リクルーターに)ご紹介している会社で、mustを何年か我慢したら、その人らしく働けるようになっている会社は、けっこうあるんですか?

今村:そうですね……。例えば、本人はもともと営業がやりたい子だったんですけど、技術者として入って、技術をやりながら「営業したい、営業したい」と言っていたら、だんだん技術に詳しくなっていって、「そこまで知識があって営業したいんだったら、営業やれ」ということで回された人を見たりはしているんですよ。

その確率がすごく高いのかと言われたら、おっしゃるとおりで、確かにそんなに例が思い浮かばないなということもあるんですけど。そういう例を見ると、営業という枠組みに入っているので広いですけど、まだやりたい仕事に近づけているというか。

若新:いや、ぜんぜん今村さんが悪いんじゃないですよ(笑)。

今村:いやいやいや……。

(一同笑)

若新:(僕が)思うのは、インターネットが普及しすぎたせいもあって、事前にそういう事例を知りすぎてしまっていますよね。いろんな理由があると思うんですけど、世の中に希望があったのは、みんなが「知らなかった」というのは、希望を作る大事な条件だと思うんですよ。先が全部見えたら、希望はないじゃないですか。

川畑:うーん、確かに。