日本のミドルリーダーは海外でも通用する?

岩佐大輝氏(以下、岩佐):では、まとめて質問を取りますので、質問の内容を簡潔に。誰に答えてほしいかということも希望がありましたらお願いします。

質問者1:田村さんに質問です。世界で見たときに、日本のミドルリーダーのレベルはどのように評価されているかというところと、企業として(海外に)どんどん出て行くというときに、何が足りなくて、何をやっていくべきかというところをぜひ教えていただきたいです。

岩佐:次の方。

質問者2:間下さんに質問です。日本にいながら多様性の中の対応力を身につけるにはどうしたらいいか。海外に行けば一番いいんでしょうけど、社員の方に日本でどういう準備をさせているかお伺いしたいです。

岩佐:はい、次行きましょう。

質問者3:田村さんに質問です。いち従業員の立場としてアジアに行く方法についてどのように評価されているか教えていただけますでしょうか。

経営者、企業として行くのはわかるのですが、ネットワークもない、何も知らない、人脈もない中で、駐在員だと3年ほどで戻されますから。それがありだというのなら、どういう進路で攻めていけばいいのか、ヒントをいただければと思います。

岩佐:もう一方。

質問者4:田村さんにお伺いしたいです。無理にでも0~4歳、0~6歳を(海外に)出せと言っていただいたのはありがたい話だと思っていて、よくご存知だから危機感を持って言っていただいていると思うんですね。

それを知らなくて、子供を守らなきゃと思っている親も多いと思っていて、その人たちにポジティブに(海外に)出す意思を持ってもらうために、何か工夫できることがあれば教えてください。

岩佐:じゃあ、田村さん。まず日本のミドルリーダーの話をお願いします。

田村耕太郎氏(以下、田村):今のミドルの人も業種や規模によってケース・バイ・ケースだと思います。ざっくりにしかならなくて恐縮なんですけど、僕は現場レベルからミドルクラスまでは圧倒的に日本人が優秀だと思いますね。

世界には経営層のマーケットがしっかりあるんで、そこの厳しい競争で厳しい実績を問われる人たちは、アジアも含めて外国のほうが高いと思うんですけど、ミドルクラスは日本の人が強いと思いますね。

ただ、こっち(シンガポール)では長時間労働はまずないですし。僕もサラリーマンをやっていたから、上司が残っていたら部下として帰りにくいというのはすごくよくわかるんですけど。シンガポールでそんなことしたらみんな辞めますね。

「この効率の悪い上司についていくのは嫌だ」とか「出世してもこんなことをやらされるなんて嫌だ」ということで辞めていくわけです。だから、働き方を変えなきゃいけない。

効率的に仕事ができる人は、外国の企業で日本のミドルの能力を持って働けば、語学とかスキルセットがあればとてもおもしろいんじゃないかと思います。

駐在員としてアジアに行く価値

岩佐:ありがとうございます。何も知らない人が行くのはどうかというのと、子供をどう出したらいいのかというのもお願いします。

田村:社員として行くのはどうかということですよね? まず基本的に、本人のキャリアパスがありますよね。本当にアジアでやりたいのか、それともこだわっていることがあって、その過程でアジアに触れていくことが大事なのかっていうことが大前提としてあるんですけど。

将来アジアでやりたいことがあって、その会社に残るのがいいという判断でしたら、会社としてアジアに連れて行ってもらえるチャンスがあるのであれば、必死になって上司にこびを売ったり、試験を受けたりしてでもアピールして、アジアに行くのがいいと思うんです。

もちろん起業家として行くとか、いろいろなことがあるんですけど。現地に行かないとわからないこと、例えば日本にいるとアジア一の先進国は日本だということになるんですけど、サイズは中国ですし、1人当たりの豊かさとか生活のレベルの高さだと圧倒的にシンガポールですよ。

1人当たりGDPで見ると4割、これ以上為替が下がると倍ですよ。家賃も倍、普通の生活費もほぼ倍です。安いのは屋台とタクシーぐらい。だからなかなか拾ってくれないですけどね。

アジアに出てみて意外だったのは、フィリピンはまだ発展途上のイメージがあって、確かにスラム街もいっぱいあるんですけど。マカティなどに行けば、シンガポールと変わらないくらい進歩していて。

何が言いたいかというと、国家としてはまだまだなんですけど、その中の主要都市というのは東京と同じくらいの購買力、もしかしたら上回るくらいの。

まだまだ日本には及ばないですけど、ジャカルタの一部だけ見たら、東京と同じくらいの購買力がある人がいるとか、そういう現地でしか実感できないことに触れるという意味では、社員としても意味があると思います。

日本と比べたアジアの治安

田村:最後の子供を守るということですけど、日本には安全神話があるんですけど、安全という意味ではシンガポールのほうがはるかに安全です。

ほとんどの人がネットを見られているし、隠しカメラがいろいろなところにいっぱいついてるし、何かあったらすぐ警察が来る。交番はないんですけど。

シンガポールは多様な民族がいて、ものすごい格差がありますから。その中でこれだけの治安を守ってるということは、日本よりもはるかに治安がいいと思います。

台風が発生するところも南にあるから台風も絶対ないし、スマトラ大地震のときも津波が全然来なかったという安全性です。シンガポールに限っては子供を置いていくのも(問題ない)。

生活費が高いというのをリスクに思うかもしれないですけど、子供のこれから70年、80年の人生を考えたら、唯一実のある投資は、車や時計じゃなくて、全部子供だと思って投資してますけど。それは価値観ですからね。安全とか安心とか将来性を含めて、アジアでも場所を選べば十分。

そういう意味でもアジアを見てほしいですね。日本の人のアジアは遅れているというか、まだ上から目線なんですけど、そんなことないですから。東南アジアでも見てくださいと言いたいですね。

岩佐:グロービスの田久保さんという方とアジアの教育を見に行こうということでインドに行ったんですね。インドはもちろん英語で、全寮制です。

安全な教育施設、インターナショナルスクールがたくさんあって、ほとんどの学生、子供たち、小学生は韓国人でした。シンガポールに限らず、安全なアジアはたくさんあると思います。

日本でダイバーシティを感じるのは難しい

岩佐:さて、間下さん。日本にいながらの(多様性への)対応力ということで。

間下:ダイバーシティですよね? 無理じゃないですか、それは。

(会場笑)

間下:無理だと思いますよ。ここまでモノカルチャー、モノレースな国はないですから。基本的には難しいですよね。

我々の会社がどうやってやっているのかというのはありますけど、会社とか個人がモビリティを持つしかないんですよね。どこでも働ける働き方。

国の方向性も一極集中から地方創生という話も出ていますけど、実現すればいいのは、どこにいても働ける働き方なんですよ。これを実現していかないと、グローバル競争の中で生き残っていけなくなると思います。日本国内にいなくてもできるような形をどうつくっていけるかっていうのは、課題としてあると思うんですよね。

我々はどうやっているかというと、日本の社員からすると正直まだダイバーシティは感じられていないと思うんです。

ただ、海外がどんどん増えてきているので、こういうもの(テレビ会議システム)を使っててコミュニケーションするケースが増えてきますし、顔の色も黒かったり白かったり黄色かったりしますけども、違う色の人たちと、違うカルチャーのもとにコミュニケーションしていくのは少しずつ刺激になっていくはずなんです。

ただ、これではやっぱり弱くて。僕らが今後やりたいのは人の入れ替えなんです。一時的に向こうで働けるとか、行ったり来たりしながら働く。

仮にマレーシアのオフィスにいたとしても、日本の仕事してたっていいんですよ。中国の仕事してたっていいんですよ。こういった(テレビ会議システムの)仕組みがあるんで。

そういった環境をつくっていくことによって、日本の人たちがダイバーシティに慣れていかないと。ここを見回しても95%くらい日本人ですもんね。

これで(ダイバーシティを)感じることはまず無理なんですよね。だからこそ日本の会社はまずブイキューブを導入していただいて、頑張っていただければと思います。

(会場笑)

岩佐:みなさん、ブイキューブ導入しましょう(笑)。

間下:営業ですから(笑)。

30代、40代の日本人がアジアで競争していくには

岩佐:あともう少し質問ありますか?

質問者5:岩佐さんに質問です。我々は今後アジアの若者たちと競争していかないといけないと思うんですけど、アジアの若者はものすごくハングリーに学んで力をつけてくると聞いています。

そのような中で30代、40代の我々が競争していくには、どういう心構え、能力を身につけていけばいいのか、教えていただけないでしょうか。

質問者6:田村さんに質問したいと思います。私はフィリピンに6年いて帰ってきました。自分はグローバル化したからこそ、日本のアイデンティティがこれから必要なんじゃないか、それを失ってしまうとグローバルで戦う武器がないと思いました。そうは言っても日本では足りないところがあって、それはマネージメントじゃないのかなと思っています。

日本のマネージメントで、戦略、組織、育成と分けたときに、日本はどこが強みで、どこが弱みか、足りないところがわかればお伺いしたいと思います。

岩佐:ありがとうございます。じゃあ、私に頂いた質問で、30代、40代がどう戦っていくかっていうことなんですけども。私グロービスの卒業生なんですけども、先輩面させていただくと、ジャンプするしかないと思いますよ。

今日登壇者の他の方々のお話にもありますけども、とにかく飛び込んでみましょうということですよ。行ってみましょう。小さい一歩を踏み出してみましょう。どんな小さい事業でもいいから、スモールスタートでもいいからやってみましょう。

ジャンプする以上に素早く学習できる場所っていうことはないと思いますので、まずは出て行きましょう。そして小さいスタートを切ってみましょうとみなさんに提案したいと思います。

田村さん、お願いします。