世界最大の慈善財団設立のきっかけ

クリス・アンダーソン氏(以下、クリス):さて、このインタビューは普通とはちょっと違っています。

「百聞は一見に如かず」ということわざにもとづいて、私はビルとメリンダに、いくつか古い写真を持って来てくれるよう頼みました。彼らがこれまでにやってきたこと、これからやろうとしていることをみなさんに説明しやすくするためです。

では始めましょう。

メリンダ、この写真はいつ、どこで撮られたものですか? そして、あなたの隣に写っているこのハンサムな青年は誰ですか?(笑)

メリンダ・ゲイツ氏(以下、メリンダ):大きな眼鏡をかけた人のこと?(笑) これはアフリカで撮ったものです。私たちが2人で行った初めてのアフリカ旅行で、1993年の秋のことです。この時すでに婚約していて、この数ヶ月後に結婚しました。

サバンナと動物が見たかったので、アフリカに行くことにしたのです。素晴らしい旅行でした。ビルはそれまでそんなに長く休みをとったことがありませんでしたし。

でも本当に私たちの胸を打ったのは、アフリカの人々と、彼らのおかれている極度の貧困でした。私たちは疑問を抱き始めたのです。「この状況は変えられないのか?」と。

旅の終わりにザンジバルへ着くと、昔ビルとデートしていた時によくやったように、2人でビーチを歩きました。

以前から、マイクロソフトが得た利益を社会に還元していくことについて、2人で話してはいました。でもそのビーチでの散歩で、実際に「何をするか」「どうやるか」ということを話し合ったのです。

クリス:では、このバケーションが世界最大の慈善財団設立のきっかけとなったわけですね。ずいぶんお高いバケーションになってしまったと。

(会場笑)

メリンダ:そうみたいですね。楽しかったですけど。

過去の援助における失敗例から学んだ

クリス:お2人のどちらが、メインで引っ張っていったんですか? それとも常に2人が同時に動いたんですか?

ビル・ゲイツ氏(以下、ビル):そうですね……、私たちは2人とも、得たお金をどう社会に還元していくかを一緒に考え行動していくという、人生の新たなステージに来たことを嬉しく思っていました。

この段階では、最も貧しい状況に置かれている人々について話し合いました。どうやったら彼らを助けることができるか? まだ誰もやっていない援助があるか? 知らないことがたくさんありました。

振り返ってみると、私たちはまったく世間知らずでした。ただ、マイクロソフトの成功の後、私たちの次のステージは慈善事業だということに関しては、確固たる信念がありました。

メリンダ:それまでビルは、60歳になったら慈善事業をやることになるだろうと思っていたんです。今もまだ60歳にはなっていませんから、予定が少し変わったわけです。

クリス:そうやって始まったのが、どんどん勢いを増してきたということですね。旅行が93年で、財団が設立されたのが97年。

メリンダ:はい、97年に、世界では下痢によって命を失う子供がたくさんいるという記事を読んだのです。私たちは、「信じられない。アメリカだったら、すぐそこのドラッグストアに行けばすむことなのに」と思いました。

そこで私たちは科学者を集めて、人口問題やワクチン、過去の援助における成功例や失敗例について学びました。それが実際に私たちの動き出した時期で、1998年末、1999年頃のことです。

慈善活動をおこなう上での2つの指針

クリス:お2人には莫大なお金があり、世界にはさまざまな問題があふれていますよね。どの問題に取り組むか、どうやって決めているのです?

ビル:2つのコーズ(目的)を選ぶようにしています。まず世界的に見ると、不均衡、不平等があふれており、子供たちが亡くなっていっています。子供たちは成長に必要なだけの栄養が得られず、それらの国々の情勢は停滞しています。

なぜなら、死亡率がこれほどまで高いと、大人はできるだけたくさんの子供を産んで人口を維持しようとするので、病気に苦しむ子供たちはそこから抜け出すための教育を受けられないのです。国際的な支援対象はこういったコーズです。

そしてアメリカ国内において、私たち夫婦は2人とも素晴らしい教育を受けてきました。アメリカはこのまれに見る教育システムのおかげで、機会の平等を実現していると思っていました。

しかしより深く学ぶにつれ、自分たちの社会が、機会の平等を実はそれほど達成できていないことがわかってきました。

そこで、それら2つのコーズを選ぶことにし、私たちの財団の活動をそれらに沿ったものにすることにきめたのです。

避妊薬を求める声

クリス:お2人それぞれに、ご自分がされている活動を示す画像を持って来てくれるように頼みました。メリンダ、こちらがあなたの選んだ写真ですね。これはどういった画像ですか?

メリンダ:私が旅行中いつもすることなんですが、田舎に行ってそこに住む女性たちと話をするんです。バングラデシュ、インド、アフリカの国々などです。

自分の名前は名乗らず、ただの西洋人女性として訪問します。自分が何者なのか、彼女らには教えません。カーキのパンツを履いて、女性たちの話を聞きます。

旅をすればするほど、何度も何度も、同じような話を聞くようになりました。 「ある注射を使えるようにしてほしい」という声です。

子供に与えるワクチンの話をしに行っていたんです。でも、母親たちは「注射はしてもらえないの?」ということを話題にしてきます。デポ・プロベラというその薬は、避妊を目的としたものです。

こちらへ帰って来て途上国衛生問題の専門家にそのことを尋ねると、彼らはこう言いました。

「ええっ、そんなはずはありませんよ、途上国には避妊具が有り余ってます」

報告書を掘り下げないとわからないんですね。

避妊薬をめぐる宗教的論争

私のところへやって来たチームは、こう報告してくれました。

アフリカでは、女性たちがまず口にすることは、避妊薬の注射を使いたいということです。1年のうち200日も欠品しているという、その注射を彼女たちが使いたがっているという事実は、私に話をしてくれたある女性の経験からも証明できます。

「私は夫に知られないように、10kmもの距離を歩いてお医者さんのところに行きました。でもそこには薬がなかったのです」

エイズ撲滅のため、アメリカや他の団体によってコンドームはアフリカにたくさん配布されています。でもアフリカの女性が何度も何度も言っていたのはこういうことです。

「私は夫にコンドームを使ってくれるように頼むことができません。それは、彼がエイズに感染しているか、私がエイズに感染している疑いがあるということを意味するからです。私は注射による避妊薬を必要としています。それがあれば、私は子供を産む間隔をコントロールでき、子供たちに充分な食事と教育を得る機会を与えることができるのです」

クリス:メリンダ、あなたはローマ・カトリック(注:人工的な避妊を認めていない)教徒ですよね。この問題や中絶問題について、賛成派と反対派の両方からしばしば論争に巻き込まれていますが、どうやって対処しているのですか?

メリンダ:ええ、とても重要な点だと思います。避妊問題について国際社会は手をこまねいていました。

2億人以上の女性が避妊薬を手に入れたいと言っているのに、しかもそれがアメリカでは手に入るのに、国内の政治的な論争のためにそれを与えていない。私からするともはや犯罪に等しいことに思えました。

この問題に世界の関心を呼び戻すことができる人を探し続けた結果、それは私自身がやるしかないと気付いたのです。私自身はカトリック教徒ですが、アメリカ国内の、避妊薬を使用していると言われている大多数の女性カトリック教徒と同じような信条を持っています。

そして、政治的・宗教的論争によってこの活動が阻まれることを許しておいてはいけないと思いました。

避妊薬について、かつてアメリカ国内では一般的な世論調査がありました。それを国際的なレベルで行い、260億ドルもの寄金をこの問題のために集めることができました。

(会場拍手)

ワクチンにより子供の死亡者数は激減している

クリス:ビル、これはあなたが持って来た画像ですね。これは何を示しているのですか?

ビル:まず、私のグラフには数字が載っています(笑)。このグラフをとても気に入っているんです。この数字は、毎年5歳になる前に死んでしまう子供の数を示しています。

あまり知られていないことですが、めざましい成功を見て取ることが出来ますよね。私たちは素晴らしい進歩をとげました。私が生まれて間もない頃、2000万人ほどいた数が600万人まで減りました。

ワクチンの成果によるところが大きいです。天然痘により毎年200万人程度の子供が亡くなっていました。それが撲滅され、犠牲者がゼロになったのです。はしかでも200万人ほどが亡くなっていました。今は2、30万人ほどに減っています。

このように、このグラフはこのまま減って行って欲しいと思います。そしてそれは可能なんです。新しいワクチンという科学を利用し、子供たちの病原菌を取り除きます。

私たちは実際、どんどん成果を上げています。過去10年間に、過去に類を見ない勢いで犠牲者の数は減りました。

「オーケー、新しいワクチンが開発されたら、向こうへ持って行くぞ。最新の知識をもって、正しく配布するんだ。そうすれば僕らは奇跡を起こせる」

こう言えることをうれしく思います。

クリス:つまり、数字として現れて来る結果を見ると、うまく行っているということですね。私が思うに、前年に比べて文字通り何千人もの子供たちの命が日々救われていると思います。

善意の投資をやめるべきではない

クリス:でもそれらは報道されません。飛行機事故で亡くなった200人程度の犠牲者のほうが、はるかに大きく報道されます。その事実はあなたをイライラさせたりはしませんか?

ビル:そうですね、それらは目に見えにくいできごとですから。たった1人の子供の話、子供1人ずつの話ですしね。このグラフのうち、98%の犠牲者は自然災害とは関係がありません。

自然災害を目にした時の人々の寄付心は素晴らしいものです。人々が、「私だっていつあんな災害に遭うかわからない」と思い、お金を寄付してくれる、その考えは本当に素晴らしいと思います。でも日々死に行く子供たちの姿は見えにくいのです。

国連のミレニアム開発目標など、さまざまなコーズや活動があり、その中でたくさんの寄付が行われているのを目にしてきました。私たちの目標としてはこれら犠牲者の数を100万人以下にすることです。私たちが生きている間に達成可能な目標です。

クリス:可哀想な子供の顔よりも、数字やグラフによってやる気を起こすようなタイプの人間が必要かも知れませんね。つまり、あなたが今年書いたある手紙のことなんですが。

途上国への支援は無意味で機能していないとする現代の思想とは反対に、あなたはご自分のやっておられる支援は効果があったという主張をされていましたね。

ビル:ええ、人々が言うには、善意があだとなり逆効果だった支援もあると。ベンチャー投資会社の中には、善意の投資がうまくいかなかったものもあります。

完璧な記録が出せなかった。でもだからといって、その努力が間違っていたと言うべきではありません。目的は何だったのか? それらの国々が自立していけるよう、栄養状態や生存率や識字率をどう上げようとしたか? それらをよく調べて、「おっ、これはうまく行っているな」とわかったら、そこから学ぶのです。

私たちは支援金を賢く遣うようにしています。お金はすべてを治す万能薬ではありません。私たちはベンチャーキャピタルよりもうまく投資することができます。さきほど挙げた例のようにね。

※続きはこちら! 子供を億万長者にはしない、全財産の95%は寄付-–世界一の億万長者、ビル・ゲイツ氏のお金の使い方