『君の名は。』のヒットの裏に
新海誠×野田洋次郎、2人の天才の「本気」

「君の名は。が好きな人はバカなのか?問題と糸守町に墜ちたものの正体とは?」ニコ論壇時評 #4/9

2016年夏に公開され、歴代の邦画のなかでも興行収益トップ3に入るほど大ヒットした映画『君の名は。』。本作のヒットのカギはどこにあったのか? ニコニコ生放送の人気番組「山田玲司のヤングサンデー」。今回は10月12日放送の“ニコ論壇時評”「君の名は。が好きな人はバカなのか? 問題と糸守町に墜ちたものの正体とは?」の内容を書き起こしでお届けします。漫画家・山田玲司氏が作品から感じた“本気”について、独自の視点で分析します。

『君の名は。』から感じたゼロ年代感

山田玲司氏(以下、山田):(『君の名は。』を)「マコト・シンカイはモネだな」なんて思って観ながら、「あれ、なんか、すごい個人語りが始まったな」って思ったら、「あ、そうか。『北の国から』が始まったんだ」とか。

「『ふぞろいの林檎たち』になったな」とか思って。それで、途中から「あ、これって少女漫画なんだ」と。

乙君氏(以下、乙君):はいはい。

山田:「『3月のライオン』か、これ」って思って。

乙君:(笑)

山田:そうやって思いながら、「あ、やっぱりジブリなんだ」というような感じで観てました。

乙君:ほう、いろんな……。

山田:その時に思うのが、非常に内省的なモノローグで、私ってもののなかで、完結している世界観。ご存知、セカイ系ですね。ただ、やっぱり感じたのが、「ちょっとこれ、ゼロ年代感あるよな」「懐かしいよな」と。

乙君:ほう。

山田:だから、「先に行かなきゃ」っていうようなこと……、「逆効果……、んー?」みたいな。隕石とか、自然表現に関するリアリティがものすごいことに対して、人間ドラマが非常にファンタジーだ、っていう。これが入れ替わってる。

乙君:あー。

「感動」「寒い」映画館では評価が割れていた

山田:このへんが、また「うわ、こういうことをやってたのか!」みたいな。だから、問題は、これは俺のザックリした印象の一部、映画館で観た時の印象の一部だけど。

そこで噂によると、第1陣はカップルが観たらしいじゃないですか?(笑)。

乙君:はいはい。

山田:第2陣は「チクショー、リア充め、この野郎。俺らも行くか」って、男同士で観に行くとか。「うちらで観に行こうか」みたいな、第2陣の波に、俺、ぶち当たったらしくて。

乙君:はいはい。

山田:あちらこちらで、男子組と女子組で分かれていて。

乙君:あー!

山田:それで、女子は、もう感動。「ヤバいよねー」みたいな。ウーなんて泣いてて。こっちには、「寒っ」って言ってる男子がいたりとかなんかして。

乙君:男子は「寒い」って言ってる?

山田:男子は「寒い」とか言って、「あ、おまえら、寒いんだ」みたいな。

乙君:うんうん。

山田:「あ。これ、会場割れてて、おもしれーな」って思いながら、観てましたね。それで、これ新海君が、マコト・シンカイががんばってるのに、俺が「あーだ、こーだ」言うのも野暮じゃん。

乙君:(笑)。

山田:「だけど、おまえ、あれがちょっとな」みたいなのは、ないじゃん。だけど、なんで当たってるのか、ってことに関しては、ちょっと俺、興味があるんですよ。

乙君:はいはい。いわゆる、みんなが言ってる、「設定矛盾がひどすぎる」とか、そういうことではなくて、現象として。

山田:もう、とにかく、そんなことだらけじゃん。

乙君:うん。

新海誠監督が言いたかったことは?

山田:「この嘘入れます」って言って、「それだけでいくのかな」って思ったら、この嘘も入るから、「え、そっちもありなの?」って。3つ目、4つ目ってなるわけで、「じゃあ、最後、なんでもありなんだ」みたいな感じになっちゃう人が、それをノイズとして思ってしまったら。

もしくは、「iPhoneで更新されないんだ」とか、そういうことがノイズになってしまう人は、やっぱりウーってなる。「何なの? 何なの?」みたいになるのもわかるんだけど。

乙君:「男子高校生がカフェなんか行くかよ」みたいなね。

しみちゃん氏(以下、しみちゃん):(笑)。

山田:だけど、新海はそんなことを言いたいんじゃないの。

乙君:はい。

山田:新海、そんなこと、どうでもいいんだよ。誠が言いたいのは、「赤い糸はあるんです!」って言いたいだけなの。

(一同笑)

山田:「運命の人って、どこかで絶対待ってるんです。僕の妻もそうでした」みたいな。

乙君:嫁さん、いるの?

山田:嫁さん、いるんだよ。

乙君:へぇ。

山田:嫁さんと一緒に……、だから、完成度が高いんだよ。

乙君:え?

山田:だから、そこで男が1人で、独り者の40男が「赤い糸を……」みたいにやってたら痛いじゃん(笑)。

乙君:まあまあ(笑)。

(一同笑)

山田:な? 痛くないんだよ。マコト・シンカイの横にはいるんだから。

乙君:嫁さんがいて。

山田:三葉がいるんだよ、三葉が。

乙君:三葉がいるの?

山田:三葉と一緒にアニメを作ってるから、これ強いんだよ。

乙君:ほう! そうだったんだ。

山田:「自信を持ってお送りします」だから。

乙君:はいはい、「赤い糸はあります」と。

“壮絶ピュアもん”RADWIMPS野田洋次郎

山田:どうやらそれまで、マコト・シンカイは「会えねーよ」って言ってたらしいじゃないですか。

乙君:らしいですね。

山田:それまでの映画では。

乙君:今までの作風とは違う、みたいな。

山田:そうそう。でも、今回は自信満々ですから。横に三葉がいますから。そしたら、もう、RAD連れてきますから。

しみちゃん:(笑)。

乙君:俺たちのBGMはこいつらだと(笑)。

山田:もう、洋次郎呼んできますから。

乙君:うん(笑)。

山田:それで、「洋次郎やって」と言って。洋次郎と会ってるじゃん? 俺たち。

乙君:そうですね、1回。

山田:「洋次郎? RADWIMPS? へぇ!」なんて言って、「情緒だねー!」なんて言えないじゃないですか。あいつ、本気なので。

乙君:うん。

山田:あいつ、本物なんで(笑)。

乙君:壮絶ピュアもんですよね。

山田:語ってること、本気だから。

乙君:うんうん。

山田:だから……。

乙君:あの歌もね。

洋次郎の破壊力がパネェ

山田:そうなのよ。俺たち、カラオケボックスでその話したからな、洋次郎と。

乙君:したした。

山田:洋次郎と夜明けのカラオケボックスで、その話したからね。

乙君:そうそう、したんですよ。

山田:そしたら「あ、こいつ、本物だ」と思って、俺、洋次郎好きになっちゃったから。もう洋次郎のこと、悪く言えない(笑)。

(一同笑)

乙君:なに? じゃあ、知り合いじゃなかったら、悪く言うつもりだったってこと?(笑)。

山田:そんなことないです。っていうか、あまりにも、その洋次郎の破壊力がパネェ。

乙君:パなかったんですね、確かに。

山田:誠マジックに洋次郎マジックが重なって、もう完全にみんなを「運命の人はいるんです!」って言いつつ、「それって誰だっけ? 誰だっけ? 君の名は? 君の名は?」ってなって(笑)。「え、どっち? いるの? いないの?」みたいな。

しみちゃん:はい。

山田:そこでクロストークですよね。「この風景は? この風景は?」みたいになってく。高校の演劇部みたいな要素が。

乙君:……うん。

山田:(笑)。それでもみんなに向かって……。

乙君:いや、まさにそう。

すべての矛盾を吹き飛ばす本気のパワー

山田:まさにそう。「美しい景色だった!」みたいな、バーンと。あれも高校の演劇部の、講演、観に行ったことある? 文化祭とか。

乙君:俺、高校の演劇部でしたから。

しみちゃん:(笑)。

山田:あなた、高校の演劇部でしたか。

乙君:「そういうのは全部クソだな」って言って、感想のところにめちゃくそ書いたよ。

山田:いやいや、俺は間違えて高校の演劇部、観に行っちゃったことあるんだよ。

乙君:はいはい。

しみちゃん:間違えて(笑)。

山田:泣いちゃったからね。本気だから、奴ら。

乙君:へぇー!

山田:奴ら、本気で来るから。それを、マコト・シンカイの本気と、洋次郎の本気が、やっぱり来るから、すべての矛盾を吹き飛ばすわけ。

乙君:あー。

山田:「すげーなあ」って思って。

山田玲司のヤングサンデーyamadreiji

漫画家・山田玲司が多彩な経験と圧倒的な知識を元に「テレビでは語られない角度」で恋愛、社会問題、漫画、映画、音楽、人生とは何か? などさまざまな問題を斬っていきます。

・公式チャンネル

Published at

山田玲司のヤングサンデー

山田玲司のヤングサンデーに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、山田玲司のヤングサンデーに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?