30代半ばで漫画家デビュー
夢を諦めなかった男の地元凱旋エピソードが熱い

Cバージン第6巻ネーム編『ネームの基本はさしすせそ!〜CICADAに学ぶ、よりおもしろく話を読ませるテクニック』 #1/5

ニコニコ生放送の人気番組「山田玲司のヤングサンデー」。今回は2月25日放送の「Cバージン第6巻ネーム編『ネームの基本はさしすせそ!〜CICADAに学ぶ、よりおもしろく話を読ませるテクニック 1/2 」の内容を書き起こしでお届けします。

今週はネームの書き方

しみちゃん氏(以下、しみちゃん):山田玲司の……。

一同:ヤングサンデー!!

久世孝臣氏(以下、久世):イエーイ!

しみちゃん:すいません(笑)。

山田玲司(以下、山田:):もう1回、もう1回、もう1回だけ(笑)。

久世:もう1回やって。

しみちゃん:山田玲司の……。

山田&久世:ヤングサンデー!

しみちゃん:恥ずかしい(笑)。

山田:新鮮(笑)。

久世:新鮮だわ、これ。これやばい(笑)。

しみちゃん:もう悔いないです(笑)。

山田:はじめてだね。このパターン。

しみちゃん:恥ずかしいですね。これ(笑)。

久世:欠席なしで一番出てるのはしみちゃんだからね。

山田:そうなんだよ。

しみちゃん:あ、そうですね。

久世:そうそう。初のタイトルコールでした。

しみちゃん:初の。いやー、お恥ずかしい。102回目にして。

山田:みんな、ありがとう。

久世・しみちゃん:ありがとうございます。

山田:今週も本当に温かいコメントをありがとうございます(笑)。

久世:ありがとうございます(笑)。

山田:すげえな。

久世:さあ、始まりましたねえ。

山田:よっし!

久世:よっしゃ、じゃあいきますよ〜!

山田:回してくれぇ、演出家!

久世:いきましょう。

山田:演出家が回すぞ、みんな!

久世:回すぞ、この野郎!(笑)。

山田:鮮やかなMCいくぞ! オルァ!

久世:いくぞ、おい! はい、この番組はゴキゲンな……ゴキゲンメディアクリエイターの山田玲司先生(笑)。

山田:なんじゃいっ、そりゃ!?

久世:……のやっている山田玲司のヤングサンデーでございます。

今回は漫画の描き方ネーム編ということで、漫画家志望の方だったりですとか、いろんな方が観ていらっしゃると思うんですけれども、ちょっとみんなこの黒板、ホワイトボードを見ていただいてもわかるように、けっこう準備はバッチリなんでね、ネーム編になったら期待していただければと思います。

山田:なんと今回、あの絶賛大ヒット中の、今、日本で知らない人がいないという。

久世:1人もいないというね。

山田:大ヒット漫画『CICADA』の第1話のネームが、ここにあります。

久世:うおっほい! ほっほーい!

山田:これとかも途中で秘伝のテクを、これちょっと、惜しげもなく。

しみちゃん:惜しみなく(笑)。

久世:これはすごいな(笑)。

山田:秘伝じゃねえだろ。つか、聞かれてなかっただけだよ。聞いてくれよ(笑)。

久世:本当もう隠すところなく、全部もう出しちゃうわけでしょ?

山田:そうそう。今まで聞かれなかったので、秘伝になっていたテクニックを(笑)。

久世:なんてさみしいこと言うんですか(笑)。

山田:たまに沖縄で漫画家になりたい人とかに聞かれて答えてただけのテクニックを、惜しげもなく今日はやりたいと思いますけどもね。

久世:やったりましょう。

関西人が関西弁じゃない!?

久世:しかしね、『CICADA』の熱風もすごくてですね。

山田:熱風すごかったですよ。

CICADA 1 (ビッグコミックス)

久世:『CICADA』ツアー関西? やったらしいじゃないですか?

山田:そうなんですよ。東京ツアーで。ようやくツアーも終わりまして、もうクタクタになって。

久世:大阪行って、和歌山行ったんでしたっけ?

山田:そうです。三茶からの、大阪からの、和歌山ですね。

久世:どうでした?

山田:次、福岡、仙台。

久世:予定は未定ということで(笑)。

山田:北海道行って、沖縄みたいなね。

久世:沖縄も行く?

山田:そうですね。

久世:すばらしいね。

山田:まあ、呼んでくれれば(笑)。呼んでくれよー。

久世:沖縄のみなさーん、福岡のみなさーん、玲司先生、呼んでいただけたら行くそうなので、よろしくお願いいたします。

しみちゃん:お願します。

山田:いやー、つーか、やべえな、西。

久世:どうでした?

山田:いや、西、熱いぞ。

久世:熱気がね。だから、見てておもしろかった。

山田:あなた西じゃない?

久世:西、西。

山田:だから関西弁には慣れてんだけど、1個すごい発見があった。大阪行って、和歌山行って、いろんな人に大歓迎されまして、みんな最高だったんですけど。本当いい人ばっかりで。でもあれさ、みんなさ、俺、標準語でしゃべってるじゃん? ちゃんと大阪の人たちも必ず標準語で返してくれるのね。

しみちゃん:ええっ、本当ですか?(笑)。

山田:お前らよりもみんな標準語うまかったぞ。お前。

久世:なんだって!?(笑)。

山田:なんなんだよっ。上京してる関西の奴らって、なんか中途半端に関西弁しゃべるけどさ。

俺、常に挟まれてるじゃん。のぞむとお前に挟まれて、和歌山と京都に挟まれてるじゃん。ちゃんとした……浜村淳になってるかなと思ったの、みんな。だから、無理して「あの、関西弁ですけど……」みたいな感じになるかなって思うじゃん? 違うのね。

久世:丁寧に?

山田:いや、完全な標準語しゃべれるのね。

久世:「なんでやねん!」とか言われなかったですか?

山田:いや、「なんでやねん!」待ってるじゃん。つーかもう、すごい丁寧に「なに言ってるんですか?」みたいの返ってくるから。「えっ、そんなだったけ? 大阪」って思った。俺がたぶん関西に対する昔の印象みたいなやつ、勝手なイメージみたいのがあって。「ああ、そういうことか」と思って。改めて「関係ねーんだな」というのを。「いやー、浜村淳いなかったなー」と思って。

大反響だった和歌山県

久世:和歌山はけっこうどうだったんですか? 特設コーナーまで作られて。

山田:だから、上京組の和歌山県民チームに散々脅されたんですよ。「玲司さん、和歌山行っても人歩いていませんよ。誰もいませんから。あの人たち部屋から出ませんからね」とか言って、ひどいんだよ。すごいよ。大盛況だったからね。

久世:へえ。

山田:うん。ガンガン来てくれて。

久世:志磨ちゃんとかも言ってましたもんね。「和歌山でそんなに人に来るのはすごい!」ってLINEでね。

山田:そうそう。そんで「駆けつけたいわー!」とか言って、あいつ東京にいてぜんぜん駆けつけられないんだけど、なんか和歌山で俺がいるみたいなのが、「もうこうなったら、親父送ります」つって、「おいっ、やめろよ」なんつってね、LINEでキャッキャ言ってたね。で、本当に(笑)。「山田さん、山田先生、あの、志磨さんって方が差し入れ持ってきています」「マジか……」と思って。

久世:志磨ちゃん、親父降臨ぐ(笑)。

山田:そうそう。お父様来ていただいて。びっくりしたわ。

久世:すごいね。

山田:すごいんだよ。あのね、普通ね……。

久世:(コメントにて)「和歌山の全人口が集まった」って言われていますよ。失礼です。

山田:そう。ヒロTがびっくりしたもん。「そんなことない(笑)。玲司さんすごい」って言われて。そうそう。でもこれね、いっぱい……。先にちょっとネームの話の前に、今回はバナーイ先生が初の顔出しということでけっこう盛り上がってました。このバナーイ君、なかなかのイケメンなんですよ。イケメンのくせに、性格もいいんですよ。

久世:イケメンのくせに?(笑)

しみちゃん:くせに(笑)。

久世:なんて偏見なんだっ!

しみちゃん:そうですよね(笑)。

山田:そうなんだよ。偏見なんですけど。それで、声がね、しゃべり方が誰かに似てるなと思ったら、又吉に似てるんだよ。わからない?

しみちゃん:わかります。ちょっと見た時、うん。

山田:なんかちょっと「横に又吉がいるのかな?」ぐらいな、丁寧でやさしい関西弁を使うんだよ。

久世:ふんわりと包むくらいの。

山田:癒し系のさ。あいつ売れちゃうね。

久世&しみちゃん:(笑)。

山田:あいつにが追い抜かされちゃうね。俺は。

久世:一緒に行ってくださいよ。原作者じゃないですか(笑)。

山田:一緒についていっていいですか? 僕も一緒に。うるせーよ!

しみちゃん:(笑)。

山田:なんやねん(笑)。

久世:すばらしいですね(笑)。

『CICADA』よりもドラマチックな現実

山田:それでね、これは言いたかったんだけど、大坂も最高だったんだけどさ、もう和歌山。普通、書店のイベントつったら、だいたい漫画読みのなかでもとくに漫画が好きな人たちが来るから、だいたい雰囲気似てるんだよ。

だいたいの年齢層とかあるわけだよ。だいたい30代中心ぐらいのさ。でも、20代もあるけどさみたいな。あと「ずいぶん昔から読んでますけど」みたいな人もいるんだけどさ、もう違う、和歌山。もうね、ほぼ赤ちゃんからおばあちゃんまで。

しみちゃん:赤ちゃん?(笑)。

久世:ええっ?

山田:つまり「おらが町のバナーイ先生がとうとう東京で一旗上げたぞ」みたいな感じのイベントなのよ。もうなんならブラスバンド来るぞみたいな感じの大歓迎ぶりで。

久世:それもう映画になるやつじゃないですか。

山田:映画になるやつよ。本当にもう。蒲田行進曲です。あんな感じよ。本当にびっくりだよ。

しみちゃん:(笑)。

山田:行ったらさ、俺のメインのトークイベントあるわけだよ。俺がいて、熊ちゃんがいて、バナーイ君がいるみたいな、それでみなさんこう待っている。

無料だからさ、和歌山、店内になんとなく見に来てる「おい、漫画家いるらしいぜ」みたいな感じの人とかもわ~っていて、目の前最前列にめっちゃこんなサングラスかけた厳つい奴がこうやって待ってるんだよ。こうやって。

(一同笑)

山田:「きたー、マイルドヤンキー!」って思って。「これおもしれなー」と思って「すっげえの来てるね」とから言ったら、「すいません。中学の友達です」とかってバナーイ君言ってて。

久世:おお(笑)。

山田:これ、バナーイ君の中学からの応援団。以降からずっとバナーイ君がずっと「漫画家になるぞ。俺は」って言って、30代半ばぐらいになってるわけだよ、今。だから夢を諦めなかったわけ。だから「お前がんばれよ」って言ってた応援団が、最前列を占めてるんだよ。

久世:めっちゃ泣けるやん!

山田:めっちゃ泣けるんだよ。もうバナーイ応援団だよ。それで、トークショーでくだらない話してるのに、みんなうれしそうに「うーん、この日がきた」みたいになってて、「やべえな、これ」と思って。

そしたらそのあとサイン会ですよ。俺もバナーイ君も同じ本にサインするわけじゃん。もう俺サインしながら、ここでのやりとり聞いてるわけだよ。そしたらさ、「やったなー!」みたいな。

(一同笑)

久世:熱っ(笑)。

山田:「とうとう来たな。この日が!」「ありがとう。ありがとう」みたいな。どうすんの。そんなんばっかりが……。

久世:ちょっともう原作者冥利に尽きますね。

山田:もうね、中学校高校ぐらいの友達で女の子とか「あたしのこと覚えてる?」みたいな、「覚えてるに決まってるよ!」みたいなやってるわけ。「よかったね」みたいな。「よかったね」って。俺まで「よかったな!」みたいに思って(笑)。

久世&しみちゃん:(笑)。

山田:もうどうすんの。最後、お母さんまでみたらし団子持ってきちゃって。「本当にありがとうございます」みたいな。お母さん登場でさ、「大変だ、これ」って。

久世:お母さんと写真撮ってましたもんね。

山田:お母さんいい人でさ、本当に。やばかったもん。次から次へと泣かせる話。だから、夢を叶えんがために和歌山で、この世界の片隅で、ひたすらがんばってた彼、男の子がね、この瞬間に世の中に出たんだ。デビュー、出たんだ。和歌山県民をあげての「おめでとう!」みたいな、「イエーイ!」みたいな。

久世:パンダパンダ、バナーイ! パンダパンダ、バナーイ!

山田:おい、それたぶん怒るぞ。和歌山。

しみちゃん:怖いぞ(笑)。

久世:失礼いたしました。これありなのかなと思って。この番組出てるとありなのかなって。大変申し訳ございませんでした。

しみちゃん:なるほど(笑)。

山田:いやいや、やばいな。本当だから普通のサイン会とかじゃなくて。もう熊ちゃんがうるうるきてるんだもん。そりゃなるよ。だから「この日まで夢を諦めなかったおかげでここにきましたよ」っていって「本が出ましたよ」みたいな。「応援してくださいね」って。

久世:すごいな。『CICADA』と同じぐらいドラマチックな話が作り手側のほうにも同時進行で走ってる。

山田:もう大変です。本当に。でも、いいなと思って。

本日のヤングサンデーは?

山田:そんで、こっちから来たメンバーとしては、やっぱり和歌山といえば、乙君が落ちた川が気になるじゃん。

久世:ま、そうですね。

山田:どこであいつは落ちたか(笑)。

久世:ヤンサンファミリーにしかわからない名称、名跡がいっぱいありますからね。

山田:紀ノ川っていう、想像以上にでかい川でした。あいつそこで飛び込んだの。めっちゃきれいな川で。やっばいな。

久世:あいつが何人落ちても大丈夫な川でした? 受け止めてくれるような川でした?

山田:受け止めてくれるようなさ。すっげえ、やっべえなと思って。本当にね。いきなり行った講演に巨大な恐竜がいたって話はまたいずれしますけど。

久世:するんかい!(笑)。

山田:すっげえなと思って。あと後半にちょっと話たかったんだけど、手塚るみ子さん来てくれて、これもらったじゃん。これ発売になったんですけど。

しみちゃん:そうですね。

久世:これもう発売になりましたもんね。

山田:この本再販なんだけど、もともとは前に出てるやつ。だからね、あとがきが忌野清志郎という。

久世:おおっ。

山田:あとがき、忌野清志郎だよ。

久世:それやばいな。

山田:やばいんだよ。でも、それだけじゃなくて、内容本当すげえやばい。時間あったらこの話ちょっと後半。

久世:はい。この話しましょう。後半。

山田:あとこれで俺思ったんだけど、『ブラックジャック』のピノコは、るみ子さんがモデルだって公式に言われてるんだけど、そっからいろいろ考えてたら、『ブラックジャック』すげえやばい漫画だなというのがわかって。すばらしい漫画なんだけど、相当なにか奥行きがあってやばい。ブラックジャック分析を勝手にやってきたので(笑)。

しみちゃん:(笑)。

久世:いこうぜ!(笑)。

山田:後半ちょっと時間があれば。

久世:るみ子さん、今週も観てますか? こんにちは。

山田:もちろん君エヴァもやります。

久世:よし、じゃあいきましょう。

山田:あ、『こんなブラック・ジャックはイヤだ』ではないです。そっちではないほう。

しみちゃん:(笑)

久世: 「ボケましょう」になってる……。

山田:そうだよ。そうなんです。

久世:まだ今月末まで、『CICADA』の1巻を買って、写真撮って、玲司先生のTwitterのところにリプライすれば、希望のライムがもらえるというキャンペーンもやってるんでね。

山田:期待値が高くて。

久世:でもね、Amazonで品切れだからな。ちょっと大変ですね。

山田:こうなったら、小学館に大量に注文がいくように。

久世:そうそう(笑)。

山田:すると営業が、「なにかが起こっている。これは増刷しなければいけない」みたいな流れが欲しいですね。

久世:そこまでみんなで持っていきましょう。

山田:そうですね。みなさんありがとうございます。本当にありがとうございます。あとね、イベント行きましたよ。

久世:(コメントにて)「ライムありがとうございました」とかいろいろ来てますよ。

山田:本当に? ありがとね。(コメントにて「重版しよ」)重版しようよね。本当にね。

久世:そうそう。気さくな感じで重版しよ。

山田:(コメントにて「楽天でも売ってるよ」)そうそう、楽天でも売ってますからね。

久世:(コメントにて)「意外と10冊買うのが今難しい」すいませんでした。

山田:なんかいいなぁ。本当にありがとうございます。

久世:さっきも「10冊買おうと思ったら、6冊しかなかった」という。

山田:なにそのいい話?

久世:出てたんですよ。

山田:まじで? 本当に? そんでね、やっぱりイベント行くじゃん。いやもう笑えるくらい「ヤンサン観てます」って言われる。

しみちゃん:(笑)。

久世:笑えるくらいに?

山田:笑えるくらいに。

久世:やってるやん。これ。

山田:「今回はじめて山田先生の漫画買ったんですけど、ヤンサン観てます」(笑)。

しみちゃん&久世:(笑)。

山田:俺の仕事はなんじゃーい! どっちが……みたいなね。

久世:でも、ゴキゲンメディアクリエイターですから。

山田:それはうれしいよ。なんか。だから「あ、そうか。そういうことか」っていうさ。うん。中には「 パードレ、助けてください!」みたいな人もやっぱり来てた。

しみちゃん:やっぱり(笑)。

山田:パードレ感来てたね。パードレ感。もうね、救うぞ。俺は。

久世:そういうときは沈黙しないんですか?

山田:しない。しない。

久世:全部丁寧に応えますもんね。

山田:もうできるかぎり丁寧に。一緒に飲むし。できるかぎり助けられるだけ助けるみたいな。

しみちゃん:やさしい。

久世:この神様は沈黙しない(笑)。

山田:沈黙しないよ。沈黙したって番組にならねーだろ(笑)。

しみちゃん:(笑)。

山田:そういえば、エヴァンゲリオン22話、沈黙回でしたね。

久世:そうですね。放送事故回でしたね。

山田:放送事故回ですね。後半をお楽しみに。

久世:そうですね。

山田:すんげえぞ。

山田玲司のヤングサンデーyamadreiji

漫画家・山田玲司が多彩な経験と圧倒的な知識を元に「テレビでは語られない角度」で恋愛、社会問題、漫画、映画、音楽、人生とは何か? などさまざまな問題を斬っていきます。

・公式チャンネル

Published at

山田玲司のヤングサンデー

山田玲司のヤングサンデーに関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、山田玲司のヤングサンデーに関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?