logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「何ができるか」「何をすべきか」を自身に問うべき シェリル・サンドバーグが若者たちに託した、人生の教訓

「何ができるか」「何をすべきか」を自身に問うべき シェリル・サンドバーグが若者たちに託した、人生の教訓

FacebookのCOO(最高執行責任者)のシェリル・サンドバーグ氏が、アメリカ屈指の名門校であるマサチューセッツ工科大学(MIT)で卒業スピーチを行いました。同氏はテクノロジーの進歩が著しい現代において、未来を担うMITの卒業生たちにテクノロジーの重要性を力説。あたたかくも力強いエールを若者たちに送りました。

シリーズ
卒業式スピーチ > マサチューセッツ工科大学 卒業式 2018 シェリル・サンドバーグ
2018年6月8日のログ
スピーカー
Facebook COO Sheryl Sandberg(シェリル・サンドバーグ) 氏
参照動画
Sheryl Sandberg at MIT Commencement 2018

屈指の名門MITで卒業生へのエール

シェリル・サンドバーグ氏 大統領、尊敬すべき先生たち、誇りあるご両親、支えてくれる友人たち、いつも側にいる兄弟。そして、2018年の卒業生たち。おめでとう、やりましたね! (会場拍手) これまでの道のりは容易ではなかったことでしょう。あなたたちは4年間、さまざまな問題解決に取り組みました。2015年の大雪を乗り越えました。マディ・チャールズ・パブに入り浸り、重要な人生の教訓を学びました。無料のチキンウイングはもう食べられませんけどね。 (会場笑) 今日、あなたたちは世界で最も権威ある学校の卒業生です。ハーバード大学の人々は「半径2マイル以内で最も尊敬される学校」と私に言わせようとしました。私は「いいえ」と言いましたけどね。 卒業後、あなたたちはすぐに卒業生の団結の強さを思い知るでしょう。1968年の卒業生に尋ねると、チキンウイングを食べた数よりも多くの募金活動をしてきたそうです。 私が卒業した時に覚えていることは、あるコーナーを曲がると、次のコーナーをはっきり見ることができない。そういった感覚です。 私の思い出をお話します。入学した初日に勉強を始めました。不安でした。私の人生で初めて次のステップが明確に示されていなかった。興奮と未来への希望を覚えました。これらを押しつぶす一抹の不安も混ざっていました。 これからのキャリアのために何をするのか正確にわかっているなら、手を挙げてください。 (会場挙手) 選択肢は常にいくつかあります。私はわかりませんでした。私の適性がどこにあるのか、最も貢献できる場所がわからなかった。現在ではアドバイスが必要な時には、マーク・ザッカーバーグに相談しますが、当時は小学校にいました。 その後、バフェット投資の基礎を大学で学びました。ウォーレン・バフェットは、現代で実践されているメジャーな投資原則を解説しています。しかし、私はただ一つ確信していました。私はビジネスサイドやエンジニアの道に行くことはないと。 道を決めることは、同時に人生における警告だと思います。決心することは、若者の大きな特権です。あなたが思うように物事は運ぶとは限りませんが、人生の不確実な道に沿って、貴重な教訓を得るでしょう。

ハンセン病患者から得た人生の教訓

今日、あなたたちと共有したい教訓があります。大学で経験した最初の仕事でのことです。インドのハンセン病治療プログラムに取り組んでいたころのエピソードです。聖書のころより、ハンセン病患者は病気拡大を防ぐために地域コミュニティから追放されました。 私が大学を卒業するまでに、ハンセン病に関する技術的な課題は解決されました。医師は、胸の皮膚パッチでハンセン病を簡単に診断でき、容易にこの病気を投薬治療できます。しかし、病気は残っているので、患者は治療を求める代わりに、病気であることを隠しています。当時、私は患者に会うことを欠かしませんでした。会って最初に自分の腕を伸ばします。彼らの身体に触れようとして、その反応を見ます。 彼らと打ち解けるきっかけは、技術者や医師からではなく、地元のリーダーからもたらされました。彼らが病気を治す前に病気を隠さなければならないことを知っていたので、地元の言語で演劇や歌を書いたり、地元のコミュニティを回ったりして、患者が社会に馴染む下地を作りました。 患者の人々は、最も困難な問題は技術的なものではないことを理解しています。彼らは人間です。技術だけではなく人間が問題なのです。これはMITで学んだ教訓です。 技術のコースを卒業した人だけでなく、MITの経営学や都市計画を勉強した人も、ハンセン病の人々と話します。テクノロジーを構築し、人生をより良くし、教育や医療を施し、可愛らしい猫のビデオを際限なくシェアするのは、すべて人なんです。 現在、インターネットにおいて人は、文章1つ・画像1つで何百万人にインパクトを与えます。公平や平等を勝ち取るため、インターネットは人々に特別な力を与えます。セクシャルハラスメントに対する反対運動を再燃させます。人々の日常も映します。 しかし、インターネットはまた、害を冒す人も助けます。声を掛けたり、声を上げる人もいます。誰もがシェアすることができ、誰もがコミュニティを組織することができます。最も価値のあるモノのもとに集うことを容易にします。

「究極の民主主義」が可能にすること

1932年、ジャーナリストのアンネ・オハル・マックコーミックは、ラジオで新しい技術の影響についてこう話しました。「究極の民主主義によって、誰もが怒りをかきたてられ、また寛容になる」。それが「激しい差別意識、扇動されたナショナリズム、時代の怒りとノイローゼを生み出す」としました。彼女は報道部門のピューリツァー賞を受賞した最初の女性でした。 今日私たちが直面している課題が新しいものではないという事実は、懸念をより少なくすることにはなりません。前世代のように、技術がもたらす問題を解決しなければなりません。 私は、課題に対処できる3つの方法があると信じています。まず、私たちは恐怖で後退することができますが、技術を一心に信じることができますし、作ったものが人々によって使用され、人々は大きな美しさを持っていると理解すべきです。 また、同時に残虐行為をしてしまうという理解も必要です。そして、すべてを懸けて一心不乱に戦うことができます。 私は第3の選択肢を選ぶことをおすすめします。平等、民主主義、真実、親切を抽出するテクノロジーが発達することで、憎しみ、暴力、欺瞞といった障害をなくすことができることを信じています。 Facebookがこれまで世界中で何を成し遂げたかを誇りに思っています。人と人のつながりを作り出してきました。「ウィメンズ・マーチ」(注:トランプ大統領就任に反対する女性たちのデモ活動)、「ブラック・ライヴズ・マター」(注:黒人に対する人種差別に反対する社会活動)に寄与してきました。こうして、人々がFacebookを使って民主主義のために団結したことを誇りに思います。 また、人々がFacebookを使ってビジネスを成長させ、世界中の仕事を創り出していることを誇りに思います。

穏やかな海では良い船員になれない

あなたが何か間違いをしたとき、それを隠せば誰かが見ているかもしれません。「善」をしっかりと信じているのに、間違いを犯すと、手痛い事態となります。また、あなたが他人を貶める可能性もあります。 海軍兵学校の元教官マイケル・ミラーから届いた手紙の中には、「穏やかな海では決して良い船員になれない」と記してありました。私がこれまで学んだことは、人生は間違いなく厳しいものです。そんな時、人間は自分自身について深く学びます。ここで自分自身が成長したと感じられます。そして、成長する痛みを感じることができます。 あなたが過ちを犯したとき、それを正すために一生懸命働きます。次の間違いを防ぐことが困難とならないようにするために。これは私にもあてはまります。間違いを正すことは簡単ではないでしょう。しかし、私たちは継続すべきです。私たち全員が直面する問題により大きく挑戦すべきです。 私たちの生活の中でテクノロジーの役割が拡大していることは、テクノロジーとの関係が変化していることを意味します。私たちも変えなければなりません。私たちは責任の全てを認識しなければなりません。技術者が責任を感じるだけでは不十分です。テクノロジーが人々に役立つことを確認する必要があり、中立であることは十分ではありません。 テクノロジーは、それらを使用する手だけでなく、それらを作る心によって形成されます。それは良いアイデアを持っているだけでは不十分です。私たちは悪いことを判断する必要があります。 テクノロジーが社会よりも速く変化するためには難しいことでしょう。私が大学にいたとき、誰も携帯電話を持っていませんでした。現在では、地球上の人々よりも携帯電話の数が増えています。 携帯電話の誕生は人類史上、最も目覚しい瞬間の一つです。あなたたちはこの時代を生きるだけでなく、さらに発達させようと試みるでしょう。地球上の多くの人が、世界を変える技術開発に取り組むでしょう。

「何ができるか」「何をすべきか?」を問うべし

あなたたちは世界の国々とつながり、新しい仕事を創造し、古い仕事を終わらせる。そして、マシンに新しい知能を与え、私たちが考えていない方法でコミュニケーションの手段を与えます。 トレンドは起こるだけではなく、人々の選択の結果です。私たちは無関心のクリエイターではなく、気遣う義務があります。さまざまな選択肢に迷っても、私たちが作ったモノ、仲間、自分自身、価値観自体に責任を負う必要があります。 youtu.be-8w1d1TWxwec (2) (1) あなたが会社、スタートアップ、NGOなどの組織に加わることを考えているなら、「何ができるか」と自身に尋ねると、より創造的になることを示しています。そして「何をすべきか?」と尋ねると、より倫理的になります。両方を問いかけましょう。 正しい行いをすることを決して避けてはいけない。テクノロジーが社会の適切な価値を反映していることを確認するためには、意識を込めて構築しなければなりません。より多くの人が、異なる声や意見を持ち、同じチームにいることが最善の方法です。それが多様性の価値になります。 多様性の価値については、まだまだ懐疑的な意見があります。異議を唱える人たちは、多様性を私たちが気分を良くするためにするものとして却下します。彼らは間違っている。私たちが信念を持っていなければ、平等と民主主義のためのテクノロジーを作ることはできません。 より多様な背景を持つ人々が、これまで以上にテクノロジーに取り組みました。そして、ここMITから巣立っていきました。

多様性の欠如はどこから生まれるか

最新の技術でさえ、古い偏見を含んでいる可能性があります。多様性の欠如は、私たちが守らないものから生まれるのではないでしょうか。あなたたちのような人、私のような人、誰もが今日卒業し、そして母校をいつか訪れます。あなたがMITに住んでいた時代を思い出し、続けてください。 規律、性別、人種が違う人々と、これからもふれあうことになります。別の場所で育った人、異なる信念を持つ人、異なる崇拝をする人と話し合う。あなたたちがMITでやったように、彼らと話をし、耳を傾け、考えを聞いて、励まし合いましょう。 教育システムの改革に目を向けることも重要です。そうすれば誰もがコーディングを学ぶ機会を得ることができます。コードは現在、すべての学校で教える必要がある基本言語です。より多くの人々が選択できるようになっています。コードを学べる子どもがいる一方で、そうでない子どもは、社会に出るずっと前にハンディキャップを背負います。 テクノロジーの将来のリーダー、それはあなたです。間違ったことを正し、それが許されないことを肝に銘じるべきです。 テクノロジーは、社会が進歩するための強力な声の1つです。いつでも良いことができます。すべての人が賃金を稼げるように雇用者と政策立案者に提案する。仕事と家族のどちらかを選ぶことを強制されるべきではないんです。仕事と家庭の平等が成立しないため、すべての人たちが家族休暇を求めて戦います。悲劇が起こったとき、私たちはお互いのために私たちは、悲劇を打ちのめすときに、互いに仲良くしなければならないからです。 誰もが尊敬を集めて働く職場をつくる必要があります。私たちは、嫌がらせをやめ、加害者とイネイブラー(注:身近な人が悪癖や犯罪などに染まっていくのを黙認・放置している人)の両方に責任を問う必要があります。 偏見と受け取られる表現を含めて、人種差別と性差別を止めるべきです。私があなたがそれをインターネット上に出した瞬間から職場に影響を与えることを知ってほしい。

「#MeToo」が及ぼした影響

数ヶ月前、「LEAN IN」(注:サンドバーグ氏の活動団体)は「#MeToo」の動きが仕事にどのように影響しているかを調査しました。多くの勇敢な女性が告白し、偏見の証拠を見つけました。 男性管理職のほぼ半分は、今は部下の女性とミーティングをすることを不快と感じ、仕事でディナーをすることはさらに不快に思っているようです。男性が長い間抑圧されてきた結果であり、今や悪化する可能性があるように見えます。 彼らは間違っていることを知っています。あなたたちは、さまざまな個性を持つ人と働く方法を知っています。彼らに助言を与えてください。彼らに女性のための平等な権利を与える責任があること、そして女性とのディナーが不快だとすれば、男性だけでディナーをするべきではないことを伝えてください。 昔の職場で、チームの男性2人と私を全く違った扱いをした上司がいました。良い方法ではありません。彼は私に優しさと尊敬の念をもって話しましたが、私は怒りました。私は2人とともに手を取り抗議しました。 あなたたちは、チームの中でもっとも若者でも、あなたは力を持っています。それをうまく利用してください。2018年卒業ということは、あなたを定義するテクノロジーではありません。それはあくまであなたが属したチームであり、人々があなたのスキルをどう生かすかが大事です。

人生の不確実な道を歩むために

最大の課題を解決するためにはテクノロジーが必要です。この権利を得なければなりません。私はテクノロジーを生み出す側で働くと思ったことはありませんでした。一緒に働くエンジニアたちははいつもポジティブです。人生の不確実な道を歩むには、我々はポジティブでなければなりません。 これまで人々がやっていないことをしようと思っている人たちへ。何人たりともその挑戦を退けることはありません。MIT創始者は、ヒトゲノムの配列を明らかにし、エイズの治療の道を開きました。ハーバード対イエールのフットボールの試合中にMITのバルーンを打ち上げました。 データをもとに考えると楽観的になれます。私たちの世界は、ともすると危険な方向にいっているイメージがあるかもしれませんが、重要なところで、私たちはずっと良くなっています。一世紀前、世界の平均寿命は20億人で35歳でした。今日は70億人、70歳です。 私が大学を卒業した当時は、3人に1人が極度の貧困で暮らしていました。現在では10人に1人です。まだ高すぎる数字ですが、人間の歴史上、寿命は現在も伸び続けています。これはケネディ大統領の言葉ですが、希望を持つ楽観主義者、幻想を持たない楽観主義者は増え続けています。 人生をより良くし、間違いを防ぐ。多くの人に声と力を与えるテクノロジーを作るために、より多様性が実現できる社会を目指す。成功を願うことでこの夢は成就するでしょう。限られた人だけの恩恵を授けるのではなく、すべての人々のためになるのです。

未来はあなたたちの手にある

卒業生で、MITの総長だったデイビッド・ボルティモアが、ウイルスと細胞の遺伝物質に関する研究でノーベル賞を受賞しました。受賞前、彼は生物学者、弁護士、医師を集めて新しい遺伝子技術を議論しました。 彼らは、それが益よりも害を及ぼす可能性があると懸念していましたが、進歩のチャンスが大きいと結論づけました。そして倫理のガイドラインを作成し、研究を続けました。この決定は、技術者たちの基準となりました。 異なる視点を持つ人々の助言を得て、新技術のメリットとリスクを同時に深く見る。そのリスクを管理する。2018年の卒業生たち。あなたたちは今、地球上で最も先進的な場所から巣立ちます。 これから、あなたたちはすばらしいチャンスを得て、周りの要求するレベルも高くなります。あなたたちがここで学んだことを、社会が直面している課題解決に生かしましょう。あなたたちの影響力を利用して、テクノロジーが世界をよくすることを願っています。テクノロジーは、心の鼓動が必要なのです。私たちに喜びをもたらし、それと結びつくことが、なによりも重要なんです。 未来はあなたたちの手にあります。おめでとう!

  
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「何ができるか」「何をすべきか」を自身に問うべき シェリル・サンドバーグが若者たちに託した、人生の教訓

話題のログ

編集部のオススメ

人気ログランキング

TOPへ戻る