logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

岡山の町おこしのために、バングラディシュでカニを養殖? 不思議なビジネスに隠された意外な秘密

岡山の町おこしのために、バングラディシュでカニを養殖? 不思議なビジネスに隠された意外な秘密

西澤ロイの頑張らない英語。このラジオは、英語が上達しない原因を根本から治療するイングリッシュ・ドクターの西澤ロイ氏が、英語の効果的な上達法・学習ノウハウ、英語を使って活躍している方のインタビューなどを伝える番組です。今回は、玉野を元気にするぞ株式会社の吉本誠氏が取り組む、バングラデシュでの蟹の養殖業について聞きました。吉本氏は、世界でも最貧国の一つといわれるバングラデシュで、最下層の人々の暮らしを変えるために奮闘。その波乱万丈の体験談とは……。

シリーズ
西澤ロイの頑張らない英語
2015年11月13日のログ
スピーカー
イングリッシュドクター 西澤ロイ 氏
上村潤 氏
吉本誠 氏
参照動画
第45回:バングラデシュでカニ養殖&岡山地域活性ビジネス(吉本誠さん) - YouTube

ビジネススキームに社会貢献を組み込む

西澤ロイ氏(以下、ロイ) はい。あまり時間がないのですが、それ(バングラデシュでの蟹養殖)が玉野の地域活性にどう繋がるのでしょうか? 吉本誠氏(以下、吉本) もともと瀬戸内海にいたカニを復活させようと。それで、あさりとか、はまぐりとか、牡蠣なんかもそうなんですけど、実を言うと小さいやつを輸入しているんですよ。中国とかから。例えば、岡山県で10日、中国で8日。1日長いですよね、製作している時間が。そうすると岡山県産になるんです。例えば中国で5日間育ち、千葉県で6日間いましたよ、といったら千葉県になるんですよ。 ロイ あっ、そうなんですね。 吉本 これは豚とかも全部そうです。 ロイ うーん。 吉本 だから、けっこう、輸入しているんですよ。いろんなことを。みなさん言わないだけで。「ここはうちのアサリだよ」とかって言うんですけど、実を言うと一緒なんですよ。 ロイ 生まれも育ちもでなくても大丈夫なんですね。 吉本 稚ガニをバングラデシュから入れて、【16:21】なんかも使ってやっていこうと思うんですけども、玉野産のカニを作って、地域のブランドとして育てていこうということでやっております。バングラデシュと日本の両国の地域活性化を目標に、今スタートしたばかりなんですね。 ロイ だから、そのバングラデシュのためにもなり。もちろん環境のためにもなり、それが日本の地域のためにもなり、この吉本さんの姿が他の日本人の見本にもなるという、すごい良い循環がこれからどんどんいくんじゃないかなということを勝手に思っているんですけども、どんな思いでそういうことをやっていらっしゃるんでしょうか? 吉本 ああ、そうですね。基本的に頭悪いのであまり思いというか、ただ生きているだけではなくて、チャレンジすることが楽しくて仕方がないという感じですかね。思いとすれば目先のお金とかはとりあえず考えない。 ロイ はい。 吉本 みんなに喜んでもらえるためにはどうするかってことを考えて始めました。 ロイ はい。みんなに喜んでもらう。 吉本 そうですね。周りの人が、本当に携わってくれる人たちが幸せになるということを目指して、いろんなスキームを作ったり、行動したりしてきていますし、それはたぶん、今からも変わらないので、ぶれないでやっていく自信もありますし、ぶれちゃうとダメになるので。もう8年やっていますから。 ロイ すごいですよね。だから社会貢献というとCSRという言葉があって、だいたい大きな企業が、申し訳程度にやっていたりするんですけど。そうじゃなくて本業として、会社として存在することが、社会貢献なんだと。 吉本 そうです。本当にスキームに入れていますから。ビジネスのスキームに、そういうものを入れているので。これは成功すると、恐らくバングラデシュだけではなくて、アジア各国。アフリカもそうですし、本当に困っているところが、いろいろ助かるのではないかなという、1つのモデルになると信じて進めております。

どんどん世界に出ていくべし!

上村潤氏(以下、上村) はい。というわけで、吉本さんのお話、まだまだ聞いていたわけではありますが、そろそろお時間が近づいて参りました。 ロイ 「頑張らない英語」のコーナーなのに、今日はすごいがんばる話をお届けしてしまいました(笑)。 上村 こういう回も良いと思います(笑)。 ロイ はい(笑)。 上村 では、最後にリスナーの方々に吉本さんからメッセージをいただいてよろしいですか? 吉本 メッセージですか? 英語喋る人というのは日本の中でも沢山いらっしゃるし、やっぱりどんどん世界に出ていって、いろんなチャレンジをしていただきたいなと思います。 ロイ 吉本さんは、あまり喋れないですよね? 吉本 私は身振り手振りで(笑)。 上村 それでも、これだけ世界で活躍されていらっしゃるということでね。 ロイ 言語じゃないんですね。 上村 というわけで、本日は「玉野を元気にするぞ株式会社」吉本誠さんにお越しいただきました。どうもありがとうございました。 ロイ ありがとうございました。 吉本 ありがとうございました。 (一同拍手) 上村 というわけで本日も素敵なゲストをお迎えしてお送りしました、西澤ロイの「頑張らない英語」お届けしましたのはナビゲーターの上村潤と。 ロイ 西澤ロイでした。Thanks for a lot for listening. Sea you on November 21st.Bye bye. 上村 Bye bye.

  

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)profile copy

上達しない原因を治療する英語のお医者さん。
「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)がベストセラー。

西澤ロイ公式HP
YouTube公式チャンネル
ラジオ番組「めざせ!スキ度UP」(スキペディア)
Twitter

この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
岡山の町おこしのために、バングラディシュでカニを養殖? 不思議なビジネスに隠された意外な秘密

話題のログ

編集部のオススメ

人気ログランキング

TOPへ戻る