logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

Have a breakやWish you a Merry Christmasなど、数えられないのに「a」が付くのはどうして?

Have a breakやWish you a Merry Christmasなど、数えられないのに「a」が付くのはどうして?

西澤ロイの頑張らない英語。このラジオは、英語が上達しない原因を根本から治療するイングリッシュ・ドクターの西澤ロイ氏が、英語の効果的な上達法・学習ノウハウ、英語を使って活躍している方のインタビューなどを伝える番組です。TOEIC満点を獲得し、「頑張らない」をキーワードに英語勉強法をレクチャーするロイ氏が、リスナーからの疑問に答えます。今回は、中学生から寄せられた、英語にまつわる素朴な疑問に答えます。

シリーズ
西澤ロイの頑張らない英語
2016年10月28日のログ
スピーカー
イングリッシュドクター 西澤ロイ 氏
船川桃花 氏
拓海 氏
参照動画
第68回:tellとsayはどう違う?(中学生の質問にガチで回答Part2)

数えられないものに「a」が突いているのはなぜ?

西澤ロイ氏(以下、ロイ) 2問目行ってみましょう! 船川 はい。「不定冠詞の『a』は数えられるものに付けると教わりましたが、『Have a break.』休憩しよう、や『Wish you a Merry Christmas.』メリークリスマスなど、数えられないものにもついているようです。どうしてでしょうか? ロイ けっこう鋭い質問ですね。確かに本だったら「a book」「two books」みたいに数えるけど、じゃあ休憩は「a break」とは言うけど、「two breaks」とはあまり言わないわけで、確かに違うんですよ。だからそこを突いてきた鋭い質問です。 ちょっとイメージしてほしいのは、例えば「頭痛」。英語だとheadacheって言います。「I have a headache」みたいに言うんです。その時に「頭のあたりが痛い」のが「a headache」なわけですよね。それは「a」がついているんですけど、英語で「a」がつかない、数えない形というのは、例えば「water」っていう単語があります。 水って形がないわけです。形がないから、例えば「a cup of water」とか「a glass of water」、バケツに入れたら「a bucket of water」みたいにそのバケツを数えるわけです。そして水自体はどこで始まるかわからないしどこで終わるかもわからない。そういう漠然とした物だから数えないということなんです。 船川 なるほど。 ロイ それで言うと、頭痛はなんとなくこの辺が痛いってことがあるじゃないですか。どこから始まっているのか、たとえば腕は全然痛くないわけで、やっぱり頭のあたりが痛いわけです。あと、休憩の場合は「5分間の休憩」という場合はだいたいどのへんで始まってどのへんで終わるというのがあるじゃないですか。だから数えない形にしちゃうともっと漠然としてしまってよくわからなくなってしまうんですね。 だから、「a headache」と言ったり「take a break」みたいに一応「a」をつける。そうすることで……、なんとなく伝えたいことはわかるかな? 非常に言語化しづらいところなんだけど……。どうですかね、拓海くん? 拓海 疑問は少し解決されましたが、まだ少しむずかしいところはありますね……。 ロイ これはもうちょっといろんな例文で見ていったほうがいいかもしれない。 拓海 わかりました。

英語のニュアンスの違いを感じる

ロイ このへんでラジオの限界かなと思いつつ、でも1個例文を持ってきたんだけど、例えば「沈黙があった」という時に「There was a silence」って言うことができて、そうすると、休憩みたいに例えば5分とか10分だったりするじゃないですか。 「There was a silence」という場合は「シーン」という沈黙が少しあったという気がしませんか? でも、ここで「a」を付けずに「There was silence.」ということも出来るんですよ。そうすると、ちょっと感じで欲しいんですけど意味が変わってきます。 「There was a silence」だと、それまでみんなが喋ったりしていて、そこでちょっとの沈黙があったわけですよ。それが「There was a silence」。でも「There was silence」で「a」をつけない場合は「静寂があった」みたいな、全然意味が違ってきます。 船川 あー。確かに。 ロイ ちょっと感じられた? 船川 感じました。わかりました? 拓海 わかりました。 ロイ っていう違いが出てくるので、こういうことを感じることが大切です。これはもう子供の頃から感じられるんですよ。人間がそういう感覚をもともと持っているので、それを言葉で表現しているだけなんですよ。だから日本語に頼ってしまうのではなくて、ぜひ感じてください。 っていうのを僕はずっとお伝えしているんですよね。 船川 「感じる英語」ですね。 ロイ はい。『頑張らない英語』とか『頑張らない英文法』とか本の中で、感じてください。 船川 すばらしいですね。

「水“が”感じる」ってどういうこと?

ロイ はい。じゃあ3問目をお願いします。 船川 はい。「お風呂に入っている時に、『Water feels good.』と書いている英文がありました。人と違って水は感じることができないのに、なぜこのように表現するのですか?」。 ロイ 「Water feels good.」。桃ちゃんどうですか? 船川 うーん、確かにって思いますね。でも、水は自分の肌で感じることが出来るので、私はこれでも良いのかなって。 ロイ でも、主語は「Water」なんですよ。「水が感じる」となっています。 船川 あ、そっか。 ロイ そう考えると鋭い質問だなと思います。僕、これを聞いて日本語でも似てるなと思ったのは、例えばタオル。ふわふわのタオルを想像してください。そのタオルは手触りが良い・肌触りが良いって言うじゃないですか。でも、肌に触ってるのはタオルなんですよ。肌に触るから「肌触りが良い」って言っているから、タオルが主語なんですよ、ある意味。 船川 たしかに。 ロイ ということは、日本語でもおんなじことやってるんじゃね? っていうのが僕の見解なんですよね。 (一同笑) 船川 やってますね。なるほど、そういうことですか。 ロイ さあ、桃ちゃんは納得してくれましたけど、拓海くんはどうでしょうか?(笑)。 拓海 いやー、もう納得です。 船川 よかったー。 ロイ ありがとうございました。

  

西澤ロイ(イングリッシュ・ドクター)profile copy

上達しない原因を治療する英語のお医者さん。
「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)がベストセラー。

西澤ロイ公式HP
YouTube公式チャンネル
ラジオ番組「めざせ!スキ度UP」(スキペディア)
Twitter

この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
Have a breakやWish you a Merry Christmasなど、数えられないのに「a」が付くのはどうして?

話題のログ

編集部のオススメ

人気ログランキング

TOPへ戻る