logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

電磁気力の発展に尽くした男・ファラデーの偉大な功績

電磁気力の発展に尽くした男・ファラデーの偉大な功績

物理を学んだことがある方であれば、マイケル・ファラデーの名前はご存知でしょう。彼は1971年9月22日にイギリスの小さな村で生まれました。その後、彼はさまざまな本を読むなかで科学に魅せられ、貧しい出身ながら電磁気学の第一人者となり、後世に多大な影響を与えたのです。今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」では、マイケル・ファラデーの偉大な功績について解説します。

シリーズ
SciShow
2017年4月6日のログ
スピーカー
Michael Aranda(マイケル・アランダ) 氏
参照動画
How Michael Faraday Changed the World with a Magnet | Great Minds

ファラデーの電力と磁力の研究

マイケル・アランダ氏 ミュータントの敵が現れるずっと前に、最初のMaster of Magnetismがいました。彼は貧しい出身ながら電磁気学の最高位の1人となり、最高の実験科学者の1人となりました。彼の名前はマイケル・ファラデーと言い、1971年9月22日にニューイントン・バッツと呼ばれるイギリスの小さな村で生まれました。 gazou1 彼の父親は鍛冶屋で、成長して見習いになれる歳になると、製本の商売を学び始めました。それは少なくとも人類にとって最高の出来事の1つだったでしょう。なぜなら、そのおかげでファラデーは多くの本に触れることができたのです。彼は科学に魅せられ、その当時の最高の科学者たちの講義を受けるようになりました。 その1人が化学者ハンフリー・デービーで、1812年に初めてカリウムやナトリウムなどの素子を分離したことで有名です。 gazou2 ファラデーはデービーの講義でとった300ページに及ぶノートの束をレジュメとして、彼に送りました。デービーはとても感動し、秘書としてファラデーを雇うことにしました。 そして、ローヤル・ソサエティで化学アシスタントの仕事を与えました。これは科学者たちが研究をしたり、考えを交換する場所で、当時としてはかなり変わっていました。鍛冶屋の息子がローヤル・ソサエティで科学者と付き合うなんて、そうそうあることではありませんでしたが、それがファラデーにとって実験器具や資源を使う実験者としてのキャリアの始まりでした。 ファラデーは化学の実験行い、電磁気力の研究に多大な功績を残しました。電磁気力は化学の分野で自然界における4つの基本相互作用の1つとされています。 ファラデーはファラデーの電気分解の法則として知られるものを発見し、定量化しました。それは、回路を通る通電電流と電池を通して動く化学物質の塊を繋げるために、数学を用いるというものです。彼は多くの分離した、異なる化学化合物を発見しました。最も有名なのはベンゼンで、中に6つの炭素を持つ化合物であり、ガソリンの主要な成分です。 gazou3 しかしそれでも、彼は優れた化学者でした。 電力と磁力の研究は、私たちの宇宙に対する考え方を変えるものでした。物理学の授業を取ったことがあるなら、ファラデーの法則として知られる理論を学んだでしょう。どの物理学の授業でもそれに学ぶのには理由があるのです。 もし電力と磁力について理解したいなら、ファラデーの法則を知らなくてはなりません。これは電磁誘導という、ワイヤーの輪の周りで磁場を変えることによって、電流を生成することができる理論のことです。 gazou4 ファラデーは磁石とワイヤーの輪で実験しただけで、これを見つけたのです。電磁誘導は電気磁気が関連していることが分かる主要な理論の1つです。そしてその理論は回路や送電網などに使われている、さまざまな技術とともに、発電機やモーターの開発に繋がりました。つまり彼の理論は今の私たちが使うテクノロジーの基礎となっているのです。

ファラデーの名前にちなんだ道具

ファラデーが行ったことだと覚えておくのは簡単なことですね。これらのことは全て、彼の実験室で、彼自身が作った基本的な実験道具によるものでした。 ファラデーの名前にちなんだ道具もたくさん存在します。 gazou5 彼は多くのことを成し遂げましたからね。ファラデーディスクはシンプルな発電機で、磁界を通って金属のディスクを回すことによって電気を生み出せる道具です。 gazou6 またファラデーケージは、外部の電磁波から守るための道具です。 gazou7 金属箔を部屋中に並べた実験などを通して、ファラデーは導電性の枠組みがあれば、磁場を枠組みの外に留め、内側に影響を及ぼさないという方法で、電流を分配できると気づきました。 gazou8 最近では、外部干渉から全ての種類の繊細な電子を守るためにファラデーケージを使っています。また、システムの中にどのくらいの電荷を許容できるのかを監視する、ファラデーの測量単位も使われています。 ファラデーは健康状態が悪化する1840年代まで実験を続けました。そして1867年、75歳でこの世を去りました。色々な意味で、彼の人生と遺産は科学の発展の精神を体現しているものでした。彼は宇宙について何を学べるのかを知るために、自ら新しいことに挑戦するリスクを望んだのです。

  

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
電磁気力の発展に尽くした男・ファラデーの偉大な功績

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る