logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

「渋谷スクランブル交差点をホコ天に」キンコン西野が提案するハロウィンのトラブル対策

「渋谷スクランブル交差点をホコ天に」キンコン西野が提案するハロウィンのトラブル対策

キングコング西野亮廣氏と絵本作家のぶみ氏によるニコ生チャンネル「会議を見せるテレビ第16回」。今回は、昨年2015年のハロウィンのトラブルを受けて、渋谷県警がとるべき警戒態勢を提案しました。

シリーズ
キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみ > 会議を見せるテレビ第16回
2016年6月17日のログ
スピーカー
お笑い芸人 西野亮廣 氏 
絵本作家 のぶみ 氏
構成作家 山口トンボ 氏
参照動画
会議を見せるテレビ 第16回

ハロウィンの仮装はシルクハットに蝶ネクタイ

th_ninobu 西野亮廣氏(以下、西野) (『えんとつ町のプペル』に)ルビッチっていうキャラクターがいるんですけど、蝶ネクタイなんですよ。それで、これが子供が合法的に……。蝶ネクタイって調達するの、そんなに大変じゃないじゃないですか。 山口トンボ氏(以下、トンボ) そうですね。 絵本作家のぶみ氏(以下、のぶみ) あと、作れる。 西野 作れるし。(ハロウィンで)それを我が子にやりたいんじゃねーかなとは思ってるんですよ。 トンボ かわいいですもんね、子供の。 西野 シルクハットと蝶ネクタイ……ごめんなさい、今画像出そうと思って。 のぶみ それくらいできそうですよね。 西野 そんくらいだったら。 のぶみ そうすると、やる人は増えるかも。全身よりそっちのほうが。サスペンダーとか、「じゃあ、どこで買うの?」って一瞬迷うかもしれないけど、「これだったら作れるんじゃないの?」みたいな。 西野 これ(シルクハット)とこれ(蝶ネクタイ)だけで。ゴミ……どうでしょう? 去年は集めたゴミでオブジェ作るってところまでやったんですよ。 のぶみ やりましたね。 西野 そこまで。実はもういらんのかなとか思っちゃってるんですけど。 トンボ あー、なるほどね。 のぶみ うんうん。 西野 要は、ゴミを回収する場所はきちんとあるんですね。そこまで運ぶだけで、実はもう完結してるというか。「ゴミを拾う人」っていう。作るまでやっちゃうと、説明が多くなるのかなって。 トンボ まあまあ、確かにね。 のぶみ あー、そうかも。

テレビが撮りたいのは「子供がゴミを拾う姿」

西野 人に企画を説明するときとか、番組に行ったときに企画説明をするときに、やっぱり10秒15秒で終わったほうがいい感じがしていて。 のぶみ それより、なんか決めゼリフみたいなやつを、子供がポイって投げるときに、「ゴミやっつけてやったぜ!」みたいなことをひと言いわせるとか。 西野 あーー。 のぶみ とかやったら、テレビは追うでしょうね。なんかそういうことなのかな? どうなんでしょうね。これアイデアがあったら、ちょっと書いてほしいですね。 西野 集めたゴミをどうしたらいいか。あと僕、逆も考えてるんですよ。ここまでいくと、絵本ありきでそういう体験のゴミ拾いをやってましたけども。このゴミ拾いが根づけば根づくほど、最終的に絵本の宣伝になるわけじゃないですか。 だったら、もう絵本のなかに渋谷っぽい要素を入れちゃうという、大元をこっちに寄せるという。 トンボ なるほどなるほど、寄せるという。 西野 そっちも考えてるんですよね。 のぶみ それもいいかもしれないですね。 西野 (コメントにて)「自家発電」「車を作る」「ゴミ処理場」ゴミ処理ってどうなんかなあ。 のぶみ 僕がテレビ局の人だったら、子供がコスプレして、シルクハットと蝶ネクタイつけて、ゴミを拾ってるところを撮りたいですね。 西野 そこがピークですよね。 トンボ まあまあ、そうですね。 のぶみ 「これ、なんでやってるの?」って聞いたら、「いや、ゴミがいっぱいになっちゃったから」っていうのが撮りたいですよね。 西野 はいはいはい。 のぶみ 正直ね。 西野 そこがピークですよね。そっからカメラをずっと追って、夕方に作るところまで。なんか2段階やってる気がするんですよね。 トンボ そうですね。 のぶみ そんで蝶ネクタイとシルクハットの子がやたら多かったら、「これ何なんだろう?」って、たぶん西野さんが言わなくてもなりますよね。 西野 なるほど。 のぶみ 言わないほうがいいっていう手もあるかもしれないくらいだよね(笑)。先に「なんでなんだろう?」ってなるかもしれないですよね。 西野 はいはいはい。蝶ネクタイとシルクハットをスタンダードにするっていう。 のぶみ これを始めたのは西野さんだからっていうことにはなるかもしれないよね。なるほどねー。これはきっと、いろんな言い方がありますね。 西野 そうですね。

『めちゃイケ』のひな壇温泉

トンボ (コメントで)「ひな壇を作る」という。 西野 僕が出やすい形のひな壇を(笑)。 トンボ すごいなんかおもしろかった。 のぶみ ひな壇作って、そこにも座るっていうね(笑)。今、『めちゃイケ』がひな壇で温泉作ってるじゃないですか。 トンボ あ、やってますね。 西野 何? ひな壇で温泉って何ですか? のぶみ ひな壇で温泉作ってるんですよ。『めちゃイケ』の、夏にやるじゃないですか。今年が「ひな壇で温泉を作る」っていうやつで。絶対西野さん、1回呼ばれるだろうな(笑)。 トンボ ひな壇温泉。 のぶみ 出るのかわからないけど。 西野 へぇー。 のぶみ ひな壇作ったらたぶん来るね(笑)。 西野 なるほど。 のぶみ 座ったらおもしろいけど。 トンボ いろいろありますよ。 西野 何? トンボ なんか。 のぶみ (コメントで)「ゴミをなにかのおみやげにするべきだよ」って。西野さんがよく言ってることですよね。 トンボ (コメントで)「ゴミ拾いにシルクハット、キツいですよ」って。 のぶみ でもね、シルクハットするじゃないですか。これ冬だと思ってください。今は夏だからあれだけど。 トンボ 落ちちゃうってことかな? のぶみ 子供ね、シルクハットすると絶対かわいいよ。 西野 かわいい。 のぶみ けっこう長めのやつででやってる子なんて見たことないじゃん。たぶんいけると思う。それは変えないほうがいい気がする。

ハロウィンの夜の危機管理

西野 ハロウィンの話をすると、絶対にこうしなきゃ本当にヤバいと思うんですけど、人すごいじゃないですか。 トンボ むちゃくちゃすごいですよ。 のぶみ いや、すごいですよ。 西野 あの夜も人すごくて、渋谷の交通整理を警察の人がやってますから。700〜800人ぐらい人を割いてるんですって。それで道路に横一列になって、「ピピピピピー、はい、車通ります」みたいな人員が300〜400人ぐらいいるんですって。あとの何人かで、ウロチョロウロチョロしてるんですけど。それで本当に思うのは、あの人のなかで、テロが起こったら終わりじゃないですか。 トンボ いや、ほんとそうですね。 西野 テロとは言わなくても、それこそ包丁を振り回すやつが1人でもいたら。 のぶみ いるかもなあ。 西野 それこそ酔っ払って。 トンボ ほんとそうですよね。 西野 終わりじゃないですか。 のぶみ 今ちょっとリアルな話ですよね。 トンボ 怖いですよ。 西野 俺「渋谷警察なにしてんの?」って思うんですよ。あんなもん、歩行者天国にしてしまって、車なんか……。正直僕、車運転する側だからわかるんですけど、そんなときにあんなところ通りたくないんですよ。 トンボ そうですね。 のぶみ 怖い怖い。 西野 だって混むし、進まへんし。 トンボ むちゃくちゃ渋滞になってますよね。

スクランブル交差点をホコ天にすべき

西野 あの日あんなところ通ってるのは、もうど田舎のやつですよ。その時期にここ行ったら大変なことなるっていうのがよくわからずに行っちゃって、「あ〜」ってなってるやつですよ。 都内で運転するやつは、あの時期、渋谷のスクランブル交差点なんか絶対に外す。 トンボ うんうんうん。 西野 絶対に外すんです。タクシー運転手さんは、絶対にそんなところ通らない。 のぶみ 絶対そうだよね。 西野 絶対迂回するんです。迂回したほうが早いから。あんなところ通ってもええこと1つもないんだから。ホコ天にしてしまって、全員5メートルとか10メートル間隔でお巡りさん立たしてないと。 のぶみ いや、もう絶対そうだと思います。それはほんとそう。 西野 あの日、ヤバいっすよね。 トンボ おっかないですよね。 西野 おっかないおっかない。あれ、なにしてんの。 のぶみ 秋葉原で事件あったもんね。 西野 そうそうそうそう。ああいうことになっちゃったら、もう無理ですよ。あの人ごみで。しかも、酔っ払ってて。 トンボ 怖いですね。 西野 怖い怖い。だから、もうほんとに5メートル間隔ぐらいでお巡りさんが立ってないと、あの日だけは大変なことになるんだけど。 のぶみ あの日とサッカーの日ですね。やらないとまずいって思うね。 トンボ 去年あたりから、ほんとにすごいですよね。 西野 すごいですよ。 のぶみ そうですね。 トンボ どんどん増えてますもんね。 西野 すごいすごいすごいすごいすごい。

昨年のハロウィンのトラブル

のぶみ やっぱあれやるときに、ちょっとヤンキー的なやつがノリで行くよね。 トンボ うーん。 西野 はいはいはい。 のぶみ むちゃくちゃやってやろうとか、花火打ってやろうとか、やっぱあるじゃないですか。だから、県警が立ってますもんね。(コメントで)「DJポリスのやつ」って書いてましたけど。 西野 はいはいはい。あれ危ないんじゃないかなあ。俺が渋谷警察のトップだったら、もう迷わずホコ天にして、車に割いてた何百人かの人員を全部パトロールに回すけどなあ。 のぶみ あとなんか、ゾンビのコスプレやるじゃないですか。 西野 はい。 のぶみ あれの血がついたって、ケンカになったんですよね。 西野 そういうトラブルも。 トンボ ありますよねえ。 のぶみ だから、バーッてつけるから、電車に乗ったらそれこそ最後。最終(電車)になったときに、スーツについちゃうじゃないですか。 西野 あーー。 のぶみ そしたら、「お前、なにやってんだよ!」ってなるよね。それはそうだよなあ。 トンボ ほんとにヤバいやつが武器とか持ってても、その日はわかりにくいっすもんね。 西野 わからへんよね。 のぶみ うーん。 西野 わからへんよね。あれ危ない。 トンボ コスプレだと思っちゃうもんなあ。 西野 なあ。

警察はなにかあってからじゃないと動かない

のぶみ それはもう警察でしょうね(笑)。西野警備隊が出るわけじゃないですよね。 西野 お巡りさん、なんかあってからじゃないと動かないと思うんですよ。 のぶみ そうですね。 西野 あの人たち、腰重いから。だからもう動かない。要は、渋谷のお巡りさんがその日に動かなかったら、渋谷警察が叩かれるぐらいの風潮に持っていっとかないと、動かないんじゃないかなあ。大丈夫かなあ……。むっちゃ心配なんですよね。 トンボ ちょっと不安ですね。 西野 不安やんね。危ないよね。大丈夫かなあ。 のぶみ そうなるだろうねえ。 トンボ ちょっと、そろそろ有料のほうに移りたいと思います。 のぶみ ありがとうございました。 西野 ありがとうございまーす。

  

キングコング西野亮廣と絵本作家のぶみ 会議を見せるテレビkaigi

仲間と呑み屋でしている、「次あんな事しようや!」という話をそのまま見せちゃおうという番組です。企画や仕事が出来上がっていく過程をそのまま放送します。旬な2人のライブ感を存分にお楽しみ下さい。

・公式チャンネル

×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
「渋谷スクランブル交差点をホコ天に」キンコン西野が提案するハロウィンのトラブル対策

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る