logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

YOSHIKI「そもそも音楽でお金を稼ぐべきなのか」アーティストの在り方について持論を展開

YOSHIKI「そもそも音楽でお金を稼ぐべきなのか」アーティストの在り方について持論を展開

楽天社長・三木谷浩史氏が代表理事を務める新経済連盟主催「新経済サミット2017」の中で行われたスペシャルセッションに、X JAPANのYOSHIKI氏が登壇しました。最終パートでは、自他共にX JAPANの大ファンであると認める小泉純一郎元首相がステージ脇から登場。それぞれのつながりとともに、YOSHIKI氏が音楽ビジネスへの考えや、これからのアーティストの在り方などを語りました。

シリーズ
新経済サミット2017 > スペシャルセッション YOSHIKI×三木谷浩史
2017年4月7日のログ
スピーカー
作曲家/プロデューサー/アントレプレナー YOSHIKI 氏
小泉純一郎 氏

【モデレーター】
楽天株式会社 代表取締役会長兼社長/新経済連盟 代表理事 三木谷浩史 氏


ステージ脇にいた小泉純一郎氏が急遽登壇

三木谷浩史氏(以下、三木谷) そろそろ、我々のスペシャルゲストを呼び込んだほうがいいかな。 YOSHIKI氏(以下、YOSHIKI) スペシャルゲストですか。この前、一緒に食事した。 三木谷 YOSHIKIさんのお友達の。 YOSHIKI いやいや、三木谷さん(笑)。 三木谷 私ですか。いや、お願いしますよ。 YOSHIKI 小泉さん、まだいらっしゃいますか? IMG_4459 (会場拍手) 三木谷 X JAPANの大ファン! 小泉純一郎氏(以下、小泉) いや、偶然だけど。今週の月曜日3日、六本木シネマ(TOHOシネマズ六本木ヒルズ)で『WE ARE X』を観たんだ。 IMG_4504 何気なく、新聞に広告が出ていた。そして、六本木シネマに電話したら、1日1回しかやってないと。もうじき終わるかもしれないと言ってて。夜21時からだって言うの。広告を見たのが3月30日くらい。これは! と思って。行ったよ! 21時から。 (会場笑) 21時からの会合、300人くらい入るのかな? YOSHIKI そうでしょうね。 小泉 100人くらいいるんだよ。一番後ろの席で観てみると。 YOSHIKI どうでした? 小泉 あの心の痛みというか、辛さね。お父さんを子どものころに亡くして、HIDEも亡くなって、TAIJIも亡くなって。この悲しみから『Forever Love』とか『Tears』が出てきたのかなと。すごくロマンティックなバラード。それが大好きなんです。 それからです。総理になるまではX JAPANのこと知らなかったですから。 (会場笑)

「初めて『Forever Love』を紅白で知り、聴き入った」

三木谷 立っててるのなんなんで、座っていただいて(笑)。 小泉 これ、すっごくおもしろい話なんだ。 YOSHIKI 自民党の……。 小泉 そう! よく覚えてる! YOSHIKI そうですよね。『Forever Love』を使っていただいて。 小泉 2001年7月の参議院選挙で、自民党のコマーシャルを作る。20秒くらいなんだけど、BGMを使いたいと、党の本部が持ってきたわけ。20秒ぐらい、そこ、X JAPANの『Forever Love』を使っていいか聞いてくれ、と。 (歌い始める)もう独りで歩けない~。 三木谷 もうちょっと大きい声でお願いします(笑)。 YOSHIKI カラオケへ行きましょうか(笑)。 小泉 歌が始まる前まで、20秒くらいバーン、バーンと。これが、ウケたんだよ! IMG_4548 (会場笑) 三木谷 それで圧勝したんですね。 小泉 それがご縁で、X JAPANを知るようになって。知ったのは、紅白歌合戦。子どもたちとトランプしてた。NHKをかけながら。そうしたら、『Forever Love』を歌い出したの。それまでは聴き流していたんだけど。 そこで、これいい曲だなと思って、非常に聴き入っちゃった。CDもちゃんと買った。あとで聞いたら、X JAPAN解散の後だったんだってね。 YOSHIKI そうです。X JAPANが当時、最後に歌った曲。 小泉 だからすごく心がこもってるんだよね! それ以来、X JAPANを好きになって。私の後援会の人たちはX JAPANと言ってもわからないんだ。新聞にも「小泉、X JAPANのファン」と書いてあるんだよ。 YOSHIKI アメリカのタイムマガジンにも出てましたね。 小泉 私の支援者のなかには「バツジャパンってなんだ?」と言っている人もいたよ。 (会場笑) 以来、寝る前にX JAPANのCDを聴いてる。バラードが大好きなんだ。

司会者「もうご自由に…」

YOSHIKI 以前、フィルムコンサートにも来ていただいて。 小泉 そう、あれもよかった。ピアノの素養があるから、ああいうロマンティックな哀切極まりない曲が書けるんだよね。そして『WE ARE X』、いいドラマですね。1時間40分くらいだったかな。 YOSHIKI そのくらいです。 三木谷 司会からの質問はもういいんですかね? YOSIHIKI 質問ですか? どうぞ、続けてくれれば。 (会場笑) 司会者 もうご自由にってことをスタッフさんから聞いてるんですけど(笑)。 小泉 今日は、講演だけの予定だったんだ。 三木谷 そうですね。 小泉 なにが偶然、幸いするかわからない。 三木谷 そうですね。 YOSHIKI この前、3人でご飯食べましたもんね、そういえば(笑)。

点を線にしていかなければ、意味がない

三木谷 僕は、YOSHIKIさんのような人は日本だけじゃなくて、世界にいないと思うんですよね。 小泉 いないね! 天才だとわかった。『WE ARE X』観て。話していると普通に見えるけど。あの映画見てから、とんでもない天才と知り合っちゃったなと思ったよ。 (会場笑) 小泉 天才じゃなきゃできないね。 YOSHIKI 天才も紙一重ですからね。なに自分で自分のこと堕としてんだろう(笑)。 (会場笑) 小泉 すごい能力の持ち主ですよ。 三木谷 間違いなく。 小泉 努力家でしょ。 司会者 すみません、お話の途中ですが、もう1問よろしいでしょうか? YOSHIKIさん、次に見据えているもの、次なるチャレンジはどういったところにあるんでしょうか? YOSHIKI 失敗って自分で認めるまでは、失敗じゃないと思うんですね。どの時点で失敗と区切るかという。 アメリカのマディソンスクエアガーデンでやりましたし、カーネギーホールでもやりましたと言っても、それはただ、1回やっただけ。東京ドームでは、18回くらいやってるんですけど、点を線にしていかなければ、意味がないと思うんです。 マディソンスクエアガーデンでもまたやりたいですし。英語だと、「household name」と言いますけど、アメリカの中で僕が街中を歩いていても、まだ気付かれないですし。どこかで「WE ARE?」といったら、「X!」とやる人はいるかもしれないですけど(笑)。 日本の街中で「WE ARE?」とやったら、誰か「X!」って答えます。 三木谷 この会場の方は、みなさんやると思います(笑)。 YOSHIKI そのくらい認めてもらえるように。あと僕は、海外のアーティストとも交流、コラボレーションもしていますので。それはアメリカに限らず、ロシアもそうですし、アジアのアーティストもそうなんです。音楽を通じて、国際的に協力できればと、思っています。

「音楽でお金を稼がなきゃいけない」に執着しないのが一番いい

三木谷 昔はCDを出せば売れたけど、最近ではCDもだんだん売れなくなってきて、もっと経営者的な感覚というのがアーティストには必要な時代になってきてますよね。 IMG_4379 (1) 今でも活躍しているアーティストは、自分自身の持ってる資産をベースに、どうやって影響力を出していくかということともに、ツアーとかCDだけじゃなく、いかに、ビジネス的なこともやっていくかと考えていると思います。YOSHIKIさんもある意味、ベンチャー起業家ですもんね。 YOSHIKI 音楽家になろうと決めたとき、僕はお金を稼ごうとは思わなかったんです。 いろいろな職業があると思います。これに決めようというときに、必ずお金というものは絡んできますけど、とりあえず僕は音楽家になりたい、ミュージシャンになりたい、作曲家になりたいと思った。 そのとき「お金はどうするの?」と母親とかに聞かれますよね。「どうやってYOSHIKIは、生計は立てていくの?」と。 そのときは、どうでもいいと思ってしまったんです。おそらく、成功すればなにかついてくるんじゃないかという。もともと、その考えから始まっているので、あまりそこに執着はしなかったんです。お金というものに執着するのであれば、違う職業を選んでいたと思うんです。 なにが言いたいかというと、音楽の著作権ビジネスに関しては、まだ60年70年のものなんです。200年前というのは、モーツァルトとかベートーベンとか、スポンサーありきで成り立っていた。だから僕はこの時代に、音楽をやって、お金を稼ぐものなのか、そもそも稼ぐほうがいいのかということから、まずは考えたいです。 IMG_4578 稼ぐのであれば、その間口は広ければ広いほうがいい。配信になって、今ストリーミングになって、CDを買う人はほとんどいないんですけど、別にCDにいろいろな特典を付けて売らなくても、フリーにしちゃうという。僕がそういう発言をしちゃうと問題になるかもしれないですが、その分みんな、音楽が伝わるコンサートに来ていただける。 コンサートでチケットを売るなり、もしくは、マーチャンダイズなどいろいろな方法があるので、まずは音楽でお金を稼がなきゃいけないということ自体に、執着しないことが一番だと思うんです。

「僕らがAIに勝てるのは“人の無謀さ”があるから」

逆に言うと、スポンサーがいないと、成り立たない職業かもしれないわけです。実際、100年前とかは、成り立たなかったので。著作権というビジネスが成立されて、CDが売れることでいきなり大金が入ってきた。それが普通に思われていますが、100年後はぜんぜん違うかもしれないですし。 ただやはり、商品を作るという感覚ではなくて、芸術を作っている感覚でいたいですね。 100年後、200年後に聴いてもらえる、そういうものを今、作らなきゃいけないと思う。100万円稼ぐ、1億円稼ぐじゃなくて、そっちのほうに、アーティストはシフトしていかないといけない。 この職業をなぜ選んだのかというと、年収1億、10億円あげたいんだったら、不動産屋になっていればよかったんじゃないかと考えてしまう。 音楽家を選んだということは、芸術を作ることに専念したいわけです。その上で、いろいろな可能性はあると思うので、柔軟に考えていきたいと思います。 三木谷 やり方が、昔とだいぶ変わってきてるじゃないですか。インターネットも出てきたし。 YOSHIKI そうです。ある種、そういう時代の変わり目というのは、とてもチャンスだと思うんです。クラウドファンディングとかが出てきている。これからの日本であれば、IoT、AIとかもある。 基本的に、作曲パターンはある程度決まっているので、ヒット曲のコード進行みたいなものってほとんど決まっています。データを打ち込んでしまえば、基本的にヒット曲はAIでできてしまうんです。 じゃあ、僕らはなんでAIに勝てるのかというと、やはり、人の無謀さとか、そういうものだと思うんです。計算不可能なものというか。それがある種の芸術なんじゃないかと、僕は思います。 司会者 ありがとうございました。残念ではありますが、時間の都合上、トークセッションはこれにて終了とさせていただきます。

  
×
×
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
YOSHIKI「そもそも音楽でお金を稼ぐべきなのか」アーティストの在り方について持論を展開

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る