logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

YOSHIKI「努力が波をつくる」世界三大聖地を制覇したX JAPANが貫き続けた信念

YOSHIKI「努力が波をつくる」世界三大聖地を制覇したX JAPANが貫き続けた信念

楽天社長・三木谷浩史氏が代表理事を務める新経済連盟主催「新経済サミット2017」の中で行われたスペシャルセッションに、X JAPANのYOSHIKI氏が登壇しました。先日、マディソン・スクエア・ガーデンとカーネギーホールに続き、ウェンブリー・アリーナ公演を成し遂げたX JAPAN。音楽の世界三大聖地と呼ばれる場所での公演を成功させたYOSHIKI氏が続けていた努力とはなにか。

シリーズ
新経済サミット2017 > スペシャルセッション YOSHIKI×三木谷浩史
2017年4月7日のログ
スピーカー
作曲家/プロデューサー/アントレプレナー YOSHIKI 氏
小泉純一郎 氏

【モデレーター】
楽天株式会社 代表取締役会長兼社長/新経済連盟 代表理事 三木谷浩史 氏


YOSHIKI氏による演奏が終わり、三木谷氏との対談スタート

YOSHIKI氏(以下、YOSHIKI) これから対談ということで、三木谷さん、どうぞこちらへ。 三木谷浩史氏(以下、三木谷) むっちゃ上がりにくい雰囲気なんですよね~。 YOSHIKI え、なんでですか!? 三木谷 むっちゃくちゃ上がりにくい雰囲気なんですけど。 YOSHIKI 上がりにくい? 三木谷 ステージに上がりにくい。 YOSHIKI そうですよね。あそこに段差があるので、気をつけてください。 三木谷 そういう意味じゃなくて(笑)。 YOSHIKI え、なになに(笑)。 三木谷 そういう意味じゃないんですよ(笑)。漫談やってるんじゃないんだから(笑)。 (会場笑) YOSHIKI あちらに座りますか。 司会者 YOSHIKIさん、素晴らしい演奏をありがとうございました。今一度、盛大な拍手をお送りください。 (会場拍手)

2人のつながりは楽天モバイルのCM

さっそくですが、YOSHIKIさんと三木谷さんといえば、現在放送されている楽天モバイルのCMが話題ですよね。せっかくなので、YOSHIKIさんがご出演されている楽天モバイルのCMを、ご覧いただきましょう。どうぞ。 (CM流れる) 三木谷 かっこよすぎない? (会場拍手) YOSHIKI これ、携帯のCMなんだか、僕のCMなんだかわかんなくなっちゃう(笑)。 三木谷 いいんです、それで。 YOSHIKI いいんですか(笑)。 三木谷 いいんです。でも、やっぱりかっこいいですよ。本当にありがとうございます。 YOSHIKI いえいえ。なんて返答していいかわからないですね、そういうときって(笑)。 IMG_3695 司会者 さぁ、そして、こちらのCMですが、先日公開された『WE ARE X』の映像が使用されていますので、そちらのトレーラーも合わせてご覧になってください。 三木谷 どんどんきますよ。 YOSHIKI どんどんきますね(笑)。 (会場笑) (トレーラー流れる) 司会者 YOSHIKIさんの生い立ちから、X JAPAN結成、海外進出、そして現在までを追ったドキュメンタリー映画です。ぜひご覧になってみてください。

「夢を叶えるため、ネガティブ要素をすべて削った」

それでは、トークセッションを進めていきたいと思います。私からYOSHIKIさんに質問させていただきますが、三木谷さんは、ご自身の経験を交えてコメントをいただければと思います。よろしくお願いいたします。 この映画、『WE ARE X』により、ご自身の半生やX JAPANを、改めて振り返ったかと思いますが、念願であった、ニューヨークのマディソンスクエアガーデンに立つに至るまで、どんなポイント、どんなチャンレンジ、どんな想いがあったのでしょうか? YOSHIKI デビューして約30年くらい経ちまして。僕、アメリカに移ってからは、ロサンゼルスに住んでいるんですが、20年以上経ってるんです。 もちろん子どものときから、「いつかは、武道館でやりたい」「東京ドームでやりたい」という夢が叶っていく中で、「アメリカ、ニューヨークのマディソンスクエアガーデンでやりたい」というのは、どこかであったんです。急にたどり着けるものでもないですけど。 ただ、夢は叶う。そういう経験がいつもあったので、自然にゴールにたどり着けると思ってたんです。 逆に言うと、ゴールを決めたら、なにがなんでもそこにたどり着くという感じで。なにかターニングポイントがあったわけじゃなくて、ひたすらそのゴールに向かっていただけなんです。気づいたらステージに立ってまして、さすがに感極まりましたね。 マディソンスクエアガーデンでやるために、「なんで僕はできないんだろう」というネガティブ要素をすべて削っていったんです。どうすればお客さんとコミュニケーションができるんだ? じゃあ英語を学ばなきゃいけない。 英語はできた。じゃあ次はなんだ? それくらい集客できるバンドにならなきゃいけない。それを1つずつクリアしていったら、ネガティブ要素がなくなったときに、普通にステージに立てたという感じですかね。 三木谷 努力がすごいよね。私も今、1年の半分くらいアメリカにいるんで、ときどきロサンゼルスでお会いさせてもらうんですけれども。英語も、1日5時間以上勉強してるんですよね。 YOSHIKI I’m still learning English. 三木谷 You still learning. We thought about doing it in English, right? YOSHIKI Right. 三木谷 最初、このセッションは英語でやろうって話してたんですけど、結局、日本語になりました(笑)。 (会場笑) 三木谷 全部言うとネタバレになっちゃうんですけれども。YOSHIKIさんとはすごく長い付き合いで、最初から天才だということはわかってたんですが、アメリカに行ってわかったのは、天才の裏には、この振り切ったアナーキーさと、凄まじい地道な努力がある。 IMG_4380 当然、ミュージックの面でもそうですし、それ以外の、英語の面においても尊敬しちゃいます。 YOSHIKI 恐縮です(笑)。

続けた努力が波になり、幸運になった

司会者 さて、90年代からチャレンジされているということなんですけれども、日本のアーティストが海外で活躍するその意義、そして、その難しさとはどういったところにあるんでしょうか? YOSHIKI 映画を見ていただくと、僕はとても不幸な人生を歩んだようにも思われるんですが、実はすごく幸福な面もあって。 不思議なもので、努力をしていると、波ができてくるというか。僕は、昔からよく、「波は乗るもんじゃない、波はつくるもの」だと言ってきたんですが、30年前、もし日本のアーティストが海外でチャレンジしようとしても、たぶん無理だったと思います。 僕らの映画の中で、20数年前に、アメリカのロックフェラーセンターで記者会見を行ったんです。そのときに、ものすごい記者の方たちが集まっていただいたんですけど、攻撃も受けたんですよ。「なんであなたたちが成功すると思ってるんだ?」みたいな。これすごいなと思って、いきなり洗礼を受けまして。 それから、何年も経ったわけですけど、だんだん日本のカルチャーが、日本食、アニメーション、そういうものがどんどん海外に広まっていって。クールジャパンという言葉もありますが、気づいたら、日本人であることがかっこよくなってきた。 音楽はまだこれからだと思うんですが、自然と日本のカルチャーの中における自分たちの立場が、アメリカでも認められるようになってきた。極端に言うと、あまり僕が努力してないところでも、そうなってきたというので、重ね合わせて、X JAPANというか、僕らも一緒に努力をし始めたというか。とても不思議なことが起こったという。 それはまだ加速していると思うので。30年前というのは、LAで日本食屋を探すのが苦労したのに、今は、日本食屋がない街がないくらい。 それはロサンゼルスに限らず、ロシアに行っても、どの国に行っても。僕は毎年、十数ヶ国をコンサートで回るんですが、日本食が避けられないくらい、広まっています。そうやって、状況が好転してきた。

チャンスは突然くる。だからいつも戦闘態勢でいなきゃいけない

三木谷さんもそういうのはありますか? 三木谷 そうですね。でもYOSHIKIさんの場合、音楽性もロックだけじゃなくて、クラシック、それから作曲も含めてやってますよね。世界を見渡してみてもいないんじゃないですか? ロックとクラシックを両方やっている方。 この前、カーネギーホールで、私が理事長をやっている東京フィルハーモニーも少しだけご協力させていただいたんですけど、すごかったですもんね。 YOSHIKI そうですね。今年の1月。三木谷さんが、東京フィルハーモニーの理事長をやられていて、その流れもあり、カーネギーホールで東京フィルと共演させていただいたんです。2日間ですね。あれは、僕も感極まりました! 僕はもともとクラシックピアノから始めて、父親を亡くしたときに、ドラムにいったんですけど。でもそれは、ドラムに転職したわけじゃなくて(笑)。そのままピアノも続けながらという。X JAPANでデビューしたときも、このマディソンスクエアでやったときも、いつかはカーネギーホールでやりたいなという、同じような夢をずっと抱いていた。 2014年に1度、クラシックピアノで世界ツアーを回っているんですが、当時アメリカのエージェントが、まだカーネギーホールから手は挙がらないって言われまして(笑)。いきなり挙がるわけがない、みたいな。 実績を作って、世界各地で……サンフランシスコもシンフォニーホールでやっていく中で、評判を聞きつけてくれまして。今回、カーネギーから手が挙がった。 スケジュール的には、ちょうどその2ヶ月後に、X JAPANのウェンブリーアリーナもあったので、そこに向かっている最中だったんです。このチャンスはなんとしても手にしなきゃいけないと思いまして。 そういうのって、突然くるじゃないですか。僕が思うのは、いつも戦闘態勢でいなきゃいけないんだなという。例えば、明日なにか来るかもしれない、そのときに、いつも準備ができてなきゃいけない。そんな状況の中で、カーネギーホールをやったんです。

コンサートを実現したため、紅白出演をノーリハーサルで挑む結果に

三木谷 素晴らしかったですよね。香港の話もすごかったけど。 YOSHIKI 三木谷さん、くわしいですね(笑)。 僕の話ばかりで恐縮なんですが、実は、去年の12月29日、香港公演がありまして、会場も6,000人規模の大きいところだったんです。19時から開演だったんですが、17時の時点では、プロモーターから、今日の公演はキャンセルですって言われたんですね。 お客さんはもう会場に集まってるわけですよ。ちょうど会場入りする寸前で「えっなにそれ!?」みたいなことになりまして(笑)。 次のドキュメンタリーがあったら、それもあると思うんです。僕、そのときに「カメラを楽屋に入れてくれ」と始まりまして。 いろいろと事情があったんですが。実は、2つのプロモーターがいまして、お互いに申請したと思ってたけど、お互いにしてなかったということで、キャンセルになったんです。やはり、ヨーロッパとか日本からもお客さんが来てまして。 それで、なんとかコンサートをやろうと。そうしたら、小屋は貸せないと。じゃあ、無料コンサートにしたら貸せるのかと言ったら、それも今から申請が必要だということで、1時間でできなかった。なんとかできないかずっと交渉したんですけど、やっぱりできなくて。じゃあ明日だったらできるのか? ギリギリまでやってみなきゃわからないということで。 急遽、明日、12月30日に無料コンサートを開きますと、僕がアナウンスをしました。それもギリギリまでできるかどうかわからなかったんですが、基本的に、全員、チケット持ってる人は招待に変えまして。 三木谷 すごいですよね。 YOSHIKI いや、でもあのときは、次の日、紅白が入ってたので(笑)。 三木谷 ノーリハで(笑)。 YOSHIKI そうですね。31日に日本に行きまして、とてもみなさんに迷惑をかけました。

  
×
×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
YOSHIKI「努力が波をつくる」世界三大聖地を制覇したX JAPANが貫き続けた信念

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る