logmi・ログミー

世界をログする書き起こしメディア

鎮痛剤は他人への共感も減らしてしまう?

鎮痛剤は他人への共感も減らしてしまう?

今回は、人気科学系チャンネル「SciShow」より、アセトアミノフェンという鎮痛剤の中に含まれる成分が、他人の痛みを感じる感覚を麻痺させる傾向があるという研究結果と、ハイパーループの推進システムのテストについてご紹介します。

シリーズ
SciShow
2016年5月20日のログ
スピーカー
Michael Aranda(マイケル・アランダ) 氏
参照動画
The Truth About Painkillers and Empathy, and a Hyperloop Test!

共感についての実験の結果

マイケル・アランダ氏 先日、アセトアミノフェンというタイレノールなどの鎮痛剤の中に含まれる成分が、他人の痛みを感じる感覚を麻痺させる傾向があるという研究が発表されました。それゆえ、最近「タイレノールはあなたの性格を変えてしまう!」などといった見出しがよく見られるようになりました。しかし、そのような大きな声明を発表するには少し早すぎるようです。 研究では確かにアセトアミノフェンが他人の痛みに対する共感を減らすことがわかっていますが、この研究は調査段階の初めての研究に過ぎず、サンプルの規模は限定されています。 研究者たちは「同情論の模擬実験」と呼ぶ理論を研究していました。その理論とは、私たちが他人に対して自分の精神状態を反映させることにより、人はどのように他人を理解するかというもので、とくに、私たちは自分の経験や感情に基づき、他人の言動を理解したり予期したりするというのです。 この理論によると、他人の痛みに同情するためには、自身の痛みを感じた経験をした時に使った知能過程を活性化させる必要があるのです。神経画像処理の研究によりこの研究は証拠の裏付けがされています。神経画像処理の研究では、人が痛みの経験をするとき活発化する脳の部位と、他人の痛みに同情するときに活発化する脳の部位が重なるということがわかっています。 IMG01 それで新たな研究の立案者は鎮痛剤が人の痛みを減らすだけではなく、他人の痛みを感じる同情心の能力も減らすのではないかと疑問に思ったのです。その研究結果によれば、そのようになったのです。 研究は2種類行われました。1つは80人の被験者、もう1つは114人の被験者に分かれ、彼らは異なる方法で他人の痛みを理解した後、その痛みをランク付けするようにと指示されました。例えば、他人が家族との死別などの痛みを伴う経験をした話を聞くといった方法です。 アセトアミノフェンを与えられた被験者は、偽薬を与えられた被験者よりも、それらの経験から感じる痛みの程度を少なく評価しました。この結果は、その模擬実験の理論を支持するように思えるかもしれませんが、科学者はアセトアミノフェンがどのように脳内の共感を減少させるのかを解明できてはいません。 このような発見がどうして大袈裟になってしまうのかは簡単に理解できます。なぜなら研究も指摘しているように、アメリカの成人の4分の1が、アセトアミノフェンを毎週のように摂取していて、他人の痛みを感じる能力に影響を与えているというからです。私たちの社会交流にどのような影響を与えているかわかりません。 しかし、これは1つの論文の主張に過ぎません。2つの実験に参加した約200人の被験者はみなが入門心理学専攻の大学生でした。ですからこの研究結果は、さらに大きな規模で、異なる人種を対象に再現される必要があり、実際どのようにアセトアミノフェンが共感する脳の部位に影響を与えるのかに関するさらなる研究が求められます。 明らかに言えることは、この研究結果が、タイレノールを飲めば性格がまったく変わってしまうという証拠にはならないということです。

未来の交通手段が変わる?

ほかのニュースをご紹介しましょう。私たちの交通手段が変わってしまうかもしれません。以前「Hyperloop One」と呼ばれる新会社が、フルサイズのテストトラックにて、ハイパーループの推進システムのテストに初めて成功しました。ハイパーループは、元はイーロン・マスクが構想したもので、いまだにほとんど概念的です。 もし成功すれば、私たちは、磁石式空中浮揚と真空管を利用した非常に速いスピードで移動できる、新しいタイプの交通手段が得られるのです。ハイパーループカプセルは磁石によって線路上を少しだけ浮かんでいるため、車輪による摩擦が生じません。そして真空管は風邪抵抗を大きく減少させることができます。 IMG03 それによりこの乗り物のスピードは時速1,100キロを越えることができ、サンフランシスコからロサンゼルスまでを35分で移動できるのです。この技術に関してたくさんの会社が働いていて、5月11日に、Hyperloop Oneはラスベガスのすぐ外でテスト走行をし、時速480キロまでスピードを出すことができました。 彼らは、野外推進テストというテストにより、この推進システムをテストしました。このテストではリニア電気モーターを使います。モーターの電磁気の力を使ってテスト車両を推進させるのです。しかしこのテストは完全とはいえません。なぜなら野外でのテストでは、本当のハイパーループチューブで得られる、部分的真空を検証できないからです。 IMG04 実際のハイパーループでは線路と同じ長さの幅のいくつかのモーターが必要で、彼らがさらに空気力学的カプセルをデザインすれば、更に速いスピードで車両を動かすことができるはずなのです。 ほかに設計しなければならないのは、なんでしょう? ブレーキです。テスト走行ではテスト車両を真っ直ぐ砂の山に向かって疾走させて停車させたのです。ですからこの試験がここまでうまくいったのはすごいことですが、私たちがハイパーループを乗り回すにはもうしばらくの時間が必要になりそうです。

  

SciShow

Hank Green(ハンク・グリーン)たちがサイエンスに関する話題をわかりやすく解説するYouTubeチャンネル。

・公式チャンネル

×
×
×
この話をシェアしよう!
シェア ツイート はてブ
鎮痛剤は他人への共感も減らしてしまう?

編集部のオススメ

無料で求人掲載できる!エン・ジャパンの採用支援ツール、engage(エンゲージ) PR

おすすめログ

人気ログランキング

TOPへ戻る