「日本人は卑屈すぎる」
DeNA小林氏・赤川氏が語る、日本が海外市場で勝てないワケ

IVSインタビュー #7/15

IVS 2013 Spring
に開催

海外市場においてこれまで日本人の長所とされてきた、プロダクトに対するディテールへのこだわりやホスピタリティ。それがいまの時代、むしろマイナスに働くことも多いという。ゲーム市場で日本を、世界をリードするDeNAの若き経営陣が、海外で戦う日本企業に喝を入れる。

司会:株式会社ディー・エヌ・エー 取締役 Chief Game Strategy Officerの小林賢治さん、株式会社ディー・エヌ・エー 執行役員 Chief Platform Strategy Officerの赤川隼一さんです。今回このIVSインタビューを見ておられるのは、若手の経営者の方々とか、あるいは将来起業したいなと思う若い学生さんとかだと思うんですけれども、そういう方に対するメッセージとかアドバイスを頂ければと思います。

小林:おそらくインターネットなり、Webなりっていうものに関心がある、あるいは既に関わっておられる方っていうのが多いと思うんですけれども、この業界で今世界に出てて僕はすごく感じる事があって、日本人って卑屈だなっていうことなんですね。例えばなんですけど、Amazonにしても、Googleにしても、Appleにしても、Twitterにしても、アメリカでボカーンと流行りましたと。「これ絶対世界でウケる」っていってそのまま持って来るんですよね。

日本でも、中国はないですけど、どこでも。事実流行るんです。ユニバーサルに流行らすんですよね。もちろん細かくは最適化した方が良かった点っていっぱいあるのかもしれないですけど、とにかく「俺の国でめちゃウケた」と、「これ世界中にそのまま伝えたろ」っていう。楽観的なのかもしれないけど、普遍主義をなんか持ってるんですよ。

それに対して日本人って、日本でバーンと当たると「いやこれ、こんなん島国のちょっとねぇ……日本人とはちょっとちゃうし、日本語やし……ウケるかどうか分かんないから、west向けはwest向けにしなきゃいけないんじゃないの?」みたいなのをまず最初に考えちゃうんですよ。メーカーでいうとものすごいSKUがばらけているとか、一個一個に全部最適に対応しようとして、本チャンがおぼつかないみたいな。

結構そういう戦い方しちゃう事が多くて、いきなりなんかちっちゃい局地戦を始めちゃうんですね。そんなんやるんだったら、米国のベンチャーがやる方が上なんすよ。日本人がやって「めちゃめちゃ日本でウケた」と「そのまま、ほなアメリカ人に伝えたろ」っていうぐらいの意気込みあってもいいんじゃないかと思って。

事実ドラゴンボールだって、ワンピースだって、ポケモンだって、マリオだって、別にはなから世界万国民にウケようと思ったかっていうと、僕はそうじゃないと思うんですね。

普通に「めっちゃおもろいもん日本で作ったろ」と思って、「じゃあちょっと海外も出すか」っていう。あとはディストリビューションとかビジネスの問題はあるとは思いますけども、まずもって自分が自信あるものをそのまま世界に出すぐらいの事は、もっとチャレンジしていいんじゃないかなと思って。それってwebがまさに流通の面とかでもすごくやりやすいわけだから、バンバン日本はやるべきだと思うんです。

僕はソーシャルゲームでDeNAが幸いにもグローバルで結果を出し始めた一つの大きな転機って、日本でめちゃめちゃうまくやった事を「海外でもそのまんまやったろやんけ」っていうのが、明確に戦略の規定にあるんですよ。なんか変におもねらなくていいよと、日本でバカウケしたものはそのまま示してやろうと、全部ダメだったらちょっとその後考えようっていうぐらいのつもりでやってて、それが幸いに結果出たので。

本当色んなサービス作られると思うんですけれども、なんか良く分からない人の事を想像するより、自分とか自分の周りの人が「これめっちゃ面白いな」っていうようなものを作って、それをもうじゃあ「そのまんま出したろうやんけ」っていうつもりで僕はやっていいんじゃないかと思いますね。はい。

:ありがとうございます。赤川さんいかがでしょうか。

赤川:そうですね。まず僕はこのモバイルインターネットのインダストリーってすごくいい産業だと思っていて、設備投資費がみたいな話になるとめんどくさいですけれども、やっぱり個人の才能とか力が本当に世界を変えられる環境にあって、それを日本のどっかの田舎だろうと、あるいはアフリカのどっかだろうと、どんどんより平等になっているという状況になってると思っているので、その中でチャレンジをしてる起業家の人たちってすごくリスペクトをしてます。

その上で、そうですね。小林が言ってた事と一部かぶるかもしれないんですけれども、僕もグローバルで仕事をしていく中で日本人が明確に勝てると思ってるポイントっていくつかあって、ディテールとか細かい所に対して気が利くとか、ホスピタリティとか、コミットメントの高さとか色々あると思ってるんですけども、逆に言うと裏表でそれらが弱みになるケースっていうのもあるんですよね。

小さくまとまっちゃうとか、細かい差分にこだわっちゃうとか。小さな勝利を目指してると、逆に言うと誰でもできる分、小さな勝利じゃ勝ち続けられない産業かなと思ってるので、まず大きく勝っていく所を一緒に目指して……一緒にっていうと変ですね。大きく勝ちましょうよという事ですね。

さっき中国の話をしましたけれども、中国のスタートアップの人たちですごく印象的なのは、彼らにしてみると、今彼らが勝ち取った成功ってチャイニーズドリームで、むちゃくちゃ大きなものだと思うんですけども、全然満足してないんですよね。むちゃくちゃギラギラしていて、「もっと大きくなる」「この産業俺らのほうが進んでるから、むしろアメリカも俺らが出て行くんだと。

今後はいわゆるコピーキャット的じゃなく、もっとイノベーションを中国が起こすんだみたいな熱を、物すごく当てた人たちっていうのがギラギラやってるんですよね。で、その熱量っていうのがもっと日本の起業家だったりスタートアップも……というか、僕はしたい。

DeNAはそういうつもりで世界で勝ちに行きたいと思ってるし、日本のスタートアップの人たちもちょっと成功すると、やっぱりすごくいい生活とかが待っていて、それを糧に頑張るっていうのもあると思うんですけど、やっぱりそれだけじゃねぇだろと。その先もっと大きくなった時にもっと面白さもあるし、逆に言うともっと大きくなるっていうつもりでやらないと、すぐ競合さんがバーンって来て潰されちゃうっていう世界だと。

改めてシンクビッグじゃないですけども、大きいものを目指して頑張って欲しいと、僕が言うのは僭越ですが、一緒にやっていきたいです。インターネット業界はそういう業界であって欲しいと、僕は日本のインターネット業界、起業家に対して思ってます。

Occurred on , Published at

IVS(Infinity Ventures Summit)

IT業界の一流企業の経営者や経営幹部が一同に会し、ディスカッションやスピーチが行なわれる豪華イベント。普段は見ることのできないクローズドな経営者同士の会話や経営裏話など、日本のIT業界の最先端情報がここに集まっています。
IVSは、主に経営者向けに行なわれる通常のイベントのほか、学生向けに行なわれるワークショップも年に数回開催されています。ログミーでは、公式メディアパートナーとしてその中の人気セッションを全文書き起こし、全部で400記事以上のコンテンツをご覧いただけます。

このログの連載記事

1 nanapi古川氏「自分の性格と合ってないサービスは難しい」 2 ライフネット岩瀬氏「社会を変える人間になるには、その場に身を置くこと」 - IVS 2013 Springインタビュー 3 優れた組織づくりに必要なものとは? 20社以上を束ねる、セプテーニグループ代表・佐藤光紀氏が語る 4 成功する起業家の特徴とは? 有名ベンチャーキャピタリスト・伊佐山元氏が語る法則 5 林信行氏「これからのITは、フィジカルでリアルな世界へ向かっていく」 6 松本龍祐氏が語る、ピッチイベント参加の意外な効能
7 「日本人は卑屈すぎる」 DeNA小林氏・赤川氏が語る、日本が海外市場で勝てないワケ
8 「お金も彼女も、すべてを捨てたときに工夫が生まれる」 クラウドワークス・吉田氏インタビュー 9 "シンプル"×"一点突破" LINE森川社長が語る、スマホ時代のプロダクトづくり 10 Yahoo!川邊氏「日本のローカルサービスにこだわってやっていきたい」 11 「痛い目に遭ってもらうのが一番早い」 CA藤田晋氏が語る、若手を伸ばす秘訣 12 「リーガル以上に、"正義"であること」 楽天・三木谷氏が語る、グローバルで勝つ方法 13 「400億円の損失を乗り越えられたのは、"灯台"があったから」 GMO熊谷会長インタビュー 14 「人生を最大限ベットすること」 新生mixi経営陣が語った、起業家のあり方 15 「ベンチャーと共に成長していきたい」 アマゾンウェブサービス・玉川氏インタビュー

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?