大企業の社員を期間限定でレンタルする制度

質問者:スタートアップと大企業というのが共存するような働き方というのは今後生まれてくるのか、どのように考えていますか?

今回の話でスタートアップと大企業が2項対立的に語られているような気がして、そこが統合されたような働き方というのは生まれてくるのだろうかと思いました。

つまり働き方として、会社に所属するとなると思うのですが、自分の余った時間をスタートアップで働くだったり、スタートアップで働く中で得た経験を、大企業の新規事業を使っていくとか。

そういったことが生まれてくるのか疑問に思ったのですが、どういったお考えをお持ちでしょうか。

佐々木紀彦氏(以下、佐々木紀彦):昔の企業の出向(しゅっこう)ってそういう点ありましたよね。丁度4月1日からレンタル社員制度というのを始めようと思っていて。

具体的にいうと、6カ月契約で大企業から期間限定で留学みたいな形で来てもらう。そういうイメージですかね?

そういうのって確かに私増えたら良いなって思っていて、大企業って待遇が良すぎるのでいきなり転職してくるのは怖いと思うんですよ。

けれどもその分給料は大企業が払わずに一部払うみたいな形で、サッカーじゃないですけどレンタル制度が広まれば良いんじゃないかなと思ってるんです。

大企業でくすぶってる人っていっぱいいるじゃないですか。でも家庭の事情とかローンの事情とかで転職できない人っていっぱいいると思うんですよね。

そういう人たちをうまくこっちに来させる制度があれば良いなと思ったんです。

転職が多い人は受け入れたくない

佐々木大輔氏(以下、佐々木大輔):おもしろいですね。他には?

青柳直樹氏(以下、青柳):結構働き方の方向はいろいろ認められていくのかなと思っています。ぼくらもKDDIさんとお互い出向で人のやり取りをしていて、非常に成果が出ています。

大企業をどうやって動かすか。僕らからすると「事業パートナー」なので、そういう意味では行って戻ってきた社員が同業とか市場育成みたいな所にいて活躍してくれる面もあるので、そこの流動性を高めていく取り組みは増えるのかなと思っています。

後はグリーも事業内容が多様化していく中でグループ会社経営のようになっていく部分があって、所によっては他の企業さんとジョイントベンチャーとか同業でやる。

というのが事業の中で出てきます。そういった機会は昔に比べて出てきていると思います。

ただ一つだけチャレンジは、スピード感とか、予算を決済して1年やろうっていう企業と違って毎回変動があるので、お互いにベースの理解がないと難しいと思います。

出向とかは良いんですけど、ポンポン転職する人って大企業側もスタートアップ側も、受け入れたくない感じだったりするのでそうならない様にはしたほうが良いと思います。

千葉功太郎氏(以下、千葉):最後付け加えで、1年の間で空いた時間を両方で活用できるっていうのは、それはさすがに無理かなと思います。

いわゆる兼務だと思いますが、普通に副業違反なので2つの会社を兼務するのは物理的には無理だろうと思うのと、あと皆さんもしかしたらナメてるかもしれないけど、どちらに所属しても忙しいです。

なので空いた時間なんて普通できません。空いた時間ができてる人は、多分仕事できない人だと思うんで、その時点で駄目ですね。普通に頑張ってれば時間なんて空く訳がないと思ったほうが良いです。

佐々木大輔:実際問題スタートアップの立ち上げの頃って、大企業で働いてて、力有り余ってる人に手伝ってもらうケースはあるにはあるんですけど。

僕たちの場合では、ちょっと事業計画を作りたいから、コンサル経験ある人に「手伝ってよ」ってやってもらう。ただ最終的にそのまま手伝ってもらいながら一緒に働いてよって言う。

青柳:これはfreeeという会社の採用手法についてです。

佐々木大輔:(笑)。ということはあります。では次の方どうぞ。

マーケティングの可能性は広がっていく

質問者:質問は、皆さんIT産業にいながら、そういった産業においてマーケティングを専門とする人の価値っていうのが今後どうなっていくと思われますか?

私は経営学部で、マーケティングを丸4年間勉強してきて、4日後からIT企業で社畜になるんですけど(笑)。

その中でこの産業ってプログラマーやデザイナーなど作れる人が一番強いみたいな傾向があるかなと思っていて。

一方で僕みたいな人がマーケティングを専門にしていこう、と自分の中で決めていたとしても「そういうのは専門職で、うちではない」とか言われてしまうケースもあるかなと思って。

今後IT産業がいろんな意味で成熟していく中で、必要な能力や職種が分化していくと思うんですけど、そこに果たしてマーケティングを専門にする人はどれだけ価値があるのかなっていうのと、もしそういう人が社内にいるならどういうふうに機能しているのか。

最近では文系でもプログラミングを勉強していると思いますが、そういった技術を身につけるべきなのか。

シリコンバレーで働いていた青柳さんの視点も踏まえてお答え頂ければと思います。

青柳:ようこそこちらの世界へ。ということで、まずすばらしい! これからマーケティングの可能性はすごく広がるのですごく良いベットだと思います。

とくにこの「Internet is eating world」というか、いままでデジタルの中で簡潔していたインターネットというものが、Uberとかがそうですけど実際ソリューションがあって、現実に走ってる車を利用するじゃないですか。

そういうことがこれから10年の間にどんどん増えて行きます。

それから、いわゆるマーケティングもデジタルマーケティングに限らずあらゆるマーケティングにユーザー接点、顧客リレーション、カスタマーエクスピリエンスを作っていくことが必要になってきます。

マーケティングをどこまでとらえるかにもよりますけど、僕らにとって親しみがあるITとそこと遠い世界をちゃんと繋げて「もっとITで世の中を便利にしていく」という所を実現していく中で仕事は増えるはずです。

それは当然エンジニアとかプロダクト作る人たちの仕事もだけど、マーケティングの仕事はもっともっと増えていくので、自分の中で何を強みにして未来を描くと良いかお考えになると良いと思います。

アメリカの事例でいくと、元々GoogleとかFacebook等から来た人たちがソーシャルゲームやアプリを経て今Uberみたいなスタートアップに転職するっていうパターンですね。

マーケティング職っていうのも一番Googleが多いんですよ。広告の会社ですから。シリコンバレーの中で僕が見てる中でも動きというのはあって、ちゃんと担保されています。

ただどうやって価値を上げるのかというと、エンジニアリング、プログラミングみたいな所にまでいくというのもあるのですが、最低限、マーケティングとデータは密接に繋がっているし、そこの所で経営判断と直結したマーケティングとか、お客様接点からお客様満足度ひいては企業価値になるんですけども。

そういった所まで考えられる人材になるかどうか。それが価値になると思います。

多分この4年間で学んだことっていうのは何かのベースでしかなくて、そこから自分がどう描いていくかに寄って変わっていくと思います。

非常に輝かしい未来が待っていると思うので頑張って下さい。

日本にはマーケティングのプロがいない

佐々木紀彦:マーケティングはこれからの仕事に一番有望な仕事の一つだと思います。去年出た本の中で、私のベスト3に入る本でタイラー・コーエンという人が書いた『大格差』という本があるんですけれども。

この人が強調しているこれからの大事な仕事って、経営(マネジメント)と、マーケティングと、あとよくステムって言われる、Science and Technology and Mathで、マーケティングがこの3つの中に入ってるんですよ。

私も特に日本でその傾向が強いのではないかと思っていて、二つ理由があるんですけど、一つ目はそもそもマーケティングのプロと呼ばれる人間が日本にはいない。

私もCMOの採用活動とかいろいろやってますけど、電通とかにいる人たちがマーケティングのプロかっていうとそうではないんですよ。

かといって一般の企業にいる人がマーケティングのプロかっていうとそうでもなくて……。日本ってマーケティングがプロフェッショナルとして成り立っていない国なので、大きい可能性がある。そして一方、IT業界ということでまだイメージが良くないというお話されてたじゃないですか。

どうやったらコンバージョンが上がるかとか数字を細かく見る人はいると思うんですよ。

ただ全体の会社のブランディングとか、数字を離れたブランディングまでできる人は本当に少ないなと思っていて。

それが必要だと思っているからアップルとかが、アパレルブランドの人をどんどん引き抜いてるじゃないですか。

それはもうテクノロジーだけでなくブランディングでしか差別化できなくなってるという認識があるからだと思います。だからマーケティングは本物のプロになれば一番有望な仕事だと思いますね。

右脳と左脳、両方が使えるマーケターは強い

千葉:ということでまとめると。僕言いたかったんですけど(笑)。データを見る力、あとクリエイティブ、この二つの能力を身につけたマーケターはすごい強い。うちでもすごい活躍している人たちなので。

数字とクリエイティブ、ブランドも含めてトータルで活躍できる、単純に右脳と左脳両方ですね。頑張って頂けると。そしてこの業界を盛り上げて下さい。

佐々木大輔:一つだけ付け加えると、僕がGoogleのマーケティングチームに当時Googleのマーケティングとして、Tシャツを作るチームとして社内から呼び出されたんですよ。

ほんとに社内のおまけというかノベルティみたいなものを作る。様はそのくらい需要が低いと社内では認識されてたのね。

それが今変わっていて、日本でもテレビCMをやったり積極的なマーケティング活動していて、当時と比べても一番人数の増えたのはマーケティングなんじゃないかと思います。それが過去7年くらいに起こったんです。

これ何の反省かっていうと、例えばGメールって昔、出した時に置いときゃ誰かつかってくれるよ、みたいな出し方で出したんですけど、すごく技術的にGメールが優位な時に上手く広められなかったんですね。

その結果、他のヤフーメールとかHotmailとか追いついちゃった。これってすごくもったいないんですよね。

テクノロジーの優位性がある期間って限られてるので、その間にどれだけ広められるか。それって、これからとっても重要になってくると思います。過去の反省からもきていることですね。では、次の質問。