教育を目指すベンチャーは非常に多い

池谷大吾氏(以下、池谷):皆さんこんにちは。お昼ご飯食べてお腹がいっぱいで眠いのは僕なんですけど(笑)、頑張っていきたいなと思います。

このセッションのモデレーターって、もともとは小林雅さんだったんですけど、無茶ぶりで僕になって。本当は僕ゲストだったんで、たくさんしゃべれるはずだったんですけど、その告知枠も失って……。その分一生懸命盛り上げていきたいなと思ってます。スマートエデュケーションの池谷です、よろしくお願いします。

(会場拍手)

池谷:そういうわけで弊社のことはお話しないんですけど、今日外に、スマートエデュケーションのブース出してるんで、知りたい方はぜひそちらで話聞いてもらえれば有能なスタッフがご案内します。

まず始めに、このセッションはエデュケーション、「教育」ということで、今皆さん学校で学ばれてると思うんですけども、実をいうとスタートアップ周りでは教育を目指すベンチャーさんて非常に多いと。ただ、あんまり成功してるとこ少ないんですよ。

その中でいうと、今回業界でも注目されているスタートアップの会社さんに来ていただいていますので、まずは各会社さんから、それぞれ簡単に会社の説明からしていただきたいなと思います。まずは、水野さんから。

水野雄介氏(以下、水野):よろしくお願いします、ライフイズテックの水野と申します。スライドを使ってやります。昨日もしゃべらせていただいたんですけど、今日からっていう方もいらっしゃるみたいなので。

池谷:皆さん、ちなみにライフイズテック知ってる人?

(会場挙手)

池谷:そりゃそうですよね。すごい認知度ですね。

物理の教師から起業家に

水野:すごいですね。僕らは中学生、高校生向けのITの教育をやってる会社でして。5分ぐらいでパパッと説明していきます。

会社自体は5年前に立ち上げまして。こんな感じで大学と連携したIT、たとえば最先端のiPhoneのアプリだったり、最近だとメディアアート、プロジェクションマッピングってあると思うんですけど、そういうコースとか。

あとはゲーム好きな子が多いんでゲームのコースとか、結構人気あるのはマインクラフトかね。あとはLINEのスタンプとか。「最先端のITを学んでみよう」みたいなところで、大学と連携をしながらやってます。

僕はもともと教師をやっていて物理を教えてました。皆が生徒だとしたら「等加速度運動は〜」みたいな感じで、ちょうど僕は慶応の理工学部に行っていたので、理工学部の大学院に行きながら、開成高校っていうところで週2回教えていて。

でも開成高校の子はすごい頭良くて、僕より全然頭いいんだけど……その話はいいや(笑)。まあ、やっていました、と。

だけど、「日本の教育もっと良くしたいな」と思ってですね。僕全然そのときITって、多分この中で一番できないくらいできなくて。まずFacebookやってない。Gmail持ってないし、インターネットといえばインターネットエクスプローラー、IEみたいな。IEがインターネットみたいな感じだったんだけど、すごい「やりたい」という子が多くて。

2010年当時なんだけど、みんなその能力を認められないというか、それを伸ばしてあげたいなと思って。やっぱり好きなものを伸ばしてあげたいなと、こういったITの教育を会社としてスタートしようということで始めました。

ディズニーランドよりも行きたい場所を目指す

水野:キャンプの感じを、昨日も見せたんですけど、ちょっとだけお見せします。

<映像開始>

これはたとえば慶應SFCでやってるときの様子で、大学生の皆が、中高生だいたい5~6人に1人ついて教えるっていう仕組みなので、ぜひ応募してもらえればと思うんだけど。

こんなふうに楽しげな感じで、夏休みは今年もかなり多くの子たちが来てくれます。各班ごとにiPhoneのコース、Androidのコースというように、今、全14コースあって。大学生は500人くらい所属しています。

Life is Tech! Leadersというのでやっています。こんな感じで結構楽しい。

僕の目標は中高生に「ディズニーランドよりもライフイズテックに行きたい」と言ってもらえるような、楽しくやってたら勝手に学べちゃってる、そんな場所を作ろうという思いでやってます。

<映像終了>

キャンプをやってて、今15大学参加して、14コース。

参加人数が延べ1万人くらいの子が来てくれているという感じで、少しずつ伸びているという形です。

中学2年生の起業家も出てきた

いろんな企業さんともコラボしてやらせていただいていて、起業する子が出てきたりとか。

この子すごくって、中2で起業して「プレゼンタイマー」っていうアプリ出して、10万ダウンロードされているんだけど、高校からアメリカの高校行っていて。昨日かな、アプリで女子の世界大会で準優勝したんだって。すごいよ。

こういうような子たちも出てきてたりとか……、あとは例えば「未到」。中1の一番初めに来てくれた子が、このあいだ中3で最年少の未到のスーパークリエイターになったりとか、少しずつそういった子たちも出てきて。

僕らは最初のきっかけを提供してという感じで、当然彼らの努力で、今出ていってます。

僕の目標は、20万人の子がデジタルなものづくりをしている世界を作ろうと。高校野球を僕はやってたんで、野球やってる子が今18万9000人って言われてるんだけど、坊主の子って結構多いじゃん? でも実際授業で教えていると、クラスにはやっぱり野球好きな子よりIT好きな子のほうが多いね。

だけどLINEやってるとか、パズドラやってるとかで、だからそうじゃなくて、「やってるだけじゃなくて作ろう」と。消費者から生産者に。「作れるってやっぱりかっこいいよね」と、そういう文化を作っていこうと、高校野球の仕組みを越えようというのを目標にやっています。

というわけで、そんな高校教師の水野です。今日はよろしくお願いします。

(会場拍手)

「てんや」で社長交代を告げられた

池谷:続いてLITALICO長谷川さんお願いします。ちなみにLITALICOさん知ってる方、いらっしゃいます?

(会場挙手)

池谷:やっぱり認知度高いですからね。

長谷川敦弥氏(以下、長谷川):結構いて良かったです(笑)。こんにちは、LITALICOの代表してます、長谷川と申します。今日、教育を中心にLITALICOの紹介もさせていただきたいと思ってるんですけど、僕自身ちょっと自己紹介すると、岐阜県の多治見市というところの出身です。

19歳くらいのときに、自分自身が「自分の命の全部を世界をよくしたり、日本をよくすることにぶつけたい」ということで、政治家なのか、起業家なのか、と。これからの時代でいったら起業家のほうが実際に社会を担っていく、より大きなインパクトを出していける存在になるんじゃないかと、起業家の道を選んでやって来ました。

2008年、僕の場合はLITALICOに新卒の社員として入社をしてるんですね。入社した当時がちょうど従業員が30人とかくらいで、入社して1年経って社長になったというのがすごいざっくりとした経緯です。

社長になったときが従業員100人くらいだったんですけど、社長交代を告げられる場面ってどんなだと思います? 僕、子供の頃からテレビ見て育ってたので、「社長お願い」って言われる場所は料亭だと思ってたんですね。料亭で日本酒飲みながら「頼む」と言われるんじゃないかと思ってたんですけど(笑)。

入社2年目の夏ぐらいに創業者の方から電話があって「敦弥君、大事な話があるから来てほしい」と呼ばれた場所、「てんや」って知ってますか? 1杯600円の天丼屋さんですね。彼は先にいて、その店で一番安い天丼がすでに注文されていて、そこで「社長代わってほしい」という話をされたと(笑)。

(会場笑)

LITALICO、おかげ様で今、従業員が1000人超えてくる規模になってきました。これ全世界的にいい流れがあって、やっぱり社会的な意義のあるところにもっと時間を使っていこうっていう若い人が非常に増えてます。

アメリカなんかでも就職人気ランキングトップ10を見ると、トップ10の中に3つくらいNPOが入っているんですね。アメリカだけじゃなくてヨーロッパとか、あとは日本においても震災をきっかけにだんだんいい流れができつつあって、今年間で3万人くらい、うちで働きたいっていう人の応募がある状況になってきてると。

やってる事業が、うちの場合は「社会課題をビジネスを通して解決する」。第1のビジョンに掲げてるのが、この「障害のない社会を作る」というもので、そのビジョンに向かってやっているんですけど、もともとうちは一番右の(スライドを指差し)障害者の就労支援から始まってる会社なんですね。

これまで特に精神疾患の方、いわゆるうつ病とか統合失調症の方、そういった方を1万人くらい就労支援してきてるんですね。なぜ僕らが教育に着目しだしたかっていうと、僕が思ったのは「精神疾患の方は、なぜそうなったんだろう?」と。

やっぱり1回うつ病になったり、統合失調症っていわゆる幻聴や幻覚が見える病気なんですけど、大変なんですね。なぜなったのかをきちんとリサーチしていくと、幼少期の頃からの失敗体験の積み重ねによって若年性で発症してるんじゃないかっていう方が多かったんですね。

あとやっぱり、精神疾患になってる人って個性的な人が多いんですよ。ちょっと変わった趣味を持ってるとか、コミュニケーションちょっと嫌いとかいう方が多かったんで、今の日本の中で個性が豊かな子供に対して合った教育がないんじゃないかと。何が彼らにとって障害かって言うと、彼らに合った教育がないっていうこと。その結果、精神疾患になってるんじゃなかろうかということで、教育をやりだしました。