絵を描いて運気が上がるのは「佳子さま」その逆は?

辛酸なめ子の「善行ビジネス講座」第2回 ゲスト平松昭子氏 #5/5

漫画家・コラムニストの辛酸なめ子氏が「ビジネスにおける運気の高め方」を紹介する「善行ビジネス講座」。第2回となる今回は、ゲストに平松昭子氏を迎え、自身のイラストレーターやファッションブロガーとしての仕事事情について語ります。「普段Webで見ることのできない写真」を元に語られる平松氏のエピソードや、辛酸氏ならではの切り口で迫る業界の裏側は必見です。本パートでは、参加者からの質問に対して、キャラクターのネタ元や資料のストック法など、エッセイや漫画、イラストの作り方を紹介します。「描くと運気が上がりそうな人物」として佳子様、「運気が下がりそうな人物」として小保方晴子氏を挙げるなど、ギリギリのフリートークが展開されました。(第2回辛酸なめ子の「善行ビジネス講座」より)

「影響を受けたのは蛭子さんの漫画」

辛酸なめ子氏(以下、辛酸):では、質疑応答というのがあるんですよね。なので、今までのお話を聞いていただいて、何かご質問がある方はいらっしゃいますでしょうか?

平松昭子氏(以下、平松):ないですか皆さん。どうぞ。

質問者:いろいろとお話を伺って、ありがとうございました。平松さんのイラストは雑誌や広告で見る機会が多くて、まだ平松さんを存じ上げる前からイラストだけは目にしていました。あるとやっぱりつい見ちゃって、もうひざを打って「すごい、そのとおり」っていつも思っていました。

ああいうイラストの内容には、たぶん平松さんが感じていることが反映されていると思うんですけれども、トピックスがいつもおもしろくて。

そういうトピックスは、描くときに「ああ、こういうことがあったな」「あれはこういうことだったな」っていうふうに思い出しているのか。それともおもしろいことがあったとき、「メモっちゃう」っていうふうにやっているのか、伺いたくて。

平松:雑誌のお仕事は読者さんの体験談ですとか、編集さんが考えられた企画物が多くて。そのお題を読んで、大体自分の経験と重なることが多いので。

OLさんとかはやったことないですけど、でもお勤めはちょっとしたことがありまして。アルバイトが長かったので。大体どの人にもなり切って描いちゃうんですね。そうしないと何か描けなくて。だからおもしろい絵を描くときは笑いながら描いてて、はって気づいたりとかはあります。

自分のエッセイも、常にオチはおもしろいほうが楽しいかなと思って。そこは自分で意識して楽しくなるようにしていて。影響を受けたのは蛭子さん(蛭子能収氏)の漫画で、あのスピード感と本当におもしろいっていうか、私の中ですごくいい笑いだなって。

人をあざ笑うんじゃなくて、スカッとする笑いを考えられる方だなって思って、とても影響を受けました。自分の中では、その蛭子さんの漫画を読んだときくらいのその感覚っていうのを覚えていて。そうなるまでに何回も描き直して、最初20年ぐらい前はものすごく時間がかかったんですけど、今はバーッて描けるようになりました。

女優のようにキャラになりきって描く

質問者:それは平松さんの中でいろいろな見聞きしたことがたまっていって、それがすぐぱっと出てくるようになったっていう感じなんですか?

平松:そうですね。20種類くらいいろんなバイトもしましたし、あと男の人もいろんな人とお付き合いしました。お友達も、1人のお友達と長くっていうよりは、いろんなお友達と風のように渡り歩いて、多分すごい適当な人だと思われているんですけど(笑)。長く続いている友達はいますけど、とにかくいろんな人と。ちょっと(人より)多いのかなって体験が。

あと体験しないとわからないというところが昔からあって、危ないこともどうしてもやってしまうし、最初お勤めしたデザイン事務所を「イラストレーターになりたい」って言って1年で辞めたときも、「そんな、なれるわけない」って言われて。

「でも、やってみなきゃわからない」って社長に言ったら、「やってみなきゃわからないのは、子供だけだ」って言われて。だから、ずーっと多分子供のまんまで、何でもやってみなきゃわからないって、いろんなことを未だに試して。

お稽古事もいろいろやりましたし。そこで年配の方と直接会って、バサッと旅行へ行ったりとか。下の若い子と遊んだり、そういったところでイラストにね、きっとこのキャラに入れるのかなって。だからどこかで女優さんに近いのかななんて思いました。

質問者:エンジの柄を描いて。

平松:エンジの柄、すてきですね。

質問者:ありがとうございます。

ヒントを得るのは人間観察よりも実体験

辛酸:(他に)いらっしゃいますでしょうか? じゃあ、いいですか。

質問者:平松さんのホームページなどを拝見して、ファッションにもこんなに明るい方で、すごいいろいろ自分で着てみたりとか、実際にご購入して、楽しんでいる方なんだと思って。

イラストとかも見ているときに「そうそう。こういう人、こういう服装している!」っていうふうに、すごいうなずくところがあったんですけど、やっぱりそういうのも人間観察じゃないですけれども、よく見ていらっしゃるんですか?

平松:そうですね。電車に乗ったり街に出たときも多分見ている。気づかないうちに見ていたりとか。でも、そんなじろじろ見ているほうではないので、どちらかというと自分がいろんな格好をしたいほうです。

息子が小さいときはやっぱりPTAの方たちと仲よくしたかったので、雑誌も「LEE」とか読んで、あとマーガレット・ハウエルの無漂白っぽい服を着てみたりとか、いろんな格好をしてきたことのほうが大きいのかなって。そうすると街を歩いていても、「過去の自分がいるな」とか、そういう感じで。

あと仕事柄、いろんな年代の方を描くことが多かったので、そういうときは調べたりして。そうやって仕事で調べたり、自分で体験したりそういう感じです。

付き合う年齢層とか、いろんな職業の人と仲良くなったりしたのも大きくてね。そうすると不思議な服着ているなとか、「どこで買ったんですか?」とか言って、覚えたりします。

漫画家の資料あるある「おやじファイル」とは?

質問者:いろんな人の顔を描くときに、何か参考というか資料みたいなのってあるんですか?

平松:インターネットがここまで普及していないときは、何か「おやじファイル」とか、「おばさんファイル」とかって。

質問者:そういうのがあるんですか?

平松:はい。雑誌を切り取っていっぱい顔を貼ったりとか。子供(ファイル)とかね、こういろいろ作って。なめ子さん、やりませんでした? 

辛酸:そうですね。私もちょっと前に、病院の冊子にインタビューしていただいたことがあって。何年もその病院の冊子が送られてきて、そこに本当に老若男女の顔が載っているんですよ。そういう顔とかを資料にするところがありましたね。

平松:やっぱり資料がないと描けないですよね。

辛酸:そうですね。一応頭の中だけだと、同じような顔になっちゃっていますよね。

平松:うん、なっちゃう。バリエーションがなくなっちゃうので、そうですね。ほかの方よりも、常にインプットを無意識でやっているのかも、そう思います。

あと、やっぱり服装とか、ファッションが好きなので、気になるほうだとは(思います)ね。おせっかいに、「ああいうの、着ればいいのに」とか思っちゃったりとかはあったり。

「おもてなし制服」もケイト・モスが着れば……

辛酸:じゃあ、関係ないですけど、その今度の「おもてなし」の衣装とかって。

平松:おもてなし? 

辛酸:今話題になっている、「オリンピックのおもてなしの制服がダサすぎる」とかいう。

平松:ああ、はい。今日イラストでちょうど描きました。

辛酸:そうなんですね。

平松:はい、日経のお仕事で。何かお帽子に赤い日の丸がついて。

辛酸:そうです。帽子に。

平松:すごすぎて、何かかわいいなって、私。

辛酸:そうですよね。逆に、何か。

平松:本当にびっくりしました。あれ、本当なんですよね?

辛酸:そうですよね。

平松:どなたがデザインなさったんですか?

辛酸:でも有名な、アレキサンダー・マックイーンのところで働いていた方がデザインしたみたいですよね。

平松:本当ですか?

辛酸:セントマーチンズを出た人で。

平松:じゃあやっぱり日本人が着るから、ダメなんだ。

辛酸:文字に合うように、いろいろデザインをしたのかもしれないです。

平松:何か違うね、ケイト・モスとかが着てくれたりね。

辛酸:そうですよね。

平松:どうなんでしょうね?

辛酸:そうか、もう写真の着ている人たちもみんな日本人でしたものね。

平松:うん。そんな感じです。

辛酸:ただ見るとかじゃなくて、ご自分の体験から出ているんだなって思って。

平松:そうですね。いっぱい失敗もしましたので。やっぱり体験もやらないとわからないので、着て、見て。そんな感じです。

辛酸:ありがとうございます。

平松:はい、ありがとうございます。

運気が上がりそうな作品モデルは「佳子様」

質問者:こんにちは。今日は楽しいお話をありがとうございました。お二方に、ぱっと思い浮かぶ方を挙げていただきたいんです。被写体として、「今この方を描いたら運気が上がりそうだな」っていう方がいたら、どなたか教えてください。

平松:運気が上がりそうな方。なめ子さん、どうぞ。

辛酸:佳子様ですね。

(会場笑)

平松:ああ、本当だ。

辛酸:はい。佳子様は本当に笑顔というか、口角が上がった顔もすごいきれいですし。

平松:そうですね。

辛酸:はい。目力からもすごいので、キャサリン妃よりも佳子様のほうが、かわいさとお美しさでは上なのかなと思います。

平松:運気が上がりそうな方。誰だろう?

辛酸:最近描いた中で、よかった方って。

平松:最近描いた方。じゃ、文春で林さんのエッセイで、やっぱりいろんな方が出ていらっしゃるので。

運気が下がりそうな人でも、イラストで助けてあげたい

辛酸:小保方さんとかって、でもすごい運気下がりませんでした? 

平松:ああ、何か下がりそうですよね。

(会場笑)

辛酸:下がりますよね。

平松:でも、かわいく描けたんですけど……。どちらかというと運気が下がりそうな方をかわいく描いて、こう助けてあげたいじゃないけど、人にあやかりたいっていう思いがどうしても。本当に男性関係もそうなんですけど。

辛酸:じゃあ、あげまん的な?

平松:でも、そこまで上げられないんですけどね。そういう感じで。

辛酸:そういう博愛精神で。

平松:博愛精神かな。はい、そうですね。

辛酸:私も小保方さんのモノマネじゃないけど、それに似た感じの写真を女性週刊誌の仕事で撮影したら、その日の夕方ぐらいから顔の右半分に吹き出物が40個できたんです。

(会場笑)

年末のぐらいのことですかね。もう本当に大変で。絶対これはスタップ細胞とか、いじっちゃいけないところに踏み込んだからと思って。結構あの辺、すごい闇が深いのかなと思いましたね。

平松:怖そうですね。私は、好きな俳優さんとかを描きますね。

質問者:はい、運気が上がる。

平松:好きな俳優。『007』のダニエル・クレイグが大好きなので。秋か何かにやりますよね? なので似顔絵を勝手に描いて、SNSに上げたりとか。中学生みたいなんですけど(笑)。

辛酸:そういう好きな人を描いているときは、多分いい、アルファー波とかが出てそうですし。

平松:きっとそんな気がします。

辛酸:ありがとうございました。

質問者:はい、ありがとうございました。

今日の格言は「休むと具合が悪くなる」

辛酸:じゃあ、今日のまとめですか。締めに、「このお話を通しての格言を」ということなんですが、すごいいっぱいありすぎて。例えば「女優のようになり切って描く」とか、あと「人の3倍働く」とか。

いろいろといい言葉をいただきましたが、今日の格言は、「休むと具合が悪くなる」。

(会場笑)

平松:はい、本当にそのとおりです。

辛酸:私もそう思って、これからも頑張ろうと思いました。本当に、今日はありがとうございました。

平松:ありがとうございました。

(会場拍手)

制作協力:VoXT

Occurred on , Published at

辛酸なめ子の「善行ビジネス講座」

辛酸なめ子の「善行ビジネス講座」に関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、辛酸なめ子の「善行ビジネス講座」に関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?