Wantedly・仲氏「節約しすぎてブレーカーが何度も落ちた」 創業初期のエピソードを振り返る

新進気鋭の起業家が創業ストーリーとこれからを語る #1/5

IVS 2014 Winter Workshop
に開催

注目の若手起業家3名―ウォンテッドリー・仲暁子氏、WHILL・杉江理氏、freee・佐々木氏が一堂に会し、学生時代や創業当時について語ったセッション。仲氏は電気の節約をしすぎてオフィスのブレーカーが何度も落ちたエピソードについて振り返りました。(IVS 2014 Winter Workshop より)

若い世代の起業家が集結

田中章雄氏(以下、田中):今日、田中章雄のほうでこのセッションをモデレートさせて頂きたいんですが。僕も朝のセッション最後のほうだけ見ていて。

さっきのセッションもモデレートして思ったのが、一番最初のセッションはですね、結構最近イケイケの会社とか上場した会社の人たちが、もうギラギラした目で「うちの会社に来てください」のアピール合戦だったんで。

「うちはもう世界でグローバルでナンバーワンの会社になるので今すぐ来るしかない!」みたいなそういう感じのセッションで。

次のセッションは結構人生経験のディープな熊谷さんとかの深い話だったので、たぶんちょっと距離感があったんじゃないかと思うので。

このセッションはなるべく等身大に戻して、学生さんと同じ目線で話せそうな若い世代の起業家の皆さんに集まって頂いたので、なるべくカジュアルなノリで行ければと思ってますので、よろしくお願いします(笑)。

今回は、ちょっと順番もこうなので、まずWantedlyの仲さんから、宿題でお願いしたスライドがありますのでちょっとそれを一緒に見ながら自己紹介も含めて始められればなと思うのですが。

今回3人にお願いしたのは、今の会社がわかる写真あるいはスライドを1枚。それから、学生の頃の写真を1枚。創業の頃の写真あるいは絵を1枚ということで3つ絵を持ってきてもらったので、ちょっとそれを見ながら自己紹介できればなと思うので。

まずトップランナー仲さんからお願いします。じゃあスライドの第1枚目お願いします。

仲暁子氏(以下、仲):こんにちは。

参加者一同:こんにちは。

:おお、元気がいいですね。温まってる感じがしますね。

田中:いや、今のは元気なかった。もう1回(笑)。

(会場笑)

:そうですか(笑)。じゃあもう1回いってみましょうか。こんにちは!

参加者一同:(元気に)こんにちは!

:おー、いいですね。若さを感じますね(笑)。「Wantedly」というサービスの代表……。

田中:ちょっと今の言い方、自分が若くないみたいなのやめましょう(笑)。

「シゴトでココロオドル」ビジネスSNS

:まあ一番(年齢が)近い部類に入ると思います(笑)。仲と申します。この中でWantedlyって聞いたことある人どれぐらいいますか?

(多くが手を挙げる)

:おお、ありがとうございます。

田中:これはさっきのコロプラのゲームやってた人より多いですね(笑)。

:本当ですか(笑)。ありがとうございます。じゃあ使ったことある方? 使ったことある方も半分ぐらいか6割ぐらいいらっしゃいますね。ありがとうございます。

田中:すごい。これはWantedlyのユーザー会ですか? 違いますか? 仕込みました?(笑)

:オフ会みたいな(笑)。オフ会になってるかもしれないですね(笑)。

Wantedlyなんですけど「シゴトでココロオドル」とか「働くをおもしろくする」っていうコンセプトでやっている、ビジネスSNSと言ってるんですが、いろんな会社に簡単に訪問できるサービスで、今月間40万人ぐらいが使っています。iOS、Androidアプリ、あとiPadとかがあります。

田中:その内50人くらいが今ここにいるということですね。

:そうですね(笑)。ユーザーの皆さんがお集まり頂いている状況ですね。はい、じゃあ次のスライドお願いします。

これは学生の時の写真で、この中で私は一番左にいるんですけど。2008年の3月ですね。京都大学の経済学部におりまして。学生のこととかもさくっと話したほうがいいですかね?

田中:はい。これ、でもなんかこれから起業しますっていう雰囲気じゃないですよね(笑)。

:普通に何事もなく卒業したって感じですね(笑)。本当はもっとおもしろい写真出そうかとか迷ったんですけど。1年生の時に、結構よく話してるのでご存知の方も多いかもしれないですけど、ミスコンが京大になかったのでミスコンを企画したりして、それが潰されたりとか(笑)。

あとは、フリーペーパー「ChotBetter」って言うんですけど、それを1年生の秋ぐらいに作ったりとか。2年生に入って起業ごっこみたいなことをしたりとか、まあいろいろ……。

田中:起業ごっこしてた仲間なんですか?

:全く違いますね。これは何事もなく、学部の仲間ですね。学部の同クラの友だちとか、経済学部の友だちです。

なのでハチャメチャしてた時の写真はこの中にはないんですけど(笑)。まあいろいろやってました。次のスライドお願いします。

電気代を節約しすぎてブレーカーが何度も落ちた

田中:これはなんか怪しいですね(笑)。

:暗くて何がなんだかって感じなんですけど(笑)。

田中:ニヤニヤして暗闇で男が3人(笑)。

:3人いるんですけど。

田中:メガネした男が(笑)。怪しい。これは何か警察に摘発された時の写真ですか?(笑)。

:警察に摘発される直前みたいな。いや、違ってですね(笑)。起業して、実は私のマンションが起業した最初の現場で、そこから間借りしていって。なので3つ目のオフィスにはなるんですけど。起業して1年足らずの段階ですね。

田中:何で皆ハイなんですかね?

:これ何でかって言いますと、代官山っていう街の、すごいボロボロの10畳ぐらいの小さいアパートの4階だったんですけど。エレベーターもなくて。うちのCOOが、その人も京大なんですけど、めっちゃケチで。

いいことなんですけど、スタートアップからすると。電気の基本使用量をミニマムに下げようみたいなことを言い出して(笑)。

(会場笑)

下げたんですよ。1000円安くなる、みたいな。月額。1000円安くなったんですけど、その代わり電子レンジとエアコン2つ回した瞬間にブレーカーが落ちるっていうのが多発し始めて(笑)。

なので暑い日と寒い日はこういう状態に1日4回ぐらいなる、みたいな。

それで、これは朝ブレーカーが落ちた瞬間を私が激写して。この左にいるのがCTOで、彼はゴールドマン(サックス)のVPとかやってた人間だったんですけどWantedlyに来てですね。奥にいるのも実は京大生で、数学科を卒業して今執行役員をやっています。

田中:この中に京大生は何人いるんですか? 創業時のメンバー。

:今社内は3人ですね。それで手前にいるのは元々Googleの検索の部分をやっていたエンジニアだったんですけど、彼のお父さんがちょっと偉くてですね。これをFacebookに投稿したら、転職してちょっとだったので、親から「大丈夫かお前の行った会社は」って言われたっていう(笑)。

田中:これ見たら心配しますよね(笑)。

:暗闇でニヤニヤ笑ってるっていう(笑)。という、創業初期の写真でした。

田中:じゃあ深い話はまた後で掘り下げて聞きたいと思いますので。ありがとうございます。

ということでみなさん、これでかなり創業への距離感というものが縮んだかとは思うんですが(笑)。続けて、これは杉江さんのスライドになるので、次のスライドお願いします。

「電動車いす」と言いたくなかった

杉江理氏(以下、杉江):はい。WHILLです。よろしくお願いします。僕らはですね、全ての人の移動を楽しくスマートにするっていうのをミッションにですね、次世代パーソナルモビリティを作っています。

田中:次世代パーソナルモビリティって何ですか?

杉江:ただ電動車いすって言いたくないだけなんですけど(笑)。

(会場笑)

田中:(笑)。ちなみにこの電動車いす知ってる人どれぐらいいますか?

(多くが手を挙げる)

田中:おお、すごい。

杉江:じゃあ買った人?

(会場笑)

田中:ちょっとコンバージョン悪いですね(笑)。

杉江:買ったほうがいいですよ。ハードウェアだけじゃなくて、ソフトウェアのほうも結構頑張っていまして。

それこそお世話している人がリモートコントロールできて、一緒に隣で散歩できたりとか。あとは、これからはGPSとか入れて見守り機能で「おばあちゃんどこにいるの」とか。「おばあちゃんずっとこの地点で止まってて動いてないんじゃ、これはヤバいぞ」というのがわかったりですね。そういうこともやっています。

田中:じゃあちょっと、学生時代の写真見せて下さい。

ボクシング部の副キャプテンだった

田中:なんか悪そうですね(笑)。

杉江:僕ボクシング部の副キャプテンだったんです。

田中:杉江さんどれ?

杉江:一番憂鬱そうな右下。

(会場笑)

杉江:写真嫌いなんですよね、僕あんまりね。

田中:ぎりぎり間に合ったと。これはもう創業のメンバーとは関係ないんですね?

杉江:全く関係ないですね。この中でもう連絡取れない奴もたくさんいますね。

田中:杉江さん以外皆格闘技の道に進んだんですか?

杉江:そうなんですよね。結構進みますね。

田中:これは立命館?

杉江:そうですね。立命館のリングで。原谷っていう、知ってますかね? 山があるんですけど。山の上にあるんですね。これ山の上なんですよ。ここには何があるかと言うと、立命館の重量挙げ部とボクシング部と相撲部があるんですよね。

(会場笑)

田中:なんかヤバい場所ですね(笑)。男が集まってるところ(笑)。

杉江:そう。男子が集まってて。こういう感じで僕は4年間ですね、4年の夏まで、引退するまでやってて。頑張ってました。

田中:じゃあ次の写真。

作業の音のせいで上下左右の住人が全員出て行った

田中:これは何ですかね? 麻薬のオーバードーズで倒れちゃってる人たちですか?(笑)

杉江:祭りの後ですね、これ完全に。僕も仲さんと被ってるんですけど、これも今のCTOの家ですね。家を勝手に使うということで。

田中:この散らかってるのは何で散らかってるんですか?

杉江:部品関係ですかね、主に。これとか、一番最初のプロトタイプのフレームなんですよね。WHILLのね。

田中:手作りの。

杉江:手作りですね。もう必死に溶接したりとか。これを皆で持ち運んで……。

田中:場所はこれはどこなんですか?

杉江:これは町田っていう東京のところなんですけどね。

田中:東京の郊外のほうで。

杉江:そうですね。郊外でやってて。ひたすら本当、音鳴らしまくった結果ですね、上下左右アパートの住人が全員出ていく、みたいな。そういう感じになって。

(会場笑)

田中:うるさいんですか、それは。

杉江:うるさいって言って。ただ大家は何にも怒らない、みたいな。そんな感じでやってたんですけどね。

田中:ありがとうございます。

【いま1記事目を読んでいます】 2.「キムタクのドラマで美容師ブームがきて…」freee・佐々木氏が語った、進路変更の意外な理由 3.「もうやめろ」と言われて本気になった–WHILL杉江氏が語る、ものづくりから起業家への転換点 4.「使えないくらいのお金、生きる目的を失った」 Google出身の起業家が語る、お金ではない仕事のやりがい 5.仕事は勉強やスポーツよりも成果が出やすい freee・佐々木氏が学生に語った新人時代のエピソードとは

Occurred on , Published at

IVS(Infinity Ventures Summit)

IVS(Infinity Ventures Summit)に関するログをまとめています。コミュニティをフォローすることで、IVS(Infinity Ventures Summit)に関する新着ログが公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?