企業文化をつくる4つのポイント

サム・アルトマン(以下、サム):今日は文化とチームの第2回目です。Pinterestの創業者、ベン・シルバーマン、そしてStripeの創業者のジョンとパトリック・コリソンをお迎えしています。

今日は主に3つのことをカバーします。前回のフォローアップとして、企業文化についてまずは触れます。そして今日のゲストのビジネスと初期のチームづくりについて詳しく聞いていきます。最後に、ビジネスが大きく成長するについてそれがどのように進化してきたか、どのように文化を浸透させているかを伺います。まずは皆さんが会社をつくるにあたり、最も大切にしている文化とは何かを聞いていきましょう。

ベン・シルバーマン(以下、ベン):文化についてはいくつかの側面から捉えています。まず第1に、どんなことに重きを置く人々を雇うか。第2に、毎日何をしてなぜそれをするのか? 第3には、どんなことを発信していくか、そして第4はどんなことに感謝するかです。

逆に言えば、どんなことに罰を与えるかとも言えますが、会社を経営していく上でどんなことに罰を与えるかよりも何に感謝するかにフォーカスしたほうが 良いですから。この4つが私達の大切にするポイントです。

最初に雇う10人の大切さ

ジョン・コリソン(以下、ジョン):Stripeが重きを置いているのは、内部の透明性です。素晴らしい人材を確保すること、彼らに膨大なレバレッジを与えること、とよく話されていますが、私達は透明性はそれと大いに関係してくるものと捉えています。

Stripe内部の足並みが揃い、皆が同じミッションを信じて行動し、情報がオープンで、現在のStripeがどうなっているのかを把握することが出来れば、生産性向上に繋がると信じています。そしてスタートアップを成長させる際に起きるトラブルをも回避できると。私達は最初2人で始めましたが今では170名以上の従業員がいます。

これまで透明性を維持するツールについて考え続けてきました。170名以上もいればそれだけ内部の情報が増える訳です。どのようにメールを使うかだとか……これについては後で詳しく触れます。しかし、このように色々努力した結果上手くいっていると考えます。

パトリック・コリソン(以下、パトリック):文化とはある意味、帯域幅の問題を解決する為の策だと考えます。今コードをつくっているものに取り掛かりきりになっている、しかしプロダクトに必要だと自分が考えるコードをすべて自分でやることが出来ない状況。

組織が大きくなっても、理想としては自分が組織のすべての決定に関わり、組織で起こることは全て把握することかもしれませんが、そんなことは不可能です。それが2人のメンバーであれば可能かもしれませんが、それが5人や10人になった時点で難しくなり、150人になったら不可能です。

文化とは皆さんが直接判断を下す決定事項が少なくなっていっても、不変的に維持されるものです。このように考えると、文化とは長期的に考えてとても大切なものです。例えば人を雇う時、最初の10人はただ「雇う」という決定以上の意味を持ちます。

最初の10人を雇うというのは、後に100人を雇うことと同じことです。この10人がそれぞれ新たな10人を仲間に迎え入れるのだというように考えます。そして最初の10人にどんな人を連れてきて欲しいかを。こう考えれば最初の10人、誰を雇うかが重要であるということはお分かりいただけたと思います。

文化とはガーデニングのようなもの

サム:これまでの講義のゲストスピーカー達も、最初の10人の雇い方を失敗すると会社は失敗するという話をしてくれました。しかし、雇い方についてはまだ誰も触れていないので、今日は皆さんにどんなポイントから、初期段階のチームに引き入れる人を選ぶか、どのようにしてその見極め方を学んだかお話を聞きたいと思います。

ベン:どんな会社にもその会社のやり方があると思います。私達のやり方はとても帰納的です。自分が一緒に働きたいと思う優秀な人を迎え入れます。文化については知識がなかったので、多くの関連書籍を読んで勉強しました。

どれもフレームワークについて触れていましたが、文化とは本来はガーデニングのようなものであるのに、建築のようなものだと勘違いされているのが大きな問題だと思います。

種を植えて、雑草を抜いて。世話をしてそれが成長していく。私達が最初に雇った人々は私達と似ている人達でした。具体的には、一生懸命仕事をする、正直で、奢らない人です。そしてクリエイティブで、色々なことに興味を持つ幅の広い人です。

最初に雇った人の何人かはとても変わった人達です。ある人々はエンジニアでありながらクレイジーな趣味を持っていました。ある人は自分でボードゲームをつくっていて、またある人は手品に夢中でした。

彼はiPhoneで手品をコードするだけではなく、手品の動画までつくっていました。一風変わっている人を選ぶことが正解だと学んだと思います。多くのことに興味を持ち、そしてその中の何かに夢中になったことがある人は素晴らしいプロダクトをつくる傾向があります。

彼らは彼らの趣味をプロダクトづくりに活かすのです。私達が欲しいのは、素晴らしいプロダクトをつくりたいと思っている人です。才能があることを鼻にかけるのではなく、リスクを恐れずに何か大きなことを成し遂げたいと考えている人です。そして初期段階において、そのような人々を選出するのは難しいことではありませんでした。

なぜなら、私達のオフィスの状態はひどかったですし、誰も給料を得ていなかったのですから、それでも一緒にやりたいという人はただ良いものを一緒につくりたいという情熱を持った人だけだったからです。他にもっと良い条件で働くチャンスがあったにも関わらず、純粋に良いものを一緒につくりたいという理由で一緒に始めてくれた人々に感謝しています。そしてこれが現在でも続く私達の文化の種になっていると思います。

人材は青田買いすべき

ジョン:最初の10人を雇うのはとても難しいです。始めたばかりで、誰も私達のことを知らないですし、成功するかもわからないおかしなアイディアを持ったおかしな2人と一緒に仕事をしたいと思う人はそういませんし。

パトリック:最初に私達と一緒にやろうとする人は友達から絶対にやめたほうがいい、と言われるのです。2番目に雇ったスタッフの親友達は、彼を雇った日か雇おうとしていた時かは忘れましたが、彼を呼び出し「絶対にやめたほうがいい」となぜ私達と一緒にやるべきではないか、なぜ私達と一緒にやることが彼の人生を狂わすことになるかを説得しようとしたそうです。

それでも彼は私達と一緒にやることを決め、その時引き留めようとした彼の友人は今ではStripeで働いています(笑)。しかし、初期段階で人を雇おうとする時はこのようなことが起こります。

ジョン:そして最初の10人を雇うのが難しいのは、後に10人雇う人に比べて最初の10人が持つ影響力が格段に大きいという理由も挙げられます。皆さんが思うイメージにはLinkedinを開いて、この人とこの人とこの人が良さそうだ、とプロフィールをクリックし、彼らとコンタクトをとり雇うということがあるかもしれませんが、私達は長い時間をかけて私達が既に知っている人々や彼らの友人と会って、話をして迎え入れました。

ものすごく大きなネットワークを持っていたわけではありません。パトリックも私も当時大学生でしたから、過去に一緒に仕事をしたことがある人を選ぶという選択肢はありませんでした。Stripe初期に雇った人々は、私達が優秀だと評判を聞いた人、友人の友人です。

彼ら皆に共通していたのは、まだキャリアの先駆けだったり、実力をまだ認められていない人々であったことです。既に素晴らしいキャリアを持っていて、実力が認められている人々はその職場でハッピーなわけですから、そのような人々は私達と新たに一緒に仕事をしようとは思いませんよね。

私達がデザイナーとして雇ったのは18歳の高校生で、当時スゥエーデン在住でした。私達のCTOは当時大学生でした。このように、多くの初期メンバーはまだ仕事を始めてまもない人々でした。今後一緒に成長していける、優秀な人々と一緒に始めました。

どんなミスも許さない完璧主義者を雇え

パトリック:ふさわしい人を見つけるのは投資家が投資先を探すことに似ています。市場が価値を置く素晴らしい人材を探すのです。既に発見されている人材を探すのではありません。既に才能を発揮して、世の中に認められている人が一緒にやりたいと言ってくれればそれは素晴らしいことです。

しかし、そのような人々を一緒にやろうと説得するのは難しいでしょう。昨日ジョンと一緒に、最初に雇った10人の人々に共通する点を振り返ってみました。

私達の場合の最初の10人のメンバーを振り返って、彼らと一緒にやることを決める重要なポイントとなったのは、彼らが誠実で正直だったことです。

これはとても大切です。誰もが一緒に働きたいと思う人々、皆から信頼される人々、そして物事に正直に取り組む人々。このような人々は一度始めたことを途中で投げ出すことはありません。たくさんのことをやりたいと思っていても、それを実行し完成させることが出来ない人が多くいます。

GitHubのレジュメを元に人を雇うという話もよくありますが、レジュメを見ただけではわからないことが沢山あると思います。それを見るよりも、何かに2年熱心に取り組んだことがある人と一緒に仕事をしたいと思います。

そしてもうひとつ最初の10人に共通するポイントは、細部まで完璧にこだわるということ。どんな小さなことでもミスを自分に許さない人々です。昔はすごくクレイジーなことをしていました。

エラーを告げるすべてのAPIリクエストが、私達全員にメールで届き、それを知らせる電話も鳴るようにしていました。エラーを起こすなど許されてはならないことだと考えていましたし、皆がすべてのメールを共有していてその中で少しでも誤字脱字があればそれを皆が指摘し合うというような状況でした。

これらは少しやり過ぎだったと今では思います。まとめると、10人に共通していたのは、誠実さ、物事を最後までやり遂げる、そして細部までしっかりとこだわり完璧を目指すということでした。