“虚栄の指標”とは?
『起業の科学』著者が語る、スタートアップが犯しがちな失敗

Co-Innovation Base 対談編!『起業の科学』著者に学ぶスタートアップ成功の秘訣とは? #2/4

2018年2月20日、ランドロイド・ギャラリーにて、初のトークイベントが開催されました。『起業の科学 スタートアップサイエンス』(日経BP社)の著者で、自らも起業の経験をされている田所氏をゲストに迎え、セブンドリーマーズCEOの阪根氏、地引氏を交えた3名のスタートアップ経営者が登壇。パネルディスカッション形式でイベントを行いました。本パートでは、田所氏のシリコンバレーでの起業の経験談や、地引氏のライブドア買収の舞台裏などが明かされます。

起業家の強みはモチベーション

田所雅之氏(以下、田所):シリコンバレーでやったスタートアップは、今思うと起業家としてやってはダメなことのトップ10を、たぶん10位まで全部やってたと思うんですよ。そもそも「今なんでシリコンバレー?」みたいなことになりましたし、一緒に創業した人選びもそもそも間違いでした。

取締役とか共同経営者は、ビジョンにはすごく共感している必要があるんですけど、スキルは補完関係である必要があると思います。株を割った人がエンジニアの人ではなくて、僕と同じビジネスの人でした。外部のCTOとか採用しました。そういうチーム構成だと、初期のスタートアップにとって重要な「チームとしての学習」ができなくなります。

先ほど事業転換(pivot)の話もありましたけど、外部の人がいたら、事業転換しにくくなります。また、やったとしても中途半端になってしまいます。直近のスタートアップも、僕が100パーセントコミットしていませんでした。起業家は120パーセントコミットする必要があります。この中に起業家の方もいらっしゃると思うんですけど、起業家はやっぱりこれと決めたら副業はダメかなと思うんですよね。

僕は2013年から、前のスタートアップをやったんですけど、2014年にシリコンバレーのVCに誘われてしまって、それが魅力だったんですね。毎日ピッチする側にいるけど、ピッチされる側に立ちたいという。片足はそっちに突っ込んでしまいました。

僕がVCを始めた時点で、IPOを目指すのは非常に難しくなったなと思いました。当時は年間200社くらいピッチされていました。VC2社がピッチして、また同じ日に別のスタートアップからVCにピッチされたこともありました。

僕はピッチしながら「さっきピッチしたスタートアップの方が、自分の事業よりも100倍いけてるな」と思いながらやっていたこともありました(笑)。スタートアップにとって大事なのは「やり切る」「120パーセントコミットする」というモチベーションかなと思います。

起業家の強みって、はっきり言ってモチベーションの高さしかないんですよ。そういう人と一緒にやる必要があります。僕は、起業家によって4つの要素が大事だと思っています。

起業家にとって大事な4つの要素とは

田所:1つ目がcan。できるかどうか、技術力があるかどうかですよね。もう1つがニーズ。セブンドリーマーズさんの場合だと、世の中に「服をたたむのが面倒くさい」という大きな潜在的なニーズがあります。もう1つがget paidですよね。ビジネスモデルとしてちゃんとマネタイズできるかどうか。あと、抜けがちなんですけどwantです。そもそも自分自身や自分のチームが本当にやりたいと思うかどうか。

自分と対話する内省的なプロセスが大事だと思っています。阪根さんもそうですが、優れた起業家の方は、お客さんとも話しますし、投資家ともやっぱり対話します。それにも増して、自分との対話もすごく上手い。自分の心の機微の言語化とかすごく上手いんですね。

僕がシリコンバレーに行った時には、スタートアップに憧れてスタートアップをやったので、そういった内省プロセスはなかったです。なぜそもそも自分がやる必然性があるのかとか。僕の場合は、ストーリーって呼んでるんですけど、そこを深掘りする必要があると思います。

課題に出会ったストーリーが大事です。ベンチャーはいいこともありますが、つらいことの方が99パーセントあります。それでも続けるというのは、自分自身が本当に解決したい課題にフォーカスするのがすごく大事だと思います。

阪根信一氏(以下、阪根):はい、ありがとうございます。モチベーションとストーリーということでした。もう少し具体的な苦かった経験を引き出したかったんですが、じゃあその辺を地引さん。実際に先ほどのような経緯で社長に任命されて、赤字から黒字にして東証マザーズまで持っていったのでしょうか。

たぶん並大抵の努力じゃなかったと思うんですけども、大企業からベンチャー、スタートアップの少し成長した会社の社長になって、その後の苦労について少し教えてください。

訴訟を起こし、お金を回収していった

地引剛史氏(以下、地引):そうですね。ちょっと話が長くなるんですけど、社長になる前から話したいです。買収した会社が訴訟を抱えていたんですね。いわゆるライブドア事件で、まず買収するのが大変だったんです。

買収するのに1年かかったんですけど、名だたる弁護士事務所同士が、買い手と売り手で直接やり合って、戦略ルームをそれぞれ設けて。それで4時間くらいバトルをするのを経験して、本当になんていうか痺れるような体験をしました。それが最初の買収のところでした。

買収は大変だったんですけど、買収した後もやっぱり訴訟を抱えてるので、いろいろあるんですよね。買収する時に、株券を発行する会社なのに株主にちゃんと渡ってないらしくて、「株主は本当にいるんだろうか」みたいなことを(調べたり)。

ライブドア事件に出てくるような人たちが株主名簿に名前を連ねてるんですけど、そこの人が本当に(株を)持ってるのかを、中国に探偵を送って確かめさせに行ったっていう。

それで、クロージングの日が株主総会になってるんで、その日の朝までに全部やらなきゃいけないんですけど、そういう情報が最後まで入ってこなくって。徹夜して「本当にこれできるのかな」みたいに朝まで待ってるような。そんなことをやって、買収がすごい強烈だったのが、最初に大変だったところです。

その後に買収してみたら、売りが立ってるんだけど取りっぱぐれてるみたいな案件がいっぱいあったんですね。なので、まず最初にやったことは訴訟です(笑)。少額ではありますが、訴訟をいくつか起こしました。それで取り損ねてるお金を回収して、すごい生々しいことをやって。やっぱり会社って、登記簿にそういう歴史とかどんどん載ってきちゃうんで、ある意味で傷がついちゃってるんですよね。

その時に原体験として、会社を買う時にはちゃんときれいな会社を買わなきゃいけないし、会社を汚しちゃいけないなと思いました。その後、事業を見てみるとけっこう痛みまくってまして。もうしょうがないので、そういうリストラクチャリングの常套手段で、不採算で成長性の見込めない事業をどんどん切っていったんですね。

そうしたら、ほとんどの事業が不採算で成長性もないので、事業クロージングしようみたいなことをやってたら、売上が2割くらいになっちゃうというので、もう「何のために買収したんだろう」と。そういうことがあって、「なんでこんな会社買ったんだ」と上司に責められました。

この記事は無料会員登録で続きをお読み頂けます

既に会員登録がお済みの方はログインページからログインして下さい。

登録することで、本サービスにおける利用規約プライバシーポリシーに同意するものとします。

SNSで会員登録

Twitterで会員登録

Facebookで会員登録

メールアドレスで会員登録

パスワードは6文字以上の文字列である必要があります。

Co-innovation Base

Co-innovation Baseに関する記事をまとめています。コミュニティをフォローすることで、Co-innovation Baseに関する新着記事が公開された際に、通知を受け取ることができます。

スピーカーをフォロー

関連タグ

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーBizをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

人気スピーカー

人気コミュニティ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!
苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?