今までのロボット会社には、AIがほぼ無かった

孫正義氏(以下、孫氏):さて、これから具体的な産業に少し入っていきたいと思います。例えば、製造業。もともとの歴史で言うと、製造業には手で一生懸命作る「手工業」がありました。

現在は機械工業として人間が機械を操作しながらやっています。しかし、これからは自動工業ということで、同じ工業でも「マニュファクチュアリング」でも、「人間がコントロールしながら、人間が操作をして、一緒に機械を動かしながらやる」というのでもありません。コンピューター、AIがメカニクスのハードウェアのロボットに命令をし、AIが分析をし、AIがその工業を直接ドライブしていくという時代がやってくるということであります。

ソフトバンクはロボットの会社にもいろいろ投資しています。ソフトバンクについて、ロボットの会社としては、スタートしたばかりだと思っている人が多いと思います。世の中には、ロボットの専門の会社がすでにたくさんあるのに、なぜソフトバンクが今さらロボットに取り組むのか。

私に言わせれば、今までのロボットの会社は、AIがほぼまったくなかった。つまり、同じ携帯電話でも、スマホ前の携帯と、スマホ後の携帯では、まったく似て非なるものになった。

同じように、我々はAIを搭載したスマートロボットにしか興味がないということです。操り人形のように操られて動くというものではなく、自らがAIの力を持って、自動的に判断し、自動的に学習し、自動的に進化させていく。問題解決していく。そういうAIの力を使ったロボット、あるいは工業に我々は興味があります。

未来を否定し、過去を守りたがる日本

つまり、今までの工業は、人間がコントロールするから、人間が働く8時間に合わせて工場が動いていく。ツーシフトスリーシフトしたとしても、やはり人間がコストの高い部分の根本になっていたわけです。人間が操作するから、不良在庫が出たり、ジャストインタイムでやると言っても、なかなか難しいという問題があったわけです。

自動工業になると、AIロボットが人件費よりも安いコストで、24時間より正確に、より素早く、ミスのないかたちで、ストライキもない状態で、しかも在庫も最適化して、在庫のミスあるいはロスが出ないということが起きます。

さらに移動。モビリティです。先ほどから言っておりますように、AIで需要を事前に予測し、天気、曜日、イベントといったいろんな出来事のデータをもとに、人間あるいは物を運搬する。

今日本ではライドシェアが法律で禁止されている。こんなバカな国が今だにあるということが、僕には信じられない。しかも我が国がそんな状況だということが信じられなくて。わざわざ政府が、未来の、これからやってくる世界を、未来の進化を自分で止めている。そういう危機的な状況にあるということを、僕はあえて公の場で政府の人から睨まれることを覚悟で、今発言しておきます。過去を守りたい。未来を否定する。そんなバカな国の日本があるという、もう考えられない状況です。

ライドシェア世界トップ4がソフトバンクファミリーに

単に白タク対従来のタクシーという正義論ではなくて、未来を予測する。需要を予測することによって、より交通の混雑が減り、より事故が減り、より需要と供給がマッチングできるというようなことが、アメリカや中国や世界中のヨーロッパだとか、いろんな国々で現実に起きている。

このライドシェアの最先端をいっているDidiのJeanにそこのところを少しご説明いただきたいと思います。Didiだけでなく、Uber、そして東南アジアをやっているGrab。インドを中心にやっているOra。この世界トップの4会社が全部ソフトバンクグループのファミリーになったわけです。

彼らの取扱い金額……タクシーでいう運賃は倍々で伸びておりまして、この状況でいくと、今から3年後か4年後には、今日現在のAmazonの取扱高に並びます。

もちろんAmazonも、3年後4年後は、今日より大きくなっていると思いますが、今から3年後あるいは4年後には我々のライドシェアの4社が取扱い金額でAmazonの今日現在の規模に並ぶ。しかもAmazonよりも、大きな伸び率で伸びていて、Amazonよりも粗利率が高い。僕はこれからこれらの会社は、その存在感を一気に増していくと思います。

乗車回数では、去年1日当たり3,500万回を超えています。現在はもっと伸びていて、4,000万回をはるかに超えていると思います。この代表的な会社DidiのJeanに説明をいただきたいと思います、Jean。

(会場拍手)

全都市に共通する交通の課題

Jean Qing Liu氏:みなさんおはようございます。今日は参加できて非常に嬉しく思います。旧交を温めることができ、新しい友人に会うことができ、また孫さんの将来のインスピレーションに溢れた話を聞くことができました。

また、私もAIの未来は魅惑的だと思います。AIのもっとも楽しめるところは、人間にどれだけ役に立つかという点です。ですので、今日は私たちがAIを使って、どのようにこのライドのクオリティを上げているのか、どのように輸送を再定義しているのかについて、話したいと思います。

孫さんがおよそ140億年前の宇宙の話をしました。私は故郷である北京の美しい街の話をしたいと思います。300メールの高いところから見ると、非常に近代的な、東京のように美しい街であることがわかります。しかし、少しズームインすると、こんな感じになります。

これが、世界中の全都市の課題です。ニューヨークからサンパウロ、ジャカルタ。どこに行っても同じ問題があります。

ワンストップ交通プラットフォームとは

都市は巨大化し、都市の生活を楽しむ人が増えている中で、今の状態では、この伸びる需要に公共輸送インフラが対応できません。一方で、都市はこれ以上車を増やすこともできない。北京を例に取ると、3,000万人が住んでいて、600万台の車があります。でも、実際に駐車できる台数は300万台しかありません。

ですので、実際にナンバープレートで制限をしている都市が多いです。ビュイックやキャデラックといった美しい車を運転していても、シンガポールや上海などのような都市では、実は車よりもナンバープレートが高価だったりするんです。

これがジレンマであり、課題なんです。もっと快適で、便利で安全な運転ガイドを、誰もが使えるようにしたい。政府が何百万台分の駐車代、駐車スペースを用意するのではなく、もっと木や病院のスペースを確保したいと思っているはずです。

私たちはそういった問題を解決したいと思っています。AIの力を借りた交通プラットフォーム。これはワンストップ交通プラットフォームと言われています。