バイアストレーニングのゴールは何か

シェリー・コレル氏:ここにいる全員が、この点に関係する組織を運営しているわけではない、というのはわかっています。それではローリーに交代して、より実力主義的な社会に向かうために、これから個人に何ができるかという話をしていきます。

ロリ・ニシウラ・マッケンジー氏(以下、ロリ):ここまでの研究から、我々の社会には文化的な共通観念があることをおわかりいただけたと思います。それはプレゼンテーションの中で、熱意が下降するポイントだと言われることもあります。

私の仕事はその熱意を再び持ち上げることです。それでは一緒に見ていきましょう。みなさんには見えないものを見ていただこうと思います。それについて考える時、私はこのパズルを思い浮かべます。

おばあさんの顔に見える人はどのくらいいらっしゃいますか? では、若い女性の顔に見える人はどのくらいですか? 面白いですね。これをテクノロジー企業でやった時は、大体若い女性で手が挙がったんです。おばあさんの方はあまりいませんでした。

シリコンバレーには年齢バイアスのようなものがあるのかもしれませんね。興味深いのは、この両方の顔を見るには少し時間がかかるということです。

これを見たことがなかった青年は、1分ぐらいかかりました。年を取るほどそれに気づくのが難しくなっていると思うことがあります。良いニュースは、一旦脳が両方の絵を認識すると、二度とその認識は消せないんです。

私は5年間はこのパズルを見ていませんでした。でもまたこれを見ると、おばあさんも若い女性も、両方わかるんです。

つまり、バイアストレーニングのゴールは、バイアスを忘れないようにするための見方を身に付けることです。それからバイアスをブロックするツールを持つことです。

自分が思うトップパフォーマーを言葉で表現してみる実験

では言語の実験から始めます。みなさんに質問をするわけではありませんが、実験を一緒にしていきたいと思います。まず言語の実験をしていきます。言語は家族やコミュニティ、職場の文化を維持し、複製するための最も一般的な方法ですからね。

ここに入ってくる時に、紙を渡されたはずです。それを使う必要はありません。ご自分のデバイスを使いたい人もたくさんいると思いますからね。紙と、それからペンもあります。

みなさんには、トップパフォーマーを書いていただきたいんです。職場で考えると、それはみなさんのチームの、いつも頼りにしている人になるかもしれません。

みなさんのコミュニティの人かもしれません。私の場合はいつもブロック・パーティのホストをしてくれるご家族がいらっしゃるので、この家族にします。

みなさんのご家族の方でもいいですね。私の家庭での仕事は、休暇のプランを立てることです。その点で言えば、私は家族の休暇プランニングのトップパフォーマーと呼ばれてもいいかもしれませんね。

どんな場面でも構いません。トップパフォーマーを考えてみてください。その紙に1分ほど、数単語でその人の行動と姿勢を表してみてください。

完璧な文でなくても構いませんよ。トップパフォーマーを表す単語だけで大丈夫です。それが家庭なのか、職場なのかも書いてくださいね。ああ、ペンを渡してくださってありがとうございます。

(参加者記入)

一般的ではなく、具体的な人を思い浮かべてくださいね。みなさん最低1単語は書けましたか? これは思考実験です。これから2人の人物の描写をお見せします。

これらは意図的に異なる書き方がしてあります。なので実生活で現れるものとは多少異なりますが、とりあえずこの実験の旅に私と一緒に付いてきてくださいね。

言葉はいかに人の評価に影響を与えるか

2人の人物の描写をお見せします。それから、そのどちらかをみなさんのトップパフォーマーと入れ替えてもらいます。

たとえば、私の家庭の場合、もし私がもう休暇のプランを立てないことになったら、家族には「最高の休暇プランを立てられる人を探して」と言いますよね。

職場のみなさんのチームでも起こり得ます。その人が引き抜かれて、チームを去り、その代わりを探さないといけないと。

みなさんにAかBを選んで、自分のトップパフォーマーと置き換えるように言いますからね。

それでは、Aとトップパフォーマーを置き換える人は何人いらっしゃいますか? 15〜20パーセントぐらいでしょうか。Bはどうですか? 75パーセントぐらいですね。

面白いですね。私が何度もトップパフォーマー、トップパフォーマーと言うことで、前もって入れ知恵していたのを気づいていましたか? これでいかに言葉がその人のタイプを形成しているかがわかりますね。

その人の代わりを考えるように言われた時でさえ、たったの4つの言葉で80パーセントの人がAが残ることを選んだんです。その代わりに、あなたが必要とするときに最も頼れる人を思い浮かべてください。

それが同じ人だったとしても、みなさんは違う描写の方を選んだかもしれません。シェリーが言ったように、言葉がいかに関連付けに影響を与えるかおわかりいただけたと思います。たったいくつかの言葉で判断をするんです。

リーダーシップを表す言葉に見られる傾向

では、なぜこれが問題なのでしょうか? ライス大の研究者は、病院のチーフへの400通の推薦状に目を通しました。病院のチーフとは、たくさんの人の生死の判断を下す人ですよね。

研究者は、描写Aの方に、よりコミューナルな言語が使われていることに気づきました。「we(我々)」「community(コミュニティ)」「collaboration(コラボレーション)」などですね。

逆にエージェンティックな言葉とは、「I(私)」です。私は1人で結果を出しましたと。よりコミューナルな言語が使われると、その候補者は押し出されなくなります。

リーダーシップに関するプレゼンテーションをやっていることを考えてみてください。コミューナルな言語でどのような人物が描写されるでしょうか?

女性ですね。まったく同じ条件です。手紙を書いた人は、もっともこの人物がトップ候補として見てもらいたいと思っている人です。ところが、よりコミューナルな言語を使うことによって、その推薦の効果が薄くなってしまったんです。

なぜこれが問題なのでしょうか? シェリーは、我々は認識のショートカットとしてステレオタイプを使っていると言っていました。ここにロシア語のネイティブスピーカーはいらっしゃいますか?

いないですね。ロシア語には青色を表す言葉が2つあります。何か青いものを見せたとき、もしみなさんがロシア語のネイティブスピーカーだったら、少し時間がかかるはずです。

その青は明るい青なのか、暗い青なのかと考えるからです。でも英語では1つしかありませんね。もし青いものを見たら、より早く青だと思えるわけです。

物事がバイナリーになるほど、脳はより早く決断を下せるようになるんです。グレーな部分があるほど、認識のプロセスは遅くなります。起ころうとしていることの一部は、その他が存在しないこのバイナリーな世界です。

人を薦めるときの言語にもバイアスがかかっている

もし私がみなさんのことを、とてもコミューナルで良いチームプレイヤーだと推測したら、決断を家に持ち帰りたいと思っているんじゃないかと思うかもしれませんね。

もしみなさんがエージェンティックなら、私は「優れたチームプレイヤーになることもできるのではないか」と思うかもしれません。これはリーダーシップに関することです。

ある人のリーダーシップについて即座に決断を求められた時、我々はリーダーをエージェンティックな特質と結びつけがちです。たとえリーダーシップに多様な質を求めていたとしても、このような認識のショートカットを行ない、エージェンティックなものに頼ってしまうんです。

自動的な機能としての言語の活用法がこれでわかりますね。同等に評価されていても、前に出てくるのは異なる能力です。リーダーのポジションとして評価されるときの現れ方は異なります。

ここにリストがあります。みなさんのハンドアウトの裏にもあります。私の友人もよく使うので、私は手紙や推薦状を大学に入る人に書いて、Common Applicationに提出しました。

その手紙や推薦状に使った言葉の種類にはかなり気を配りました。LinkedInのプロフィールを見て、経歴をどのように表現しているか見たりする人もいますよね。またはLinkedInのエンドースメントを見たりする人もいます。どのくらい早くエンドースメントを得られるかと。

私にはプロジェクトマネジャーの友人がおり、彼女はとても影響力があります。彼女は「みんな私のことをフレンドリーだと言うけど、戦略的だと言ってくれる人はいないの」と言っていました。彼女もアジア人なんですが、アジア人はタスクを得意にしていると思われています。

だから彼女を見る人は、彼女のタスク志向性を見るんです。そして彼女が戦略的であり、どんな風にイベントを計画したかも忘れてしまいます。

彼女がプレゼンテーションをした後、LinkedInのエンドースメントを依頼しました。彼女はその人に自分の能力について、少し話をしました。それでようやく彼女は「タスクをこなすのに優れている」という記載のないLinkedInのエンドースメントを得られたんです。