さえり、ピクニックの妄想

犬山紙子氏(以下、犬山):妄想といえば、さえりさんです。例えば将来、結婚・出産あたりの妄想とかはされたりするんですか?

夏生さえり氏(以下、さえり):結婚・出産あたりの妄想……。

犬山:結婚・出産あたりというか、こんなふうに子どもや夫と過ごすみたいなものはあったりするんですか?

さえり:もちろん理想はありますよ。

犬山:どんなどんな?

さえり:理想は、単純に本当に日常ですよ。ピクニックに行って、まだハイハイくらいの赤ちゃんを連れていって、ピクニックシートから出ちゃうのを引き戻したいっていう……。

(シートの)こっちでなにかしてたら、ピクニックシートから出そうになって「あー!」ってことをやりたい。

(会場笑)

犬山:それはなんだろう? 現実的すぎる(笑)。

さえり:現実的なものをすごくやりたくて。

犬山:幸せな「ほのぼの」をツイートしたい。

さえり:ツイートする。「ピクニックシートからすぐ出る〜」と言って(笑)。     (会場笑)

「産後クライシス」の妄想まで行き着く

さえり:そういうのを書きたいとかあるんですけど、現実で考えると、本当に自分が叶えられると思って書いてるわけじゃないので。

こういう女の子だったら、「自分が女の子だったらいいな」「こういう人がいればいいな」とか、もちろんあるんですけど、でも子どもがすごいおとなしくて、ハイハイして出ないかもしれないじゃないですか?

(会場笑)

わからないから。そのときはそのときでいいかなと思ってるんですけど、私の現実的な自分の性格からいくと産後クライシスに陥って、生んだ後に旦那さんと急にうまくいかなくなったりとかするのになりそう。

犬山:なんで(笑)。

さえり:わかんないです。

犬山:その不安すごいですね。さっき打ち合わせしてたんですけど、ずっと「産後クライシス」って言って。

私も産む前は、産後クライシスはけっこうビビってて。夫にもすごい言ってたんですよ。

さえり:気分が悪くなっちゃたりしてね。

犬山:そうそう。だから私がつるちゃん(夫・劔樹人氏)につらく当たっても「産後クライシスだから気にしないで」って最初にずっと言ってたんですけど、ぜんぜんなかったんです。

さえり:「ない」っていうのを聞いてすごく安心しました。

犬山:でも、ある人はあります。

さえり:そうですよね。ある気がする。

子どもは産みたいけど「産後クライシス」が恐ろしい

犬山:私の知り合いも、夫と触れ合うのが嫌すぎて、廊下ですれ違うときも(夫を避ける仕草をしながら)こうやって。

(会場笑)

犬山:それぐらい嫌いになるとか。

さえり:イメージすると私もそういうタイプ。

犬山:おもしろい! 子どもは素直に生みたいと思ってて。産後クライシスはあると(笑)。

さえり:産後クライシスになりそうだから、たぶんピクニックも土日とかに「ちょっと出かけてくるから」とか言って1人で行っちゃいそうだなっていうのがリアルな……。

犬山:だいぶ恋愛に対しては後ろ向きなイメージが。

さえり:それはあるかもしれないです。

犬山:あまり幸せな恋愛されてない……。

さえり:そんなわけはないんですけど、なんかそう思っちゃう。自分の気持ちが変わりやすいんじゃないかなっていうのは、心配のうちの一つなんですよ。

これはどこでも話したことないと思うんですけど、こんな恋愛ツイートとかしてるんですけど、自分の気持ちのほうが変わりやすいんですよ。

犬山:なるほどね。

さえり:振られやすいとか、悪い男にひっかかっちゃうとかじゃなくて、自分が移ろいやすい。

犬山:他の「あの人いいなぁ」みたいな。

さえり:いや、他の人をいいと思うことはめったにないんですけど、他のことの方が楽しく思えちゃう。

犬山:彼や恋愛というよりも。

さえり:そうです。すごいあります。

さえり:仕事の方が楽しいから「この人との時間はあまり作れないなぁ」とか思い始めちゃったりとか。

あとは(付き合って)最初は夢を見るから、付き合い始めのときとかは「この人と結婚するかも」とか、ちょっとは思うんですけど、それが3ヶ月ぐらいで「あれ?」とか思う。「私の気持ちってどうしてこんなに変わりやすいの?」みたいな感じになるんですよね。

犬山:そんなに好きじゃない人と付き合ってるんじゃ?

さえり:そうかもしれないです。もしかしたら。

犬山:(笑)。

犬山紙子が「彼氏できた」と公表したワケ

さえり:つるちゃんと交際して、すぐにネットで公表されてましたよね?

犬山:私これ本当に誤解を解きたいんですけど、「付き合いました!」ってブログで言うって、頭が湧いてるんじゃないかっていうイメージがあると思うんですよ。

彼氏できて浮かれてるイメージがあると思うんですけど、実は理由がありまして、「彼氏がいない」って公表していて、彼氏がいないとか、独身の寂しさとか、そういう仕事をしていたんです。そういう依頼をしてくださる方が多かったんです。

じゃあ、「彼氏ができた」と黙ってたら、その依頼が来て、嘘をついて受けることになるんです。もしくは、「すいません、彼氏ができて」ってめちゃくちゃな理由で断るっていう。

(会場笑)

犬山:「なに、こいつ!」って話じゃないですか!

さえり:それ恥ずかしいです。

犬山:そう、だからそこらへんが後々、しかもバレたりとか隠したりしたとしても、後でバレて信頼を落とすと、たぶん私、もうそこから這い上がるのがけっこう難しいというか。その先、自分の仕事を続けていく自信もあんまりなかったので、恥をしのんで別れる可能性もあるかもしれないけど、できたなら「できた」って言って。

嘘はつかないってことをやっとかないと、ネット社会で速攻ウワサが回りました。本当は裏でコソコソ男と付き合ってるみたいとか言われると、やっぱり信頼がどんどん下がってくるので、そういう理由で公表しました。

さえり:でも、すごいなぁって思いました。勇気いるなって思って。

犬山:勇気はいるんですけどね。でもやっぱり私チキンなんで、嘘がバレたときが怖かったんです。

さえり:たしかに独身を売りにしてたらそれはあるかもしれないです。

犬山:そうですよ。

さえり:独身生活を赤裸々に書くみたいな感じの記事とかはもしあったならばって感じになりますよね。

犬山:なります。

さえり、交際や出産発表の妄想で悩む

さえり:でも、私はちょっと自分の気持ちの方が不安だと思います。ちょっとドキドキしてるんですけど。

だからある日突然、いつか彼氏ができて、結婚することになって、子ども産まれたら、「私、どのタイミングでなにを言うんだろう」っていうのを本気で思ってます。

犬山:えー! そこを妄想してるんですか?

さえり:妄想してます。

犬山:発表の仕方とか?

さえり:なんかしれっと「そういえば結婚しました」とか、やらしいかなとか(笑)。

犬山:どういう言い方が一番?

さえり:「理想はなんだ?」っていうのがすごい悩んでるんです。

犬山:(笑)。

さえり:早めに悩んでる。そういうふうにある日突然、私は子育てほのぼのアカウントになって産後クライシスもなく、暮らしていくのが理想です。