ヤンサンにOPテーマができた

乙君氏(以下、乙君):いえ~い! いやいやいやいや、新オープニングに、みんな戸惑ってますね~。

久世孝臣氏(以下、久世):そうですか(笑)。

乙君:(笑)。

山田玲司氏(以下、山田):え!? 『山田玲司のヤングサンデー』って。

山田・久世:言わないの~?

乙君:言わないんですよ~。もう歌ってるから!

久世:それ決めたんだ。

乙君:何回も言っちゃうと、ほら、くどいでしょ?

(会場笑)

乙君:なにこれ?

(会場笑)

乙君:ということで、毎度お馴染み、ご機嫌な番組『山田玲司のヤングサンデー』の時間がやってまりました。

みなさん、いかがお過ごしでしょうか!あれなんですよね、前回は公式放送で…。聞いてますか? 誰も聞いてないでしょ。

久世:聞いてないしよ。

乙君:(前回の放送で)『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』を特集しまして、メッセージもあったんですけれども。そちらのほうは、ご覧になられてる。

山田:俺たちのヨンドゥ(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの登場人物)をよ。

久世:本当だよ!

乙君:久世さんは、ちょっと激おこぷんぷん丸という。

山田:ピュー(口笛)。

久世:怒るでしょ! ピュピュー(口笛)。

山田:プス。

(会場笑)

久世:おいおいおーい。

乙君:(笑)。

山田:俺たちのヨンドゥを馬鹿にしやがって。

久世:きょうは来るぞ、矢が。何本刺さるかな!?

山田:俺たちの口笛が黙ってないぜ。ピュ~(口笛)。

乙君:あんな映画をね、おもしろいって言われるとね。

山田:ヒュン。

久世:ヒュン。

乙君:本当におもしろいの見たことないと思うな。

久世:絶対そんなことない、もうなんにもわかっちゃいないぜ。

山田:先週お前がいればな~。も~!

乙君:(笑)。

久世:本当にいたかった。痛みがないとか言ってる場合じゃなねえんだよ、あの映画はいい映画なんだよ。

山田:お前、痛みの先だって言ってるんだべ!

久世:本当だよ。

乙君:ヒュン。

久世:痛い痛い、お前マネすんなよ。

山田:お前! お前、俺のヨンドゥとったな!

乙君:はーい(笑)。

久世:俺らのヨンドゥをね。

乙君:俺、ゴドゥなんだよ。

久世:わ~。

乙君:笑えよ!(笑)。

しみちゃん氏(以下、しみちゃん):(笑)。

久世:いやいやいや、笑えないだろ。

山田:さすがにレギュレーションでなんでも笑うって決められてても、さすがにね~。

しみちゃん:(笑)。

今日の予定は…

乙君:きょうは全編通して『フレンズ』盛りでいくんで、みなさんも画面の向こうで無理やり笑ってくださいね。

山田:お前、アメリカのシチュエーション・コメディを全部『フレンズ』っていうことにするなよな。

乙君、久世:(笑)。

山田:文化だからな、あれは全部が。

乙君:いやいやいやいや、ということでね、まあまあ、いろいろありましたけれども。今日は、そんな話じゃないんですよ。

久世:違いますか。

乙君:やっぱりね、半年じゃない、もう1年ぶりですよ。あの夏? 千葉?

山田:そうそう! おかげさまで「シャチマンボウ」が誕生しましたよ。女王のわけで。

乙君:そうなんですよ~。

山田:俺たちの姫が登場ですよ。

乙君:この番組に関する、いろんなクリエイティビティは、もう全部あの方のおかげということで。

山田:何かね、あいつね、すごいガーディアン背負ってるんだと思うんだよ。

乙君:そうかもしれない。

久世:(笑)。

山田:そう! 漫画界のね、ハッピーガーディアンを全部背負ってしまってしまってるんだ、あいつが。

乙君:ハッピーガーディアン?

山田:そう。だから、売れるからあいつがいっぱい仕事をしなくちゃいけなくなってるじゃん。今日もいっぱい仕事してきたんじゃん。

乙君:らしいですねー。

久世:してきたんじゃん(笑)。

山田:17ページ書いたらしいじゃん。

久世:そうなんじゃ~ん。

乙君:17ページ書いたらしいですね。

山田:昨日、つまり100ページ書いてきたらしいじゃん。

乙君:それは、シー。

山田:え!? そうじゃないの、200ページ書いてきたの。

乙君:わかんない、それ、言っていいのかな。

山田:500ページ書いてきたの?

乙君:またそう。ほら、もう~!

山田:あれ?

乙君:口がほら~!

山田:ほらーほらーほら~! とにかく、いっぱい働いてるのでお馴染みの。

乙君:お馴染みの(笑)。

山田:はい。

久世:お呼びしましょうか?

山田:姫、呼ぼう、姫、呼ぼうよ。

ゲストに東村アキコ氏が登場

乙君:お呼びしましょう。1年ぶりの登場です。東村アキコ先生です。

山田:へいへーい!へいよー!

(東村アキコ氏がドラマ『フレンズ』のテーマを歌いながら登場) 乙君:それも駄目なんですよ。それもまたバンされちゃうタイプなんで。

(一同歌う)

乙君:もうわかった! わかったから!

(東村氏、歌う)

山田:お前、ロス(フレンズの登場人物)やれ。ロスの動きやれ、動き(笑)。

(東村氏、歌う)

東村アキコ氏(以下、東村):ロスの動き。

山田:ロスの動きから入ります。

乙君:噴水に落っこちなきゃいけないだろ。

(東村氏、歌う)

乙君:それ、駄目なんだって!

(東村氏、歌う)

東村:やべーな。

乙君:やべーな。

東村:消されるやつだ。

山田:デーン。

東村:デーン。

乙君:「ふともも」って(ニコ生のコメントで)言われます。

東村:ふともも。

山田:どうも。ふともも(笑)。はい、はじけてます。我ら、ヤンサンのレイチェル 来たよ~。

一同:イエーイ。

東村:ハーイ、アイム、レイチェル。

乙君:(笑)。

東村:ハイ、ジョーイ。ハイ、チャンドラー。

山田:あ! チャンドラーなった? お前チャンドラーだろ。

乙君:俺、チャンドラーだ。俺、絶対チャンドラーだ。

東村:チャンドラー。

久世:じゃあ、俺はジョーイだな。

東村:ジョーイ?

山田:ロスの顔できるよね。

東村:ロスじゃない?。

山田:そのとおりだよ。

東村:やばい、置いてきぼりにしてしまう。

山田:大変だ大変だ、やばいやばいやばい。

乙君:ということで、お久しぶりですね、みなさんね~。

山田:「美人」って出てる、みなさん。美人ですよ。

乙君:お久ぶりですね。

山田:お前ら仲いいから、しょっちゅう会ってんじゃん。

乙君:まあまあ。

(会場笑)

山田:全然、お久しぶりじゃねえじゃん。

東村:しょっちゅう会ってるから。しょっちゅう仕事場くるからね。

山田:そうそう。

東村:お久しぶりです、みなさん。

1本4,000円相当の焼酎も登場

乙君:そんなアッコ先生をお迎えした今回なんですけど、実はきょうからYouTube Liveで生放送。

山田:すげえな。

乙君:そしてニコ生、YouTube、ゴルパンの中継。これ、Abema「FRESH!」の四次元中継なんです。

山田:全国四次元中継です。

乙君:全部『この世界の片隅』の(笑)。

山田:すごい端っこのほうで4カ所同時に。

東村:え!? よくわかんないけど、いつの間にそんなことになってるんですね。

山田:とりあえず、いろんなところで見れます。

乙君:そう、えらいことになってるんだよ。

山田:そう、いろんなところで。

東村:東村アキコです。

乙君:イエイ。

山田、久世:イエーイ。

東村:焼酎大好き、あっぴょんだよ。

(会場笑)

乙君:なにキャラ? なにキャラ?

東村:アイドルのあいさつ。

山田:アイドルのあいさつ。

乙君:ここで、もうみなさんお気づきでしょう、この戦乱のの魔王軍団。

東村:焼酎が大好きな、あっぴょんで~す。

乙君:1本4,000円相当だよね、これ。

東村:これ、高いよー。誰が送ってきてくれたの?

乙君:これ、何とですね、宮崎在住のヤンサンファミリーから。

東村:あ~!

乙君:お手紙を読ませていただきます。

「背景、入梅の候、ヤンサン主演者さま、スタッフのみなさま、お変わりなくお過ごしでしょうか。今年も東村アキコ先生が登場するとのことで番組進行へのおともに宮崎の郷土料理と、一番搾り宮崎バージョン、そして鹿児島のお酒、魔王」。

東村:すごい、こんなのあるんじゃん。

山田:そうなの! すごいね。

乙君:なぜかそこが鹿児島っていう。

山田:すげえな。九州の風が吹いてるね。

乙君:「お送りいたします」と。

東村:焼酎がしゃべってる。焼酎がタラレバ。

(会場笑)

山田:ほんとだ。焼酎がしゃべってるよ。

乙君:なんとこの方ですね、去年の放送でアッコ先生のSMAPの。

東村:あとで焼酎…。

乙君:どかすから。

東村:はけてもらうけん、大丈夫。私が隠れてて、みんな心配してるから。

山田:そうだね。一応紹介って。

東村ファンから愛のプレゼント

乙君:SMAPのあれ、忘年会って書いてもらったじゃないですか。

東村:あ~、書いた書いた。

乙君:あれが当たった方なんですよ。

東村:あー。

乙君:そうそう、その原画のお礼も兼ねて、こちらお送りさせていただいた。

山田:あのとき、酔っ払いながらかなり、ちゃんと書いてたからね。

東村:書いた。

山田:ちゃんとSMAP書いてたから。

乙君:「今回、地元の作家さまに依頼していたものが時間の都合が合わず一緒に発送できなかったので次回、アッコ先生が出演される際に、また送付させていただきます。

楽しみにしてます。しばらくは、まだ雨の日が続きますが体調など崩されませんようご自愛ください」。

ヤンサン宮崎支部(仮)ボケット王子さんより。ありがとうございます!

山田・東村:ありがとう。

久世・しみちゃん:ありがとうございま~す。

(会場拍手)

乙君:ということでね。

東村:これは2万円がたぐらいありますよ。

久世:ありますね~。

乙君:これね、あとで料理も出てくるんですけど。

東村:3万円がたや。

乙君:全部スタッフが調べたところによると、3万3,000円ぐらいのものを。

東村:え!? そんなに? いいの!? ごめんね、ありがとう。ありがとうございます本当に。

乙君:やばい。

山田:愛の量ですね、これ。

乙君:愛の量ですか! 番組に対する。

東村:飲みます。私、じゃあ飲むわ、今日。

山田:やっぱアッコに対する……。

東村:飲みます飲みます。

乙君:ちょっと、こちら片付けさせていただきますんで。

東村:高いんだよ、本当にこれ。

乙君:アッコ先生、どうでした? この半年。実はもうちょっと前にね、呼んでたんですけど、なんと。あっ(笑)。

スタッフ:(笑)。

乙君:山田レンジが。

山田:俺?

東村:今レンジのおっきいの。

山田:レンジがあったまりましたか。

東村:なんかね、もうね、入院しとったんよ年明け。

山田:ねー、ねー。

乙君:あれ、衝撃のニュースが。