フレンズには説教キャラがいない

乙君氏(以下、乙君):こんな話するとね、ちょっとお2人に失礼な話を今から言いますよ?

山田玲司氏(以下、山田):プッ。

乙君:今から失礼な話します。

山田:はい、やりなされ。

乙君:やっぱりね、タラレバのね、『Bバージン』(注:山田玲司の原作マンガ)もそうですけど。どっか…。

東村アキコ氏(以下、東村):いいよ、誰も怒らんけん。言うて言うて。

山田:俺これから言おうかなって思って話した。

乙君:そう? じゃあいいかな。

山田:どうぞ。メンターな話でしょ? 

乙君:そう。

山田:だから『フレンズ』にはメンターが出てこない。

乙君:説教くさくないんですよ。

山田:説教がない。

乙君:みんな迷って、のたうち回ってるていうのを笑いに変えてて。

山田:しかもメンターを笑ってる。だから、精神分析医が出てきて、えらそうに言い出すと、あいつ嫌いって全員で言って。

久世孝臣氏(以下、久世):そうだそうだ、全員、嫌ってたもんな(笑)。

山田:あれは、こういう理由で精神分析が必要ないじゃなくて、「あいつ嫌い」っていって終わる。っていうやつで、しかも上の世代がみんなイカれてるから。 何しろチャンドラーのお父さん、途中でハリウッドで? ロサンゼルスだっけ?

ショーをやってんだよね、この人ね。ゲイカルチャーの人で、それでこいつのことをめちゃめちゃにしたんだみたいな感じになるじゃないですか。知らない?

乙君:そこまで。

東村:でも、そんなネタバレって感じでもない、そういうのがあったって。

山田:それでも笑ってる全部。だからお父さんだから頼れる相手じゃなくて、お父さんのほうがイカれてて、勘弁してくれよっていう。

(会場笑)

年とっても、いい加減でいい

山田:この人もそう。お父さんがお母さんのことだけを愛してるのかと思ったら家の葬儀屋とずっとつきあってたっていう。

「やめてくれよ、父さん」って言ったら、その当のお母さんのほうが「何でそんなあんた面倒くさいことをいうのよ」と。

「それでうまくいってたんだから」みたいなことを言い出すみたいな。つまり上の世代の言ってることは、正しいのではなく、上もめちゃめちゃ。

東村:そうそうそうそう。

乙君:俺たちも、めちゃめちゃ。

山田:俺たちも、めちゃめちゃ、下もめちゃめちゃ。ザ、 USA。でも人間ってそんなもんじゃねえのっていう。

上にいけば、ちゃんとしなきゃいけないっていう呪いがかかってないんだよ、この人たち。

これは救いだよ? だって年とっても、いい加減でいいんだから。これ、ありがてえよ、フレンズ教ってな。

(会場笑)

久世:落語入った。

山田:ありがてえなー。

東村:ありがてえなー。

山田:ありがてえなー。俺はメンターなんかいらねえんだって、な? 思った、俺もな。

乙君:誰?(笑)。

(会場笑)

山田:ちょっと待ってくれ。

東村:山田亭玲司みたいな。

(会場笑)

乙君:山田亭玲司の(笑)。

東村:山田亭玲司。CICADA亭レイジ師匠ですね。

山田:もう1個言わしてもらってもいいっすか? 94年にスタート。最後にちょっといいますけど。最後だけね、アッコも大好きな『セックス・アンド・ザ・シティ』が始まるのが98年なんです。

これ、実は「現実を受け入れよう」「地上に下りよう」、そして「現実の問題を解決しよう」から、さらに突っ込んでいくと、『セックス・アンド・ザ・シティ』だと、さらにぶっちゃけようになってくる。

乙君・東村:あ~。

山田:もう隠せねえ。

東村:確かに。

ハリポタから「けものフレンズ」が派生?

山田:もう隠さねえのさ、一番最果てにいるのがサマンサなんだよ。

乙君・しみちゃん:あ~。

山田:「うるさいわね」って脱ぐんだ、あの人。その開き直りの歴史みたいなのがいくんだけど、その後どうなるかっていうと、04年でほとんど終わるんだよ。そして01年、始まるのが『24 -TWENTY FOUR-』なんですよ。

乙君・久世:え~。

山田:その9.11があって、いきなりシリアスを振っていくと。そして、04年に『LOST』が始まり、05年に『プリズン・ブレイク』が始まる。10年には『ウォーキング・デッド』が始まって。アッコ、『HOMELAND』好きだよね?

東村:好き好き『HOMELAND』。

山田:『HOMELAND』すごいんだよ。『HOMELAND』が始まるのが、要するに監視社会なんだよ。アメリカがどんどんどんどん辛くなってくのがまたこれ、ドラマが寄り添うだよ、ちゃんと。2011年に『HOMELAND』スタート。

一方で、『セックス・アンド・ザ・シティ』から『LOST』に至るまでの流れがあるじゃん。その間に何が起こってるかっていうと、イギリスで『ハリー・ポッター』登場なんですよ。

乙君・東村:ほ~。

山田:『ハリー・ポッター』が97年に小説版出て、2001年に大ブレイクするんだよ。だから、『ハリー・ポッター』と『24 -TWENTY FOUR-』って年があるんだよ、9.11の年。つまり、ファンタジーに逃げちまえっていう側と、現実はやばいんだっていう二極がバーンってするわけ。

乙君:あ~!

山田:二極化した先の、要するに『ハリー・ポッター』の先にあるのが『けものフレンズ』なんですよ。

乙君:えーーーー! 本当に?

山田:ずっとわ、だから、『フレンズ』と2つの『フレンズ』はそこが境だって、9.11で分かれてる現実が。

東村:『けものフレンズ』ってさ、めっちゃ流行っててさ、きょう、ヒットで『けものフレンズ』がすごい好きな人が見てる感じが。

山田:はい、そうそう。

久世・乙君・しみちゃん:(笑)。

東村:ずっと最初っからさ、『けものフレンズ』『けものフレンズ』で言うとるけど、あれ、そげなってるちゃね。

山田:そげなっとるちゃやろ? 本当に。やったよ。だから、俺たち2人でね、『けものフレンズ』特集やったのよ。

乙君:1人だけな。

山田:頑張りましたよ。

久世:これ、見つけましたね。

山田:何かね。それがそのときの名残です。っていう『フレンズ』なんだね、なんて、そうなんですよ。

映画やドラマは現実路線へ

そんなこんなで1周して今こんな話しておもしろいなって思うのが、そんなこんなで「現実悲惨だ」「ファンタジーに逃げる」みたいなところから傭兵が平凡を作るわけであり。

「着地しようよ」「戻るべき場所は現実じゃないか」「現実最高じゃないか」「平凡っていいじゃないか」「別に夢なんか叶わなくてもいいじゃん」「彼氏つくって、結婚とかしなくたっていいじゃないか」。

っていう、戻るべき場所がこの『フレンズ』っていうことが言えるんじゃないかっていう気がすごいするね。だから、このタイミング、すごい『フレンズ』は、いいなと俺は思ったんだけどね。

東村:『フレンズ』みたいなさ、友達さ、いそうじゃん、あの人たち。

ヤンサンはフレンズみたい

山田:まさにヤンサンが。

乙君:ここがそうですよね。

久世:ここがね、もうそんな感じですね。

東村:そうだけどさ、女子もおらんといかんから。

山田:そうね。

東村:同人数ぐらい。男だけのチームはいっぱいあるじゃない? あれはさ、女子も同人数いるわけじゃない? そういうグループが終わりですかっていう。あります?

山田:ヤンサン美術部とかそうじゃない?

乙君:まあそうかもしれない。でもそんなに仲もよくないんで。

(会場笑)

東村:だって、たまにしか会わんじゃろ。

久世:何でそうなんこというの?

乙君:だから場所がまずないとね、やっぱり。

山田:水曜会そうかも。

乙君:水曜会は若干そうかもね。

東村:水曜会は結構、『フレンズ』ファンあるよ。

山田:そうそうそう、それはあるな。

東村:だから、もう共同生活をしてください、1戸建てで。

山田:そろそろな。

久世:我々が。

山田:廊下挟んで住みます?

東村:そしたら私、行きますよ。

久世:そうですか?

東村:チャンドラーの元カノポジで行きますから。

(会場笑)

東村:たまに現れるうざい人みたいな感じで。

乙君:ジャニス?

東村:ジャニスポジで行きます。

乙君:「うっそー」って?

山田:「あなたー」って現れる。

乙君:(笑)。

山田:ジャニスかよ(笑)。

東村:私、見て「私ジャニスだな」って思う。

久世:まじか(笑)。

東村:レイチェルじゃない、フィービーでも絶対ない、モニカでもない、ジャニスだ!

久世:ジャニスですか(笑)。

東村:ジャニス。これこれっていう。

乙君:じゃ、誰がロスやるかだね。ロスじゃない、チャンドラー…。俺だ(笑)。

久世:チャンドラーお前だよ。

乙君:やばい。ということで、いいですか?

山田:原点行きますか。はいはいはいはい。『フレンズ』話にキリないのでやっぱり1時間いっちゃったね。

乙君:もうちょっと行くんで。

山田:はい、後半にね。

乙君:あれなんですけど、ちょっとこの歌詞、そうだったのか。

東村:そうよ。

乙君:やばくは。