中国は世界最大のGDP国家になる

孫正義氏:我々ソフトバンクが目指す方向性。もう1点目は「アジアを制する者が世界を制する」ということであります。

中国のGDPが今年確実に日本を抜きます。世界で2位になります。で、いったん抜いたらそのまま勢いが止まらないで、アメリカを抜くところまで行きます。中国は世界最大のGDP国家になるということであります。

インターネットの中心も、10年ちょっと前はアメリカが5割でした。アジアは19%でした。それが今や、これからもうじき、アジアが50%になる。アメリカが12%になる。つまりアジアを制する者がインターネットを制するという時代が間違いなく来るということであります。ゲームソフトの市場。これも全部インターネットになっていくでしょう。急成長する中国は日本を確実に抜いていくでしょう。

そのアジアで、ソフトバンクも着々と手を打ってきています。つまり中国が一番大切なんですけども。中国の企業間のEコマース、ナンバーワンのシェアを取りました、99%のシェアです。BtoC、CtoC、いわゆる日本でいう楽天だとか、Yahoo!ショッピングだとか、アメリカでいうAmazon、eBayに相当するのがTaobao(タオバオ)です。

このTaobao(タオバオ)は、中国全部のオンラインショッピングの8割のシェアを取りました。ダントツ最大。オンラインの支払いの決済でも9割シェアを取りました。SNS、ソーシャルネットワーク。日本でいうmixiだとか、Twitterだとか、そういう部分でも圧倒的なポジションを取りました。企業間のEコマースもこういう状態。

もう日本をはるかに越える規模であります。

中国のユーザーがソフトバンクグループだけで6億人

我々のソフトバンクグループのTaobaoはオレンジ色。去年で3兆円、今年は5兆円くらいになりました。楽天がまあ8000億円くらいですから、それを何倍も抜いちゃったということ。同じ日本円に換算しても、もう圧倒的に抜いてしまったということであります。ソフトバンクとAlibabaが50%ずつ出したジョイントベンチャーで作った会社がTaobaoであります。私が言い出しっぺでありました。アリペイのユーザーも、中国全土のクレジットカードのユーザーを抜いちゃった。人人(レンレン)、これは日本のmixiとかモバゲーに相当する会社。これも8割以上のシェアを取って、1億3000万人になった。

そういうものを単純合算すると、ソフトバンクグループの中国におけるインターネットユーザーが、ソフトバンクグループだけで6億人になった。ダントツ最大です。さらにモバイルインターネットとして、中国いちのチャイナモバイル、ヨーロッパいちのVodafone、アメリカいちのVerizonの会長を説得して、4社のジョイントベンチャーを作りました。これが「JIL」です。

この4社の合弁会社の会長を、一応私が初代会長を務めております。まあ一応持ち回りですけどね。初代は私にやってくれというのが皆さんの推薦でしたので。今この顧客規模が10億人おります。ということで、ここからやっていきたい。ここから最後にそろそろ入りますけども、今50代です、52歳ですが。

2018年頃に、コンピュータは脳細胞を超える

60代になったら、61歳から69歳のどこかで皆さんの世代にバトンを渡します。次の時代に経営を移していくということであります。そこで今年の6月の株主総会でソフトバンク30年ビジョンを発表します。

ちょうど30周年になります。今年の9月で30周年になりますので、次の30年分のビジョンを発表します。30年前に掲げたビジョン。それはマイクロコンピューターのチップがあらゆる人類の未来を一新させる、ということでありました。将来必ずそうなるよと言いました。現在、まさにそうなりました。

マイクロコンピューターは自動車にもエアコンにもパソコンにもテレビにも携帯電話にもありとあらゆるものに、もはや入ってます。その時のビジョンがそのまま実現したということであります。もう1つのポイントは30年前に、「数は1兆2兆と数える規模にしてみせる」と言いました。まさに現在、売り上げが2.7兆円になりました。

2兆円の買収も行いました。売り上げも買収も1兆2兆と数える規模になりました。これが今日現在までですけれども、これがこれからどうなるのか。まず大きな枠組みで見る。

コンピューターは脳細胞を超えるということであります。人間の脳細胞には300億個のシナプスというものがあります。これがくっついたり離れたりするわけです。300億個あります。人間の脳は有限です。2000年前も現代も300億個です。今から2000年後も300億個でしょう。つまり人間の脳細胞の数はもう決まったんです、DNAで。でもコンピューターは違います。

2018年にワンチップの中に入ってるトランジスターの数が300億個を超えます。人間の脳細胞もオン・オフで、シナプスがくっついた離れたかで記憶をしたり、考えるということをしているわけです。このようにトランジスターもくっついたり離れたり、電流が流れる・流れないで、オン・オフです。人間の脳もコンピューターのチップも2進法です。ですからハードウェアの面ではコンピューターのチップが人間の脳細胞を機能的に超えるのは、ハードウェアの能力として超えるのは2018年前後です。

この2018年に300億個を超えるだろうということを、私は20年前に計算して予測を立てました。実際に今そのとおりのペースで動いています。もう一度計算しなおしました。2年くらい前に。おんなじ結果が出ました。ですからまさにそのペースで動いているということであります。そのような進化が生まれる時、人間社会がどうなるのか。テクノロジーがどうなるのか。人々のライフスタイルがどうなるのかということを、これからまとめて6月に発表します。

ソフトバンクの目指すべき、21世紀の人々のライフスタイルについてのビジョン。そこにソフトバンクが経営としてどう取り組んでいくのかということを語りたい。志は1回も変わってません。その志を実現させるためのビジョンであります。

人生最後の夢は、次のリーダーを育てる学校の校長になること

で、私は60代で引退したあとに何をするんだ?と。私の夢はソフトバンクアカデミアを設立して、そこの初代校長先生になりたい。それが私のささやかな最後の夢であります。ソフトバンクアカデミアの校長先生になりたい。

何をするところですか?というと、もともとアカデミアの語源、最初のオリジンというのは紀元前387年、プラトンが創設。哲学を教授した。で、15世紀にメディチ家によって「プラトンアカデミー」として復興した。もう一度21世紀に、ソフトバンクアカデミアとしてさらに進化させたいということであります。

そのアカデメイア、最初の入り口に書いてあった言葉。「幾何学を知らぬ者、この門をくぐるべからず」ということであります。ソフトバンクアカデミアの門に書きたい。「デジタル情報革命を志さない者、この門をくぐるべからず」と、こういうことを掲げたい。このソフトバンクアカデミアはソフトバンクグループの経営陣を育てる、リーダーを育てる、そのための学校であります。

お金を残すより、名誉を残すより、人に志を残したい

リーダーに求められる必要不可欠な条件、これは「高い志」であります。皆さん、全員がリーダーになる資格があります。皆さん全員がイコールチャンスを持ってます。ちなみに私の後継者になる人、ソフトバンクグループの社長になる人には、とりあえずストックオプションで100億円ぐらい渡したいと思ってます。ですから皆さんも退職金ソフトバンクに入ると2000万かな、1000万かな、3000万かなと、そういうちまい計算はしないでほしい。やるなら100億円ぐらいちょっともらおうかと、そのくらいの気持ちでいて丁度いい。

でもそれはお金の単位でものを考えてはいけない。さっき僕が言ったとおり。でもやるなら、そのくらいのことは経営者には僕はバトンを渡すつもりですよ。でも僕の直接のグループ全体の後継者にならなくたって、5000社くらい作りたいと思ってますから。ソフトバンクグループで。いま800社です。「800社くらいにしたい!」と、ソフトバンクグループがまだ4、5社の時に僕は言いました。ソフトバンクグループはいずれ800社ぐらいにするぞ、と。

「その800という数字どっからきたんですか?」まだ10社くらいに言ったら部下に聞かれた。何の根拠ですか、と。「そんな根拠なんかない、嘘でも800じゃ!」と言ってたら、本当に800社になりました。800社になりましたが、僕が引退する頃には5000社ぐらいにしたい。あんまり根拠はありません。でもそのくらいにしたいというイメージを持ってる。ですからこのソフトバンクアカデミアのそういう経営陣だけでも5000人になる。皆さんは5000人の社長になる資格がある、と。

5000人のCFOになる資格がある、CTOになる資格がある。財務の責任者、技術の責任者、そういう資格がある。副社長になる、役員になる資格がある。5000社あれば社長だけで5000人ですからね。まあ、大変な数になるということ。経営者道場のようなものにしたい。5000社あれば社長と財務担当総責任者と技術担当総責任者、それだけで1万5000人になるよ、ということであります。

さらにそれはソフトバンクグループを離れて、もう少し多くの人にできたら広めてたいなとは思ってます。まあ、そういうものを21世紀のプラトンアカデミーにしていきたいと僕は思ってます。金を残すより、名誉を残すより、人を残したい。人に志を残したいというのが、私の思いであります。ということで30年ビジョンをこの6月に発表いたします。