集客はプロの仕事のひとつ

タツ氏(以下、タツ):あとJリーグの話でぜひヨッピーさんに伺いたいなと思ってるのがありまして。Jリーグは実はまだまだ集客の面で課題を抱えておりまして、皆さん「日本代表は観るけどJリーグ行かない」っていうところで、観客動員が増えないという問題抱えてるんですが。

ヨッピー氏(以下、ヨッピー):僕もスポーツビジネスは全然わからないので、それこそ僕にもし依頼が来たら、今プロレス盛り上げてるブシロードの人とか。

あと勝手に名前出していいのかわからないですけど、ヤフーにいる小澤(隆生)さんっていう人がいて、その人は野球ですけど、楽天が球団を立ち上げた時から面倒見てた人なんですよね。だからその人なんかはもう、球団買ってすぐ黒字化して、新しく皆で観れるシートつくったりとか、いろんなサービス導入したりして、それで黒字化したりしてたんで、そういうちゃんと実績ある人を連れて来たらいいのになと思いますけどね。

タツ:あ〜、なるほど。スポーツ業界で実績がある人を連れてきたほうがいいんじゃないかと。

ヨッピー:結局やっぱ、ファンサービスをどれだけやるかっていうとこじゃないですかね。あの、武井壮さんがこの間、すごい良いこと言うなと思ってたんですけど。

タツ:僕もアレ、思わずRTしちゃいました。

ヨッピー:国立競技場を今建ててて、すげートラブってるじゃないですか。そこでみんな、プロの人は競技をやりやすい環境にするために「こうして、こうして、こうしてくれ」って散々言うけれども、そうやって立派な競技場を建てたところで、日本代表を決める陸上の選手権大会とか、1万人も集まらないじゃないかと。そんなガワだけ立派にしてどうすんだと。

なんでプロの一人ひとりが、もちろん練習するのもそうだけど、集客っていうところを見てないのかと。例えば選手が500人出るんだったら1人100人集めてくれば、それで5万人になるのに、「それすらも今できてない」って言って。「そんなんでガワを良くして意味あんの?」みたいな。

「プロっていうことはちゃんと競技をやるっていうのももちろんだけど、集客するっていう意味でも頑張んなきゃいけないんじゃないか?」みたいなことを言ってて、まあまあそれは、あるんじゃないかな。

選手と観客の距離感を縮める施策が必要なのでは

タツ:本当そうですよね。リアルにその1人の選手が100人のお客さんを呼べるように頑張ることがすごい大事なんじゃないかっていうと、これはJリーグも本当に同じことだなというのは言えますね。選手がお客さんをちゃんと集めるっていう意識を持つっていうことも。競技面だけ頑張るってだけじゃ、今の時代は駄目っていうことですよね。

ヨッピー:そうですね。例えばですけど、皆Twitterとかやってリプライ返せばいいんじゃないかなと思いますけど。

タツ:本当そうですよね。

ヨッピー:なんかやっぱ、こっちからしたら相手は有名人で、その有名人が普通に返してくれたら、「あ〜っ! スゲーいい人だ! 応援しに行こう!」ってなるんで。だから皆Twitterでリプライ返せば。1個10秒もあればできることですし。

タツ:この番組でもご紹介したんですけど、今回東アジアカップという大会に初めて日本代表に選ばれた遠藤選手っていう湘南ベルマーレの選手が、まさにそれをちゃんとやりまして。いろんなファンが「日本代表おめでとうございます!」って遠藤選手にリプライしたら、多分ほぼ全てやったんだと思うんですけど1000件くらいですかね。全部「ありがとうございます!」っていう風に返した神対応で。

ヨッピー:素晴らしい。

タツ:それだけでもファン増えますからね。

ヨッピー:増えますよね。だから僕、距離感ってすごく大事だなと思ってるんですよね。プロレスがうまく成功しているのって、選手と観客の距離感が結構近いのかなとか思ってまして。その距離感を縮める施策があるといいのかなっていう気がしますね。

タツ:本当そうなんですよね。

ヨッピー:多分。わかんないです。今適当に言ってますけど(笑)。

タツ:そこは本当、そうだと思いますよ。ということで、ちょっと延びてしまいましたが、以上ニュースでした。

「サッカー選手は本当にモテるの?」の裏話

タツ:ということで、ここからは特集で「サッカー選手は本当にモテるのか?」の取材裏話ということで伺いたいんですが、今回は私のほうからBFB2015の盛り上げをぜひヨッピーさんにお願いしたいということで、原稿の依頼をさせていただきまして。

BFBのVTRってある? じゃあ、BFBの「こんなゲームです」っていうVTRが一応ありますので、今サマフェス中(※すでにキャンペーンは終了しています)ということなので、サマフェスご紹介のVTRを出したいと思います。

ヨッピー:(ニコ生のコメントで)「ひどい記事」(笑)。

タツ:「ひどい記事で面白かった」って、ヨッピーさんにとっては褒め言葉ですね。

ヨッピー:ありがとうございます。

タツ:ということでBFBのVTR、いけますでしょうか?

(動画再生)

タツ:VTRを見ていただいたんですけれども。このサマフェスキャンペーンを盛り上げたいということで、今回私からヨッピーさんに記事をお願いしまして、企画からヨッピーさんに考えていただいて。すいません、僕完全に企画から丸投げした感じでお願いさせてもらったんですけれども。

今回改めて、何故この「サッカー選手は本当にモテるの?」っていうところの企画を考えたのかっていうところも教えてもらいたいんですけど。

ヨッピー:いや本当、単純に「すげーモテるんだろうな、あの人たち」って何となく思ってたんで、それを実験してみようと。プロになりきって実験してみたっていうと、本当にちゃんとやったのかなと思いますけど、ぶっちゃけて言うと「サッカー選手の格好してキャバクラに行く」っていうだけの話なんで……。

タツ:(笑)。短く説明すると、そういう感じなんですね。

ヨッピー:そうなんですよ。今、僕を見てサッカー選手とは到底思わないと思うんですけど、今日そのサッカー選手の格好を持ってきてるんですよ。今の僕のこの格好、ぜひ皆さん覚えておいて下さい。これがヨッピーですと。ちょっとはけて戻ってくるんで、その時に完璧にJリーガーになってますから!

タツ:Jリーガーになってヨッピーさんが戻ってきてくれる?

ヨッピー:ちょっと待ってて下さい。(ヨッピー退出)

サッカーのユニフォームは意外と高い

タツ:わかりました! ヨッピーさんお着替えタイムということで、一旦ちょっとはけてもらって、着替えてもらいます。僕この番組10ヵ月やって初めてですね、一人になるのは。今ヨッピーさんのお着替え待ちということで。ヨッピーさんは身長もあるんで、結構サッカーユニフォームが似合うんですね。結構サッカー選手っぽくなるっていうのはあります。

(ニコ生のコメントで)「PV今流せよ」確かに(笑)。今流せばよかったね。相変わらず僕は段取り悪いな。「タツもそれっぽくなりそう」僕は太り過ぎてて駄目ですね。ちょっとメタボが過ぎちゃうんで。今ヨッピーさんが早着替えをしてくれております。はい、もう少しで……。

「どこのユニでしょうか?」それはお楽しみですね。「タツはマラドーナ」なるほどね。太ってるサッカー選手といえばマラドーナですね。今すぐそこでヨッピーさんが着替えてくれてます。凄いですね、上から下までフル装備(笑)。

ヨッピー:OK!

タツ:OKですか!? じゃあ、プロサッカー選手のヨッピーさんです!(拍手とともにヨッピー入場)ということで、完全にサッカー選手の感じになって出てきていただきました。スパイクも履いていただいて、サッカー選手っぽい感じで。

ヨッピー:めちゃくちゃJリーガーじゃないですか?

タツ:Jリーガーっぽいっすよ、ヨッピーさん! 結構イケてますよ。やっぱ身長あるってのは。(ニコ生のコメントで)「三浦(淳)っぽい」(笑)。

ヨッピー:これね、本当はちゃんとしたユニフォーム買いたかったんですよ。で、サッカーグッズ屋さんみたいなとこ行ってユニフォーム買おうとしたら「2万円」って言われたんですよ。「2万円もすんの?」と思って。

タツ:高いんすよ。

ヨッピー:ちょっと諦めて、それっぽいやつだけに……。

タツ:なるほど。ヨッピーさん身長いくつですか?

ヨッピー:僕、182センチあるんですよ。

タツ:182センチあるから、そういうのが似合うっていうのはありますよね。

サッカー選手の格好でキャバクラに突撃取材

ヨッピー:これ見てる人たちは「それっぽくないよ」って言ってますけど、これは皆サッカー好きだからわかっちゃうだけであって、全然知らない一般人からしたら、これで全然サッカー選手なんですから! 本当に。

タツ:ははは(笑)。で、実際これでキャバクラに入っていただいたと。

ヨッピー:ちょっと写真出せますかね?

タツ:写真出せます、はい。

ヨッピー:僕が案内所に行ってる写真。

タツ:キャバクラに行く前に、最初にどのキャバクラに行くかということで。

タツ:すごい写真が出てきましたね。無料案内所に入っていくヨッピーさんが出てきました。

ヨッピー:これ、6時くらいに行ったんですよ。夜遅い時間とれなかったんで。まぁ、ちょっと早めだけど6時に行ったら、キャバクラがあんまり開いてないんですよね。

タツ:6時だとそうですね。

ヨッピー:それでしょうがないから、こういうとこ行って「早めに開いてるとこ何処ですか?」って聞いて。で、おっちゃんに連れられて出てくるんですよね。次、写真あります?

(写真)

タツ:こういう感じで(笑)。渋谷ですね、これは。

ヨッピー:はい。これで熟女キャバクラに行きまして。昼間開いてるのってそういう所なんですって。

タツ:なるほどね。ちょっとコンセプト系のキャバクラが開いてるということで。

ヨッピー:プチ熟女キャバクラに行きまして。本当はこれ本番でも使いたかったんですけど、如何せんその、案内所の人の許可とってないんで(笑)。怖い人出て来たら嫌だなと、載せなかったんですけど。

タツ:そうですよね(笑)。一応ボツ写真ということで。

ヨッピー:こういうことがありましたと。