田代まさしがタイム誌「今年の顔」に選ばれていた!?
2ちゃんの組織票が生んだ“マーシー砲”とは

ネ申降臨! 田代まさしmeetsひろゆき #2/3

2ちゃんねるの組織票により、田代まさし氏をタイム誌「今年の顔」にトップ当選させようという、通称“田代祭”。2ch創始者・ひろゆき氏と田代まさし氏が、騒動の当時を振り返ります。

ミュージシャンより、お笑いの印象が強い

西村博之氏(以下、ひろゆき):でも何か、音楽活動再開したらしいじゃないですか。

田代まさし氏(以下、マーシー):いや、音楽活動再開っていうか、たまたま知り合いの「トンガリキッズ」っていうグループにいたニポポっていう人が、自分のアルバムやる時に、「ちょっとだけ参加しませんか?」って言って、ちょっと参加しただけで、別に音楽活動を再開したってわけではない。

西村:そうなんですか? でも僕、マーシーさんってあんまりミュージシャンっていうイメージないんですよね。

マーシー:そうだね。年代的に。

西村:基本的にお笑いをやってるマーシーさんを見て育ったので。本当に音楽できるのかっていうのを、心の中で疑ってるんですよ。ずっと。

マーシー:リーダーの鈴木雅之っていう、すごいボーカリストがいて。そのそばにいるから、俺たちもみんな上手いって思ってるんだけど、そのプレッシャーがすごい強くて、みんなも鈴木雅之ぐらい歌が上手いんだろうって思ってるから。

だから「何か歌ってくださいよ」ってよく言われるんだけど、鈴木雅之を期待されちゃうと、すげえ困るのよ。俺はただ鈴木雅之の横で、「ワーワーワー」って言ってただけだから。それを期待されてもすげえ困っちゃって。

西村:でも一応、歌は普通の人より上手いんですよね?

マーシー:どうなんだろう。あんまり上手くない。

(会場笑)

「俺の人生バカくさい」という着ボイズを配信していた

西村:カラオケとか行きます?

マーシー:カラオケは行かないね。あんまり。

西村:行かないんですか? 昔からずっと?

マーシー:昔からそういう場所に行っても、そうやって何か鈴木雅之と同じようなイメージで期待されちゃうから。すごい歌うのが嫌で、俺は絶対、頑に歌わなかった。

西村:でも何か最近、「俺の人生バカくさい」っていうのを歌っていらっしゃるらしいんですけど。

マーシー:ここの親会社のドワンゴさんで。

西村:ドワンゴさんで。

マーシー:着ボイス?

西村:着ボイス配信。はい。

マーシー:うん。それを録る時に、何かおもしろいフレーズないかなって考えて、「俺の人生バカくさい」っていうのを考えて(笑)。

西村:また身を削ってますよね。そんな、やりたくもないことを(笑)。「何かマーシーさん、おもしろいの歌ってくださいよ」みたいに言われて(笑)。

マーシー:「じゃあ、こんなのどうですか?」みたいな。

昔は歌手で、今はカス

西村:でも、カラオケ行く機会って結構あるじゃないですか? 大人になると。

マーシー:うん。

西村:そういう時も、基本的にはあんまり歌わない? たまには歌う?

マーシー:歌わないね。

西村:十八番的なのはあるんですか?

マーシー:あんまりない。

西村:本当に歌わないんですか。

マーシー:うん。歌わないね。

西村:でも歌手って、歌が好きだから歌手になったんじゃないですか?

マーシー:うーん。昔は歌手だったんだけど、今はカスになっちゃったから(笑)。

(会場笑)

マーシー:だから徐々にみんなで行こうよ。積み重ねだから。でも本当、カスになっちゃったからさ。

(会場笑)

裁判前に半ケツ(判決)出ちゃってる

西村:「以前はダジャレの帝王などの肩書もありましたが、現在ではどのような肩書が付けられていますか。またはご自分で肩書を自分に付けるなら、どういったものにしますか」すごい何か答えづらい、前振りのようなお手紙が来てますけど(笑)。

マーシー:ダジャレの帝王っていう部分では、さっきのストレッチ体操じゃないけど、実際にあった話なんだけど、俺が留置所にいた時に。

西村:あ、そんなとこ行ってらっしゃったんですか? 初耳です(笑)。

マーシー:行ってたよ。誰でも悪いことすると、そういうところ行くんだけど。そういう留置所に入ってる時って、ベルトとか紐とか、自殺防止のためにとられちゃうのね。

全員が、そうことしないように。そしたら俺の入ってた房の前に入ってた奴が、ちょっと若い青年だったんだけど、そいつもベルトとられちゃって、大きめのズボンはいてて、ズボンがずれ落ちて、半分ケツが出ちゃってて。ずっとウロウロしてるの。

西村:ケツ出てるなら座ってりゃいいじゃん(笑)。

マーシー:そう思ったんだけと、俺はその時、「あ、こいつ裁判前に半ケツ出ちゃってる」と思って。

西村:上手い! 上手い! 今日初めて、本当にこの人おもしろいんだって俺気付いた。

(会場笑)

マーシー:ちょっと待って。

西村:え?

マーシー:褒められるの弱いんだよ、俺(笑)。ほったらかされんの好きなんだけど。

(会場笑)

マーシーはFFのイメージを下げている!?

西村:つまんないおやじギャグ言う人って、いっぱいいるじゃないですか。

マーシー:俺つまんないのが好きなんだもん。

西村:でも、たまにおもしろいことも言うんですね。

マーシー:たまにって言うな(笑)。

西村:ちなみに質問いろいろあるんですけど、そもそもニコニコ動画って知ってました?

マーシー:知ってたよ。

西村:あ、そうなんですか? どこで?

マーシー:よく、何かそういうの流行ってるっていうのを聞くよ。

西村:でも別にネットにそんなに興味ないじゃないですか。

マーシー:うん。でも2ちゃんねるで俺のことを何か取り上げて、音楽入りで「マーシー」って出てるやつとか。

西村:見たんですか? あれ。

マーシー:見たよ、あれ。俺が、バカ殿がお風呂入ってるの覗いてたりとか。動く動画になってて。それ見た時、最初「ちっくしょー」とかって思ったんだけど。でも、よくよく見てたら、ここまで映像作って、音楽もどこから「マーシー」っていうの持ってきたんだろうとか、すごく何か思って。

西村:あれね。ファイナルファンタジーっていうゲームに出てくる、ボスと対戦するシーンの、ものすごい緊張するシーンの音楽で。あれは「マーシー」じゃなくて「セフィロス」って言ってるんですよ。ボスキャラの名前を言ってるんですけど。

マーシー:「セフィロス」って言ってるの?

西村:はい。去年そのゲームを僕はPSPでやってたら、ボスと対戦する時にその音楽が流れるわけですよ。すごい緊張するシーンなんだけど、もう頭の中にはあなたしか浮かばなくて、大爆笑(笑)。「うわー、マーシーが来た!」って言って。

マーシー:じゃあ、ボスキャラが俺になっちゃったんだ。

西村:だからそういう意味では、ファイナルファンタジーのイメージは結構下げてます。

マーシー:下げちゃったんだ。

2ちゃんねるに投稿された自分の動画を見た感想

マーシー:でも、2ちゃんねるでそういう動画とか見て、最初は何か俺のことをそうやって、おもしろ半分で遊んでるなみたいな、最初は「ちくしょう」とかって思ったんだけど。

よくよくそれ見てて、何か俺のことをすごく思ってくれてないと、ここまで作らないだろうなっていうふうに考えてみて。

西村:すごい時間がかかりますからね。マーシーさんのために何でそんな時間使うんだって話ですからね(笑)。

マーシー:そうだよね。だからそういった部分では、何か逆にありがたいし、こいつに会ってみたいなとかって思ったりしたよ。

西村:会ってみたいそうです。お便りください。待ってます(笑)。俺が作者だっていうのと、作者の証明を送っていただければ、マーシーさんが会ってくれるかもしれません。

ちなみに今はニコニコ生放送に出てて、こうやってコメントがずらーっと出るじゃないですか。「俺が作者だ」とか「オレ、オレ」とか(笑)。

マーシー:うん。早いよね、反応が。

西村:どうですか? こういうのに出て、リアルタイムにいろいろ言われるっていうのは。

マーシー:本当に「俺が作者だ」って出てくるね。

西村:嘘つきだらけですね(笑)。でもテレビとかって基本的に、撮って、本当に見てる人の反応って、リアルタイムに見れないじゃないですか。でもこれって、もうあからさまに見えてるじゃないですか。オレオレ詐欺的なやつとか。こういうのって、やっぱり出てみてどうですか?

マーシー:やっぱり、すぐこうやって反応が来たりとか、たくさんの人がこうやって見てくれて。

西村:ほら、「イエーイ! 見てる?」とか「神、見てる?」とか言われてますよ。

1回だけ自分で2ちゃんねるに書き込んだ

西村:「ちなみにマーシーさんって、2ちゃんねるに書き込んだことがあると聞いたんですが、本当ですか?」って。

マーシー:うん、1回。一緒に対談した「2ちゃんねる」っていう雑誌あったじゃない、昔。その時のスタッフに「本当に2ちゃんねるに書き込んでみませんか?」って言われて。

それでノートパソコンみたいなのを持ってきてくれて、俺自身が2ちゃんねるに書き込むっていう企画で、本当に書き込んだの。

西村:何て書いたんですか?

マーシー:「俺が本物のマーシーまさしだよ」って(笑)。

西村:いや、あからさまに嘘っぽいじゃないですか。

マーシー:何で? でも、そう思われちゃうだろうなと思ってたけど、その時にまた話題になって「あれ本物?」みたいな。

西村:そこで本物しか言えないような、おもしろいダジャレがあったら、もうみんな「本物だ!」って信じたのに。残念!

マーシー:残念で終わっちゃうんだ。

(会場笑)

タイム誌でパーソン・オブ・ザ・イヤーを獲得

西村:ちなみに「マーシー砲」とか「マーシー祭」っていう用語が。

マーシー:知ってるよ。

西村:あ、知ってるんですか?

マーシー:だって、その「マーシー砲」っていうのが生まれて、俺はタイム誌の表紙になったっていう。

西村:あ、知ってるんだ。そのタイム誌のパーソン・オブ・ザ・イヤーで1位になった感想を。パーソン・オブ・ザ・イヤーですよ?

マーシー:しかも、ウサマ・ビンラディンを抜いてだよ。「ビンラディンを抜いて、俺1位って」みたいな(笑)。

西村:たぶん世界中の人は、「ビンラディンはわかるけど、マーシーって誰?」って(笑)。

マーシー:その「マーシー砲」ってすごいなと思ったよ。だって、ビンラディンを抜いて1位になるぐらい「マーシー砲」ってすごいわけでしょ?

西村:すごいですよ(笑)。

マーシー:タイム誌のやつらが、「マーシーって誰だ?」ってなったわけでしょ?

西村:たぶん調べたと思いますよ。その結果「消そう」ってなったんだと思うんですけど(笑)。

マーシー:「こいつは失格」みたいな(笑)。

マーシーが死んだあとも残る「マーシー砲」

西村:でも1位で世界デビューしたわけじゃないですか。

マーシー:うん。ちょっとそういった部分では「マーシー砲」とかを、そうやって生まれたこと自体は、マーシーっていうものが、みんなの中のどこかにあるんだなっていう部分では嬉しいなと思う。

西村:でも「マーシー砲」って基本的にネット上のサーバーを落とすためのツールなんですよ。

マーシー:ダウンさせたりするわけでしょ? 

西村:マーシーさんが死んじゃったあと、100年後ぐらいもたぶん「マーシー砲」って呼ばれると思うんですよ。

マーシー:そうなんですよね。

西村:そのツールとしてずっと「マーシー砲」っていう名前が残り続ける気がするんですけど、それは名誉なことですか?(笑)

マーシー:でも「マーシー砲」って名前が付いただけでも、すごいんじゃないかなとは思うけど。

西村:確かに。普通はツールに人の名前って付かないですからね。「インターネットエクスプローラー」とか「ブラウザ」とかって、何か機械っぽい名前が付くじゃないですか。あれだけ何故か「マーシー砲」っていう名前が付いてますからね。(笑)。

マーシー:うん。そういった部分では嬉しいかなと思う。

マーシーが出ているゲームは面白いのか?

西村:ちなみに、ファミコンソフトの「田代まさしのプリンセスがいっぱい」ってゲームをプレイしたことあります?

マーシー:あるよ。

西村:あるんですか? おもしろいんですか?

マーシー:自分ではどうなんだろう。

西村:何でゲームを作る気になったんですか?

マーシー:その頃はまだやっぱりテレビに出てて、すごい人気あったし。今はもう全然駄目だけど(笑)。その頃に、ゲームの会社の人から、「マーシーのゲーム作りませんか?」って話来て。

でも最近も、何かそういうネットの世界で「CR田代まさし」ってパチンコができたって、嘘のニュースが流れてて。注射器が出てくると激アツみたいな(笑)。やかましいってんだ、このやろう!

(会場笑)

マーシー:ほっといてくれよ、もう(笑)。でも「CR田代まさし」ってパチンコできたら、何かやってみたいなとか思って。

西村:ちょっとやっちゃおうかなって?(笑)

マーシー:うん。ちょっとやっちゃおうかなって気はするけどね。

西村:それで、注射器出てきちゃったみたいな?

マーシー:うん、激アツみたいな(笑)。

中学校の体育祭にマーシーが現れた!?

西村:「私は中学生の時、体育祭でマーシーさんからサインをいただいたことがあります。あの時は本当にありがとうございました。今でも家宝として大切にしております」とのメッセージが。体育祭に行ったことあるんですか?

マーシー:そんなとこに行かないと思うんだけどな。

西村:中学校に遊びに行ったんですか?

マーシー:何でだろう。

西村:普通、中学生の体育祭って行く機会ないじゃないですか。親子参加的な?

マーシー:そうかな? 俺、自分の息子の学校に父親として行ってて、その学校の生徒にサインしたのかもしれない。だってその時は俺、普通のお父さんとして、運動会とか行ってるから。

西村:今、普通のお父さんじゃないんですか?(笑)

マーシー:うん。ちょっと普通のお父さんじゃなくなっちゃったんだよね(笑)。

西村:あらら(笑)。

マーシー:ちょっと陰のあるお父さんになっちゃった。

西村:ちょっと何かね、大人の何か陰りが(笑)。

息子の運動会に行くと、子どもにカンチョーされる

マーシー:その運動会の時に、お父さんが出る競技とかあるんだけど、すごいよ。俺が出てくじゃん、その競技に。そうすると、全校生徒が「マーシー!」ってみんなで応援するからね。

しかも自分の息子とかビデオでこうやって撮ってたりなんかすると、いきなりわけのわかんない他の子どもが、俺のケツめがけてカンチョーやったりするんだよね。

(会場笑)

西村:子どもってひどいっすよね。加減を知らないからね。

マーシー:その時せっかくビデオを撮ってたのに、あまりのケツの痛さに「何すんだ、コノヤロー!」とかってなって。

西村:ちょっとしたマジギレを(笑)。

マーシー:「あ、マーシー怒ったー」とか言って(笑)。

西村:ムカつく。それだから俺、子どもは嫌いだ(笑)。でも、わりと子どもには昔から愛されてますよね? 何か大人にウケる芸能人と、子どもにウケる芸能人って、やっぱりわかれるじゃないですか。そういう意味で、わりと子ども人気が高いですよね。

マーシー:そうかな?

西村:うん。そんな自覚ないですか?

マーシー:うーん。俺が子どもだからかな。

西村:あら、もうこんないい年して。ちょっと老眼も入っちゃったのに(笑)。

マーシー:そうだね。いくつになっても甘えん坊?(笑)

西村:ちなみにマーシーさん今いくつなんですか?

マーシー:今は52。

嫌いなタレントベスト3位にはじめて入った

西村:「ちなみにご出身はどちらですか?」

マーシー:俺は佐賀県出身なのよ。

西村:またマイナーな。

マーシー:だから、一時期佐賀県の歌が流行ったのを覚えてる?

西村:はなわさんですか?

マーシー:はなわが俺のことをネタにしてて。佐賀県出身のいろんな有名人を言ってって、「田代まさしも佐賀県。もう言えない。もう言えない」みたいな。それで、「あー、ついにネタにされちゃったよ」と思って(笑)。

西村:それはやっぱり光栄なんですか? それとも何か、ちょっと芸能界の先輩的には「挨拶のひとつぐらい!」みたいな。

マーシー:でも、「取り上げてくれてるんだからいいのかな」みたいな。

西村:「とりあえず忘れられてなければいいや」みたいな。

マーシー:うん。だからそういった部分では、この間「SPA!」っていう雑誌で、嫌いなタレントのベスト3に俺が入って。その時の1位が麻生太郎で。

西村:タレントじゃねえだろ。

(会場笑)

マーシー:2位が小島よしお。それで、3位が俺だったんだけど。今まで俺、すごい人気あった時からも、嫌いなタレントのベスト10にも入ったことないし。好きなタレントのベスト10にも入ったことないのが、すごい俺、自慢だったのよ。

西村:それ自慢なんですか?

マーシー:自慢なのよ。

ものすごい好かれもしなく、嫌われないのが自慢だった

西村:それでもたぶん、誰にも知られてない芸人とか両方に入ってないから、一緒だと思うんですけどね(笑)。

マーシー:違うんだよ。第一線で活躍してるのに、その両方に入らないって、すごい難しいことだったの。

西村:ものすごい好かれるわけでもなく、ものすごい嫌われるわけでもない。

マーシー:そこの位置にいて、ある程度の位置にいれたってことが、自分の中ですごい自慢だったのが。

西村:それは狙ってやってたんですか?

マーシー:狙ってたわけじゃないんだけど、結果的にそうなった。それがすごい俺は、誰にもできないことなんじゃないかなと思ってて。

西村:確かに珍しいっちゃ珍しいですよね。

マーシー:俺はそれが自慢だったんだけど、ついに嫌いなほうに入っちゃって。それで「取材をお願いできないですか?」って話が来て。その時、嫌いなほうだったから、どうしようかなって思ったんだけど。

でも俺がこんな事件とか起こして、こんな目に合ってても、未だにその3位に、しかも麻生太郎とか小島よしおと肩を並べてるわけじゃん。

西村:小島よしおと肩並べても、あんまり嬉しくないですけどね(笑)。

マーシー:でもその中に入れてもらえてるってことは、俺はこんなになっちゃっても、その中に並べてくれてるってことが、何かすごい嬉しかったのね。

西村:確かに知名度はやっぱり強いですよね。

マーシー:うん。そういった部分ではありがたいなと思って、その取材を受けたんだけど。

西村:はい。でも3年ちょっと遠くにいても、全然忘れられないっていうのは便利ですよね。

マーシー:便利っていうか、なぜなんだろうっていう。

西村:一線の芸能人とかって、忘れられないように一生懸命仕事ずっとやっていって。何か1年ぐらいいないと、もう過去の人扱いされるわけじゃないですか。

マーシー:そうでしょ?

西村:もう何か「ギター侍ってどこ行ったの?」みたいな話になるわけじゃないですか。でもマーシーさんって未だに「あ、マーシーさんだ」みたいになるわけじゃないですか。

マーシー:何でだ?

西村:それってやっぱり印象が深いんじゃないですか?

マーシー:そうかな?

西村:うん。おめでとうございます(笑)。

マーシー:何がおめでとうなんだよ!(笑)

Published at

スピーカー

関連タグ

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

ログミーをフォローして最新情報をチェックしよう!

人気ログ

ピックアップ

編集部のオススメ

そのイベント、ログしないなんて
もったいない!

苦労して企画や集客したイベント「その場限り」になっていませんか?