マーシーの初体験は、中3のとき

西村博之氏(以下、ひろゆき):学生時代はどんな子供でした?

田代まさし氏(以下、マーシー):学生時代は、まあみんなが普通に通ってくる不良の道。

ひろゆき:普通じゃないじゃん。

マーシー:だからほら、育ったところが新宿で。

ひろゆき:佐賀出身で新宿で育ったんだ。

マーシー:新宿育ちなの。それで、周りに何かキャバレーのお姉さんたちは住んでるわ、オカマのお姉さん達が住んでるわ、ラブホテルがいっぱいあるというところで育っているから。

ひろゆき:ちらっと書いてあった「初体験はいつですか」とかっていうのは?

マーシー:中学3年。

ひろゆき:おお、早いですね。

昔はサザンと肩を並べていた

ひろゆき:ちなみにデビューのきっかけっていうのはどんなんですか。

マーシー:デビューのきっかけ? アマチュアバンドやってて、ヤマハのバンドコンテストにみんなでアマチュアバンドしてた時に出演していて。その時、偶然サザンも出てたんだけれども。

俺たちも一緒に出て、俺たちもサザンも両方とも優秀グループ賞っていうのを取ってサザンのほうが先にレコード会社から声が掛かって、1年早くデビューしたんだけれども。そのあとに、アマチュアコンテストを見に来たレコード会社の人たちに見初められて俺たちも認められて、「デビューしない?」って言われてデビューした。

ひろゆき:なんでシャネルズっていう名前にしたんですか。

マーシー:当時の名前を何にしようかなと決めていて、昔はロックンロールとか、リーゼントとか、そういうのに憧れていて。アメリカンチックな映画の中のヒロインでマリリンモンローっていうのが出てきて、マリリンモンローは寝るときに何も着ないでシャネルの5番をつけていたっていう話が有名で。それでシャネルっていうのがすごくいいなって言って。

ひろゆき:それでシャネルズって、ちょっと安直じゃないですか。しかも名前変えちゃってるじゃないですか(笑)。

マーシー:ちょっといろいろあって。

ひろゆき:やっぱシャネルに怒られたから、仕方なく名前を変えたんですか。

マーシー:いろいろ問題があったんだけれど、そこらへんはちょっと。

ひろゆき:うーん、まぁまぁいろいろね。

マーシー:秘密の話なんだけれども。

バンド=エンターテイメント=お笑い

ひろゆき:なんで突然バラエティ路線にいったんですか?

マーシー:みんなそうやって不思議がるんだよね、音楽から急にバラエティにいったって。でも、もともとシャネルズとかラッツ&スターのステージ上で歌は鈴木雅之、面白い部分は田代まさしってちゃんとコーナーがわかれていたので。

ひろゆき:そうなんですか。

マーシー:ステージ上で面白いことは、俺がずっとやり続けてきていたのね。昔からのファンの人は、やっぱりマーシーはバラエティに出てきたなと思っているんだけれども。

だから、たまたまそのシャネルとかラッツ&スターを見に来てくれていたバラエティ番組の関係者の人が、「こいつ面白いから使ってみよう」ということになって、俺だけ出てみないかという話がきて。

ひろゆき:桑マンはその時いらない的な。

マーシー:いや、その時は桑野も来ればって俺が連れてきたんだけど。

ひろゆき:その時代ってドリフターズもミュージシャンじゃないですか。なんでミュージシャンからお笑いに行くっていう流れが結構あったんですか、あの時代って。

マーシー:ドリフターズもミュージシャンだったし、クレイジーキャッツって植木等さんもバンドやっていたんでね。「バンド=エンターテイメント」っていうのはやっぱりいかに皆を楽しませるかっていう部分でいくと、歌と曲とお客さんをいかに楽しませるかに、バラエティの部分というのはすごく必要であると、俺はそういうふうに考えていたから。

今のミュージシャンは、お笑いに行かない

マーシー:ステージ上では、来てくれたお客さんに楽しんでってもらおうと思って、なんか途中で寸劇みたいなのがあったりとか。

ひろゆき:ライブなのに寸劇とかやったりしてたんだ。

マーシー:寸劇をやっていたりしてたよ、最初のころなんかはリーダーに「お前は日本語をしゃべるな」って言って、俺が通訳になって。リーダーはずっと「ユーアーマイサンシャイン」しか言うなって言っていて。

ひろゆき:あんな厳つい顔の鈴木さんがちゃんとネタの打ち合わせとかするんすね。

マーシー:俺が「鈴木さん、今日はライブやってどうですか」って言うと「オー、ユ―アーマイサンシャイン」しか言わなくて、「今、鈴木さんがこういうふうに言っていますよ」と、俺が通訳したりとか。

ひろゆき:なんで今のミュージシャンってお笑いに行かないんですかね。

マーシー:なんで行かないんだろうね、そういうグループ出てこないだろうね。

ひろゆき:最近全く聞かないですね。

出所して気づいた社会のは厳しさ

ひろゆき:そういえば、いかしたそのTシャツどこでゲットしますか。

マーシー:これね、最近作ったんですけれども、ひろゆきさんにも着てもらっているんだけど。

ひろゆき:はい、マーシーさんの顔がちょっとなんかチェ・ゲバラ風な、パクッた風な。なんでまたTシャツ作る気になったんですか?

マーシー:生きていく術? 今、これが生活の糧になっています(笑)。買ってください、お願いします、皆さん。

ひろゆき:めちゃくちゃリアルな話されて、ビックリしちゃった。

(会場笑)

マーシー:大変なんだから、生きていくの。俺、別荘から出てきてビックリしちゃったんだから、あまりの世の中の厳しさに。

ひろゆき:そんなに厳しいんですか?

マーシー:厳しいよ! 部屋を借りるのもダメだし、携帯買うのもダメだし。

ひろゆき:えっ、携帯はなんでダメなんですか?

マーシー:携帯はちゃんと住まいがあって、公共料金の引き落とし書とかをちゃんと持って行って買わなきゃ、今買えないのよ。

ひろゆき:免許証って持っていないんですか?

マーシー:免許証もちょうど俺が入る前に交通事故を起こして。人身事故だったんで、すごい点数引かれて免許取り消しになっちゃったのよ。

ひろゆき:パスポートとかは?

マーシー:パスポートも切れていると思うんだよね。だから携帯は買えない、家は借りられない。世の中厳しくて、仕事もないわ。

ひろゆき:それでTシャツ屋になろうと。

マーシー:そういうわけじゃないんだけど、たまたま温かい心の人がTシャツ出してみませんかっていう話をくれて、ありがとうございますって言って。