誰もが旅を楽しめることが「アクセシブル・ツーリズム」

星加良司氏(以下、星加):私がファシリテーターという役割を仰せつかっておりますので、これから進行をさせていただきたいと思います。星加と申します、よろしくお願いいたします。

まず初めに、今日のパネルディスカッションの趣旨と狙いについてお話をさせていただきたいと思います。

「2020年の先を考える」というのがこのパネルディスカッションの狙いになっています。「先を考える前に2020年の大会をなんとか成功させることのほうが先決ではないか」と思われる方もおられるかもしれませんが、まず前提として、あと1年ちょっとの期間で私たちが目指すべきアクセシブル・ツーリズムのあり方を実現するというのは、決定的に時間が足りないだろうと思っています。

その足りない時間の中で何ができるのかを考えることは当然大事ですが、2020年はあくまでも通過点なわけですから、その先に私たちがどういう社会を目指していくのかを、いまの時点で共有し、そこに向けた確実な第一歩をこの1年で踏み出しておくことが何より大切だと考えています。2020年はあくまでもきっかけであり、その先にアクセシブル・ツーリズムの取り組みが着実に推進されていくような機運を作っておくことが非常に重要だと思っています。

では、そもそもアクセシブル・ツーリズムとは何かということなんですが、今日のシンポジウムの資料に説明が書かれています。その中では「誰もが旅を楽しめることを目指す」とあります。それから、東京観光財団という公益財団法人が出している文章の中では「安心感を持って快適に都内観光を行うことが重要」なんだというフレーズも出てまいります。

また、国連の組織で、World Tourism Organizationという機関がありまして、そこでアクセシブル・ツーリズムについて謳われている文章の中では、「ensuring」つまり「保証する」ということが書かれています。障害者が旅先のあらゆる場所にアクセスできることを保証する、確実に実現できるような体制を確保することが重要だと言われているわけです。

さらには、「a general, basic mainstreaming framework」という言葉が出てきます。「一般的で基本的な通常の枠組み」の中で、そうした障害者のアクセスが保証されることが必要だということです。特殊な旅行サービスの中でアクセスできればいいということではなく、一般的で通常の枠組みが大事なんだということが書かれています。

障害を持った子どもたちをサポートする「グリーン・ツーリズム」

星加:これらを総合してみると、単に「なんとか旅ができればよい」ということではなく、楽しめる旅である、安心できる旅である、快適な旅であることが保障されていて、しかもそれが通常の枠組みの中で、ということがアクセシブル・ツーリズムを考える上での重要な視点として示されているんだろうと思います。

本日は、このアクセシブル・ツーリズムについての基本的な考え方を踏まえた上で、東京都さん、各事業者さん、障害を持った当事者でもあり、NPOの活動もされているパラリンピアンの方にお話をうかがいながら、2020年から先、私たちはどういう東京を作っていくことを目指して取り組んでいけばいいのかについて、考えていきたいと思います。

さっそくパネリストのみなさまに、自己紹介がてら、それぞれの方がいま、それぞれの主体の中で進めておられる取り組みについて、簡単にご紹介いただきたいと思います。それではまず、上原さんからお願いできますでしょうか。

上原大祐氏(以下、上原):あらためまして、パラアイスホッケーという競技をやっていて、3大会パラリンピックに出場して、いまは引退してNPO法人「D-SHiPS32(ディーシップスミニ)」と、一般社団法人「障害攻略課」というところに携わっています。上原と申します、本日はよろしくお願いいたします。

(会場拍手)

ありがとうございます。できるだけ、いい発言をしたら拍手はいっぱいくださいね! よろしくお願いします。

私は、NPOの中で、障害を持った子どもたちをサポートするための1つとして、「グリーン・ツーリズム」をやっています。車いすは土が最強の敵です。なので「畑に入れないよね、海には行けないよね」というみなさんの固定観念で、いまの子どもたちが素敵な機会を損失しているのであれば、その経験を届けて、子どもたちに「できた!」を届けていきたいなと考えております。

「車いすでは行けない場所」を変えていく

上原:その1つが、長野県東御市にある畑です。ここはすごくシンプルで、野菜と野菜の間のスペースをとって、ゴムシートを敷いてあげれば、車いすが入れる。以上です。みなさんが「何か変えたいな」と思った時に、「車いすの人か」と思った時に、「目が見えない方か」と思った時に、眉間にしわを寄せて真剣に考えすぎることで解決できないことがあります。そうではなく、「シンプルに」がすべてです。

もう1つ。車いすの男の子と女の子を、一昨年、親御さんなしで初めての海外に連れて行くというツアーをしました。バンクーバーです。この2人が街に着いてすぐに言った言葉が、「声をかけてくれる人がたくさんいて、すごく優しい街だな、すごく優しい国だな」です。これが子どもの素直な気持ちです。

日本もそういった子どもたちが「あ、優しい東京だな、優しい〇〇だな」と感じるために必要なのは、ハードの面ではなく、みなさん一人ひとりの意識の問題です。その意識とハードを足して100パーセントのバリアフリー、100パーセントの動きやすい街作りを(実現)していくことが大切だなと思います。

もう1つですが、奄美大島にバリアフリーのマリンスポーツリゾートがあります。「ゼログラヴィティ」といいますが、先ほども申し上げたとおり、車いすは土が最強の敵です。「砂浜だめだよね」「船だめだよね」といったみなさんの固定観念をガッツリひっくり返す、そんな施設になっています。

具体的にはですね、またみなさん各自で調べていただければなと(笑)。今日はちょっと時間がないので、こんな活動をしています(ということで、簡単な紹介になります)。

日本のユニバーサルデザインは健常者の「ファンタジー」

上原:もう1つが、「障害攻略課」。さきほどもお話ししたように、眉間にしわ寄せて障害を真面目に考えすぎるのではなく、ゲーム感覚で攻略していこうというのが、この障害攻略課という一般社団法人です。

何をしているかというと、モノとヒトとコトと街の攻略をしましょう、ということです。また、観光のこともしているので1つだけご紹介したいと思います。「バリアフリー滝行」といって、車いすの人でも滝行ができるところを作ろうということで、石川県の中能登町で始めました。

(映像再生)

普段の私の汚い心が綺麗になっていく、そんな映像でございます。ということで、NPO、そして一般社団法人で、「シンプルに」そして「当事者をしっかりと入れた」デザインをしています。

今の日本のユニバーサルデザインは、ファンタジーデザインです。何かというと、健常者のみなさんが「こんなふうだったらいいよね」ということで作られた基準等々が多いです。ぜひ、プロ意識を持った当事者をしっかりと入れた、インクルーシブデザインをやっていくことが、いまの日本に最も大切なことだなと思っています。

また後ほどお話ししたいと思います。上原大祐でした。ありがとうございます。

(会場拍手)

星加:上原さん、ありがとうございました。私のような大学教員は眉間にしわ寄せて考えがちなんですが、そうではないアプローチですね。ハードと人と、両面にわたって働きかけていく取り組みについて、精力的に行っておられるということをご紹介いただきました。

それでは引き続いて、JTBの関さんから、よろしくお願いいたします。

イギリスでは重度の障害があっても外出や旅行が楽しめる

関裕之氏(以下、関):みなさまこんにちは。ご紹介いただきました、JTBの関と申します。どうぞよろしくお願いいたします。最初に簡単な自己紹介をさせていただきたいと思います。

私は、大学時代に1年間休学をしまして、イギリスの重度の障害者施設で、住み込みで介護ボランティアを経験しました。その施設には、障害をお持ちのイギリス人がたくさんいらしたんですけれども、みなさま重度の障害があるにもかかわらず、外出や旅を楽しんで、日常生活の中で生き生きと生活されていたんですね。

そんな中で大きなカルチャーショックを受けました。そして日本に帰国しまして、日本の障害のある方の旅のお手伝いができればと思い、1991年にJTBに入社しました。その後約20年間ですが、現場でさまざまな障害のあるお客様のご旅行の企画や販売、添乗に携わらせていただきました。

そして2012年から、JTBの本社でユニバーサルツーリズム推進を担当しております。「ユニバーサルツーリズム」という言葉は、東京都様が進められている「アクセシブル・ツーリズム」と同義語になりますので、ご理解いただければと思います。

それでは、スライドを使ってご案内します。JTBは2012年に100周年を迎えました。そして、その年に新しいプロジェクトとしてスタートしたのが、JTBグループのユニバーサルツーリズムの取り組みになります。

基本理念は、「Tourism for All」の実現に向けて、「感動のそばに、いつも」というブランドスローガンを実現するために、年齢や性別、国籍、障害の有無にかかわらず、お客様に安心してご利用いただける旅行会社を目指して、グループ全体で取り組みを推進しています。