「一人多職」の2つの目的

川下和彦氏(以下、川下):3つの時代の変化についてご紹介してきましたが、今度はできるできないはこれから議論するとして、「一人多職」をぼくがおすすめする理由について紹介したいと思います。

できるならやったほうがいい理由その1。これはシンプルです。「複数収入源の確保」です。お財布が1つより3つか4つかあれば、当然資金的には苦労しなくなるという簡単な理屈です。

もう1つは「複数収入源の確保」と似ていますが、「リスク分散」です。再起は「AIが普及すると、仕事がなくなるかもしれない!」というように煽る風潮もありますがよね。他にも「テクノロジーの発達によってあなたの仕事はなくなるかもしれません! なくなる仕事ベスト10」のような記事を見かけることもあります。

でもそれは現実にあり得ることですし、昔あった仕事が今はなくなっている、ということはたくさんあるわけです。こうした時代の流れのなかで1つの仕事しかしていなくて、もしその仕事が必要とされなくなったら食い扶持がなくなってしまいます。

ところがそんなときいにいくつか仕事を持っていたら、1つがダメになっても他の仕事で補うことができうるわけです。

希少価値を高めるシナジー効果

さきほどのイノベーションの話にも通じますが、多職によりシナジー効果が生まれると思っています。複数の領域にまたがった知識や経験が身につくと、「あ、あれとこれを組み合わせたら、こんな面白いことができるよね」という具合に、新しい発想が生まれることもあります。

ぼくは大学院までコンピュータ・グラフィックスを専攻していましたが、そこでもアート系の人とプログラミング、理工系の人の発想をどう融合していくか、というのが課題でしたが、1人の頭の中で融合させられたら、もっと面白いものができるのではないかと思ったこともありました。

あと視野が拡大していく、ということも言えるでしょう。専門性を追求して、1つの組織にどっぷりつかって、何時間、何日、何年と過ごしていると、職能が磨かれる反面、価値観が固定化しかねません。

ところがほかの仕事を持っていると、もっと視野を広く持つことができますよね。さらに「希少価値の増進」と書きましたが、職業を複数持っていると、個人の希少価値を高めていくことができます。

例えば英語ができる人は10人に1人いるかもしれませんが、それに加えて会計ができる人となると、100人に1人というようにどんどん希少価値が高まっていきます。

ぼくはよく「1/nのnを大きくしていくことが大切だ」と言っていますが、nの値が1, 10, 100, 1000と大きくなっていくにつれて、それだけ貴重な人材になるというわけです。そうなると時間単価が上がるので、仕事の生産性が高まってくるとも言えるのではないでしょうか。

「夢の実現」していますか?

最後に、「夢の実現」と(スライドに)書きました。今本当にやりたいことを仕事にすることができている方はいらっしゃいますか?

(会場挙手)

あまりいらっしゃらないですよね。

ただ多職を実践することができるようになると、1つの仕事で着実に収益を生みながら、もう1つの職業はチャレンジする、ということがやりやすくなります。そうすると本当はやりたかったことに取り組むことができるようになり、夢の実現が近づいていくように多い巻いた。

では「多職」の時代がきていて、そこにメリットがあることはわかったけれど、実際どうすれば、「一人多職」を実現することができるのでしょうか。

みなさんが所属されている組織によって、まだまだ多職は難しいという状況があると思いますので、ぜひいろいろ議論させていただければと思います。

最初の仕事を軸足にせよ

ここからは、あくまでご参考までに、ぼくがどのようにして多職を実践することができるようになったかを話させていただきたいと思います。ところでみなさんは「ピボット」という言葉をご存知ですか? バスケットボールにも使われる言葉で、軸足を固定して、もう片方の足を動かすことです。このピボット感覚が大切だと思っています。

まず1つ目の仕事もきちんとしていないのに「副業やります!」「3つも4つも仕事をやります」と言ったら、1つ目の仕事が危うくなりかねません。まずは1つめの仕事をしっかりできるようになることが大切です。

僕は『勤力を鍛えるトレーニング』、略して「勤トレ」という本を書いたのですが、働くという字をじーっと見ているうちに「人が動く」という意味でもあると考えるようになりました。そしてビジネスは人が動くこと、つまりスポーツと同じだと考えました。

勤力を鍛えるトレーニング(勤トレ)

ビジネス書を書いていながら言うのもなんですが、ビジネス書を読むだけだと仕事ができるようにはなりません。逆上がりもそうだと思うんですけど、やり方を勉強しただけでは逆上がりは上手くなりません。ところがずっと逆上がりをやってるうちに、なんとなく体で感覚をつかんでいけるのと一緒で、ビジネスもやっている少しずつ上手にできるようになっていくものです。

そうした意味で会社のような組織はジムのように考えることもできます。ジムを使い倒して、自分を鍛えないと損ですよね。

少しずつ自分を鍛えよう

ではみなさんのなかに筋トレされている方はいらっしゃいますか?

(会場挙手)

ありがとうございます。ぼくは「筋トレ」と「勤トレ」は同じだと思っています。筋肉が強くなるメカニズムを簡単に紹介すると、筋肉は筋繊維と呼ばれる繊維が集まってできています。重たいものを持って、筋肉に負荷をかけると筋繊維が傷つきます。

筋繊維が傷つくと、体がそれを修復して、もっと強くなろうとして筋繊維が太くなっていくわけです。そうやって筋繊維を傷つけることと修復することを繰り返していくうちに、どんどん筋肉がついていくんですよね。

そう考えると多職を実践したいからといっていきなり難易度の高いことをやろうとすると、事故を起こしてしまいかねません。筋トレで言えば、50kgの重さしか持てない人が100kgのものを持とうとすると、大怪我してしまうのと同じです。50kgしか持てない人はまず地道に52.5kgに挑戦し、そのうち55kgに挑戦して、ということの繰り返しかなと思います。

今日は管理職の方もたくさんいらっしゃると思いますが、部下にいきなり相当難しいことをお願いしたら失敗するのは当たり前で、少し背伸びしてチャレンジしたらうまくいかないことがあるかもしれないけれど、そこから学んで成長する、というぐらいの負荷をかけることができればよいのではないかと思っています。