スマホ文化はどんな進化を遂げる?

司会者:お待たせいたしました。ただ今より、S1−4「次の5年のスマホ活用の文化・広がりを俯瞰する」と題し、フリーランスジャーナリスト・コンサルタント、林信行様よりご講演いただきます。それでは、よろしくお願いいたします。

林信行氏:みなさん、こんばんは。これから40分ほどお付き合いいただければと思います。ちょっとわかりにくいタイトルなんですけれど(笑)。

今日、SoftBank World、朝から参加されている方もいっぱいいらっしゃって、今、大きく時代が、人工知能やIoT、そういったものに流れているということを感じていただいたと思います。

これからの私のセッションでは、この人工知能やIoTといったものが、みなさんのポケットに入っているiPhoneやAndroidといったスマートフォンとどう関わってくるのか。そのあたりの話をしようと思っています。

私も、今年でテクノロジー業界の取材を始めて26年目になるんですけれど、歳のせいなのか、最近はよく考えれば考えるほど、昔に未来のヒントがあるのを感じたりします。

今年はもう1個、話題のキーワードでいうと、VRも話題ですよね。実はVRの研究も、もう数十年前から、MITのメディアラボとか、そういうところで行われているものでした。

今って、人工知能にしても、IoTにしても、非常に激しい競争のなかでやっているので、性急に製品を出さなければいけないというかたちで、みなさん、短期間のあいだで商品化していくものが多いんですけれど、90年代とか80年代は、もうちょっと時間があって、世界のトップレベルの研究者たちがけっこうおもしろい未来のことを考えていたりします。

「Knowledge Navigator」が夢見た未来

みなさんも今日、一番最後のセッションまで出ていただいて、お疲れだと思うんですね。ちょっと気を楽にしながら、Appleが1987年頃に作っていた「Knowledge Navigator」というビデオを最初にお見せしようと思います。

Knowledge Navigatorを、ご存知の方ってどれぐらいいらっしゃいますか?

(会場挙手)

ちらほら、1割に満たないぐらいはいらっしゃいますね。もうすでにご存知の方はすみませんが、お付き合いいただければと思います。では、お見せします。

(Knowledge Navigatorの紹介動画が流れる)

これはYouTubeなどで見ていただくとして、このKnowledge Navigator、言ってみれば、今から30年前のiPadですよね。

実際のiPad、この30年の隔たりによって、なにが変わったかというと、カメラがあんなに大きくゴツくなくてもいいってことはもちろんなんですけれど、上でPhilという名前の人が出てきて話をしていましたけれど、ああいった偽の人格の顔まではいらないということがありますね。そういったものがなく、今、Appleの「Siri」というiPhone、iPadの機能では、顔が出てこずに声だけが出てくるというかたちで実装されています。

今のビデオを思い出してほしいんですけれど、一番最初にPhilがこう言います。「メッセージが3件あります。先生の研究員がグアテマラから連絡してきました」。今、先生に伝えるべき内容を教えてくれるんですけれど。

これってよく考えると、すでにiPhoneで実行されている「通知」という機能、Androidにもありますけれど、これにほかなりません。

みなさん、「通知」というのは、iPhoneがブルっと震えて、画面を見たときにしか気がついてないかもしれませんけれど、今、Siriを起動して「通知を読み上げて」と言うと、もうちゃんと声で返してくれます。なので、この部分はすでに現実になっています。

「Siri」が可能にしたこと

あるいは、次にはこのPhilが「今日の12時に学部内の昼食会があります」とか、スケジュールを言ってくれました。

これも実は、iPhoneで通知を上からピッて出してきて、その横の「今日」というところをタップすると、今日の予定が出てくるようになっています。

iPhoneのSiriに向かって、「今日の最初の予定は?」と聞けば、「今日の一番最初の予定は、朝9時から電話インタビューです」とか、こういうふうに教えてくれるようになっています。

そして途中、先生が論文を探していて、まだ読んでいない新しい論文を出してくれってことを、このKnowledge Navigatorに言っていました。

これもまったくほぼ同じようなことが、例えば今、iPhoneのSiriに向かって「未読のメールを表示して」と言うと、いっぱい受信しているメールのなかから未読のメールだけを選別して表示してくれます。

実はこのKnowledge Navigator、30年前のAppleのiPadの未来のビジョンは、今日、現実のものになりつつあります。

Siri、使っていますか?

ここでもうひとつみなさんに聞きたいんですけれど、Siri、いったいみなさんはどれだけ使ってらっしゃいますか? 

これは今年出る「iOS 10」の話ではなくて、今現在のSiriでも、もうすでに賢いことが起きています。

ただ、やはり今はあまりにも毎年いろんな機能が発表されるので、それを使いこなせていないという、そこがうまくいってない部分があると思うんです。

例えば、僕はけっこうSiriを使う人間なのですが、iPhoneに向かって「渋谷で撮った写真を見せて」って言うと、何万枚とある、僕のiPhoneのなかの世界中のあちこちで撮った写真のなかから、渋谷で撮った写真だけを選別して表示してくれます。

もし渋谷で撮った写真がたくさんありすぎる場合は、「先月、渋谷で撮った写真だけを表示して」と言うと、先月のものだけをそのなかから表示してくれます。これは今、みなさんのポケットに入っているiPhoneでできる機能です。

あるいは、夕陽を撮りたい時には「今日の日没、何時?」と聞くと、これを実は今日の深夜にやったんですけれど、「今日の日没は18時54分」だそうです。

「今、パリは何時?」と聞くと、日本時間の深夜1時はパリの夕方6時だということがわかったり。

海外の出張中、今、ソフトバンクも定額プランで海外で使えるので「32ユーロって何円だろう?」とSiriに聞けば、実はSiriが「今日のレートで3,756円です」ということを教えてくれます。Siriって、これだけ賢いんですね。

これ以外にも、例えば今、「家を出たら『郵便局に寄る』とリマインドして」と言うと、Siriがリマインダー機能と連携します。

自宅をちゃんと住所録に登録したりする必要があるんですけれど、自宅の位置から、自分の今の現在地のGPSの位置がズレると「郵便局に寄るように」と通知してくれたりします。

本当にKnowledge Navigatorのようなビジョンが、今、現実になっています。

音声操作でこんなことまでできる

もちろん声でのやり取りができるということが、Siriの一番の特徴なので、例えば「最初のメッセージを読み上げて」と言うと、声でメッセージを読み上げてくれます。

メッセージの受信なんて、「手元にiPhoneがあるんだから、それで読めばいいじゃないか」と思う方もいらっしゃるかもしれませんけれど、実は今、iPhoneには「CarPlay」という技術があって、CarPlayに対応している車であれば、フェラーリだろうと、ホンダであろうと、ベンツであろうと、iPhoneの画面が車のダッシュボードのところに出てきます。

CarPlay対応の車は、ハンドルの部分にSiriを呼び出すボタンがついているので、それを押して「最初のメッセージを読み上げて」と言うと、一切画面を見ずに、指1本の操作だけで声でメッセージを読み上げてくれることもできれば、返信することもできたりしてしまいます。

今、ここで紹介したやりとりは、全部、今のiOSでできていることなんです。そもそもこんな音声操作を「道なかでiPhoneに向かって話しかけていたらおかしいよ」「本当に音声操作ってそんなに重要なのか?」と思う人も、まだまだいるかもしれません。

でも、例えば、目が不自由な方にとっては非常に重要な操作だったりしますよね。それだけじゃなく、目が見える人にとっても、実は非常に助かる場面がいっぱいあります。

例えば、私はよく打ち合わせとかで帰りが遅くなった時に「嫁のiPhoneに『今、帰宅中』とメッセージを送って」、こういうふうに言います。

そうすると、勝手にメッセンジャーが立ち上がって、うちの妻宛てに、ここで“妻”と言わずに“嫁”と言っているのは、妻と言うとたまに“須磨さん”にメッセージを送っちゃうことがあるので、嫁って言うんですけれど(笑)。

これを、まったく同じ操作をタッチ操作でやろうとするとどういうことになるか、みなさんも想像してほしいんです。