紙とオンラインの共存は可能か?

本田哲也氏(以下、本田)):2番目のテーマ。ずっとある話ですけれど、「紙とオンラインの共存」。

これはぜひ可能な範囲で、山田さんに。『週刊東洋経済』という歴史ある紙と、それから今、飛ぶ鳥を落とす勢いの「東洋経済オンライン」。この共存はどういうふうになっているんですか、今?

山田俊浩氏(以下、山田):これは幸いなところがあって。いい面だけをまずお伝えしますと、我々の紙というのはデイリーではなくてウィークリーなので、タイムサイクルがまったく違うんですね。

それで、オンラインとペーパーメディアのなかでも、新聞ですと、どうしても「24時間のなかで人は8時間働いてなにして……」という流れが一緒なので、コンフリクトしちゃうところがあるんですけれども、そこがまず、共存できる要因にはなっていて。

あと、我々は無料ですけれども、紙は無代紙ではないので、有料であると。

というところでいくと、共存するためのポイントを見出しつつあるんですけど、私の頭のなかでは。オンラインは絶対に無料のままでいくということなんですね。

そして、これによって自分たちは、軽自動車とか、普及するものを作ってると。

いわばiPhoneをバーっと配っておく。iPhoneというのはみなさん有料だという認識がひょっとしたらないかもしれないんですよ、多くの人にとってみたら。みなさんはわかってますけれども、もう今0円商法なくなっちゃいましたけれど、通信費を月々払っているだけで、タダだと思ってると。

紙を伸ばす方法はまだまだある

東洋経済オンラインも、ある意味ではタダかもしれないけれど、実はその人は重要な時間を消費することで、なにかのインベストをしてるわけですね。そういったお金ではないところでインベストしてもらう媒体としてのオンライン。これはどんどん裾野を広げていくべきだと思ってます。

このオンラインの上に、さらにオンラインでもってプレミアムコンテンツを作るということをやれば、紙はイコール不要になるんですけれど。まだそれをやるのは早すぎて、我々も多くの紙の読者がいますので。

オンラインで見てくれた人の一部の方たち、1週間に1回、土曜日・日曜日に2時間ください、あるいは1時間くださいと。その間、パラパラと(雑誌を)めくってくださいと。

トイレに置いておいてくださいと。トイレにいる間、スマホをいじるんじゃなくて、トイレでは、『週刊東洋経済』をぐるぐる回してください。

本田:トイレは『週刊東洋経済』? いいですね(笑)。

山田:ええ(笑)。あるいはお風呂に置いておいてもらって、びしょびしょになってでも、お風呂の間は週刊東洋経済とか。つまらなかったらすぐにパッと出られますけど、おもしろければのぼせちゃうとか。

そういった感じで、なにかリズムのなかに紙を入れるということは今、本当に難しいので。そういうある時間、隙間時間というか、ある10分、20分というところをぜひ紙にあててほしいなということですね。

それはまだ伝えきれてないと思うんですよ。我々のようなメディア側の人間のほうがむしろ読者以上に紙を諦めてしまっていて。紙に対して「もう終わったよね」ということを言うほうが、今っぽい。

ただ、経営ということを考えたり、あるいは日本というのは全国に配れる、Amazonも頼りにするヤマト運輸がありますので、いろんなかたちで配布することが今できますので、もう少し紙を伸ばすための投資はやっていける、と。それによって共存できるんじゃないかなという感じがしています。

紙とオンラインの読者層は?

本田:今、読者のオーバーラップというか、紙とオンラインでの読者層というのはどういう感じなんですか? 話せる範囲で。

山田:やはり少ないですね。『週刊東洋経済』にはデジタル版がありますけれども、それを利用してる方も少ないですし。事実上、紙を見るということで専念しちゃってる方なんですね。

それで、東洋経済オンラインをご覧の方が、『週刊東洋経済』の存在を知ってるかといったら、それもかなり少なくて、認知が低い。

実は6月1日、昨日、始めてるんですけれども「週刊東洋経済プラス」というサイトを始めまして。これは東洋経済オンラインと同じIDなんですけど、IDでログインをすると少しだけ『週刊東洋経済』のコンテンツを見ることができると。

そして、月額2,500円……。あ、宣伝になっちゃっていいですか?(笑)。月額2,500円お支払いいただきますと『週刊東洋経済』が毎週もれなく自宅に届くと同時にデジタル版もフル活用できる。そういった月額課金モデルを始めました。

本田:なるほど。

見ていること自体に価値があるプレミアムな媒体に

山田:そういったかたちで、今まではスマホを、例えば、電車のプラットフォームで見てるというのはそんなにカッコ悪いことじゃないですか、今は。

だけども、「歩きスマホがどうの……」とか言われてくると、だんだんあんまりやっちゃいけないことになってくるかもしれない。そのときに『週刊東洋経済』をピッと開いて……。

古田大輔氏(以下、古田):でも、“歩き『週刊東洋経済』”のほうが危ないと思いますけど(笑)。

山田:やばいね(笑)。

本田:絶対危ないですね、それ(笑)。

山田:電車のなかで見ていると、「あの人はほかの人と違う」と思われるようなプレミアムな媒体になっていければなと。『The Financial Times』がいいのはやっぱりサーモンピンクの。

本田:FTはうまいですよね。ピンクね。

山田:あれを持っているというのが。あと、『The Economist』も表紙のイメージがものすごく“Economist”という感じなので、やっぱりちょっとステータスの高いものだということをアピールできるんですよね。

本田:アイテムとして。

山田:ただ、彼らのデジタル版はものすごく使いやすいので、本来であれば紙がなくたって代替できるじゃないかと思うかもしれない。けれど、紙は、あるシンボリックなものとして残るということなんじゃないのかなと。

デジタルの強み「シェア」

本田:なるほどですね。紙版BuzzFeedというのは想定もないと思うんですけど、どうですか、古田さんは、この紙とオンラインの話というのは?

古田:僕、いまだに朝は新聞紙を読むんですよね。5紙、全部読みます。理由は簡単で早いから。読み終わるのが早い。朝刊って1つにつき200本くらい記事が載ってるんですけど、200本をクリックするのってやっぱり大変なんですよね。

なので、そういう意味では、僕は紙の愛好家なので、紙はいつまでも生き残ってほしいなと思ってます。

ただ、デジタルの素晴らしさは紙には絶対できないこと。もちろん紙にできてWebにできないことだってあるんですけど。大きさとかね。大きいインフォグラフとかはデジタルでは作れないので。

でも、デジタルにしかできないことってあって。それを大きく2つ指摘すると、1つはシェア。

シェアできないんですね、紙って。これってつらいよなと思います。インタラクティブに人と情報を共有できない。「あれ、見た?」と紙を持っていくのは大変ですよね。それがやっぱりできないのはつらいよな、と。

BuzzFeedを好きなUSの方が言っていたことで、BuzzFeedをどうやって使ってるかという話で、「へぇ」と思ったのが、「ちょっといい感じの女の子と付き合い始める前ぐらいに、その子に『あのBuzzFeedの記事読んだ? 君の話みたいだね』とかって送るとすげぇ使いやすい」と言っていて(笑)。BuzzFeedのエンターテイメント系のコンテンツですね。

そういうふうな、コミュニケーションの起点になることができるというのは、とても素晴らしいところです。