夢を叶えることと本気度は関係ない

岡田斗司夫氏:「友人が声優になりたいと言い出して困っています。専門学校が語る夢のようなエピソードとは違い、実際は苦しい道のりになるだろうし、よほどの覚悟と熱意のようなものがなければ賛成できません。その人が一時の妄想や勘違いで目指しているのではないという、本気度のようなものをはかる方法はありますか?」。

友達が声優になりたいと言い出してると。困ってると。夢のようなものと違い、苦しいはずだと。よほどの覚悟と熱意ようなものがなければ、賛成できない。ふんふん。その人が一時の妄想や勘違いで目指しているのではないという、本気度のようなものを知りたいって書いてるんですけども、どうなんでしょうね。

これねえ、もうみんな、コメントで書いてますよね。相談してる人がですね、幼い。よほどの覚悟と熱意があればいいっていうもんではなくて、よほどの覚悟と熱意があってもやめたほうがいいし、一時の妄想やなんかの勘違いで目指しても、通る場合は通っちゃうんだから、本気度必要ないんだよね。

必要があるとすれば、顔がいいのは一番大事だろうけども、顔よりも100倍大事なのはコネだからね。親が声優だったら、100パーセント声優になれるわけなんだから。もしくは親が音響監督だとかですね、それだったら100パーセント声優になれるわけだからですね。

で、親が声優でない声優さんもいて、親が音響監督でもない声優さんもいて、顔がいいわけでもないし、コネがあるからでもない、そういう実力で上がってきてる声優さんもいっぱいいるわけですよ。

覚悟や熱意よりも運

でも、みんなそこにいったのは、覚悟とか熱意とかじゃないと思うんですけどね。だから、運ですよね。運とか偶然性のもんなんでですね、友達がなりたいと言うんだったら、「じゃあ、ダメだったらどうなるか考えといたら」っていうふうに言って、あまり熱意とか覚悟とかを試すようなことは言わないほうがいいんじゃないのかな、と思いました。

たぶん、コメントでみんなが「いや、やらせてやれよ」とか「声優の学校行かせてやれよ」とか書いたのは、僕が言ったことをシンプルにコメント欄で書いたらこんなもんなんだと思うよ。

(コメントにて)「やってみて失敗してみればいいじゃん」。そうですよね。というふうに、確認してみました。(コメントにて)「だよね」、ありがとうございます。(コメントにて)「滑舌だけはなんとか」、まあ滑舌もあればいいけどね。あればいいぐらいだよね(笑)。

(コメントにて)「今日は質問コーナーばっかり?」。あのね、今日話すメインのネタはあることはあるんだけども、ちょっと入れるタイミングを計っております。あと、なんだろうな。もうちょっと質問いこうか。

芸能人になる女性とそうでない女性の違いとは

「いわゆる芸能人になる女性とそうでない女性には、何か違いがあるのでしょうか?」。

なんだろう、これは前回の続きかな? 前回か前々回ぐらいの、アイドルやってる女の子とか芸能人やってる女の子がまともなはずがないというか、芸能人は男も女も含めてまともなはずがないっていう話の続きとして聞かれてるのかな。

それとも、自分の妹なり、自分の彼女なり、自分の娘なりが芸能人になろうとしてるので、そういう資質があるのかどうかっていう、そういうふうな話なのかな?

その違いを語れるような、データなりなんなりを僕が持っているわけではないですけども、例えばですね、ライター、物書きの人っていますよね。出版社から依頼を受けて本を書いたり、週刊誌に原稿を書いたりするような人ですね。

そういうふうな人のなかでも、テレビに出て発言する人もいれば、テレビとかに出ない人もいる。つまり、言論タレントですね、ライタータレントになっちゃう人と、ならない人ってのがいる。それはやっぱりどこが違うのかっていうと、テレビとかに出て話すのが好きかどうかっていうのが一番でかいですね。

僕はやっぱり、テレビに出て話すのは、ネガティブなことを言いながらも、テレビという仕掛けが子供のときから本当に好きだったから、出るのが楽しいですし、スタッフさんの動きを見てると、「ああ、勉強になるなあ」と思う。

で、自分の発言がパーッと電波に乗って飛んでいって、いろんな人が受け取ってくれるのを見たら、本書くよりは拡散力が、広める力ですね、拡散力。なんでこんなことを言うのかって言ったら、拡散力っておれの頭のなかで1回変換されたのが、助さん格さんで、なんか「格さん力」で出てきちゃうんだけど(笑)。

拡散力がものすごくあるので、そういうのが好きな人は出たほうがいいと思うんですけども。

自分の見た目で食べていくことは、覚悟がいる生き方

芸能人になるならないでいうと、自分の見た目で食っていくっていうのは、ある種、女の子としては、なんだろうね、覚悟がいる生き方だと思うんですよ。

それは野球選手になるとかと同じように、もう何年かしか食えないのがわかっていて、自分の若いころをそれに全部使って乗っかっていって、歳取ってからも例外的に千秋みたいに食えるような人もいるんだけど、ほとんどが使い捨てにされてっていうところに入っていくわけだから。

IT社長と知り合いになりたくて、六本木の変なパーティーを渡り歩いてるミニスカの姉ちゃんとかですね、ラスベガスで高級な男に声かけられて、あわよくば本命になろうとしてるボディコンの金髪姉ちゃんとかですね、そのへんの人らと本質的にそんなに変わるわけではないと思います。まあ、悪い言い方をすれば、ですよ。

それは僕らみたいな本のライターでも、僕みたいにテレビに出て自分の発言っていうのをちゃんと説明できなくても、大げさに言うんであっても、目立ちたい人もいれば、「いや、自分の本はちゃんと真面目に読んでほしい」って言って、あくまでもメディアには出ない人がいるんですよ。

だから、それは「モデル業っていうのがすごく好きだから、テレビとかに出たくありません」っていう人もいるし、「私は演技が好きだから、テレビとかには出たくありません」っていう女優さんもいる。

つまり、一言で芸能人になる女性とそうでない女性っていうふうに書いてますけども、役者さんとタレントさん、芸能人っていうのは僕は別の人種だと見てて、役者さんは役者さんで嫌な奴が多いですね。芸能人は芸能人で腐ったやつが多いんですよ。

だから、腐った女に会いたければ芸能界に行ったほうがいいし、めんどくさくて嫌な女に会いたければ役者業界に行けばいいということだと思いまね。じゃあ、まともな女はって言ったら、それはもう、……まともな女はそういう世界に行く前に捕まえて、一生懸命行かないように説得するっていうのが正しいと思うんですけども(笑)。……いてててて。

ベッキーも腐った女なのか?

(コメントにて)「ベッキーも腐った女なの?」。うーん、具体名で出されるとね。別に不倫してなくても、不倫してても、ベッキーを含めて、ベッキーのことをゴチャゴチャ言ってる奴も全員、腐ってると思うんですけどもね(笑)。

それはテレビに出てる秒数で腐り方が決まると、相変わらず僕はずっと思ってるから、それは言いますけども。はい。そうですね。ゲスっていう表現とも違うなあ。なんでしょうね、この……。

(コメントにて)「そうだったのか。ベッキー好きだったのに」。え、ベッキー好きだったと、ベッキー腐ってるは両立しませんか?

今コメントで「綾瀬はるか」って流れたから言うけど、綾瀬はるかであろうと、石原さとみであろうと、ベッキーであろうと、腐っていようと、見た目がいいから僕らは好きなんですよね。本人の性格なんかどうでもよくて。

その性格が悪いのを隠してる演技性も含めて、女って本質にそうかもしれないとか、人間って本質的にそうなのかもしれないっていう、僕らの心が動くから誰かのファンになるわけですよね。

僕ら自身も自分の内面が腐ってるかどうか、わかんないじゃないですか。どんな人間も内面に腐ってる部分があって、その内面の腐ってる部分を……。

例えばネットで、なんだろうな、匿名の書き込みをするように晴らす人もいれば、それを抑える人もいれば、レイプものの漫画とかを読んで晴らす人も入れば、それは晴らし方はさまざまなんだけど、自分の腐った部分っていうのを飼いならし方をしてる。